AIG自動車保険の口コミと評判(保険料・事故対応・ロードサービス)

更新日:2018年5月27日

AIG損保は世界的に高い知名度を誇る大手損害保険会社です。アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の傘下に入っています。

日本では昔から海外旅行保険や留学旅行保険などといった海外での補償を目的とした保険でよく知られていましたが、近年では火災保険や医療保険などでも有名になってきています。

ただ、自動車保険はそれほど知名度がありません。同じ外資系のチューリッヒアクサダイレクトなどと異なり、通販型自動車保険ではないことや、宣伝広告もさほど積極的でないことなどが一因かと思われます。

そんなAIG損保では「AAP(家庭用総合自動車保険)」と「AAI(一般用総合自動車保険)」という2種類の自動車保険を扱っており、前者はリスク細分型の個人向け商品、後者は業務用を含む全ての車種を対象とした個人法人向け商品となっています。

契約者にはPROHELPというサービスを提供していて、利用者の90%以上というとても高い満足度を記録しています。

【やらなきゃ損!】3分で保険料を節約できます!
自動車保険の一括見積もり

目次

  1. 基本情報
  2. 保険料:男性の口コミ
  3. 保険料:女性の口コミ
  4. 事故対応:男性の口コミ
  5. 事故対応:女性の口コミ
  6. ロードサービス:男性の口コミ
  7. ロードサービス:女性の口コミ
  8. まずは一括見積もりで保険料を比べてみましょう!

基本情報

会社名 AIG損害保険株式会社
商品名 type R・type P
分類 代理店型自動車保険

保険料:男性の口コミ

20代男性

●●AIG損保は特に補償内容の充実した保険だそうで、安かろう悪かろうの保険会社に嫌気がさしていたことから検討を始めました。AIG損保の特徴は、やはりオーダーメイドの保険というところが大きいと思います。私は今まで、ネットで簡単に契約できるような手軽な保険しか利用してこなかったので余計にそう感じました。

そういった丁寧さからあって、保険料の方は少し割高な気がしますね。とはいえ、これは安い保険会社と比べてのことなので、それまで適当な自動車保険にしか入ってなかったという人には、柔軟に利用ができる分、むしろ安く感じるかも知れません。

メインの事故対応以外にも、ロードサービスや車両トラブルなどのサポートも充実していますし、本当に安心が欲しい時はとてもいい自動車保険ですね。

保険の説明でわからないことがあったとき、質問のために利用したコールセンターの方も保険のことをよく理解していて、解説してくださり助かりました。割引も多いですし、個人的には質と手軽さのバランスがとれたいい保険だと感じています。これからもAIG損保の自動車保険にお世話になるつもりです。

30代男性

●●金額やサービスセンターを含めて、特に不満はありません。保険額も無事故割引がきいているので、こんなものかなと思います。もっと安いものもありますが、事故対応やレッカーサービスなどが他の保険会社よりいいと聞いています。

友人が加入していて利用したのですが、丁寧で早くとても助かったとのことでした。特に、事故対応の細かい配慮、電話対応、レッカー車などの手配を滞りなく行ってくれたそうです。

まだ自分はそのサービスを受けていませんが、安心して任せることができるなと思いました。車両保険もつけたいとは思いますが、まだ金額が上がりそうなので、もうしばらく事故に気を付けて過ごし、割引が底値になってから考えようかなと思っています。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:39,000円
  • 車種:ホンダ フリード
  • 用途:通勤
  • 免許証の色:青
  • 年間走行距離:3000km
  • 車両保険:なし

●●私がAIG損保の自動車保険を選んだ理由は家族の紹介でした。私の母親が利用しているAIG損保のサービスが良さそうだったので、加入することを決めました。

車はほんの少しのミスやタイミングで、事故に合う可能性がぐんと高まります。また自分に非はないけれどもケガをするといった、もらい事故を経験したことがある私は、サービスの優れている自動車保険に入っておくことの大切さを良く知っていましたので、安心できるところに加入したいと思っていました。

▲▲保険料を安く抑えたいという方にはあまり向いていないと思います。知名度はそれほど高くないのですが、保険料は他の大手と比べても遜色のない料金で、下手したら大手の平均よりも高いかもしれません。

40代男性

●●もともと、この自動車保険に加入した理由は、親がここの保険に加入しており、自分も自動車を購入した時に、代理店の人から家族単位で加入すると割引が付くと言われたからです。

例えば弁護士特約の場合、家族単位で加入していれば、家族の中の誰か1人分の費用で、全員に補償されるという特典があります。また、原付バイクを家族の複数人が乗る場合の保険料も誰か1人分の費用で済みます。

事故発生時の対応も代理店が近くにあるので、すぐに対応してくれます。また、店長も代理店開設から30年近く勤めているという事もあって慣れており、事故現場に到着後15分程度で、相手方や警察との対応が終わりました。

保険料は、ゴールド免許保有と年齢、そして長期契約という事もあって、比較的安く済んでいます。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:67,440円
  • 車種:スバル ステラ
  • 用途:通勤
  • 免許証の色:ゴールド
  • 年間走行距離:13,000km
  • 車両保険:あり

●●保険料は正直高めだとは思いますが、事故対応は優れていると思います。事故が起きても事故受付センターに電話をかけてから1時間以内に初期対応の状況を丁寧に解説してくれますし、その後1,2日ほどで自宅まで直接説明に来てくれました。誠意を持ってお客さんと接しているんだなというのがよく分かりました。

50代男性

●●募集中です!

保険料:女性の口コミ

20代女性

●●AIG損保はまず、保険料がとても安いなと感じました。これがAIG損保の一番の魅力なのではないでしょうか。やはり保険料は安いに越したことはないです。

保険料が安いとなると気になってくるのは事故を起こした際の対応などですが、AIG損保の事故対応は多少めんどうくさい感じ部分もありました。ただ、必要なことはしてくれました。

私の場合は、相手の車を少しへこませてしまったという事故を起こしてしまったのですが、その時に、しっかりと状況を聞いて、相手の人と話をつけてくれました。もちろん保険も下りて、私の方には何も負担が来ませんでした。

不満な点と言えば、事故を起こすと保険料が高くなるということです。事故の時のために保険に入っているのに、実際に事故を起こすと高くなるとはどういうことなんだと思いました。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:59,723円
  • 車種:日産 ジューク
  • 用途:日常
  • 免許証の色:ゴールド
  • 年間走行距離:3000km
  • 車両保険:なし

●●新しい車を買ったとき、ディーラーからAIG損保の自動車保険を勧められ、古い車の時に入っていた東京海上日動の自動車保険から切り替えました。かつて東京海上保険に入った理由も別のディーラーから勧められたからだったのですが、そのディーラーがなんだかいい加減でした。しかし、2年くらいは続けていたと思います。

そして、新車購入を機会に新たなディーラーの勧めるままに、AIG損保に車の保険を変更しました。何より面倒な手続きをちゃんと教えてくれるし、続けていればお得になるし、様々なお得な情報なども洩れなく知らせてくれるので、やはりプロに任せた方がメリットが大きいと実感しています。

30代女性

●●自動車保険は年払いにしています。月払いよりも割引があって少しは安いのでそうしているのですが、正直もう少し安かったら助かるのになぁとは思います。

でも、うちは通勤で毎日乗っているので、走行距離もかなりあります。その分、事故に遭う確率も高くなると考えると、事故対応がしっかりしていそうな大手の保険会社を選びたくなります。

実際に事故に遭ったことがありますが、対応はしっかりしていたと思います。ほかの保険会社と比べる機会がないので主観になりますが、連絡もスムーズで信頼できましたので、不満はありません。

ちなみに、保険料を抑えるために、最近運転者限定を付けました。あとはなるべく安全運転で事故を起こさず、保険の等級を上げていけば、もう少し保険料の節約になると考えています。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:98,000円
  • 車種:日産 セレナ
  • 用途:通勤
  • 免許証の色:青
  • 年間走行距離:10,000km
  • 車両保険:あり

●●この度新車を購入したので、以前乗っていた車の保険をそのまま車両入れ替えしました(前から契約していたAIG損保をそのまま継続しました)。

そもそも、車を購入したところのディーラーさんがAIG損保も取り扱っていたので、担当の方にそのまま継続する事を勧められました。保険のことはよく分からなかったでお任せしました。

「AIG損保」という名前は普段から聞いたことがあったし、学生の頃加入していたと思うので特に気にすることもなく契約しました。もし何かあったら、代理店の担当の方に連絡を入れると動いてくれるので、自分から保険会社に連絡を入れる前に担当営業さんに相談出来るところも助かっています。

保険料はネット保険などよりも少し高いとは思いますが、その分内容説明も分かりやすくて、補償内容もパックになっていて選びやすいと思いました。

私は以前バイクを所有していた時に、通販型のバイク保険を選びましたが、保険のことは無知なので自分で選べる補償内容でも何を選んで何を外していいのかまったく分かりませんでした。

バイクで事故をした時に初めて保険を使ったのですが、弁護士特約を外していたがゆえに大変面倒なことになりました。相手に訴訟を起こされたので、自分で弁護士と直接やりとりをしなくてはならなくなり、かなりの時間と労力を使いました。

2年くらいかかってやっと決着が着きましたが、結果9対1と、私の方に責任があると判断されました。怪我した方は私で、相手に当てられてバイクは大破したのにこの結果に終わってしまい、とても無念な思いをしました。もっと手厚い保険内容を自分で選ぶことが出来ていれば、2年もの月日を無駄にはしなかったと思います。

話を戻します。車を買い替える前に一度ロードサービスを使用したことがあるのですが、電話応対も事故受付も丁寧かつスムーズで、こんなにも違うものなのかと思いました。丁寧で迅速な対応力で選んでよかったと思います。

保険料は若干高いのかなと感じていますが、プラン変更をお願いするとすぐに試算してくれるところも対応がいいなと思っています。

今のところ特に不満はないのですが、引越しをした際に別のディーラーで保険を今後引き継ぎして欲しいと担当営業に伝えたときに、個人保護法の関係で自分で保険会社に一方入れて欲しいと言われました。

その日が土曜日で、保険会社のヘルプデスクは土日祝は休みとのことでしたので、平日は仕事の私からすると少し面倒だなと感じました。本当にこの程度の小さな不満くらいしかありません。

まだ特に大きな事故などしたことはないのですが、保険がしっかりしていることを信じています。何より保険会社を選ぶ際、事故をした場合にどれだけ保険会社が親身になって対応してくれるかが私にとって一番大事な判断基準です。

保険を使う機会があるかないかで、保険料がなるべく安いものを選んだほうがいいのではと思っていたのですが、保険とは「もしものことが起こってしまったら」というときの為のものなので、未来の事は想定出来ませんが、実績の保険会社を選んでおいた方が後々困らないなと、事故を経験してみて気づきました。

●●親戚の紹介でAIG損保会社に自動車保険を変えました。それまでも、やはり、別の親戚の紹介の保険会社でした。代理店の知識がある人が安心だと思っています。

営業の知識はあっても、事故の時にきちんと対応してもらわなければ保険の意味がありません。私の意を汲んで、相手の保険会社とも対応したり、アドバイスをくれる人が望ましく、そのため、紹介された人の代理店との契約をしています。

今までに自損事故と物損事故の両方を経験していますが、私にしっかりとアドバイスをくれたりするなど、とても頼もしい存在です。通販型の自動車保険の方が保険料が安いのはわかっているけれど、この先もとりあえずこの代理店さんを通しての自動車保険の契約のまま、しばらくいこうと思います。

40代女性

●●私は1989年から1996年までの間、AIG損保会社という外資系の損害保険会社へ勤務していた経歴の持ち主です。そこでは、主に外国人向けの英文証券をタイピングする仕事をしていましたが、時には、必要であれば簡単な事故などの担当もしていました。

ひとくくりに損害保険会社と言っても、共済や全労災など、農協や組合団体などで取り扱っている損害保険も沢山ありますが、私は、自分が勤めていた経験上から、外資系とは言ってもAIG損保会社は、事故への対応も、また損害賠償へ対しての支払い等も、とてもスムーズに行ってる会社であったと思っています。

現に、その職場を離れてから20年近くが経つ今でも、私を始め、家族や兄弟、友人までも未だにAIG損保会社に加入をし、また勧めてもいるのです。

今はもうあれから長い年月を経ていますので、「実際は今の現状を知らないのでは?」と言われそうでもありますが、私は、当時の共済の担当する事故への対応の怠慢さや、損害賠償への支払いの遅れなどを今も忘れずに記憶しています。

現在勤務する私の職場でも、ほとんどの従業員に組合共済への加入を勧められていますが、未だ、そこへ転入する気はありません。実際のところ、20年近く経った今でも、まだまだ共済に対しての信憑性を持てないでいるのでしょう。

それと、今のこの現代社会ではインターネットでの通販型保険会社が多々あり、それに対しての具体的経験や知識は持ち合わせてはおらず、そこへの批判も評価もできない自分ではありますが、ただ、これだけは言えるという事があります。

それは「他よりも安いから」と言う選択の裏には必ず落とし穴があり、事故処理の一つを取っても「契約者本人が課せられる作業が過剰に有り過ぎる」というケースなどが発生しています。

通販型自動車保険に加入を希望する際には、くれぐれも注意し、口コミなどにも必ず目を通し、自分自身で細かく吟味して加入を決めた方が、より適切であろうと私は思っています。

50代女性

▲▲私が知らなかっただけと言えばそれまでですが、35歳を過ぎて初めて自分の車を持った私としては知らなくて当然だったかもしれません。

去年、娘が運転免許を取得し、車を買ってやるのは駐車場の問題ですぐには実現できませんでしたが、少なくとも私や夫が持っている車を使わせることはできます。

ちょうど夫の自動車保険の更新時期と重なったので、自動車販売店の担当の人に、娘も乗れるように年齢制限を外した保険に替えたいと申し出ました。

しかし、そうすることで変わる保険料の額を聞いて驚きました。それまで4万円台ですんでいた保険料が一気に倍近くになるというのです。若者に運転させるだけでこんなに保険料が跳ね上がるとは…。

後で調べたら、私の軽自動車の保険もおよそ2倍になるという見積もりでしたが、こちらの方は倍になっても3万円台に収まったので、私の軽自動車の保険を変えて、娘には私の車しか運転させない方法を取りました。今のところ、この方法で何とか車を3人で使いまわしています。

事故対応:男性の口コミ

20代男性

●●AIG損保に加入することにした理由は、父が事故にあったときに親身になって対応してくれたことを知っていたからです。

その事故ですが、父が高速道路で渋滞のため停車しているときに、後ろから追突されました。しかし、相手の運転手は、まるで父が100%悪いかのように言ってきたそうです。父は、すぐ警察とAIG損保に電話し、警察が来るまで自動車の中にいたそうです。

次の日にAIG損保から電話があり、「相手の運転手には、こちらで全て対応するので、安心してください」と言ってくれたそうです。その後、無事、治療費も修理代も保険で支払われました。

そのことを私は聞いていた私は、結婚して車を持つことになったとき、迷わず父と同じ自動車保険を選ぼうと思いました。

●●私が事故を起こしたのは、夜11時過ぎの長野県の山道ででした。その日は特に寒い夜で、雪は降っていないものの、日中に降った雨で道路の各所が凍結してました。

山間部の道は道幅も狭く、その上、街灯もまばらなので十分注意して運転していましたが、凍結していることに気付くのが遅れ、下り坂でスリップ事故を起こしてしまいました。

幸い、山間部でも事故を起こした場所では携帯電話が繋がり、警察に連絡するとともにAIG損保にも連絡することが出来ました。

人気のない山間部での単独事故ということもあり、孤独と不安を感じましたが、対応したスタッフがそれを察したのか、親身に励ましてくれたことは今でも覚えています。

以前契約していた保険会社では、事務的な会話のみで早々に電話を切られました。もちろんそれが仕事である以上、別段その時は不愉快にもなりませんでしたが、保険会社の違いでこうも対応が違うのかと驚き、保険会社を変えて良かったと思いました。

警察が来るまでにも結構な時間がかかり、独り寒い車の中で待機していました。そう、事故の影響で車のエンジンがかからなくなっていたのです。スリップでフロントからガードレールにぶつかった為、エンジンがかからず、極寒の山間部で自走不可という最悪な状況にいたのです。

当然保険会社にもその旨を連絡し、なるべく早くレッカー車を向かわせてくれることになりました。警察が到着し、現場検証を終え、レッカー車で車を運ぶ頃には深夜2時半頃になっていました。

それまでの間に、最初の連絡だけでなく、数回保険会社から連絡を頂き、私の不安を大いに和らげてくれたことは言うまでもありません。今回対応してくれたスタッフだけでなく、AIG損保会社にも大変お世話になり、感謝しています。

●●数年前、自動車を運転中、原付と接触事故を起こしてしまいました。幸い、相手に大きな怪我もなく、車も原付も大きな損傷はありませんでしたが、警察を呼び、事故処理を行ったあと、保険会社にも事故報告を行いました。

相手の方とは連絡先は交換したものの、事故をしてしまったのは初めてで、このあとどういった対応をしたらよいのか分かりませんでした。

事故報告で電話をした際、オペレーターの方が順序を追って質問をしてくださったので、私は事故の状況を事細かに説明することができました。ありのままに状況を伝えたところ、オペレーターの方から過失割合についても詳しく説明がありました。

原付と自動車の事故の場合は自動車側が圧倒的に不利であることを告げられ、当初は正直納得行きませんでしたが、オペレーターの方も親身になって私の話を受け入れてくださり、相手の保険会社とも交渉を重ねていただき、少しではありましたが過失割合を改善して協定まで話をつけてくれました。

素人の言い分を無下にせず、私のことを思って行動してくれた保険会社には本当に感謝しています。車を利用する限り、今の保険会社にずっとお願いをしようと思っています。

●●自動車保険へ加入する際にいくつかの保険商品を比較しましたが、その中でもAIG損保のロードサービスが非常に充実していたという点から、もしもの場合に備えて保険へ加入をしていました。

そして今年、実際に自宅近くで普通自動車と事故に遭ってしまい、初めての事故という事もあり、どうしたら良いか分からなくなってしまい、ちょっとしたパニック状態でした。

同乗していた親が保険会社への電話を勧めてくれ、落ち着いた対応で淡々と今後の流れを説明してくださいました。

そして、現場へもうすぐにかけつけてくれ、相手方との交渉はすべてAIG損保が対応して下さいました。結果的に修理費用も自己負担がなく、支払いが発生する事なく事故を解決出来ましたので、AIG損保の対応には感謝しています。

●●AIG損保というと中堅の損害保険会社というイメージがあり、メディアへの露出が多いイーデザイン損保やソニー損保などと比べるとあまりパッとしないなぁという印象を抱えていましたが、事故を起こしてしまった際の対応やサポートを実際に受けて、私の中で一気に信頼できる保険会社というイメージに変わりました。

私が運転していた車が駐車してあった他の車をこすってしまったのですが、初めてのトラブルということもあり、ちょっとしたパニックになってしまいました。すぐにダッシュボードに入れていたAIG損保の電話番号に連絡をして、これからどうするべきなのか、指示を貰いました。

その際の指示が非常に落ち着いたもので、軽いパニックになってしまっていた私も落ち着くことができました。その後の手続きや保険金支払いなども全てAIG損保の担当者がやってくれて、とても安心できました。

●●高校卒業から今(28歳)まで、ずっと同じAIG損保の自動車保険に加入しています。なぜかというと補償内容はプロでないと分からないと思っているからです。

ネットで加入すると安くなるという保険も目にしますが、結局オプションや付加サービスを付けると、今加入している保険の保険料とそんなに変わらない気がするので、事務手続きなど手間を考えると、乗り換えまでする気になりません。

事故対応も今の保険で安心してお任せ出来ます。地元に住んでいる時はわからなかったのですが、引っ越しをして、知らない町での事故対応も、電話でちゃんと修理工場を手配してくれて、最後までちゃんと説明してくれました。そういう事も含めて、本当に今の自動車保険で満足しています。

▲▲不覚にも交通事故をしてしまいました。どちらが悪いともいえない事故でしたが相手が非常に怖い人でした。とりあえず、自分では対処できないと思い、警察と保険会社に任せることとしました。

しかし、事故をした相手からは毎日のように、こちらに電話がかかってくる始末。内容は、お前のところの保険会社は何様だという話。怖くなった私は保険会社の担当者に電話しました。出てきた回答は「あなたでは何もできないのだから、相手からの電話は無視してこちらに任せてください。あなたは何もしないように」とのこと。

私に対してもこの態度ですから、相手はかなり頭にきていたのでしょう。いくらお金が絡んでくるとはいえ、私までも怖い思いをさせてまで、やる意味があるのでしょうか。対応に非常に疑問を持ちました。

▲▲岩手県の地方都市で事故起こした経験があります。会社の本部は東京なのですが、私は岩手の支社勤務でした。営業車なのですが、本社で一括してAIGに加入しています。

事故対応の感想としてですが、本部が東京の会社で、事故付近に保険会社の支社もないために、対応はかなり遅かったです。

事故当時に電話して状況を説明しても、担当者が現場の地理が分からずに、最寄りもレッカーを呼ぶのにもかなり時間がかかりました。

その後のやり取りも大変で苦労しました。提携工場が最寄りになかったり、代車を出してくれるところもかなり遠かったので、サービスを使うことができませんでした。

地元の人は農協の保険など地元に密着した会社を使っていました。田舎で東京の保険会社は危ないです。

30代男性

●●現在も事故当時もAIG損保に加入しています。事故の状況は、信号待ちをしていた際に、後ろから居眠り運転の乗用車に追突されたというものです。

それほど大きな事故ではありませんでしたが、病院にそのまま行ったため、人身事故の扱いになりました。加害者の方の保険会社が少しややこしく困りました。加害者の方の旦那さんはタクシー会社を経営しておられるとかで、そちらの事故対応担当の方とやり取りすることになりました。

人身扱いにしないでほしいとか、被害者はこちらなのに、事故当日にそのように電話や家にまで来て言ってこられ、なんか面倒なことになりそうなので、すべて保険会社にお任せしました。

示談するときまで、AIG損保の方には本当に親切に丁寧に対応していただきました。様々な手続きがあるようでしたが、その都度、電話をかけてくださり、一つ一つ丁寧に処理してくださり、スムーズに示談することができました。電話の対応もいつでも優しい言い方で話されたのが良かったです。

●●ふとした私の注意不足もあって、他の車と軽く接触を起こしてしまいました。しかしよく見ると、お互いの車がほんの少しだけかすった程度でした。どうなるかわからないので、その場で警察官を呼び、後はまた相談しましょうということでいったん別れることにしました。

私の方はとりあえず保険会社に一報を入れたところ、休日にもかかわらずすぐに受け付けてくれました。私のほうが保険会社に連絡したことを相手に伝えると、では見積もりを取ってみるのでそれから考えましょうとのことでした。

そうはいったものの、実は接触事故を起こしたのははじめてで、とても不安でした。まず自分の車を後からよく確認したところ、相手の車とこすった摩擦で少し黒くなっているだけで、コンパウンドで磨いただけで綺麗になってしまいました。

事前に撮らせてもらった相手方の写真を確認してみると、やはり同じような状況。これなら正直何もしないで終わらせたいけど、相手がどう出てくるかわかりません。

そのため、保険会社に相談したところ、相手方にも連絡してくれ、結局保険を使わないで自損自弁でやるということに落ち着きました。結果的に保険を使わずに済んだのに、そこまで対応してくださって、とてもよい対応だったと思います。

●●以前、事故を起こした時に相手側と過失について結構もめました。その時にAIG損保の担当さんがキチンと間に入ってくれて、コチラの過失が少なくなるように動いてくれました。事故後の対応についても相談に乗ってくれて、本当に助けられたのを覚えています。

結構、周りからは保険会社の事故後の対応とかで悲惨な話を聞いていただけに、事故を起こしても冷たくあしらわれるのかな…と諦めていたんですが、全然そんな事はありませんでした。事故後の対応でその保険会社の本質が出ると思います。保険会社を選びは料金よりもそこを優先させるべきだと思います。

ただし、会社よりも担当さんにもよると思いますので、そこはもう運です。でも外資系の安い保険よりかは何倍も丁寧に事故処理してくれることは確かです。

●●私は昨年、自宅のガレージにマイカーをぶつけてバンパーを壊してしました。初めての事故だったので、パニックになりましたが、まず代理店に連絡しました。すると代理店の方が自宅に来てくれて、ディーラーに修理の手配をしてくれました。

ディーラーに車を持っていくと既に連絡が入っていて、対応してもらえました。車両保険に入っていたため、修理費用は保険で賄えました。後日保険会社から封筒が届き、事故の状況を図に書いて説明したうえで、返信しました。手続きはこれだけで済んだので、大変助かりました。

事故を起こすともっと手続きが大変だと思っていましたが、代理店の方がすべてやってくれて、大変楽でした。ダイレクト系よりは高いですが、こちらの方が良いと思いました。

●●昨年12月に自損事故を起こしました。幸いにも他の人を傷つけることも、自分自身にも怪我はありませんでしたが、車は大破し、全損に近い状態でした。直ぐに警察に連絡をすると同時に、AIG損保の事故担当にフリーダイヤルで報告しました。

事故担当者から事故報告に必要な項目の質問を受け、それに答えました。そして、警察官に現場を見てもらい、聞かれたれたことに回答し、後日事故証明書を発行してくれるとのことでした。

AIG損保の事故担当者から再び携帯電話に連絡があり、事故処理業者が車をけん引にくることや代車の手配に関する話をしてもらい、そして恐らく全損事故になるので、車両保険全額が補償になるとの説明を受けました。

事故から2日後、AIG損保事故担当者から書面にて事故登録の通知書及び、補償内容について報告書を受け取りました。

その1週間後に車両保険全額が口座に振り込まれ、一連の事故処理に関する全ての事務手続きが終了したとの通知を受け取りました。事故後の対応の速さ、正確さ、そして何よりも誠実で丁寧な応対など、全ての面で満足の出来るものでした。

●●今年の6月に自動車を運転中、交差点でタクシーと衝突事故を起こしてしまいました。お互いに怪我は無かったのですが、自動車の左の側面が大きく破損してしまいました。ドアのガラスも割れていて、自走して修理工場に持ち込むことも無理な状態でした。

事故現場では警察の現場検証があったので、それが終わった後に加入していたAIG損保に連絡しました。AIG損保でロードサービスを行ってくれるということで、牽引できる自動車でAIG損保と提携している修理工場の人が事故現場に来てくれました。AIG損保に連絡をしてから僅か30分ほどで来てくれたのです。

そして、修理工場まで、破損した私の自動車を牽引してくれました。この一連のロードサービスは、すべて無料でしてくれました。

その後、牽引して運搬してくれた修理工場にて、破損した自動車を修理してくれました。事故原因が自分ではなくタクシー側にあったことで、私は修理費用は負担せずに済みました。AIG損保の対応は、とても迅速で完璧な対応でした。

●●35歳の男性です。AIG損保の自動車保険と契約していますが、目立ったトラブルなどもなく、迅速なサービスで満足しています。自動車保険には絶対に入っておいた方が得です。私はAIGを選びましたが、この選択は本当に正解でした。保険業界ではトップクラスの会社と言えるでしょう。

交通事故が起こった時には、素早く損害を補償してくれます。私が事故にあった時には、1週間で車の修理代と病院の治療費を私の銀行口座に入金してくれました。助かりました。事故に遭ったときはお金の心配がありましたが、AIGに入っていて救われました。

また、車がトラブルにあったときも対応は迅速です。車が事故にあった時には電話で連絡することで、レッカー車で走行不能になった車を運んでくれます。しかもお金がかかりません。保険に入っているだけでお得です。

そのほか、AIGには法律相談サービスがあります。代理人をつとめてくれるわけではありませんが、事故起こした場合の過失責任や裁判の起こし方など、法律家のアドバイスを参考にできます。

AIGと契約した時には、担当の方も丁寧で信頼できました。トラブルの時にも早く対応してくれたのがうれしかったです。自動車保険はAIGに入って正解でした。

▲▲車を購入したときの保険の加入については、親戚が代理店をやっていたために保険料云々というよりも、「親戚中で保険に入るならそこを使ってあげよう」という空気が流れていて、半ば強制的に親戚の代理店がやっているAIG損保会社の自動車保険に入りました。

本当はアクサダイレクトやソニー損保などといった通販型自動車保険の方が保険料も安くなるので、そちらの方で契約をしたかったというのが本音です…。

「代理店から入ったほうが万一の時の対応がスムーズ」という事は言われましたが、実際に事故が起こったときは、休日ということもあって代理店ともなかなか連絡が取れず、結局AIG損保会社の事故受付担当者と直接やり取りをしたので、代理店経由で入っているメリットはあまり感じられませんでした。

逆に代理店が間に入ることで、時間がかかってしまう事があるのはないかという気もします。もちろん事故対応の部分では、AIG損保会社の対応は親身になってというほどの印象ではありませんが、特に揉めることもなく淡々と進めて頂いたので、不満などを感じることはありませんでした。

保険契約は保険商品によってはプライベートな情報や、事故が起きた時の詳細が知られたりと、親戚なだけにあまり知られたくないと思うこともあるので、できれば個人的な関係のないところで契約する方が良いと思っています。

40代男性

●●もう2年前のことになりますが、夜9時頃に急にUターンしてきた車と衝突してしまい、自走できない程の事故に遭いました。この時は、先方の車が急な方向転換をしてきたので、避けることができませんでした。

幸い同乗していた家族に怪我は無かったのですが、先方のドライバーはオロオロするばかりで、警察にも私が電話をした程でした。

警察が来るまでの間に保険会社に連絡をしたのですが、走ることができないことを電話口のオペレーターの人に伝えると、「すぐにレッカーを用意いたします」と、落ち着いた声で導いてくれました。

事故のあらましや、これからの対応方法にはついても、具体的に取るべき行動を教えてくれて、速やかな対応ができたのです。警察が現場についた時には、先方と自分の車の車検証もすぐに出せるようにしており、現場検証もかなり早く終えることができました。

ロードサービスも30分程で駆けつけてくれて、先方の加入されている保険会社との連携も図ってくれたのでしょうか、お互いのロードサービスがスムーズな対応で事故車を引き上げてくれました。

その後の処理は、車の修理や補償の事ですぐに話がまとまったので、助かりました。

●●以前、交差点直進時に、右折車との接触事故がありました。事故時は警察を呼び、こちらは直進でしたので、相手も確認不足を認めて、こちらの保険で対応しますとのことでしたので、安心していました。

当然、念のためこちらもAIG損害保険に連絡を入れて、事故の受付はしておきました。その際に、担当の方から「もし相手の保険会社から連絡があったら、こちらの連絡先を伝えて、連絡させて下さい」と言われました。

案の定、数日後、相手の保険会社から連絡がきました。内容をざっくり聞いていると、こちらにも過失があり、責任が発生するとのことでした。

こちらから「事故の際、相手が全部そっちの保険で対応すると言ってました」と伝えても、過失割合の話を延々されて、すごいストレスがかかって、ラチがあかなかったので、AIG損害保険の連絡先を教えました。

すると、すぐに担当から連絡があり、現在の話の流れを分かりやすく伝えてくれました。

先程の電話で、相手の保険会社が、明らかにこちらが悪いような言い方で、再度話す気にはなれなかったので、全て担当者に任せました。過失が2割発生するかもしれないとの説明も、きっちり昔の判例等で伝えてくれましたので、安心して全てをお任せしました。

するとその後は、相手と話すこともなく解決していました。非常に保険のありがたみを感じました。

●●以前は月々の金額が安いのでソニー損保の自動車保険と契約していましたが、実際に事故に遭った時の対応が酷かったということがありました。そんな時、AIG損保の担当者が会社の方にも来ていたので、切り替えることにしました。

この間、軽い追突に合ったのですが、担当者に電話すると、すぐに的確な指示をくれて、しかも翌日以降も素晴らしい対応で完璧でした。

ソニー損保の酷い対応で、車の保険に対して、少しトラウマ的な感じがありましたが、全くそんな事は関係ないとわかりました。私は、もともと信頼関係のある人といろいろな事を進めたいタイプなので、今後もAIG損保の担当者の方にお願いしたいと思っています。

北海道に住んでいる為、特に冬季間は加害者にも被害者にもなる可能性が十分あり、今後もっとお世話になることが出てくるかもしれません。

●●私は免許を取ってから一度も保険を使ったことがなく、一番保険料が安い等級でした。それが先月、ガードレールに愛車をぶつけてしまいました。ガードレールは無事だったんですが、愛車の左角にがりがりと傷が付いてしまったのです。

初めて保険を使うことにして、加入しているAIG損保に連絡をしました。すると担当者さんは若くてハキハキとしていて朗らかで、私の沈んでいた気持ちを癒してくれました。修理工場も紹介してもらったうえ、自宅まで代車を持ってきてもらって、本当に助かりました。車もピカピカになったので良かったです。

●●事故を起こしてしまった際の対応がとても早くて助かりました。これまで事故なんて起こしたことがなく、どうすればいいのかあたふたしていた私に、電話越しで優しい口調でこれからやるべきことを的確に教えてくれました。不安だらけでしたが、最終的には全てうまく解決して良かったです。

▲▲10年ほど前のことです。私が交差点で信号待ちをしている時に追突されたことがあります。車は廃車となり、相手保険会社からは、車両価格は時価額、諸経費等は認めないと言われました。車両が時価額なのは仕方ないとしても、登録費用等の諸経費が認められないのは納得できません。

女性担当者に電話口で尋ねると、「できませんね、ははははー」と笑いながら応えられました。さすがの私も怒鳴り声を上げました。笑いながら返事をされたのに腹が立ったのです。翌日から担当者が変わりましたが、話の内容は変わりませんでした。

結局上司が出てきて認められたのですが、最初から認めてくれれば私も嫌な思いをせずにすんだのに。回りくどいものです。その後、治療費に関しても、もめたのは言うまでもありません。

50代男性

●●事故を起してしまい、その時に民間の自動車保険に入っていて、良かったと言っている事を耳にした事があります。その方の加入していた保険は、AIG損保の対物対人補償だそうです。

対物補償とは、他人の所有している物に対して損害を与えてしまった時の保険です。家の塀やガードレールや電柱や車などに損害を与えた時に保険が適応されます。

飼い犬や飼い猫をひいて怪我させてしまった時には、それは物として扱われ治療費が支給される様です。ただ、適応されないケースもある様なので、保険会社に事前に問い合わせてみた方が良さそうです。

なお、自損事故の場合は車両保険を別途付ける必要があります。とにかく車に乗っている以上は事故に巻き込まれたり、事故を起したりする可能性を秘めているので、自動車保険に加入する事は大事です。

●●私は今年50歳になった会社員ですが、私の起こした交通事故は車対車の事故です。

私の走行していた車線は優先車線だったのですが、左方から一時停止無視の車両が突っ込んできたのです。そして、その車両の右側面に対して私の車両がぶつかってしまいました。

私の運転していた車両はクラウンで、相手はアコードワゴンでした。私は、ベテランドライバーだったのですが、相手側は免許取り立ての学生でした。

衝突時にエアバッグが作動していたために、辺り一面が真っ白になったものと錯覚しました。そして、なんだか焼け焦げたような臭いが車内に漂っていました。エアバッグのための火薬が私の上着に付着したために、服が焼け焦げてしまいました。

私は、足に痛みを抱えつつ車外へと出ていきました。すると相手の車両は何と、用水路に転落していたのです。そうしたことから、出ようにも出られなかったようでしたが、怪我はなかったようでした。

結果として、私の過失は2、相手は8となりました。その際の保険会社はAIG損保だったのですが、その対応には満足で、非常に助かりました。

私には交通事故の経験が乏しかったこともあり、AIG損保での対応によって、大きなありがたみを感じました。

●●私が受けたAIG損保会社の事故対応は、30年近く前の話になります。

事故当時の相手側(加害者側)の保険会社はAIA(当時)で、途中からAIGに吸収合併されて、AIGが担当する事になったのですが、当時の担当者からはハガキ1枚の挨拶のみでした。

この時の私は既に社会復帰をしており、社会復帰といっても完治した訳でなく、リハビリも継続中でしたので元の職場には戻れず(事故による解雇)、新たに得た職場で、仕事とリハビリの両立は難しくて、リハビリに通う頻度が少なくなりがちでした。

当時はまだバブル崩壊前でしたので、職を探すのにそれほど苦労はしませんでしたが、リハビリを続けるためには元の職場よりも給料の低い職場を選ばなければなりませんでした。その間、AIGの担当者からは一切の連絡はありませんでした。

事故に遭ってから4年の月日が経っていました。AIGに変わって約3年、何の連絡もしてこないなんて、今では考えられませんが、それで良かったのかも知れません。

当時の主治医からは「もう少し続けて見ては?」と言われたのですが、4年以上リハビリを続けていた私にとって、肉体的にも精神的にも疲れていたので、「もう疲れました。もういいです。」と答えて、終わりにしました。

直ぐにAIGの担当者からの連絡がありました。今度はハガキではなく、封書で「面談を希望します。ご都合の良い日時をご連絡下さい」とのことでした。私は当時、昼と夜の仕事を掛け持ちしていたので、直近の都合の良い時間が金曜日の夜しか空いておらず、それをそのまま伝えると「勤務時間外ですけど何とかして時間をつくりますよ」との返事。

この時初めてAIGの担当者の声を聞いたのですが、少し態度が横柄な感じでした。ただ、実際に会ってみると、電話での態度からは想像出来ないくらい低姿勢で、拍子抜けしたことを今でも憶えています。

当時若かった私は、感情的になってしまっていたのですが、AIGの担当者はひたすら低姿勢で私の話に対して、詫びの言葉を述べるばかりでした。それが仕事といえばそれまでですが…。

今思えば、その後何度か交通事故に遭ったのですが、そのたびに払い渋りや医療現場への不当な介入で、強制的退院や治療を中断されたりと酷い目にあったことを考えると、AIGの事故対応はまともな方といえるのかも知れません。

3年近く放置されましたが、保険会社の中には治療中にも拘わらず電話をかけてきて治療の終了を求めてきたり、暴言を吐いたり脅しを掛けてくる保険会社も存在している現実を考えると、当時のAIGの事故対応は良かったと私は思います。

●●友人の紹介で、評判がいいと聞きましたので、AIG損保にお世話になっている者です。去年の5月に事故を起こしてしまい、保険を使用しました。

事故の内容は、交差点での衝突事故でした。黄色信号で交差点に入ってしまったのですが、相手は赤信号にも関わらず交差点に進入しての事故になります。

車同士、ある程度のスピードが出ていた為、軽症ではありますが、私は骨折し、救急車で病院に運ばれました。それに伴い、車も大きな傷を負い、修理しないといけないような状況になりました。

とりあえず保険会社に連絡すると、こちらが焦ってイライラしているにも関わらず、電話に出てくれた女性スタッフは、物凄く丁寧で分かりやすく対応をしてくださりました。

こちらにも黄色信号で侵入した過失があったので、示談交渉は全てAIG損保にお願いしていたのですが、その担当者も迅速で、頻繁に状況を説明してくれました。

また、骨折をしていたので、治療費の請求などもありましたが、全てスムーズに対応してくれて、困る事は何一つありませんでした。

会社に提出する書類の要求をした時も、その日の速達で送ってくれて、対応の早さを感じました。車も、修理に出している期間中は代車を無料で貸してくれて、本当に助かりました。

保険料は通信販売のみの会社よりかはどうしても割高になりますが、それに見合った対応をしてくれたので、これからもお世話になろうと思います。

●●自動車事故が続く時は続くもので、半年間で二度の事故、しかも相手方の過失比率の高い自動車事故でした。

以前勤務していた会社の後輩が「今度自動車保険会社に勤務することになりました」と、挨拶にきたこともあり、自動車保険会社選びを行っている最中でしたので、ご祝儀を兼ねて、後輩の勤務する自動車保険に加入することとしました。

保険のプランは後輩の進めるまま最適なコースと思われるものにし、その代わり、保険料は可能な限りの割引を付加してもらいました。

実際に一度目の事故に遭遇した時には、相手の運転手が前を見ずに運転していて、こちらの自動車の後部に軽く追突するという事故でした。保険会社に連絡すると、担当者の対応は迅速、かつ冷静で、「必ず病院行き、事故の経過を伝え、診療を受け、証明書を取るように」とのことでした。スムースな対応だったと思います。

二度目は、助手席の家族が救急車で病院へ運ばれ、自動車の損傷も激しい事故でした。保険会社の担当者は相手方の保険会社との折衝を進めました。

自動車の修理代や病院での治療費等のどこまでを双方の保険会社から支払うのか、事故後の段取りはどうなるのか、その他の説明にもたつきがあり、一度目の事故対応の担当者と比較すると、迅速さに欠け、やや不満が残る印象でした。

二度目の事故後、保険料金が高くなり、もう少し料金のお得な自動車保険はないのかと、今では自動車保険会社から他業界の会社へ転職した後輩に愚痴っています。

▲▲以前、見通しの悪い道路で事故を起こされてしまいました。こちらの車は、結構な勢いで傷やガラスが割れてしまうなど酷い状態です。相手側の車の状態は、ぼちぼち傷がついた程度でした。

私個人の判断ですが、こちら側が優先道路でしたので、一時停止を無視した相手側の過失があると判断していました。事故相手の方は詫びれる訳でもなく、自身の車の状態を心配していただけで、こちらの具合など気にしていない様子でした。

しばらく経ってから警察の方も来て頂き、それぞれの事情聴取を軽く済ませ、その場は解散と言った流れになりした。結論は「私が1の相手側が9の1:9」といった形になり、先方の保険会社からの連絡を受け、保険会社の指示通りな展開でした。

しかし「私が1」ということは、過失があった事になります。前から0:10は絶対にないと説明を受けていましたが、釈然としない気持ちです。

事故対応:女性の口コミ

20代女性

●●出合い頭で衝突したときにお世話になりました。幸いケガ人も出ず、車の破損のみの事故でしたが、相手の方も私も初めての事故でかなり動揺してしまっていました。

そんな中、AIG損保の事故受付番号に電話したところ、担当の方がまずこちらの心配をしてくださって、とても安心したのを覚えています。そして、その場でこれから何をしたらよいかを説明してくれて、だんだんと冷静になった私は落ち着いて警察の方と話すことができ、相手の方とも揉めることなく話すことが出来ました。

それからも、自分では全く頭になかったムチ打ちの可能性はないかなど体の事も聞いてくれて、病院に行くことができたし、事故当時の話をしっかりとヒアリングしてくれ、時には現場に一緒に行って状況を確認してくれて、なるべくこちらの要望に沿うようにという姿勢がとても見られて好感が持てました。

事故は自分でも予想していないところで起こります。また何をしていいのか本当にパニックになってしまいます。そんな時に当事者を安心させてフォローし、その後もしっかりと対応してくださったAIG損保の自動車保険に入っていて本当によかったなと改めて思いました。これからもこの会社の保険に入っていくつもりです。

●●去年のお盆に追突事故に遭いました。直線車線を走行中、脇道から右折待ちしていたお年寄りの運転する車が前方不注意でぶつかってきました。車外に投げ出され、全身打撲と腰椎横突起を3ヶ所骨折して入院しました。

車は運べる距離ギリギリまでレッカー移動していただきました。どちらも動いていたので100:0にはならないと言われ、70:30と言われましたが納得出来ませんでした。AIG自動車保険に加入しておりましたので、そちらの保険会社に対応していただき、85:15という過失割合に交渉していただきました。

車の賠償も、納得いく金額に交渉してくださりました。その後の対応もとても良く、搭乗者保険や不足分などいろいろと保険がおりました。事故に遭い、不自由な想いや悔しい想いもしましたが、こちらの保険会社に加入していて良かったです。

車は廃車になったのですが、特約をつけていたりしたので、買い替え費用も困ることはありませんでした。何かわからないことがある際も、とても丁寧に説明して下さり、大変助かりました。

●●初めて事故をしてしまい、AIG損保にお世話になりました。初めてでとりあえずどうしたらいいのか分からずだったのですが、私からしたらもらい事故でした。しかし、相手が非常に怖い方で、事故と同時にどんどん責められてしまい、最終的にはその場で非を認めてしまいました。

その後警察を呼び、そのあとは保険会社であるAIG損保さんにお任せになりました。AIG損保さんは事細かに私の話を聞いてくれて「後は任せてください」と言ってくださいました。非常に安心できました。

その後のやりとりで相手のほうが非が大きいことになり、こちらは保険をほとんど使わずに済みました。AIG損保さんのしっかりとした対応に本当に安心できました。これからもずっと付き合っていきたい保険会社さんです。

●●こちらが前の車に追突してしまったので、すぐに保険会社へ連絡しました。はじめての事故でパニックだったのですが、どうしたらいいのかを簡潔に伝えてもらいました。相手の連絡先を聞いて、あとはこちらで話して連絡しますということだったので心強かったです。

保険会社の方からすれば損をするはずなのに、親切に対応していただいたので、この保険会社にして良かったと思いました。そのあともスムーズにやり取りを終えることができました。

しいていえば、お詫びの電話や菓子折りをもっていったほうがいいなども教えて頂けると良かったかなと思います。なにも知らず、インターネットをみて後日お詫びをした方がいいことを知ったので。ただ、結局相手の方がよい方で、お詫びの電話のみで事なきを得ました。

●●去年の冬、友人5人組でスノボー旅行に言ったときの話です。帰りの雪道でタイヤがスリップしてしまい、停まりきれずに前の車にぶつかってしまいました。特にこちらも、相手側も怪我はありませんでしたが、すぐに保険会社に連絡して、対応していただきました。

事故後の対応はとてもスムーズで、丁寧に今後の流れを詳しく説明していただき、安心できました。保険料は他社さんと比べると決して安い方ではありません。しかし、何か起きたときの対応は素晴らしいです。

対応していただいた担当の方がとても親切で、怪我がないことを伝えると「本当に良かったです」と、親身になって話をしてくれました。事故後の対応も一から丁寧に説明していただき、初めての事故で焦っている私に「我々が責任もって対応するので安心してください」と言ってくれました。

初めての車の購入でしたので、保険会社もどこがいいかわからなかったのですが、友人がAIG損保さんと契約をしていてお勧めしてもらいました。他にもインターネットなどで金額面も含めて色々検討していましたが、事故など何か起きたときにしっかり対応してくれる所がいいと思っていました。

AIG損保さんは保険のことが何もわからない私にも丁寧に説明してくださり、「ここなら安心できる」と思い、契約しました。

●●新車を購入する際に、車の保険会社は良く分からなかったので、会社にいつも来ている営業さんに相談してみたところ、一緒に担当してくれるとの事でAIGにしました。車の事にも保険の事にも、あまり知識がなかったので、いろいろと助けてもらいました。

保険の申し込み用紙も、訳の分からない用語が並んでいて、いったい自分が何に入ったら良いのか分からなかったのですが、一つ一つ説明してくれましたし、それに入った事によって、いくらくらい保険料が増えるのかなど、金額面でも相談に乗ってくれました。

そして、新車を購入してすぐに、事故にあってしまいました。私の不注意でトラックと接触してしまったのです。トラックは軽傷でしたが、私の乗用車は全損してしまいました。

前は潰れてしまいましたが、まだ動ける状態だったので、何とか直して乗れるのか、また、相手のトラックに何を請求されるのか、不安で不安で、保険の営業さんに電話しました。こういったトラブルにはとても慣れていて、落ち着いて話をしてくれたので、不思議と私も気持ちが落ち着いてきました。

AIG側で全て対処していただいたので、相手側のトラックの運転手さんとは会わずに済みました。私の車も全損してしまっているので、違う車を購入する事を勧められましたが、多額のローンが残っているので「直してなんとか乗ります」と言うと、営業さんは「保険でローンは全て返済し、新車がまた買える」と言ってくれました。

嬉しくて飛び上がりたい気持ちでした。確かに事故を起こした車にはなんとなく乗りたくない気持ちがあったので、処分し、またローンを組み直して新車を購入しました。ローンを返済しただけではなく、新車の頭金にもなり、ローンも安く済みました。高いけれど保険に入っていて本当に良かったと思いました。

30代女性

●●以前、横から飛び出してきた車にぶつけられた時の、保険会社の対応に助けられました。初めての事故で、どうしようと思いながら、営業の方に直接電話させてもらいました。

事故直後、相手の方は自分の会社の方に電話し、職場の方が沢山来られ、こちらは一人。取り敢えず、警察には電話したものの、どうしようかとパニック状態でした。そんな時、営業さんが「大丈夫だから、落ち着いてね。僕近くに居るから今行くから」と言ってくれ、本当にホッとしました。

初めての事故で、どうしていいものかわからず、人はたくさん集まってるし、不安でいっぱいの時、彼の存在は本当に心強かったのを覚えています。その後の事故対応もきちんとしてもらい、今では10年の付き合いになります。

旅行先で鹿にぶつかったなんてこともありました。鹿に修理代請求するわけにもいかないねと、お互い笑うしかなく、近くに警察があるような感じの場所ではなかったので、電話ですぐ手続きしていただき、事故はおこしたけど、気持ちは楽に帰ってくることが出来たなんてこともありました。

最初は、安いからと、この保険会社にしたのですが、会社の方の対応の良さに日々感謝しています。知人で、事故を起こした時に保険会社の方に嫌な対応されたというのも聞きますし…。本当にこの保険会社に決めてよかったなと思うので、これからも変えるつもりはありません!

●●2年ほど前に、接触事故を起こしてしまい、保険会社のコールセンターへ電話を掛けましたが、時間帯が夕方だったせいか、なかなか繋がらず対応に困りました。

双方とも怪我もなく、車の損傷もほとんどなかったので良かったのですが、万が一のときのための自動車保険ですし、事故は24時間、365日いつでも起こり得るので、電話はすぐに繋がるようにしていただきたいです。

事故の翌日の午前中には担当者の方から連絡がありました。男性の方で、今後の手続き等の流れについて説明していただきました。私には保険の知識は全くありませんが、とても丁寧で、わかりやすいものでした。

また、「○○日に相手方に連絡致しました」「お車の修理の状況は、こういった状況です」といった連絡をマメにいただきました。担当者の方が外出されていて、連絡が取れない日などもございましたが、その点はお互い様ですし、特に不快には感じていません。

事故発生から、一連の手続き(保険の申請、自動車の修理等)には相当時間が掛かるだろうと思っていましたが、私が思っている以上にスピーディーかつ滞りなく対応していただけたので、その点については非常に満足しています。

●●相手の車に傷をつけてしまうという小さな事故を起こしてしまって、AIG損保の自動車保険を利用することにしました。対応としては良くもなく悪くもなくといった感じでした。

まず電話対応では、こちらとしては事故を起こしてしまってとても慌てているのに、なんだかんだとその時としてはどうでも良いようなことを聞かれたり、喋ったりされて、正直、そんなことはどうでもいいと思ってしまいました。

しかし、それはおそらく必要なことであるのだろうとも思うし、納得はできています。ただ、どこの保険会社でも同じだろうとは思うのですが、事務的で融通が利かないなという風に感じました。

対応自体はしっかりとしていて、しっかりと事故の状況を聞いた上で、保険は下りることになったので、契約内容とか、それに関することについても納得しています。

事故の処理などについても、私自身でなにか相手とやり取りをするというようなことはなく、最初の話し合い以外はすべて保険会社が行ってくれました。これはこちらとしてはとても助かったと思っています。

それと、これも忘れてはいけないのですが、保険というのは使うと、その後の保険料が高くなります。このことについてはなんとなく納得はいかないのですが、契約の時からそういう契約なので文句はありませんでした。

●●バイクとの出会い頭の接触事故で、大変お世話になりました。免許をとって初めての接触事故で、動揺してしまっている私に、丁寧に迅速に対応してくださいました。

まず、相手方のお見舞いに行った方が良いか?と質問したところ、お相手にアポをとってから、一度入院されている病院に菓子折りを持って行った方が良いと、親身になってアドバイスしてくださいました。

その後の対応は、全て担当さんがしてくださり、お相手の入院費や、治療代など、しっかり補償してくださり、大変助かりました。

また、お相手は、最初人身扱いにさせてもらいたいと言ってこられていたので、こちらとしても、ケガをさせてしまった以上、仕方がないとは思っていました。

ただ、仕事で毎日車を使うため、正直、人身になると困る…と、担当さんに相談していたところ、お相手の保険会社さんと直接交渉してくださり、また、お相手の入院先にも、直接面会に出向いてくださり、過失の割合を8対2にしてくださったのです。

そして、お相手にも、過失があったことを認めてもらえ、こちらの誠意をもった迅速な対応も分かってくださり、人身扱いは、取り下げて頂くことができました。

間に入って、きちんと対応してくださり、迅速な対応に本当に感謝しています。

●●原付の自損事故を起こしてしまいました。事故が真夜中だったので翌朝に担当の方に連絡を取ったのですが、迅速に対応して頂き、大変助かりました。

まず、連絡を取ったその日の内に、通院予定の病院に連絡を取ってくださったので、その日から通院が終わるまで、医療費の負担はゼロで済みました。

また、事故が原因で職場をやめることになったのですが、書類の書き方なども懇切丁寧に教えて頂き、保険金の請求に手続きに必要な書類を手早く揃える事ができました。仕事を休んだ分の給与補填や、通院日額5000円の措置もありがたく、掛けてて良かったと思います。

事故当日の医療費は、保険金がおりる時に一緒に返ってきました。ちなみに、事故当日から保険金が下りるまでの期間は約2ヶ月でした。もう二度と事故には遭いたくないですが、何があっても安心してお任せできる良い保険に入ったなと思います。

●●初めて事故にあった時、とりあえずその場ですぐに保険会社(AIG損保)に連絡しました。追突されたので、私に全く非はなかったのですが、初めてだったので、とにかく連絡した方がいいと思ったのです。すぐにケガなどの心配をしてくれて、レッカーの提案をしてくれました。

自宅の近くではあったのですが、郊外なので保険会社さんが提携しているレッカーが1時間近くかかってしまうと言われました。そして、それは断り、いつもお世話になっている自動車修理工場の人に運んでもらいました。自分の保険会社さんからは、すぐにお見舞金のようなものが出ました。

ダイレクト保険だったので、色々時間がかかったりしてしまうかな、と思っていたのですが、こまめに電話をくださったり、相手と少し揉めたりしたので、相談に乗ってもらったりと、本当にお世話になりました。

●●後続車に追突されたことがありました。それほど大きな事故ではなかったのですが、軽自動車の後ろが大きくへこみ、私は膝や腕の擦り傷やむち打ちなどの症状が見られた為に病院へ行きました。私が加入していたのは「全労済のマイカー共済」でしたが、相手の方が加入していたのは「AIG損保」でした。

相手の担当者の方からの電話が何回かあり、事故の時の様子や相手の方との内容に食い違いがないか、その後の保険のことなど、いろいろな面での確認がありました。

知りたいことはしっかりと教えて下さり、その中で、事故後の体調のことや、事故にあって気持ちが少し不安になっている私への気遣いもあり、すごく感じのいい対応に満足しています。相手の方とも気持ちよく円満に事故処理が済んだのも、保険会社のおかげだと思います。

●●交通事故に巻き込まれた時に、保険会社(AIG損保)へ連絡をしたら、相手側の保険会社からすでに連絡が入っていたようみたいで、こちらの説明を聞かず、相手側の主張を言われて不満に感じました。

しかし、こちら側が状況を説明すると「すぐに調べます」と言い、対応してくれました。外資系の為、料金は安いですが、担当者の顔を見たりしていないので、実際には「仕事を任す」というより「処理をする」という側面が強いと思います。

警察にお願いして目撃者を捜してもらい、数日後に見つかりましたが、状況と説明があまりに違うらしく、結局は目撃者証言とはなりませんでした。

賠責は半々となってしまいましたが、相手の事故歴が多く、あたり屋みたいな感じで、目撃者も本当は雇われじゃないのか…などといった情報や説明などをきちんとしてくれました。結論から言えば100%相手が悪いと思うので納得できませんが、相手が相手だけに、この程度で済んだのならばよかったと思うことにしました。

▲▲主人が半年前に事故を起こしました。相手は土建中小企業の社長で、軽トラックよりも頑丈で大きな中型トラックのような車を運転していて、うちの主人が車線変更の際に間に合わず、後ろからぶつけてしまいました。

しかし、相手の車が頑丈だったためか、こちらの車の前方部分が大きく損傷してしまいました。相手への損害賠償のための手続きなどは、保険会社がうまく処理してくれ、円満に解決できました。

けれど、こちらの車は100万円以上の修理費用がかかるほどの損傷があり、どのくらいの金額がかかるか、また金額によっては買い替えも検討するか、全く話が決められずにいたため、修理会社には修理は一度待ってもらうよう伝えていました。

結局、修理をすることに決定し、保険会社に連絡しましたが、二週間しても車の修理が始まっていませんでした。保険会社が修理会社に連絡するとの話だったのが、全く進んでいませんでした。それ以外の対応は問題無かっただけに残念でした。

▲▲以前、夫婦でAIG損保の自動車保険に加入していました。主人が不運というか注意不足というか、短期間に2回続けて事故を起こしてしまいまして、事故が多い事が理由なのかわかりませんが、契約の継続ができませんでした。

事故直後の対応は素早く丁寧だったので安心はしたのですが、事故を起こしてから解決までに1年以上もかかり、しかも、保険会社同士の力関係なのか、相手の保険会社のいいなりといった感じで、お互いの話が食い違っている点を相手側の意見を通すという形になってしまいました。

事故を起こした当初は7対3の比率になると思うと言われ、納得していたのですが、結局は五分五分という結論になり、解決までに時間もかかった割に納得のいく結論には至りませんでした。ただ、保険料は安いので、いざという時は残念ですが、それも仕方ないのかな…と思います。

▲▲以前、もらい事故にあったときの話です。夜間で交通量が少ない2車線の右側車線を走行中、左車線をトロトロと走行している車がいました。私がその車を追い越しかけた際、相手が急に右に寄ってきたので、避けきれず接触しました。

あとで聞いたところ、右を確認せずにUターンをしたそうです。すぐに警察を呼んで、Uターン禁止場所だとわかりました。翌日、相手の保険会社の担当者から連絡があり、第一声に、私にも過失があるので保険会社に連絡をしてくれと言われました。

私は、右側をただ走っていただだけで、真横の車がUターン禁止場所でUターンしてきたのに、どんな過失があるのか?と尋ねました。相手の保険会社の担当者は、現場を確認してまた連絡しますと言いました。

数日後、Uターン禁止場所で指示器もなく急にUターンしたので、100%支払いますと言われました。もっと早く、現場を確認して連絡したり、詳しい状況の確認もせずに、過失があると決めつけるのはいかがなものかなと思いました。

▲▲初めて自分で車を購入したときに、保険のことも分からず、車を買ったところで「まだ決まっていなければ紹介いたします」と言われ、お願いすることにしました。

保険に無知だった私は、保険屋さんの言うままに、あまり内容もわからないまま、入ってしまいました。料金も思っていたほど高いようには思いませんでした。

一年たたないうちに、免許取り立ての私は、単独で事故をしてしまいました。どうしていいか分からず、保険屋さんに電話をしたところ、お持ちの保険では車両は補償対象外だと言うのです。びっくりして説明を聞いてみると、対人や対物は入っているけれど、単独の事故の場合の車両保険には入っていなかったのです。

訳も分からず保険に入ってしまった自分も悪いのですが、車両にも保険が付いていると思い込んでいました。担当してくれた人に聞こうと思ったのですが、すでに退職していて、話を聞くこともできず、結局は自腹で直しました。

40代女性

●●AIG損保に加入していたときに、後ろから追突されたことがありました。一旦停止の場所で、停止して左右確認しているときでした。追突してきた人もそれほど速度が出ていたわけではなかったですが、追突の衝撃はありました。

事故時に保険の担当の方にも連絡しました。結果としては私の場合は衝突で傷付いた車を修理してもらい、家事仕事等に影響した時間が補償金という形で査定されたようで、一日分の補償金を受けれるとのことでした。

大きな事故ではなかったので、同乗していた夫や子供も何もありませんでしたし、幸いでした。保険会社の方も、手続き等スムーズに出来たので、やはり任意保険はとても大切なんだなと改めて感じることとなりました。

●●自家用車で泊りがけの旅行中に事故に遭いました。信号待ちで停車していると、突然後ろから追突されました。

車の破損はそれほどでもありませんでしたが、初めての自動車事故だったのと旅行先だったということもあり、追突された側でしたが、とても動揺しました。警察に連絡した後も、この後どうしたらいいのかと、不安でいました。

日曜日でしたが、保険会社さんにすぐに連絡がつきました。電話の方は、とても丁寧で親切に話をしてくれて、とても動揺していたのですが、落ち着くことができて良かったです。

追突してきた相手から、直接私に電話がきたりなど、予想外のことがありましたが、すべて保険会社さんで対応してくださいました。

素早く、親切な対応で安心でき、せっかく旅行に来たのに、気分が落ち込んで旅行どころではなくなっていましたが、その後の旅行の続きも楽しめました。

もちろん100%無過失で、示談成立しました。土日にもかかわらず、素早い対応と親切な応対、丁寧な事故対応に、とても感謝しています。

他の保険会社さんに比べて保険料が少し高いかなぁと、正直なところ思っていましたが、とても親切にしてくれたので、これからもAIGさんにお世話になりたいなと思いました。

●●事故後のロードサービスは、連絡後にレッカー車を用意するという一般的なものでした。深夜なので少し時間がかけるということでしたが、警察の検証の間に到着しました。

事故割合10:0で相手が100パーセント悪い事故でした。こちらの現金の支払いは一切無く、その場合は通常は自分の方の保険会社は一切関わらないと、初めて知りました。

相手の保険会社と自分で話し合わなくてはいけないのですが、電話で色々アドバイスをしてくれました。特別な対応をできないのに、適切なタイミングで電話を何度もいただきました。

相手の保険会社はなかなか連絡が無く、こちらから電話連絡するとそのまま対応する感じでしたが、AIGはこちらからの電話にも通話料もあるのでと、直ぐ折り返してくれました。担当も最後まで代わることが無くて安心でした。ちなみに、相手の保険会社は途中対応する方が変わりました。

弁護士費用も対応する保険だったのですが、弁護士をお願いした方がいいのか、自分で話しあった方がいいのかなどの相談にも乗ってもらいました。弁護士の件も保険会社の方からアナウンスがあって、使えることや、どの様にしたらいいか等、わかったので大変感謝しました。

●●事故など無縁と思って、父の知り合いのところでオススメされる通りに加入しました。仕事で使用する為、対人は無制限である以外は内容もよくわかっていなかったのですが、2度の事故で保険の大切さを実感しました。

1度目は野生動物との衝突。単独事故扱いでした。車は動かないわけではなかったのですが、ディーラーに連絡してただき、修理をお願いしました。

代車の期間は代車使用費用として1日単位でいくらかお金が入ってきましたが、その代車費用も保険で払えたので「お金が入ってきた!」と喜んでいました。しかし、以降の保険料が高くなってしまうので気をつけなければと思いました。

2度目はスリップ事故で全損と言われましたが、思い入れのある車で、無理を言って修理にしてもらいました。担当の方がわかってくださる方で、色んな話と相談にのってくださって、パニックにならずに落ち着いて対応出来ました。担当の方にもよるのかもしれませんが、慌てず最善の方法を教えて下さいました。

●●私は今まで生命保険には一切助けられていませんが、自動車保険には何度もピンチを救ってもらっています。人間、ぱっと見はいい人でも、一度お金がからむと急に人が変わったりするものです。

私がケガさせてしまった人の場合、ちょっと転んだだけだったのですが、その日着ていない服やヘルメットの分を請求しようとしたり、1年以上通院して、結局200万円以上を保険で支払うことになりました。もし自動車保険に入っていなかったらと考えると背筋が寒くなる思いです。

▲▲私は半年の間で2回も事故にあいました。どちらも同じ担当者の方に対応して頂きましたので、事故後の対応は丁寧で、諸々の連絡もスムーズに行って頂けました。

しかし、相手の保険会社との割合の話はなかなか進まず、しかも丸く納めようとしている感じがあり、私が悪いような言い方もされました。

どう考えてもおかしかったので、弁護士特約を利用するとお伝えしたところ、急に私がプラスになるような割合を相手に提示すると言い出したり、「弁護士を入れてもこちらがマイナスになる場合もある。弁護士を探すのも手続きも全てご自身でやるんですよ?」といって、なかなか話を進めて頂けませんでした。

しかし、時間もかなり経ってましたので、強引気味に弁護士を入れるように手続きして頂きました。保険会社さんが提示してきた割合は「6:4もしくは5:5」でしたが、弁護士さん曰く「1:9しか考えられない」とのことで、今、話を進めているところです。

弁護士さんは、現場の特色や交通事情などもわかっていたこともあって、このような割合になったのかもしれませんが、保険会社さんとは電話でのやり取りのみで、いくら言葉で現場の特色や交通事情、状況をお伝えしてもなかなか理解してもらえないところもあり、とても苦労はしました。

しかし、弁護士さんにお願いしたいことをお伝えしてからの対応や、相手の保険会社との争いのないような割合の譲り合いには呆れました。保険会社同士の裏の取引などがあるのではないかと思いましたし、自分自身も保険会社任せではなく、もっと保険について知識を持っておくべきだとも勉強させて頂きました。

▲▲スーパーマーケットの駐車場沿いの道路で信号待ちをしていた時のことです。

私はちょうど駐車場の出入口の所にいました。駐車場を出ようと進んでくる車が視界に入ってきましたが、当然停止するものと思っていたので動くこともなく信号待ちをしていました。前後も詰まっているので動けませんでしたが…。

停止するものと思っていた車は、何故かそのまま私の車の助手席に真っ直ぐ突っ込んできました!逃げようもなく、派手な音をたててぶつかり、相手はやっと気付いたという感じでした。私はパニックでしたが、幸い一人で運転していましたし、ケガもなかったので警察やら保険会社やらに電話しました。

お世話になっている車屋さんにも連絡したのですが、結局保険会社の人は来てくれず、心細い思いをしました。連絡は取れてもやはり来てもらいたかったです。

もちろん相手が100%悪いということで、その後の処理に不都合は無かったのですが、気持ちの問題と、条件を考慮して、結局保険会社を代えました。

▲▲親戚の知り合いがAIG損保の代理店を始め、お付き合いの関係で加入しました。保険のお世話にはなりたくなかったのですが、赤信号で完全に止まっていたら、後ろから追突されました。幸い大きな衝突事故ではありませんでしたので、双方怪我はありませんでした。

こちらはAIG損保。相手方も偶然にもAIG損保。代理店は違えど交渉はスムーズに行くかと思いましたし、こちらは停車していた所に追突された訳ですから、100%相手が負担を負うべきだと、当然のごとく考えてました。

ところが、何がどうなったのか、こちらの方が大きな割合で悪いことにされました。結局、経験不足で相手の保険担当者に丸めこまれた形です。このことで、AIG損保の印象は格段に悪くなったのは言うまでもありません。

事故を起こしても、結局は保険担当者の腕によっては、こうなるのだと知りました。色々調べた結果、事故に強いのは大手損保系だという結論に至り、現在は東京海上日動の自動車保険に加入しています。

▲▲AIG損保の代理店が自宅近くにあったため、利便性を優先して契約しました。最近の保険手続きはどこも簡単なので、これといった問題もなくすぐに済みました。

保険というのは、何事も起きなければ入ったところで何があるわけでもありません。AIG損保も、入ったきり何の音沙汰もありませんでした。保険に関する限り、その後のやりとりが発生しないというのはそう悪いことではありません。

ところが、入って1年ほどしてから軽微な事故に巻き込まれました。こちらが直進していたところ、右側から割り込んできた車がこちらの車にぶつかったのです。

スピードを出すべきところではなかったため、衝突の度合いは大したものでなく、互いに怪我もありませんでしたが、ちょっとした板金作業が必要なくらいの凹みは出来ました。

早速、AIG損保に連絡したものの、先方の保険会社の言い分にすっかり飲まれてしまって、納得のいく説明さえも得られませんでした。担当者は全く頼りにならなかったため、結局私が自分で先方の保険会社と交渉し、納得できる結果に至ることが出来ました。

いざというときに頼りにならなかったこの保険は満期をもって解約し、別会社と契約し直しました。

保険はとりあえず入っていれば安心と思いがちですが、いざというときに役立たない保険ほど悲しいものはありません。入るときはひと通りの比較検討をすべきです。その後に入った保険には大変満足しています。

50代女性

●●私が事故を起こした時入っていたのがAIG損保さんでした。その日、私は午前中に兄を自宅より一時間のところに送り届け、その足で仕事へ向かう予定でした。折悪しく雨が降っていて、道は混んでいました。

早くしないと仕事に間に合わない…。そう思って焦ってしまった私は、車が切れたと思い、右折しようとしました。そこへスピードを出した車が少し間をおいて走ってきたのです。

「あっ!」と思った時には遅かったです。右折しようと道路ヘ出た私とその車はぶつかってしまいました。私にとって初めての大きな事故でした。警察を呼び、警察の方がレッカー車などの手配までして下さった記憶があります。

私はレッカー車の助手席に座って、そのレッカー車の持ち主である修理工場で保険に入っているかを聞かれました。そこでAIG損保会社さんのことを言い、後は修理工場さんと保険会社さんとの話し合いになったと思います。

車は25万の車両保険が出て、免責0だったので、それで直せると言われて一安心でした。その後、修理工場さんで代車を貸してくれて、しばらくそれに乗っていました。

次の日に保険会社から電話があり、今後について話がありました。相手方とは保険会社が交渉するということ、話がまとまるまでの経緯はその都度お知らせすること、何か質問が出てきた場合はまた連絡すると思います、とのことでした。

実際に何度か電話はありました。そこに一時停止の看板があったかどうかなど、聞かれましたね。事故のため、ほとんど何も考えられない状態だったのですが、今思うと私は車が切れるまでじっと待っていたので、一時停止は完全にしていました。

切れたと思ったから出たのに、すごい勢いで走ってきた車が間に合わなかったとも言えると思います。でも、その時は本当に頭が麻痺してしまっていて、なんでもいいから早くこの状況を脱したかったのです。

AIG損保会社さんはその点はすごく早かったです。結局、私が9割悪いことになったようですが、それでもなにもかもが片付いた時はホッとしました。お互いに怪我が無かったのが一番良かったですね。担当の評価のためのハガキがたくさんくるのには閉口しましたけど、迅速丁寧で良いと思います。

●●先日、信号で止まっている車に後ろからぶつけてしまいました。信号近くなった時に咳きこんでしまい、ブレーキを踏むのが遅くなってしまったのです。赤信号から青信号になった時、あと2~3秒後だったら、前の車も発進していたと思いますが、事故なんてそんなものなのかも知れません。

でも、私も信号は意識していたのでスピードは出ていませんでしたから、前のバンパーが少し傷ついた程度。相手の車は軽自動車でもないのに、結構へこんでいました。前の車は左に寄ってそのまま止まってくれたので、私も道路際に車を寄せて、謝る為に車を出たのです。

相手は40歳位の女性、後ろの席には高校の制服を着た女の子が同乗していました。携帯で警察に電話をして、到着を待っている間に保険会社にも連絡。保険会社の担当は知人の息子さんで、自動車保険の他、医療保険も入っています。以前は別々の会社に加入していたのですが、担当が親切な方が良いと思って2~3年かけて統一しました。

その日も携帯に電話すると、すぐに警察に来てくれることに。相手の怪我もなさそうなので私一人で対応すると伝えましたが、丁度時間があると言ってくれたのです。やはり保険は担当者ですね。実際来ていただくと、とても安心できました。

●●雨の日、マンションの駐車場に車庫入れをする際、サイドミラーだけで動いてしまって、失敗しました。隣の車のドア部分をこすり、かなり目立つ傷をつけてしまったのです。同じマンションでも、車の持ち主がどの部屋か、どういう人かも分からず連絡のしようもなく、しかも日曜日で管理人さんは不在でした。

途方に暮れ、とりあえずAIG損保の事故対応ダイヤルへ電話をし、状況を話しました。多分、慌てているのが伝わったのだと思いますが、まず一言「ご安心下さい」と言われ、かなりほっとしました。そして、マンションの住所、駐車場の場所だけ分かれば、後の対応を全てやってくれるというのでありがたかったです。

相手の人にもちろんお詫びしたい気持ちはありましたが、直接関わるのは心配です。そして、相手の車の修理費、代車費用などをすべて保険で賄え、しかも、等級も下がらなかったので、次年度の保険料も上がらず、さすが大手だと実感しました。長年保険をかけていて、初めて保険のありがたさを知りました。

●●信号で停車していたら、後ろにいた原付が私の車のバンパーに擦ってきて「ぶつかった」と騒ぎました。とりあえずコンビニの駐車場に停めたところ、「警察を呼ぶと時間がかかるから、すぐに傷の修理代を出して欲しい」と若い男性に言われました。

私は自分こそ擦られたという意識だったので、どうしたら良いかわからず、警察を呼ぶ前に保険会社に電話したところ、相手の連絡先を聞きたいということで、原付の若い男性と電話をかわりました。

警察を呼んで、事故扱いにしないと保険はおりないと説明してくださったようで、相手はしばらくブツブツいろいろと言っていましたが、諦めた様子でした。

その際に、「この電話は録音されています」ということを言ってくれたようで、すぐにお金がもらえると思って自分の携帯番号などを保険会社の人に話したその男は、その後もとくに何も言ってこなくて、良かったです。

普通の事故ではなかったのですが、「○○さん、大丈夫ですか?」と最後まで私のことを気遣うように名前で呼んでくださって、混乱と恐怖の中にいた私は本当に安心しました。

●●私は運転免許を取ってから事故というものを数十年経験したことがなかったのですが、50を過ぎてから初めて事故を経験してしまいました。いわゆる3重衝突をしてしまい、その時AIG損保さんにお世話になりました。

相手の方の車と病院代は当たり前の事ですが、お見舞い代として茶菓子まで用意していただきました。世間体の分からない私を気使い、全て行ってくれました。本当であれば自分で用意する事ですが、事故が初めての私には何もわかりませんでした。

車の保険は運転している方は必ず掛けた方が良いです。保険に加入していないとすべて自己負担になります。しかし、事故の内容にもよりますが、いくら保険加入しているからと言って、すべて負担してもらえるわけではありません。私の起こした事故では、すべて保険の方が行ってくれましたが…。

自分ではどうする事も出来ない事を、保険に加入していた事で、生活に影響もなく暮らして行けます。今では、安い金額で対人対物同乗者を守る事が出来ます。事故を起こさないと自信を持っていても、いつ事故に遭うか分かりませんので、車の保険にはしっかりと加入し、安全運転してください。

▲▲今年の冬のことです。主人が一旦停止して安全確認しているところに左折してきた車が当たってきました。すぐ警察を呼んで事故処理をしたとき、相手方が「修理代は持ちますから」と言うので、示談で済ませるということになりました。通勤用に使う車でもありましたので、翌日すぐに修理に出しました。

止まっている車に当たったら100%当たった方が負担して当たり前だと思っていましたが、数日後に相手方の保険会社(AIG)から電話が入り、「今はそんな事は絶対ないから8:2で2割負担してください」ということでした。

私も友人も、いわゆるオカマ追突をしたときは100%負担しましたし、以前主人が出会い頭に衝突した時も、相手方が安全確認のミスということで、全部負担してもらいました。

担当者と何度か電話で話をしましたが、担当者曰く「私は加入者の味方ですから」とのこと。被害者に対してそんなことよく言えるなと思いました。

主人自身、普段から安全運転を心がけていますし、止まっている所に当たってこられたということで、当然納得がいきません。そして向こうの出方を静観していたら、突然、免責証書なるものが送りつけられ こちらの負担金額が書かれていました。

電話ばかりの交渉で一度も顔を合わせることもなく、一方的にごり押し的に事を進めるやり方には、怒りと驚き以外のなにものでもありませんでした。

自動車保険に詳しい友人や、自分が入っている保険会社などにも訪ねてみたところ「AIG損保は自動車保険も含めて通販型なので、顔も見ずに電話1本で済ませるから簡単に安価で入れる分、被害者にしわ寄せが来ることが多いのですよ」ということでした。

このまま無視して戦うか、民事裁判にかけるかしかないようです。色々考えましたが、裁判にかけるといっても弁護士費用など諸々のことを考えたら、勝ってもこちらの負担費用より高くつきそうなのです。

結局、悔しく腹立たしい気持ちを抑えて、車の修理工場にかける迷惑のことや金銭的なことを考えて、免責証書にサインと捺印をして送り返しました。

通販型保険の怖さもよく分かり、いい勉強になったと思うことにしましたが、あえて言っておきたいことがあります。いくら顔が見えないからからとはいえ、相手を小馬鹿にしたようなタメ口で物を言うのはやめて下さい。

保険契約者の代理人として対応するなら、もう少し誠心誠意、心を込めてお詫びを言ってください。その上で 誠実な態度で交渉にあたってください。

世の中には自動車保険を扱っておられる方も多くおられるはずです。そんな方たちまで同じように思われては気の毒です。そして、安ければいいという安易な考えで保険を選ぶのだけはやめたほうがいいと思います。

ロードサービス:男性の口コミ

20代男性

●●テレビコマーシャルの影響でネットで契約しました。契約中に事故にあったことはありませんでしたが、休日に自宅の駐車場にとめていた際にバッテリーがあがってしまい、ロードサービスを受けたことがあります。

電話で対応してくれた女性はいたって普通の対応でしたが、市内の契約しているらしい自動車修理工場の方がすぐに来てくれて対応してくださり、大変助かりました。保険会社とはあまり関係ないかもしれませんが、現場に駆け付けてくれた自動車修理業者の対応は気持ちの良いものでした。

保険料、車両保険を付けてもそれまで契約していた保険会社の料金とは比較にならないくらいでした。一度、会社専属の保険代理店に証券を見せて見積りしてもらいましたが「かなわない」と言われました。料金も対応も全く問題ないと思います。

●●先日、愛知県から東京へ向かう為、東名高速道路を利用中していました。その時、突如、右後ろがガタガタといってハンドルが取られはじめ、慌てて路肩に停めました。車外に降りて右後ろを確認するとタイヤがぺちゃんこになっており、パンクしていました。

スペアタイヤに交換した経験がなく困っていたところ、ふとAIG損保にロードサービスがある事を思い出し、電話する事にしました。対応してくださったオペレーターの方はとても親切で、まず無事かどうか心配してくださりました。

また、高速道路は危険であることから、安全な場所にと、電話にて案内してくださったのには驚きました。とても親切で対応が良かったと記憶しています。

ロードサービスの到着時間もスムーズで、おおよそ30分ほどと、短時間での対応にも安心しました。実際に、ロードサービスの方がみえた際にも、優しくお声をかけてくださり、安心して任せる事が出来ました。

今回、不慮のトラブルでしたが、AIG損保のロードサービスの対応は安心できるものであり、加入して良かったとつくづく感じました。

●●高速道路を走行中に、運転していた自動車のタイヤがバーストしてしまったことがあります。走行中に突然バーストして、運転が困難になってしまったのです。

タイヤが少し古かったことでタイヤに亀裂が入っていた可能性があり、高速道路を走行して、強い負荷がかかったことが原因だと思います。そのまま高速道路を運転するとタイヤが破裂する可能性があり、とても危険なため路肩に停車しました。

スペアタイヤへの交換も考えいましたが、高速道路での作業は危険が伴うため、契約していたAIG損保のロードサービスに救援の要請をすることにしました。

高速道路でタイヤがバーストしてしまって停車した場所は、かなり田舎だったにも関わらず、ロードサービスは30分ほどで来てくれました。AIG損保のロードサービスは、国内全域に対応してくれるので助かりました。

そして、すぐに周囲の安全を配慮してくれ、タイヤ交換の作業をスピーディーに行ってくれました。トラブルが起きた地点に来てくれる早さと適切な対応には、本当に驚かされました。

●●近所のショッピングモールで買い物を済ませた後、エンジンを掛けようとすると、電装系のスイッチは入るようですが、エンジンスタートのスイッチを押してもセルモーターが回らず、電装系も切れてしまう状態となっていました。

この動作を2,3回繰り返していると、電装系のスイッチも入らなくなったので、私はバッテリーあがりだと考えて、AIG損保のロードサービスを依頼することにしました。

手持ちの携帯電話でロードサービスダイヤルに電話して、バッテリーが上がったことを伝えると、すぐに近所のAIG損保と提携している業者から救援を出してくれることとなりました。

近所まで救援車が到着すると、サービスマンから携帯電話に、ショッピングモール駐車場内の具体的な位置を確認する電話が来て、30分程で到着しました。

サービスマンが車を調べてバッテリーあがりであることを確認すると、持ってきたバッテリーとブースターケーブルを私の車に接続し、エンジンを始動すると、あっさりとエンジンが掛かり、一安心しました。

繋いだケーブルを外して全ての作業が完了すると、サービスマンが持ってきた用紙に私がサインをしてロードサービスが終了となりました。その後、バッテリーはすぐに交換しましたが、思っていたよりも早く救援に来て頂けて、非常に助かりました。

30代男性

●●田舎の道を走っているとき、田んぼに落ちてしまい、ロードサービスを利用しました。電話をしたときに第一声が「大丈夫ですか?お怪我はございませんか」と心配してくれたのが、好感を持てました。良く知らない道だったので、場所を説明するのにとても苦労したのですが、コールセンターの方で少ない情報から場所を特定してもらい、助かりました。

近くに提携自動車工場が無いらしく、レッカーの到着まで時間がかかりましたが、その間も何度か連絡をいただき、こちらを落ち着かせようとする気遣いが感じられました。「もうすぐ到着しますよ」と言われた時は、だいぶホッとしたのを覚えています。

到着した整備工場は全く聞いたことがない所だったので不安でしたが、きちんと仕事を完了してくれました。ただ、あまり料金について分かっていなかったようで、何度か確認をしていました。どうやら「タイヤ一本の落ちまで無料」らしく、ちょっとそこは面倒くさいかなと感じました。

●●自動車に乗る際、今や保険に加入せずに乗る方はいないと思いますが、私は知り合いがAIG損保の代理店だったこともあり、AIG損保で自動車保険に加入しました。

初めて買った車は安く古い車だったので、ちょっとの期間乗らないとエンジンがかからなかったりして、ロードサービスは年1回は使っていました。

初めて使ったときに「バッテリー上がりやガソリン切れ等の現場での応急対応は、2回目以降は有料」とのことだったので、1回使ったあとはビクビクしながら乗っていました。

電話連絡してから30分ほどで最寄の車屋さんが対応してくれましたので、とても助かりました。

事故も一度経験したのですが、こちらが直進しているところに、左から急に車線変更をしてきた車と接触しました。

相手がほぼ悪いと思っていたのですが、相手が過失は「5対5ですね」みたいなことを言ってきたので、話す気にもならず、保険会社の担当に全てをお任せしました。

その後、相手とは一切話すことなく、担当者から現状の報告を受けるだけで、事故判例等から8対2で相手が悪いというところで解決しました。

こちらは何もしていないのに解決に導いてくれたので、本当にAIG損保の自動車保険に入っていてよかったと思いました。

●●いまから3ヶ月位前のことです。ドライブ中、左後ろの方から突然「ガガガガッ!」という金属のこすれる音がしました。「何が起きたんだ?」と思い、車を停車して降りて見ると、左側のリアサスペンションが折れてタイヤにあたっていました。

「これはヤバイな」と思ったので、契約しているAIG損保のロードサービスに電話。すると、オペレーターの方は迅速な対応で私の現在地を聞取り、修理業者を手配してくれました。30分後、修理業者が到着。折れたサスペンションを取り外して応急処置をしてくれました。

修理業者の方からは「原因はサスペンションを繋いでいるシャフト部分が錆びついて折れたようです。これを再度くっつけるには板金修理業者に頼まなければならないでしょう。あと応急処置はしましたが、この状態での運転は危険です。だから長距離運転やスピードを出した運転はしないようにしてください」と詳しく丁寧なアドバイスを受けました。

修理業者の方に言われた通り、ゆっくり運転しながら板金修理ができる店を探すと、近くに板金修理業者があったので来店。メカニックの方に事情を話したところ「この修理には60万円位かかりますよ」と言われ、修理は断念しました。結局、車は廃車にして現在は新しい車に乗っています。

●●AIG損保の自動車保険に加入していて、ロードサービスのお世話になったことがありました。とは言っても事故を起こしたわけではなく、ロードサービスだけの利用でした。

利用したのは、私の不注意でガス欠になって動けなくなったときでした。

当時仕事が忙しく、しかもガソリンスタンドもほとんどない山間部の職場まで通っていた時期があり、ガソリンがないというのは薄々感じていたものの、まだ大丈夫だろうと思っていたところ、帰宅途中に突然ガソリン切れで、これ以上車を動かすことが出来なくなってしまいました。

車がほとんど通らないような道でしたし、ガソリンスタンドもとても歩いていける場所にもなかったので、大変心細く思っていました。最初はJAFなどに救援を依頼すべきかと思いましたが、よく考えると会員ではありません。

そこで、自動車保険にロードサービスがあったことを思い出しました。対応してもらえるのかわからないけれど、それしか相談できる所も思い浮かばなかったことから、思い切って電話してみると、すぐに対応してくださるとのこと。

場所も正確なところを伝えられなくて困ったのですが、携帯電話のGPS機能により、探していただくことができて、本当に助かりました。これで料金もかからなかったので、AIGの自動車保険に加入していて本当によかったです。

●●AIG損保のロードサービスを利用したのは3年前くらいだったと思います。冬の寒い日の夜に本屋に出かけて、本を購入し、帰ろうと思って車のエンジンを入れようとしてもエンジンがかかりません。

故障なのかバッテリー上がりなのか、少しパニック状態の自分でしたが、とりあえず、保険会社に電話をしました。内容を話したところ、車がその場で動かなければ、ロードサービスの利用とのことでしたので、保険の特約の範囲内ですし、利用をすること前提で依頼をしました。

待ち時間は45分から1時間くらいだったと思います。ライトがピカピカと光ったレッカー車がやってきて、そこには男性が二人乗っていました。車を見ていただきましたが、結局のところ動かずでしたので、車はロードサービスで修理に出し、自分自身はレッカー車で自宅まで送ってもらうことになりました。

後日、車は修理され、無事に戻ってきました。サービスとしては、電話をしてから、少し待たされましたが、その後の対応はスムーズでしたので、満足はしています。

夜でも駆けつけてくれるサービスというのは非常にありがたいと思います。ロードサービスを使用するような状態にならないことが一番ですが、いざという場面がきても、こういった対応をしてくれるので、非常に安心感を覚えました。

40代男性

●●私は北海道在住のため、冬になると頻繁にバッテリーが上がってしまいます。特に気温が氷点下の早朝にバッテリーがあがることが多く、その度にAIG損保のロードサービスに助けてもらっています。

バッテリーが上がってしまった場合には、エンジンもかからないので自動車を動かすどころか暖房をつけることも出来ません。そのため、ロードサービスの救援が必要不可欠なのです。

今年の冬になって早くも1度バッテリーが上がってしまい、AIG損保のロードサービスに救援の要請をしました。冬場は救援を待っている間も、凍えてしまいそうなくらい寒いものです。しかし、AIG損保のロードサービスは、救援を要請してから20分程度の短時間で駆けつけてくれました。

そして、救援車と私の自動車をケーブルで繋いでエンジンをスタートさせてくれました。その作業は迅速で、とても助かりました。自動車のトラブルは突発的に起こるものです。そういった状況で迅速に対応してくれるロードサービスは、北海道在住の私には欠かすことは出来ません。

▲▲少し前の話ですが、妻が運転していたとき、急にバックしてきた車にぶつけられました。避けようもない事故でした。相手さんもこちらが悪いと言って謝ってきてくれて、これなら後で揉めることもないだろうと、後は保険会社に任せようとなったのです。

そこで、加入しているAIG損保に電話して、ロードサービスを受けることになりました。しかし、そこからの対応がとても残念なものでした。

まず電話で対応して担当者に事情を説明するも、まるでこちらが悪いみたいなことを言ってきたのです。普通私を擁護するはずなのに、まるでそんな感じもなしでした。

さんざん、相手が100悪いことにはならないと言われたあげく、もういいからレッカーサービスしてくれと頼むと、自走できるなら自走してくれと言われたのです。

全く動かないわけでもないですが、走行に支障があるかどうかなんて、素人には分かりません。それなのに、自走できるなら、レッカーはできないと言われたのです。

それもさんざん言い合い、もし走行して何かあったら責任を取ってくれるんだな?とまで言って、やっとレッカーサービスを手配してくれたのです。

事故は初めてだったのですが、まさかレッカーを頼むのに、これほど嫌な思いをするもは思いませんでした。これだったら初めからレッカー等頼まずに、自分で修理工場に運べば良かったと思いました。

この保険会社がそうなのか、保険会社のレッカーサービスはこんなものなのか。他はまだ経験していないので分かりませんが、嫌な思いをしました。これでは、高いお金を払って自動車保険に入っている価値がないなって思ってしまいましまね。

▲▲車が故障したときに電話対応してもらったのですが、何から何までマニュアル通りの対応で、ちんたら名前やら車のナンバーやら聞いてくるのでイライラしました。結局レッカーがくるのも時間がかかりそうだったので、JAFに電話してすぐに対応してもらいました。

50代男性

●●夜間に田舎道を走行していた時のことです。前々から気が付いていたのですが、ガソリンがほとんどありませんでした。しかし、仕事が忙しくて給油に行ける時間もなく、そのままになっていたこともあり、突然ガス欠で動けなくなってしまいました。

山間部で周囲には何もなく、あまり慣れていない道だったので土地勘もありません。人家やお店もない場所でしたので、困ってしまいました。

どこに助けを求めればよいか考えていたところ、JAFを思い出しましたが、ロードサービスなら自動車保険にもなかったかな…と、思い出しました。

正直、保険のお世話になったこともないので、頼んでよいものかどうかも分かりません。恐る恐る保険の書類にあった問い合わせ先に電話してみると、なんとすぐに対応してくださるとのこと。

しばらく待つとロードサービスがガソリンを持ってきてくれて、しばらく走行できるだけの給油をしてくれ、危険がないかの点検もしてくださいました。しかも、初めての利用だったためになんと料金も無料でした。

保険は事故の時だけに使うものかと思っていましたが、こういった車のトラブルでいざという時にも大変頼るになるのだと分かりました。AIG損保ならばロードサービスも充実しているので、ほとんどの場合対応していただけると思います。

●●寒い朝の事でした。エンジンをかけようとしても全くかからないのです。完全なバッテリーあがりでした。コールセンターに電話すると「すぐに伺います」と、親切な対応でした。

なんと20分ほどで到着し、驚きと同時に申し訳ない気もしました。すぐケーブルをつなぎ、エンジンをかけてくれました。

それだけでなく、最近の車の様子を聞かれ、エンジンの始動が遅いと言うと、バッテリーが弱っているとの事でした。

普段からのバッテリーなどの調子の確認や、点検の重要性、交換の必要性なども教えていただき、非常に勉強させられ、ドライバーとしての心構えに問題があったことに気が付いた思いでした。

また、一度上がったバッテリーは早めに交換するようにとのアドバイスももらいました。何から何までお世話になったAIG損保さんには感謝しています。

ロードサービス:女性の口コミ

20代女性

●●横浜の自宅から伊豆へ向かう途中の東名高速を走行中に、ハンドルに違和感を感じ、車がまっすぐに進まなくなってしまいました。すぐさま路肩に寄せて調べてみたところ、右前輪がパンクしているのがわかりました。

そこで、すぐにAIG損保のロードサービスに連絡を入れました。寒い冬の事だったので一刻も早く到着してくれるように祈っていましたが、予想外に早く来てくれたので、とても助かりました。そして、パンクしたタイヤを手早くスペアタイアに交換してもらい、伊豆旅行を無事に続行することが出来ました。

AIG損保はとにかく保険料がお安いので、今回のロードサービスも正直あまり期待していなかったのですが、対応が非常に丁寧で迅速だったので大変満足しています。

●●深夜1時頃でした。左後ろのタイヤに違和感があり、路肩に停めました。確認してみるとタイヤにはハサミが刺さっていました。事故をしたこともないし、自動車保険のロードサービスは使ったことがなかったので、電話しようか迷いました。

でも、そのまま停めておくわけにもいかず、タイヤがパンクした場合でも対応してくれると書いてあったので、ドキドキしながら電話をかけたことをよく覚えています。

「どうしましたか?」少しパニックの私に対して、かなり優しい口調で心配してくれたお姉さん。一気に不安だった気持ちが冷静になりました。タイヤ交換するか、レッカーで運ぶか提案されましたが、スペアは積んでないし、深夜で車屋さんを探すのに時間がかかるとのこと。次第に雨も降ってきて、すごく嫌な気分でした。

しかし、お姉さんはすぐに対応してくれて、しばらくするとレッカーが到着。深夜にも関わらず迅速に対応してくださいました。家まで運んでもらうのは無料ということで、家まで運んでもらって、自分でスペアに換えましたが、もうあんな思いはしたくないです。

こちらは事故やトラブルに慣れていませんが、自動車保険の会社の方は慣れているので安心して任せられました。もう体験することはないと願いたいですが、迅速に対応していただいたので、もしそうなってしまっても大丈夫と、自信を持って言えます。

●●バッテリーが上がってしまったときに、AIG損保のロードサービスを利用しました。車内ライトを消し忘れてしまい、バッテリーが上がっていて、翌朝運転しようとしたところ、車が動かなくなってしまいました。

運転履歴は5年ほどですが、車に関しては本当に近くの買い物や遠くても下道を運転できる程度の距離しか運転していないような状態で、トラブルや保険のこともあまり詳しくなかったので、とても焦りました。

JAFなどにも入っていなかったのですが、とりあえずダメもとで、保険会社に相談してみようと思って、フリーダイヤルに電話しました。私のようなあまり詳しくない人も多いのか、オペレーターの方はとても丁寧に話を聞いてくれて、とても分かりやすく対処法を教えてくださいました。

結果的に、私の保険内容では(最低限の保険内容であるのですが)、初めてのバッテリー上がりには無料で対応してくれるとのことだったので、そのサービスを利用させていただきました。

保険会社からの連絡で、すぐに地元の自動車修理会社の方が来てくださり、保険会社に連絡してから修理が終わるまで1時間程度と、とても対応が早かったので驚きました。頼るところが保険会社しかなかったので、本当に丁寧に迅速に対応していただき、安心しましたし、とても助かりました。AIG損保でよかったと思います。

30代女性

●●先日、ルームランプをつけっぱなしにしていたことに気がつかず、初めてバッテリー上がりを経験しました。車に乗ろうと思ったら、エンジンがかかりません。あわてて保険会社の書類を出して、ロードサービスの窓口に電話をしました。

すると、15分くらいだったでしょうか、すぐに近くの自動車屋さんが来てくれました。手持ちのバッテリーみたいなものを私の車に繋いでくれ、ものの1分で完了。エンジンがかかりました。もちろん、無料でした。

私の場合は、たまたま自宅駐車場でのバッテリー上がりだったので良かったですが、出先で同じようなことがあった場合も、これだけスピーディーな対応なら本当にとても助かるなあと思いました。無料なのも大変ありがたかったです。

●●AIG損保を契約しており、先日初めてロードサービスを利用しました。利用した理由は、キーとじ込みをしてしまったためです。

出先で子供を下ろしたり荷物を下ろしたりとバタバタしていて、ドアを閉めた時には時遅し。鍵を中に入れたままロックしてしまったのです。これまでキーとじ込みには特に注意していて、鍵は作業中必ずポケットに入れるようにしていたのに…。本当にショックでした。

すぐにAIG損保に電話し、事情を説明しました。するとすぐに対応してくれ、30分後には駆けつけてくれました。JAFは対応が早いと知っていましたが、保険会社のロードサービスは初めて利用したため、意外と早く対応してくれることに驚きました。

キーとじ込みはよくあるようで、すぐに開錠してもらえました。料金も無料でした。山道や田舎だと到着まで多少時間がかかるらしいのですが、都会ですとそれほど時間がかからず到着できるそうです。

技術もしっかりしていましたので、今後も何かあった時は利用したいと思います。

●●主人の仕事の関係でAIG損保にお世話になっています。私は事故を起こしたことはないのですが、友人の家に遊びに行ったときに脱輪してしまったことがあり、保険会社のロードサービスにお世話になったことがあります。

脱輪した時は冷や汗物で「どうしよう?」と私は大パニックで、主人に電話してしまいましたが、とりあえず保険会社へ電話するように言われました。

ロードサービスの方は大パニック起こしてる私に対して、とても冷静に「大丈夫ですよ!落ち着いてくださいね~」と、とても親切におっしゃってくださいました。そのあまりにも冷静な対応に、私も冷静になることができた感じです。

「すぐにレッカーを向かわせますので少しお待ちくださいね!」と言われてからは、レッカーの方がとても親切に、何度も何度もこまめにお電話くださいました。このような状況になった場合、やはりパニックになる方は多いみたいで、不安を取り除くために冷静に対応してくれるんですね。

レッカーは30分もしたら到着し、タイヤ一つの脱輪でしたのでレッカー移動も必要なく、ドライバーの方がとてもスムーズにタイヤを持ち上げてくれました。しかも、保険内での対応でしたので、お支払いもなく、とてもよかったです。

同じ状況になると慌ててしまうかと思いますが、すぐにロードサービスにお電話してくださいね。

●●数年前の冬のことでした。実家に遊びに来ていて帰ろうとしましたが、駐車場が斜めになっていたことと、前の晩に結構な雪が積もったせいで、タイヤが埋まって出れなくなってしまいました。

スコップで掘っても全く意味がなく、家には男手もなく、途方に暮れてしまいました。そういえば…と思い、藁にもすがる思いで電話してみました。

当時の私は全くの無知で、支社も遠いのにどうやって助けにくるのかと思いましたが、市内には何か所か提携している自動車工場があり、近くの自動車整備工場の方がすぐに来てくれるとのことでした。

15分程度で若い男性が来てくれて、ジャッキで車を引っ張ってもらい、すぐに車は動きました。整備工場の方もとても親切で丁寧な方で、忙しいのにこんな事で来ていただいて非常に申し訳ない気持ちでした。

手続きも全く面倒な事もなく、私の場合は故障ではなかったのでサインのみで、無料ですみました。

その後も、同じく冬にバッテリーが上がってしまい、来ていただいたこともあります。その時には「もうこのバッテリーはだめだから、エンジンを切らずにこの足でバッテリーを買いに行った方がいいです」とアドバイスしていただいたこともありました。

エンジンがかかったからそれで仕事は終わり、ではなく、こちらの為に的確なアドバイスもしていただき、非常に感謝しております。

普段は自動車保険の補償の内容にしか目がいっていませんでしたが、改めてこんなサービスもあるんだな、と気づくきっかけにもなりました。コールセンターの方も親切丁寧で、こちらが慌てていても冷静に対応していただきました。とても感謝しています。

●●バッテリーが上がってしまい、ロードサービスを利用しました。はじめてのバッテリー上がりで動揺してしまいましたが、対応してくれた方がとてもわかりやすく説明してくれたので、不安も無くなり安心しました。

電話をしてから1時間程で業者さんが来てくれました。作業時間は15分~30分程でした。「またバッテリーが上がるかもしれない」と説明もしてくれたので、近所の整備屋さんにバッテリーを確認してもらったところ、交換した方がよいとのこと。そのため、そこでそのまま交換してもらいました。

変えずにそのまま乗っていたら、またバッテリーが上がっていたのかもしれません。こういったアドバイスをいただいたお陰で事故が防げると思いました。そして、トラブルが起きてからの対応の早さは、安心感を与えてくれます。

40代女性

●●車の故障で緊急時に電話をしたことがあります。突然にバッテリーが上がってしまったためか停めておいた車のエンジンがかからず、夏の暑い時期だったためエアコンもかからず、不安な時間を過ごした経験があります。

そんな中、親切な対応に不安な気持ちが、大分落ち着きました。もともと運転が苦手で、あまり車についても詳しくなく、電話で話をしてもうまく伝えられるかとても心配していましたが、こちらの状況を色々と聞き出していただいたので、それについて答えるという感じでした。

その途中で幸運なことにエンジンがかかりまして、事なきを得て、そのまま家にかえることが出来ました。本当に誰も頼ることが出来ない状況で、当たり前のように車を走らせていて、自分がこんなことになるなんて思ってもいなかったので、かなりパニックになってしまいました。

そんな中、冷静に優しくお話をしてくれるオペレーターの方の存在はとても心強かったです。電話という顔が見えない見知らぬ方でしたが、電話でも人を安心させたりすることができるのだなぁと、後になって感心してしまいました。

なるべく利用は避けたいですが、もしロードサービスを受けることになったら、もう少し冷静になって対応していきたいと思いました。

●●車の室内灯の消し忘れで、バッテリーがあがってしまい、エンジンがかからなくなりました。

いつもは一人で運転して出掛けることはしないのですが、この時はたまたま一人で出掛けていました。そんな日に、トラブルが発生し、初めてロードサービスを利用することになりました。

車の事は主人に任せっきりなため、何をどうしたらよいのか分からず、まずは主人に連絡しました。私一人では解決できないと察した主人が、ロードサービスに連絡してくれました。電話してから30分後にロードサービスの方が来てくれました。

慌てふためいていた私に「大丈夫ですよ」と優しく声を掛けてくれ、やっと安心する事ができました。テキパキとバッテリーをつなぎ、すぐにエンジンがかかりました。とても迅速な動きに感動しました。

エンジンがかかってからも、すぐに立ち去るのではなく、私が車を発進させ、国道に出るまで見送ってくれました。とても心温まる対応に感謝です。車のトラブルが起きた場合は、まずはロードサービスに連絡しようと思います。

●●ふとした油断から、自動車のバッテリーがあがってしまいました。

自動車で出かけた時のことでした。道の駅で、ちょっとした買い物がありました。子供に一緒に店の中に行こうか?と尋ねたことろ、観ていた映画をみていたいとのことでした。

流石に、エンジンをかけた状態では危ないと思いまして、エアコンとDVDを作動させた状態で買い物に出かけました。ちょっとした時間なら大丈夫だろうという根拠のない判断でした。

買い物から戻って、エンジンをかけようとしたところ、なんと、エンジンがかからなくなってしまっていました。しまった、バッテリーがあがっている。そう気づいた時には、手遅れでした。

どうしようかと思案していたところ、AIG損保のロードサービスを思い出しました。保険会社に電話をして、情報・住所・車両等の個人情報を伝えて、無事、ロードサービスを受けることができました。

今回は、保険のロードサービスがあったから助かりましたが、もっと慎重に行動をすればよかったと、深く反省した次第です。

●●去年のお正月の事でした。早朝に夫と海へ出かけようとした時、ガレージに行ってエンジンをかけようとキーを回してみたのですが、全く反応なしでした。

こういった時にまず疑うのが電気系統の故障なのですが、そういえば前に回した時にもおかしかったので、心当たりがありました。たぶん、ルームランプをつけっぱなしにしたような気がします。

すぐに保険会社のロードサービスに電話してみました。お正月の早朝なので、ロードサービスの人も着て貰うのにかなり時間がかかってしまうんだろうなと思っていたのですが、意外と早く来てくれました。

到着までの時間は10分程度で、お正月にも関わらず、本当に早くて感謝しています。ただバッテリーが上がっただけだったので、着て貰えさえすればあとはすぐにエンジンはかかりました。

ジャンピング(?)とかいう作業をしてもらって、すぐにエンジンがかかったので、夫と一緒に海に行って初日の出を見る事が出来ました。こちらのロードサービスはすごくオススメです!

50代女性

●●AIG損保に加入している友人からすすめられて、我が家もこちらの自動車保険を選びました。

今まで他社を利用していたのですが保険の掛け金が結構負担になっていたので、変更して大正解でした。なんと年間掛け金が4万円近くお安くなったので本当にビックリでした。ホームページから直接見積もりと契約が出来たので申し込みは非常にシンプルなのも良かったです。

まだ事故をしたことは無いので、事故対応に関してはどうかわかりませんが、一度バッテリーが上がってしまったときにロードサイドアシスタントのサービスを利用した事があります。その時のオペレーターの対応も非常に感じがよく、30分ほどで到着してくれたので助かりました。

●●親戚の家に遊びに行った時に、後ろにある倉庫の事をよく確認せずに車を駐車してしまい、親戚の家の倉庫の扉にぶつかって、車の後ろのガラスが割れてしまいました。

ガラスが割れた状態で修理工場まで持って行くのが抵抗があり、加入している自動車保険のAIG損保にロードサービスがあるので、車を自動車の修理工場まで運んでもらう事にして、電話をしました。

それと同時に車のガラスの破損も、自動車保険で自損事故を起こした時にも対応出来るように加入していたので、ガラスの代金が高くなるようなら保険を使う事にしました。

ロードサービスの人は、電話を掛けてから30分ぐらいで来てくれ、こちらが指定した自動車の修理工場まで運んでくれました。修理工場で、ガラスの修理代金の見積もりを出してもらうと、思っていたより高額だったので、自損事故の時の保険を使う事にしました。

保険に加入した時には、自損事故の保険を付帯するか悩みましたが、実際に事故を起こしてみると、付帯しておいて良かったです。

まずは一括見積もりで比較してみよう!

自動車保険の新規契約や見直しをお考えの方は、まずは一括見積もりで保険料を比較してみましょう。

私の場合、これまで契約していたものと比べて、年間5万円も安くなりました。

400万人以上が使っている保険スクエアbang!の自動車保険一括見積もりなら、最大で16社もの保険料をリアルタイムで比較できます。

もちろん無料で使えて、必要事項の入力はすぐに終わります。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 自動車保険の一括見積もりで保険料を比較をしてみる

右向き矢印 自動車保険の一括見積もり

自動車保険の一括見積もり

ページの先頭へ