タマホームで2階建て木造注文住宅「大安心の家」を建てました!3000万円台の家(3000万円)

更新日:2019年2月2日

タマホームに依頼して2階建て木造注文住宅を建てた、奈良県在住30代女性の体験談です。

目次

  1. 基本情報
  2. 建物外観と外壁(画像)
  3. 内装の工夫(画像)
  4. 庭の様子(画像)
  5. 注文住宅を建てようと思ったきっかけ
  6. タマホームを選んだ理由
  7. 工事中の現場の様子
  8. アフターケア・保証・定期点検などの感想
  9. こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など
  10. こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など
  11. これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス
  12. まずはカタログ比較がおすすめ!

基本情報

地域 奈良県
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦・子どもの3人家族
ハウスメーカー名 タマホーム
商品名 大安心の家
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 注文住宅のみ(土地所有済)
当初予算 2700万円
実際にかかった費用総額 3000万円
坪単価 67万円
建坪(建築面積) 27.96坪
延坪(延床面積) 44.77坪
間取り 5LDK
検討開始から契約までの期間 1年
工期 3ヶ月

建物外観と外壁(画像)

白を基調とした落ち着いた外壁に、黒のドアでアクセントをつけました。丸い形の飾り窓で遊び心を取り入れています。
外壁の写真

内装の工夫(画像)

和室に床の間があると、生け花や飾りで四季を感じることができますので気に入っています。
床の間の写真

テレビコーナーには袖壁と垂れ壁をつけ、背面にエコカラットを置くことで上質感・重厚感を出しました。
エコカラットの写真

1階のトイレは来客のことも考え、落ち着いたタイル・壁紙にしましたが、この写真は2階のトイレです。家族しか使わないのでポップな印象のタイル・壁紙を選びました。
トイレの写真

庭の様子(画像)

暖かくなると青々としますが、今は植えられている草木が無事に冬を越えてくれるよう祈っています。
庭の写真

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

注文住宅を建てようと思ったきっかけは、会社を退職して、主人(外国人です)の自営業を手伝おうと決めたことでした。私が会社勤めの間は都市部に住み、賃貸物件で2人暮らしでした。

主人は、都心部まで特急で30分の場所にある私の実家の商売を手伝っており、幸いなことに実家近くに使用していない土地がありましたので、そちらに注文住宅を建てることになりました。

田舎でゆっくりのびのびと子育てをしたいという思いもありましたので、購入を決めてからは効率的に動き、夫婦2人でゆっくりしている間に引っ越しまで済ませられてよかったです。

タマホームを選んだ理由

注文住宅を建てると決めた後、まず最初に住宅展示場へ足を運びました。積水ハウス、タマホーム、住友林業ダイワハウスなど、たくさんの大手・地元密着型ハウスメーカーがモデルホームを展示しているタイプの展示場です。

1軒ずつ見て回り、建築物や内装の質とデザイン、展示のセンス、営業さんの好感度によって、3メーカーほどに絞り込みました。その後、各ハウスメーカーに足を運び、見積もりを頂いた段階で2社に絞り込まれました。

1社は鉄骨、1社は木造で、値段の開きは500万弱ありました。鉄骨の建築自由度には惹かれましたが、木造の家の心地よさと価格の安さに軍配が上がりました。

安いといっても、キッチンや水回りなどは信頼のできる有名メーカーの物が採用され、グレードや組み合わせも自由に決めることができるので何も問題ありませんでした。

なんでもざっくばらんに聞くことができる営業さんであったことも大きなポイントとなり、木造の大手ハウスメーカー(タマホーム)に決めました。

工事中の現場の様子

工事中には現場に何度か足を運び、進捗のチェックをしていました。今考えると、進捗チェックというよりも、マイホームが出来上がっていく楽しみやわくわく感が膨らんで、楽しく見ていたと言う方が正しいかもしれません。

1階部分に水回りを固めて設置したので、お湯とお水のホースを見つけたり、2階部分に上がらせてもらったりと、職人さんに頼んで作業中の箇所をたくさん見せてもらいました。

また、建築前には使用していない家屋の取り壊し作業もありましたが、あっという間に終わっていました。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

アフターケアに関しては、施工1年までは家を購入した時の営業さんからの連絡を待ち、実施していました。

引き渡し後にも、壁紙の浮きが気になる箇所や小さな傷がついている場所をメモしておき、3ヶ月点検時にお伝えしたところ、すぐに職人さんの手配をしてくださいました。

委託されている職人さんも気持ちよく作業をしてくださり、「新たに気になる箇所があれば直しますよ」と、お気遣いいただきました。

外構業者はハウスメーカーから紹介された業者だったのですが、庭の水はけの悪さを指摘すると無料で直してくださいました。定期点検やアフターケアにはとても満足しています。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

こだわりのポイントは3点あります。1つは、広く開放的なリビングと対面キッチンです。2つ目は、生活動線が考慮されていることです。3つ目はモダンな和室です。

開放的なリビングにするために、南側に幅の広い大きな窓を2つ取り付けました。太陽の光が差し込み、広く温かい空間となりました。主人と子供が遊んでいるところを見ながらの台所作業はとても楽しく、これから先も楽しみです。

オシャレであっても生活動線を邪魔しないよう、キッチンと洗濯機置き場を近くに設置しました。今では、子供が遊んでいる隙にまとめてパパっと家事を済ませることができるので助かっています。

和室は、琉球畳と掘りごたつ、縁側、吊り押し入れ、床の間をつけて、来客に対応できるようにしました。玄関からリビングへ続く扉と、和室へ続く引き戸の2つの動線をとったので、リビングを通らずに和室へ行けるようになっています。

和室の床の間です↓
床の間の写真

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

玄関奥に、ウォークインシュークローゼットをつけてもよかったと思います。ベビーカーなど、かさばる荷物の収納にも重宝しただろうと思います。

また、玄関の吊り型シュークローゼットの足元に間接照明をつけているのですが、全く使用していません。不必要だったかもしれません。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

ハウスメーカーを選ぶときは、予算やセンスも重要ですが、営業さんとウマが合うことが大切だと思います。人生に一度の大きな買い物ですから、施工前から引き渡し後まで、ストレスなく意見交換が行えたことは良かったです。

見積金額がお手頃でも、リクシルやTOTOなど、有名メーカーのしっかりしたアイテムを採用していることも多いので確認されると良いかと思います。

設計の際、オシャレであることも素敵ですが、優先順位高レベルに「生活動線」を考えられることをおすすめします。特に家族の多い方、家の敷地が広い方は、炊事場と洗濯場が近いと便利だと思います。

外構業者さんは、ピンキリです。納期までに仕事をしてくれない業者、報告・連絡・相談ができない業者もたくさんあります。私たちの場合は、家の引き渡し後から外構手入れが入ったのですが、全ての作業が終了したのは引き渡しから1年後でした。

職人さんは電話で要件を済ませてしまうこともあるので、「言った言わない」の水掛け論が発生する可能性もあります。私たちはメールや書面で電話相談内容を残し、トラブル防止に役立てました。

まずはカタログ比較がおすすめ!

注文住宅建設への次の一歩として、気になるハウスメーカーや工務店のカタログを見比べてみることをおすすめします。

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、価格帯やエリアや住宅タイプ(3階建て・二世帯住宅・輸入住宅など)から、一括でカタログ請求することが可能です。

無料でできるのはもちろんのこと、必要事項の入力もすぐに終わります。手間が省けて大変便利ですので、本当におすすめです!ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログ比較をしてみる

右向き矢印 カタログの一括請求

カタログ一括請求

ページの先頭へ