自動車保険の比較・自動車保険料の見積もり

更新日:2018年10月17日

当サイト「一括!自動車保険」は、自動車保険の比較サイトです。保険料・事故対応・ロードサービスという3つの視点から切り込んだ口コミを元に、ランキング形式で比較しています。

また、当サイト一押しの『自動車保険の一括見積もりサービス』もおすすめです。最大で20社近くもの保険会社の見積もりを一度に取ることができ、保険料の比較に非常に役に立ちます。

目次

  1. ランキング
  2. 通販型と代理店型の違い
  3. 自動車保険一括見積もりサービスを口コミと社数で比較
  4. まずは一括見積もりで保険料を比べてみましょう!

ランキング

口コミの評判と当サイト運営チームによる体験談を元に作成した自動車保険の人気ランキングです。

手厚いサポートやロードサービスや契約者特典など、保険料や補償内容といった基本的な項目以外にも差があり、各社ともしのぎを削りあっています。

なお、各社名をクリックすると対象企業が提供している自動車保険の概要と口コミをご覧頂けます。上位になればなるほど口コミの件数も多い傾向にあり、特に件数が多い自動車保険に関しては年代別に口コミをまとめています。

保険会社名 3つの特徴
ソニー損保  1.ダイレクト型の人気ナンバー1
 2.9,000ヶ所のサービス拠点
 3.走る分だけの保険料
セゾン自動車火災保険「おとなの自動車保険」  1.40代50代の保険料が割安
 2.約10,000ヶ所のサービス拠点
 3.事故対応サービスの満足度が高い
三井ダイレクト  1.一事故専任担当制で安心
 2.補償内容を自分で設計できる
 3.約140名の弁護士ネットワーク
イーデザイン損保  1.様々な顧客満足度調査で第1位を獲得
 2.事故対応総合満足度の高さ
 3.新規でも更新でもネット割引がある
東京海上日動  1.充実した特約
 2.高い顧客満足度
 3.全国に約9,800人のスタッフを配置
損保ジャパン日本興亜  1.年間100万件の実績を持つ事故対応力
 2.全契約にロードアシスタンスが付帯
 3.ドライバー保険の取り扱いもあり
三井住友海上  1.大手ならではの充実したサービス
 2.新車購入時に嬉しい新車向けの割引あり
 3.環境性能の高い自動車も保険料割引
SBI損保  1.様々な人気調査で第1位を獲得
 2.ネット損保だからできる抑えられた保険料
 3.自転車事故の補償特約も付けられる
アクサダイレクト  1.保険ブランドのランキング第1位
 2.地震による損害も特約で補償可能
 3.保険料の分割払いOK
チューリッヒ  1.コスト削減で合理的な保険料を実現
 2.業界最高レベルの無料ロードサービス
 3.割引サービスが充実している
あいおいニッセイ同和損保  1.契約や保険金支払いの手続きが迅速
 2.知識豊富で頼れるスタッフ
 3.環境配慮への意識の高さ
そんぽ24  1.ネットなら新規契約も継続も10%割引
 2.事故対応は損保ジャパン日本興亜と連携
 3.ロードサービスは業界最高レベル
共栄火災  1.オンラインで保険料の見積もりを取れる
 2.長期割引のプランが用意されている
 3.充実したバックアップサービス
セコム損保  1.全国のセコムネットワークを活用
 2.サポートサービスが充実している
 3.契約条件に応じた合理的な保険料
AIG損保  1.複数の自動車保険商品が用意されている
 2.補償内容が充実している
 3.世界的に有名な大手外資系損保
朝日火災  1.豊富な割引プラン
 2.歴史ある中堅損害保険会社
 3.自転車による事故も補償可能(特約)
日新火災  1.ニーズに合わせた補償
 2.エコで車両保険料の割引が可能
 3.東京海上グループに属する中堅損保
チャブ損保  1.規模の大きな外資系損保
 2.リスク細分型の自動車保険
 3.クラシックカー専用の自動車保険がある
大同火災  1.沖縄県内で抜群の高シェア
 2.様々な保険料割引制度がある
 3.オプションや特約が充実している
JA共済  大手自動車共済
全労済  大手自動車共済
全国自動車共済協同組合連合会  中小自動車共済
教職員共済生協  中小自動車共済
全国町村職員生活協同組合  中小自動車共済
全国中小企業共済協同組合連合会  中小自動車共済
全国都市職員災害共済会  中小自動車共済
自治労連共済  中小自動車共済

自動車共済とは

自動車共済とは共済組合が提供している自動車保険です。正確には自動車保険ではないのですが、ロードサービスや自動車に関する補償などがあり、その性質は自動車保険と似通っています。

細かな内容は共済によって異なっていて、更に加入するための条件(指定の組合に属しているかどうかなど)が設けられていることも多いです。

順位の決め方

以上が自動車保険の人気ランキングですが、もちろんこのランキングはただ適当に有名な保険会社を並べたという訳ではありません。順位を決める際の指標として以下の各項目を用いています。

なお、項目によってランキングに与える影響の大きさが異なり、最も大きな影響力を持っているのが「口コミと評判」となります。

  • 自動車保険の口コミと評判
  • 車両保険を含めた保険料
  • 契約者専用サービスの充実度
  • 各社が公表している契約者数
  • 当サイト内の該当保険会社紹介ページのアクセス数

2番目の「車両保険を含めた保険料」は、車種や年式によって保険料順に並べた際のランキングは異なりますが、インターネット上でアンケートを採って比較したほか、当サイト運営チームが実際に自動車保険一括見積もりサービスを利用するなどして、損害保険各社のだいたいの保険料の相場を確認しております。

3番目と4番目の「サービス充実度」と「契約者数」に関しては、損害保険各社の公式ホームページやパンフレットやIRなどを確認しています。

最後の「アクセス数」は当サイトに導入しているアクセス解析ツールを用いて確認しています。

通販型と代理店型の違い

自動車保険には「通販型(ダイレクト型)」と「代理店型(対面型)」という2つの種類がありますが、こちらで違いを簡単にご解説します。

通販型自動車保険(ダイレクト自動車保険)とは

私たち利用者と損害保険会社が直接契約を結ぶタイプの自動車保険を「通販型自動車保険」と言います。同義語として「ダイレクト型」と言われることも多いですが、当サイトでは基本的に「通販型」の表記で統一しています。

かつてはほとんど見られなかったタイプの自動車保険でしたが、通販型をうりにする国内外の損害保険会社が増えてきて、テレビや雑誌などでの露出も多くなったことから、近年では高い知名度を誇っています。

通販型自動車保険の最大のメリットは「保険料の安さ」です。代理店型自動車保険と比較すると代理店の仲介料が不要となるため、その分安くなるのです。

一方で、代理店が提供する様々なサービスやアドバイスなどを受けられないというデメリットもあります。

ちなみに、現状では通販型のシェアは全契約の1割ほどとなっています。

通販型の主な保険会社

ソニー損保 セゾン自動車火災保険「おとなの自動車保険」
三井ダイレクト イーデザイン損保
SBI損保 アクサダイレクト
チューリッヒ そんぽ24
セコム損保  

代理店型自動車保険とは

私たち利用者と損害保険会社の間に代理店が入って契約を結ぶタイプの自動車保険を「代理店型自動車保険」と言います。

代理店の保険担当者と実際に会って相談したり契約をしたりするため、「対面型」と表記されることもありますが、こちらも基本的に当サイトでは「代理店型」で統一しています。

保険料に代理店手数料が含まれるため、通販型自動車保険と比べると保険料が高いというデメリットがある一方で、トラブル発生時や事故対応時などのフォローを代理店が行ってくれるというメリットもあります。

近年は通販型自動車保険のテレビCMなどをよく見るようになりましたが、それでも代理店型自動車保険の方がシェアは圧倒的に高いです。全契約の内、9割以上は代理店型であるとも言われています。

特にディーラーが代理店となっているケースが多く、修理の際も保険を使った方が得かどうかなどのアドバイスをもらえます。

代理店型の主な保険会社

東京海上日動 損保ジャパン日本興亜
三井住友海上 あいおいニッセイ同和損保
共栄火災 AIG損保
朝日火災 日新火災
チャブ損保 大同火災

自動車保険一括見積もりサービスを口コミと社数で比較

数多くの保険会社が自動車保険に参入しており、各社様々な特典やサービスなどを打ち出していますが、やはり「1番気になるのは保険料」という方も多いのではないでしょうか。

保険料の比較はやはり一括見積もりサイトが便利です。複数の企業がサービスを提供していますが、基本的なところは変わりません。一度の入力で複数の保険会社からプランの見積もりを受け取ることができるというサービスです。

以下にインターネット上で一括見積もりをすることができるサービスをご紹介しますが、おすすめは最初にご紹介する「保険スクエアbang!」と「インズウェブ」です。他のサービスと比べても、一括見積もりの対象となる保険会社数が多いことがその理由です。

なお、自動車保険料の相場を知りたいという方は「自動車保険料の相場は?年代別に保険料の平均目安をご紹介」のページも併せてチェックしてみてください。

【最大16社】保険スクエアbang! 自動車保険

最大16社の見積もりをとることのできる保険スクエアbang!は人気の一括見積もりサービスです。保険や引越しや住宅ローンなどといった様々なサービスの一括見積もりサイトを展開しているウェブクルー社が運営しています。

他の一括見積もりサービスは多くても十数社しか対応していませんので、一括見積もり対象企業の充実ぶりが特に目立っています。

数分程度でフォームへの入力が完了し、代理店型も通販型も一緒にまとめて一括見積もりを行えるため、とても便利です。

●●保険スクエアbang!で自動車保険の一括見積もりを行いました。条件を入力するだけで、他社との保険料の比較ができるのは便利で、自動車保険料は安さ重視で選ぶという人にはぴったりだと思います。

保険会社によってはその場で即見積もりに至らない場合もありましたが、すぐに郵送やメールなどで見積もりを送ってくれたので、それほど不便には感じませんでした。スムーズに最安の保険会社を選ぶことができて良かったです。

●●自分は自動車保険に限らず、様々なサービスでいつも一括見積もりを利用します。自動車保険の際には「保険スクエアbang!」を利用しました。かなり有名とあって、見積もり終了まで、そんなに時間がかかりませんでした。入力なんかも割と簡単にできました。

出てきた結果ですが、これまで使っていた以前の自動車保険とそんなに変わりませんでした。もともとが安かったのもあります。個人的には自動車保険のことを良く知らない人が利用するのはとてもいいと思います。本当に驚くほどすぐに見積もりが完了しますからね。複数の一括見積もりはとても魅力的です。

●●自動車保険は入らないと心配だけど、保険料が結構高いのがネックですよね。私も高い保険料が嫌で一括見積もりで保険料を比較することにしました。その結果なのですが、やっぱり通販型のダイレクト自動車保険が最も安いです。

ソニー損保やSBI損保やそんぽ24なんかは、代理店型自動車保険と比べても、私のケースだと1万円以上安かったです。いくら安くなるかは人それぞれですから一概には言えませんが、安いことには変わりはありません。安さを追求するなら通販型がおすすめです。

●●去年車を購入して保険選び悩みました。どこも似たり寄ったりだし、補償だってそんなに大きくかわらないし…。どうせ入るならやっぱり安いところ!なので一括見積をネットでし、その中で一番安いところに再度細かい見積もりをお願しました。

一括見積通り安いプランで見積もりをしてくれ、保険の内容にも不便はありませんでした。でも初めての加入にはやっぱり不安はつきものですので口コミを参考にしました。自動車保険選ばれて1位とかそういう情報を信頼するのではなく、マイナーな口コミで辛口の評価を知りたくて…。

評価は悪くはないものでした。手頃で対応もいいとのこと。即決しました。保険って種類が多いからほんと選びきれないんですよね。目立った特典や違いが大きいわけでもないし。でもやっぱり失敗だけはしたくありませんよね。

●●私が自動車保険の一括見積もりサイトを利用した理由は、今払っている自動車保険の保険料に疑問があったからです。過去に事故を起こした事もありませんし、もう何十年も車に乗ってますので、事故を起こすような乱暴な運転をしていないのに結構保険料が高い事に不信感があったからです。

そこで一括見積もりをしてもらいました。その場で保険料を表示してくれるところもあれば、後日家に見積もり結果のはがきを送ってくれるところもありました。

それらの結果を見ると今払っている保険料とそんなに差はありませんでした。私は「じゃあ仕方ないな…」と今の保険会社のままで良いと思いました。私の場合は見積もりで保険料が安くはなりませんでしたが、それでも今の保険料が適正である事が分かって良かったです。

●●私は今まであいおいニッセイ同和損保に加入していたのですが、保険料が高めに感じた為に他の保険会社とどれくらい料金が違うのかを確認しようとインターネットを活用して一括見積もり比較サイトを利用しました。

初めて保険の一括見積もり比較サイトを利用したのですが、個人情報や保険内容の入力についてとても分かりやすくなっているので安心して活用する事ができました。同じ保険内容なのに1万円以上も安くなりとても満足しています。

これから自動車保険の更新を迎えるという方は、現在加入している保険会社の営業さんに話をつけて、一括見積もり比較サイトを利用した方が絶対に安くなりますので損をしない為にも覚えておきましょう。ネットからの契約の場合は料金が更に安くなる保険会社もあります。

●●これまでは実家の車を運転していたのですが、転勤に伴い自分の車を購入しました。そこで初めて自動車保険を自分で契約する必要があったのですが、正直なところどこの保険会社のサービスが良いのか、全く見当が付きませんでした。

以前から一括見積もりのサービスが存在するということは知っていましたので、試しにそういったサービスを利用して、それでどうするか検討しようと思いました。

そしてGoogleで「自動車保険 一括見積もり」というキーワードで検索すると、想像以上に多くのサイトが同様のサービスを提供していることが分かりました。

自動車保険の見積もりを比較するためのサービスをまずは比較しなければならないという不思議な状態になってしまいましたが、やはり見積もりを取れる保険会社の数が多ければ多いほど良いと思い、最大19社の見積もりがとれる保険スクエアbang!を利用することに決めました。

ちゃちゃっと必要事項をホームページ上から入力して、そして見積もりが届くのを待っていました。その後、次々と見積もりが届いてから、各社を比較しました。

提示された料金が最も安かったのは別のところでしたが、ほとんど金額が変わらない上にオンラインで契約を済ますことができるという便利さ、そして大手で知名度があるという安心感からアクサダイレクトを選びました。

まだ自動車に乗っていて事故や故障などといったトラブルにあったことがないので、サポートデスクや事故受付ダイヤルなどを使ったことはないのですが、保険料も安く抑えることができて良かったです。一括見積もりはとてもおすすめです。

【最大20社】インズウェブ

SBIホールディングスが運営している自動車保険一括見積もりサービスです。リアルタイムで最大20社の見積もりを取ることができる手軽さと便利さが魅力的です。

保険料や契約者サポートに関するコンテンツも充実しています。事故対応評価アンケートを公開していて、保険各社に対する利用者の声もチェックすることができます。

●●以前乗っていた車は社会人3年目に自分で購入した車でした。その車には10年近く乗っていたのですが、そろそろ買い換えようかと考えていました。そこでふと思ったのが、車を買い換えたら自動車保険はどうなるのだろうということでした。

インターネットで検索したらすぐに分かったのですが、色々と調べている内に一括見積もりをすることができるサービスがあるということを知りました。

前の車は購入時にディーラーから勧められた保険にずっと継続で加入していました。当時は私にも全く保険に関する知識はありませんでしたし、払っている保険料が高いのか安いのかも全然わかりませんでした。ただ、ディーラーの方が勧めてくれたからそれでいいや…という感じで加入し続けていたのです。

そこで今回買い換える際には一括見積もりを使ってみました。色々な保険会社を比較したいと思ったので、最も比較対象社数が多いインズウェブで挑戦しました。

必要事項を入力するとすぐに見積もりが表示されたのには驚きました。そして、もう一つ驚いたのが、今まで加入していた保険の保険料がかなり割高だったということに気付いたことです。

最終的には1番安い保険料を提示してくれたところで契約しましたが、ほぼ全ての見積もりがそれまで加入していたところの保険料よりも安かったです。一括見積もりをもっと早く知っていればなぁと思いました。

●●自動車保険の満期が近くなると、その前に必ず一括見積もりサイトに登録して自動車保険の金額等を調べる事にしています。各保険会社によって料金もばらばらなので、こういうサイトは素人の私には本当有難いし助かります。

何より嬉しいのが、キャンペーン中だと見積もりから契約までいくと、図書券や商品券などをもらえるんです。少しでも自動車保険をお得にしたい私にはピッタリのサービスです。この前も見積もりと登録をして、その後1週間位してからでしょうか、図書カードが届きました。今後も利用していきたいなと思います。

●●保険の満期が近付いてきたので、今回は保険を見直してみようということになりました。毎年毎年そのままにしてきたのですが、周りから見直した方が得だと言われたためです。どうやって見直そうか考えていて、とりあえず「自動車保険見直し」と検索したら、インズウェブを発見しました。

いまの保険証券を見ながら、必要項目を入力するだけという簡単な手続きで、専門的な知識も何も要りません。こんな簡単な手続きだけで、3割ほども保険料が安くなりました。とても簡単に同じ条件で保険を比較できて、安い保険を選べるなんて、もっと早くやるべきだったと後悔しているほどです。

【最大9社】NTTイフ

NTTグループの自動車保険代理店です。ウェブ上で自動車保険の一括見積もりと契約申込ができます。また、各社が現在行っているキャンペーンを一覧でまとめているほか、NTTイフ独自の契約特典が用意されていることなどが特長です。

提携施設の優待制度や住まいのトラブル対応など、独自特典とは言えどもかなり充実しています。

●●自分は通販型の自動車保険を長く使っていました。しかし、本当にこの保険会社が安いのかを確認したくなりました。その事を調べるために自動車保険の一括見積もりサイトで見積もりを取ることにしました。基本的な情報を入力すれば同じ条件で見積を取ることができるので非常に便利です。

10社ほどに見積もりを取った結果、今まで使っていた保険会社が一番安いことがわかりました。自動車保険への加入を前提として一括見積もりを利用される方が多いかと思いますが、現在自分が加入している保険が安いのかどうか確認するという使い方も、なかなかおすすめできます。

●●NTTイフで自動車保険の一括見積もりサービスを利用したことがあります。以前は、保険会社に就職したあまり親しくなかった友人からの勧めで、大手損害保険会社の自動車保険を契約していました。

その当時、インターネットの自動車保険一括見積もりサービスについては認識していましたが、特に不満もなかったので、そのままにしてました。正確に言えば、ただ単にめんどくさかったのです。

しかし、テレビで自動車保険会社が「なんどもゴールド免許ならこれだけお得!」と宣伝しているので、ゴールド免許の私も安くなるのかな…くらいの思いでサービスを利用しました。

めんどくさがりの私にもわかりやすい簡単で、入力事項は、免許証や車検証や自動車保険証書などがあれば数分で終わる内容でした。そしたら、どうやら私は一番高い保険料を払わされていたらしく、友人たちに食事をおごる以上の金額を節約することができました。

【最大9社】自動車保険市場

自動車保険市場は、様々な保険情報を提供している「保険市場」の自動車保険バージョンです。株式会社アドバンスクリエイトによって運営されています。

損保各社からの見積もり結果を一覧にまとめてメールで送ってくれる「おまとめサービス」が新機能として登場し、以前にも増して便利に活用することができるようになりました。

●●知人が自動車保険の代理店に勤めている為、今まで全てお願いしていました。手続きを全てして頂けるので楽だったのですが、先日保険証券を見たところ、自分の知らない特約が色々つけられていて、少し不信感を覚え、今回、一括見積サイトを試すことにしました。

様々な会社の見積もりをじっくり比較することができるし、何より、自分で考え入力することで無駄を省くことができ、実際に保険料が安くなりました。また、インターネット割引もあるので、試してみて本当に良かったなと実感しております。

●●実はこちらの一括見積もりサービスを利用することになったのは完全に偶然でした。もともとがん保険に関する情報をインターネットで検索して探していたところ、「保険市場」というサイトがヒットして、そこでがん保険に関する様々な情報をチェックしたりしていました。

そんな時に、うちの家庭では新しい自動車に買い換えようという話が出ていました。どんな車にするのか息子や旦那の意見を聞いていましたが、ふいに旦那が「自動車保険はどうしようか?」と言い出したため、そういえばがん保険のあのサイトに自動車保険の情報もあったはず…と思い、インターネットに接続しました。

そこで見つけたのが自動車保険の一括見積もりサービスでした。一度の入力で複数の保険会社からの見積もりをもらえるなんて、とても便利だなと思い、このサービスをお気に入りに登録しておきました。

数週間後、実際に車を購入する際に旦那と相談して、この一括見積もりサービスを利用することに決めました。ちゃんと進められるかな…と不安ではありましたが、入力から見積もり受け取りまで、とてもスムーズに進みました。

頂いた見積もりの中で最も安い料金を提示してくれたのがソニー損保でした。よくティアラのCMをしていたので、有名だし問題ないだろうということで、即決でした。

がん保険がきっかけで見つけたサービスではありましたが、とても満足できました。その他にも様々な保険を取り扱っているようですので、これからも何か保険について困ることがあったら、こちらのサイトを利用させて頂きたいと思います。

【最大8社】価格.com

様々なモノやサービスの価格比較でお馴染みの価格.comの自動車保険一括見積りサービスです。最大で8社の見積もりを取得することができます。

他の一括見積もりサービスと異なり、自動車保険に関する基本情報や業界動向などといった独自のコンテンツも充実しています。また、キャンペーンも頻繁に開催されています。

●●私はもうすぐ自動車保険が満期を迎えます。そこで、以前から気になっていた自動車保険一括見積もりサービスを利用してみる事にしてみました。7社から結果がきたのですが、同じ条件でも見積もりには数万円近く差がでていました。

また、今の契約している自動車保険はとても高かった事が分かり、ほとんど同じ条件で年間2万円近く安く契約できたのはびっくりしました。色んな事が分かったので、思い切って自動車保険一括見積もりサービスを利用して良かったと思いました。

▲▲十数社から厳選して条件に合う所とは書いてあったため、全ての所の見積もりが出るのかと思っていましたが、実際には4,5社くらいからしか見積もり来ないので、数社でしか比較ができないです。

色んな会社で同じ条件で比較がしたいのに、比較するのに1から条件など入れていかないといけないため、面倒になり、その数社だけで比較をしました。少しでも安くしたいから一括見積もりをしてるのに、あまり意味がないな…と思いました。

しかしながら、全く同じ条件でしてるのに1万円以上もの差が出ていて、一括見積もりしなかったらその事もわからないで契約してしまった可能性もありますので、ちょっとだけ良かったかなとも思いました。

【最大6社】イオン保険マーケット

ショッピングセンターでお馴染みのイオンでは「イオン保険マーケット」という事業を展開していて、こちらで自動車保険の一括見積りをやっています。

一括見積もりできる保険会社の数は少ないですが、2分ほどで各社の保険料を表示してくれます。また、契約者限定のプレゼントキャンペーン情報もまとめられていて便利です。

●●インターネットから自動車保険の一括見積もりをしてみました。理由は、現在ゴールド免許で等級も20等級であり、自動車保険を知り合いの保険屋さんに頼んでいるのですが、他の同じような条件の人から話を聞くと、とても保険料が高いように思えてきたからです。

また、インターネットから申し込むと割り引きがきくなどとも聞いたので、一度試してみようかと思った訳です。調べてみると満期から90日以内で申し込めるようなので、見積もりをとってみました。

その結果、今加入している保険がかなり高いということが分かってしまいました。ダイレクト型の最も安かった保険と比べると3万円近くの差があり、とても驚きました。一括見積もりをして良かったなと思った瞬間でもありました。

●●知人が自動車保険の見直しの為、一括見積もりサイトを利用し、保険料がだいぶ安くなったという話を聞いて、自分も見直そうと思ったのがきっかけでした。インターネットは得意ではないのですが、一番見やすかった見積もりサイトを選び、保険料を比較してみました。

すると、今の保険会社に比べて、保険証が安くなった保険会社がいくつか出てきて、本当に驚きました。これからはディーラーに勧められた保険を選ぶのではなく、じっくり比較できる一括見積もりサイトを利用していこうと思いました。

●●自動車保険を探す時に保険料が安いかどうかは重要な課題となります。確かにインターネット上にある自動車保険比較サイトの口コミなども参考にはなりますが、それ以上に、保険各社それぞれの見積もりを取って比較することが重要ではないかと思います。実際の保険料を見比べることができ、とても便利です。

ただし、安いからと言って早めに決断したりしないようにしましょう。自動車保険の良し悪しは、サービス内訳や保険料等比較し、納得できる物であるかどうかが決め手です。事故を起こした時のオペレーターの対応はどうである…ロードサービスの質はどうである…などといったこともチェックしておきたいところです。

【最大6社】楽天市場

日本を代表するIT企業の一つで、インターネットショッピングモールの運営が特に有名な楽天の自動車保険一括見積もりサービスです。最大6社の見積もりを同時にとることができます。

期間限定のキャンペーンをよく行っていて、楽天スーパーポイントを獲得できることが多く、既に楽天の会員であるという方に特におすすめです。

●●今までは「自動車保険なんてどこもたいして変わらないだろう」と思っていました。ですが、友人に自動車保険を一括で何社か比較できるサイトがあると聞き、試しにどんなものかやってみました。

細かい項目を色々入力して、データを送信しました。すると、送信してからすぐに何社からかメールにて保険料の見積もりが届きました。また、郵送にて見積もりが来る会社も何社かありました。

全部比較してみると、あきらかに現在の保険料が高いのです。しかも、保険内容は変わらないのに。すぐにお安いほうの会社に乗り換えました。こういった比較サイトは便利なんだなと実感しました。

●●同じ条件で契約するならば 少しでも保険料が安い会社がいいと思ったため、自動車保険の一括見積もりサービスを利用してみました。早速、楽天の一括見積もりサービスから免許の種類や走行距離などを入れて送信しました。十数社に同時に見積もりが頼めるようでした。

次の日の朝、メールボックスをチェックすると、早くも見積もり結果が届いていました。全く同じ条件でも一番高いのから安いのまで、2万円ほどもの差が出ていました。これだけ違うなら、やっぱり見積もりサービスを利用して比較してみて良かったなと思いました。

●●もともと転勤族だったので、ネットで申し込みと各種登録変更ができるタイプの保険を探していました。色々情報収集した結果、一括見積もりが楽そうという結論になりまして、見積もりサイトで車種情報とかを入力して、一括送信。

電話勧誘とかしつこかったらやだなぁ…とか思ってましたが、案外保険会社もドライな対応でした。メールや郵便で見積もり続々と送られてきます。その中から何社かピックアップして、詳細確認と好きな補償をつけたりして、更に比較。以上の簡単なステップで、最安の保険に出会うことができました。

●●自動車保険料をできるだけ安くするコツは色々あると思います。自動車保険の一括見積もりもその一つですが、こちらでは別の方法をご紹介したいと思います。それは「自分の運転する車は、家族でも友人でも、他の人には運転させない事」です。

自分以外の人に運転させる事で補償内容も変わって来ますので、その分保険料が高くなってしまいます。本人以外は運転しないと言った契約をする事で、保険料を軽減させる事が可能となります。

大勢でドライブへ出かける場合には、自身の車ではなくレンタカーなどを借りて行動すれば、疲れた時には運転手も交代できるので、そういった心配もありません。どうしても自身の車で旅行に出かけたいと言った場合には、他の方が運転をして事故に遭われてしまった時には、補償外となりますので、気をつけましょう。

【運営終了】カービュー

新車・中古車の情報を豊富に扱っているカービュー(carview)が提供している一括見積もりサービスです。

保険以外にも中古車の買取査定やトラック買取査定などといった自動車に関連した様々なサービスを提供しています。一括見積もりの対象は厳選された全5社です。(※同サービスは終了し、現在は利用できなくなっています

●●カービューはサイトオープンして間もない2000年頃からよくチェックしていました。当時は一括見積もりなどといったサービスはなかったのですが、国産車・外車の情報が新車も中古車も共に豊富に掲載されていましたので、便利でした。

そんな経緯があったこともあり、数年後、自分が中古車を購入して自動車保険を比較しようと思ったときに、まず最初に頭に浮かんだのがカービューの一括見積もりサービスでした。ずっとサイトを利用させてもらっていましたので、ほかの全く知らないところよりは信頼できるだろうと思いました。

正直なところ、カービューよりも数多くの保険会社を比較することができるサイトも多々ありました。むしろカービューは少なめなくらいです。ただ、その少ない内のどれもが大手でよく知られているところでしたので、特に問題はないと思いました。

私が購入した中古車はスポーツカーやキャンピングカーなどといった特殊なものではなく、日産のごくごく普通の一般車でしたので、見積もりを受け取ることができた5社とも、そこまで保険料に差はありませんでした。

最終的に選んだのはSBI損保でした。ほかの保険会社と比べると歴史が浅くて、ネット上の口コミなども当時はかなり少なかったのですが、当時行われていたキャンペーンが魅力的だったのと、後はSBIグループの証券会社をずっと利用していて、何も問題がなかったので、決めました。

同じSBIグループというだけで、証券会社と損保は全く別物ではありますが、大丈夫だろうと思っていました。

一度だけバッテリー上がりを起こしてしまい、サポートセンターに電話をして助けてもらったことがあります。その時のサポートセンターの応対もよかったですし、ロードサービスの方も本当にすぐに来てくれました。保険料も安いので、これからもずっとSBIで契約を続けていきたいと思います。

ページの先頭へ