タマホームで2階建て木造二世帯住宅「大安心の家」を建てました!1000万円台の家(1850万円)

更新日:2019年2月2日

タマホームに依頼して2階建て木造二世帯住宅を建てた、茨城県在住40代女性の体験談です。

目次

  1. 基本情報
  2. 建物外観と外壁(画像)
  3. 設計図・間取り図(画像)
  4. 注文住宅を建てようと思ったきっかけ
  5. タマホームを選んだ理由
  6. 工事中の現場の様子
  7. アフターケア・保証・定期点検などの感想
  8. こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など
  9. こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など
  10. これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス
  11. まずはカタログ比較がおすすめ!

基本情報

地域 茨城県
年齢と性別 40代女性
家族構成 両親・夫婦・息子2人の6人家族(二世帯住宅)
ハウスメーカー名 タマホーム
商品名 大安心の家
住宅タイプ 2階建て二世帯住宅
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 注文住宅のみ(土地所有済)
当初予算 1650万円
実際にかかった費用総額 1850万円
坪単価 45万円
建坪(建築面積) 23坪
延坪(延床面積) 36坪
間取り 4LDK
検討開始から契約までの期間 2ヶ月
工期 3ヶ月

建物外観と外壁(画像)

外観の写真です。玄関側から見た写真です。
外観の写真

設計図・間取り図(画像)

考えに考え抜いた1階の建物の間取り図になります。
1階の間取り図

こちらは2階の間取り図になります。
2階の間取り図

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

私の周りで二世帯住宅を建てる人がどんどん増えてきていました。別居していた両親の姿を見て、更にうちも子供も大きくなり、4人で住むには狭くなったので、これを機に6人で住む二世帯住宅を建てようと思いました。

また、消費税が上がってしまうのならその前に建てよう!と思ったのです。

政府の政策で、住宅ポイントが付くというのも大きな理由です。どうせ建てるなら今建ててしまった方がいいかなと思ったのです。太陽光発電も還元があり、25万くらい戻ってきました。

タマホームを選んだ理由

いろんな展示場を見学しました。その中で、CMでよく目にしたタマホームは坪単価が安いので、タマホームがいいかなと思いました。タマホームのカタログでは1000万くらいから家がありますが、他は2000万以上してしまうからです。

それに、タマホームで建てた人がまわりにいて「とても満足していると」言っていたので、タマホームに決めました。

営業の方が足を何回か運んでくれて、「決めてくれたらサービスでエアコンを1台つけます」と言ってくれました。そのほかにも選べるサービスがあって、2階のトイレを無料でつけてくれるサービスがありました。

いろいろオプションをつけても2000万いかなかったのは良かったです。ほかの方のブログも参考にさせてもらいました。

工事中の現場の様子

基礎のうちは工事の様子がよく見れます。ほぼ毎日いろんな業者さんが入ります。あっという間に進んでいきます。上棟式の日はお手伝いの大工さんが何人か入って、あっという間に屋根が着きました。

上棟式が終わると、だんだんと囲いができて外からは見れなくなります。大工さんにお茶出しで中に入れました。棟梁も話しやすい方で、色々お話ができて良かったです。仕事も丁寧で、手際もよく良かったと思います。

4月地鎮祭で5月頭に着工、5月中頃上棟式です。工事完了は1ヶ月後です。そこから1ヶ月後に引渡しです。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

定期点検は6ヶ月、1年、3年とみてくれます。簡単に家の中を見ていきます。

最初の点検の時は家の下をライトをつけてみていましたが、その後の点検時はみていませんでした。部屋を見て回り、壁紙のつなぎ目の補修をしてくれました。後は、外の様子をみます。

何か問題があった時は、自分の担当の営業さんに連絡をすると専門の方がきて、対処してくれます。保証もしっかりついているので安心です。特に今のところ大きな問題はないので、アフターケアの心配はないと思います。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

今の住宅はメーターモジュールが主流ですが、私が建てようと思った間取りでは坪数が大きくなってしまいます。そこで尺モジュールに変更してもらいました。そのおかげで、気に入った間取りにできました。

また、TOTOのバスルームをワンランク上にしてもらいました。追加料金は10万くらいです。するとホッカラリ床になったり、人工大理石の浴槽になったりします。

オプション変更してもらったバスルームです↓
バスルームの写真

キッチンはタカラにしました。ホーローのため、傷はつきにくいし、汚れも簡単に落とせます。

換気扇も標準のものにはしませんでした。中の部分もホーローになっているので汚れが落ちやすいです。こすってもハゲる心配がないのでとても使いやすいです。

あと、収納はあちこちにつけました。バスルーム前の廊下にもついています。ちなみに2階にもインターフォンをつけてもらいました。とても便利です。

2階の廊下になります。インターフォンついてます。↓
2階の廊下の写真

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

ベランダはない方がいいというアドバイスがあったため、ベランダを屋根がかかるくらい小さくしてしまったですが、もう少し大きく屋根から出た状態でつければ良かったと思いました。

また、東側にベランダがあるので南にもあったら良かったと思います。家の向きが南東向きなので、南向きに建てれば良かったと思いました。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

間取りについてですが、リビングと階段の場所に扉をつけました。そうする事で、冬はとても暖かいです。どうしてつけたかというと、同じ間取りの人に後悔した点を聞いたら「ここに扉がなくて冬が寒い」と言っていたからです。

営業さんに「とび扉を付けて欲しい」聞いたら、「追加料金なしでつけられます」とのことでした。これはおすすめです。

次に、収納も多い方が良いです。玄関に土間のクローゼットをつけようとしましたが、料金が高くなってしまうので諦めました。その代わりに玄関入ってすぐのホールの部分に物入れをつけました。コートなどがかかるので重宝しています。

キッチンにも収納をつけてあります。バスルーム前に収納があるので、タオルや下着類を収納できます。収納は多ければ多いほど良いと感じています。部屋が散らからずに済み、掃除も楽になります。

あと、私たちは電気類はハウスメーカーにはお願いせず、自分でネットなどを利用して購入&取り付けしました。

カーテンレールはネットで、カーテンはニトリで購入しました。レールは自分で取り付けました。そんなに難しくないのでやってみてはいかがですか?これだけでも10万くらい浮きます。

更にはアンテナも自分で取り付けました。室内アンテナがあるので屋根に登る必要はありません。おすすめです。

まずはカタログ比較がおすすめ!

注文住宅建設への次の一歩として、気になるハウスメーカーや工務店のカタログを見比べてみることをおすすめします。

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、価格帯やエリアや住宅タイプ(3階建て・二世帯住宅・輸入住宅など)から、一括でカタログ請求することが可能です。

無料でできるのはもちろんのこと、必要事項の入力もすぐに終わります。手間が省けて大変便利ですので、本当におすすめです!ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログ比較をしてみる

右向き矢印 カタログの一括請求

カタログ一括請求

ページの先頭へ