住友林業で2階建て木造注文住宅を建てました!2000万円台の家(2600万円)

更新日:2019年2月2日

住友林業に依頼して2階建て木造注文住宅を建てた、和歌山県在住30代女性の体験談です。

目次

  1. 基本情報
  2. 内装の工夫(画像)
  3. 設計図・間取り図(画像)
  4. 注文住宅を建てようと思ったきっかけ
  5. 住友林業を選んだ理由
  6. 工事中の現場の様子
  7. アフターケア・保証・定期点検などの感想
  8. こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など
  9. こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など
  10. これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス
  11. まずはカタログ比較がおすすめ!

基本情報

地域 和歌山県
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦・息子の3人家族
ハウスメーカー名 住友林業
商品名 なし
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 注文住宅のみ(土地所有済)
当初予算 2500万円
実際にかかった費用総額 2600万円
坪単価 65万円
建坪(建築面積) 20.03坪
延坪(延床面積) 39.56坪
間取り 4LDK
検討開始から契約までの期間 6ヶ月
工期 4ヶ月

内装の工夫(画像)

お気に入りの1階リビングの照明になります。
リビングの照明の写真

1階リビングのテレビの上の飾り壁になります。
飾り壁の写真

1階のトイレになります。壁を一面変えて、気に入っています。
トイレの写真

設計図・間取り図(画像)

1階の間取りの平面図になります。リビングをなるべく広く取りました。
1階の間取り図

2階の間取りの平面図になります。階段すぐのウォークインクローゼットが使い勝手が良く、気に入っています。
2階の間取り図

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

私たちの結婚を機に、旦那の親が長男の家の隣に平屋を建て、私たちが旦那の親の家に住むことになりました。それから、私たち夫婦と子供の3人で暮らしていました。

そして、3年ぐらいたち、雨漏れや給湯器の故障など、あらゆる所が一気に壊れてしまったので、家の建て替えを検討し始めました。

せっかく建てるのであれば、子供もまだ小さかったので、使いやすい間取りや好きなデザインを自分たちで決めたいと思い、注文住宅を建てようと思いました。

住友林業を選んだ理由

いくつかのハウスメーカーや工務店をまわり、話を聞いたり、プランや見積もりを出してもらい、比較や検討をし、総合的に判断して住友林業を選びました。

まず、大手メーカーであり、私たちが求めていた木の温もりのある家である点と、メンテナンスがしっかりされている点が魅力的でした。

そして、私たちの担当の営業の方がとても良く、家について分からない事だらけの私たちに、丁寧に分かるまで一から説明してくださりました。住友林業ほど安心感があったハウスメーカーはなかったです。

日本は地震大国であり、特に私たちが住む地域は数十年以内に大きな地震が起こると言われているので、耐震等級に見合ったハウスメーカーであったことも、住友林業に決めた理由の一つです。

工事中の現場の様子

私たちの家は建て替えで、その間は近くの実家に住んでいたため、工事中の家をよく見に行くことができましまた。

地盤調査、基礎工事から上棟式、完成まで、見に行けばいつでもきさくに話しかけてくれ、分からないことがあれば丁寧に教えてくれました。

特に、大工さんが入りだしてからは、日に日に家の完成近づくのが目に見えて分かり、見に行くのがとても楽しみでした。とても丁寧かつ、きれいに作業してくれていたので、とてもうれしかったです。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

住友林業には30年保証、ロングサポートシステムというアフターサービスがあります。

家を建てた後、私たちの家では3ヶ月、1年目、2年目、5年目の今まで点検に来ていただき、その度に気になった箇所を担当の方に伝え、直してもらっています。

その他、決まっている点検箇所も一つずつ丁寧にみてくれるので、すごい手厚い保証があると、ありがたく感じています。

私の友達が建てたハウスメーカーではそのようなアフターケアや保証がないみたいで、やっぱり住友林業で建てて良かったなと思います。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

まず、特にこだわったポイントは間取りです。リビングをなるべく広く取りたかった点と、家事導線がとても良い点が気に入っています。

家事導線では、子供が帰ってきて、まずすぐに手を洗いに行けたり、普段の生活がしやすい点が良いと思います。

その他の気に入っている点は、たくさんの収納がある点です。前の家ではあまり収納場所がなく、困ったので、たくさんの収納場所を作りました。

玄関に作った収納は、子供の遊び道具や旦那のゴルフバッグをいれたりするのに大変役立っています。キッチンの収納には、買い置きの調味料やお菓子をいれたりしていて、とても使いやすいです。

これから物が増えてきても、収納があれば片付けやすいし、たくさん収納場所を作って本当に良かったなと思っています。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

玄関を真ん中に取ったため、玄関の採光があまりなく、少し暗く感じます。そして、少しでもリビングを広く取りたかったのでリビング階段にしたのですが、少し冷暖房が効きにくいと感じる時があります。

また、子供部屋が2階のため、子供の友達が玄関からリビングを通って2階にいくのですが、リビングでくつろいでいたりする時に気をつかう時があります。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

一生に一度の買い物なので、本当に計画を立てて、失敗しない満足のいく家づくりをしてほしいです。

まず、資金計画は何十年もかけて返していく住宅ローンの仕組みや金利、返済方法などを詳しく知ることが大切だと思います。

そして、土地選びでは、私たちは旦那の親の土地をもらったので場所は決まっていましたが、学校や通勤、買い物の便利さ、更には日当たりや地盤の良さがとても大事になってくると思います。

それから、ハウスメーカー選びでは、たくさんのハウスメーカーから一つのハウスメーカーに決めるのは簡単ではないと思います。自分の希望に合ったハウスメーカーを、時間がかかってでも探してもらいたいです。

その後、間取りに関しては、私たちも気に入っているのですが、家事導線が良く、収納たっぷりな家にすると良いと思います。

ハウスメーカーの展示場もおしゃれで良いとは思いますが、知っている人の家の間取りを見せてもらったり、話を聞くのが一番分かりやすく、住みやすい家が作れると思います。

一生に一度の買い物ですから、自分の満足の出来る家を建てられるように、情報をなるべくたくさん得て、色々な人のアドバイスを聞くと良いと思います。

まずはカタログ比較がおすすめ!

注文住宅建設への次の一歩として、気になるハウスメーカーや工務店のカタログを見比べてみることをおすすめします。

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、価格帯やエリアや住宅タイプ(3階建て・二世帯住宅・輸入住宅など)から、一括でカタログ請求することが可能です。

無料でできるのはもちろんのこと、必要事項の入力もすぐに終わります。手間が省けて大変便利ですので、本当におすすめです!ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログ比較をしてみる

右向き矢印 カタログの一括請求

カタログ一括請求

ページの先頭へ