コレモの特徴とメリットデメリット

更新日:2018年12月7日

コレモは家庭用のガスエンジンコージェネレーションシステムです。家庭用のコージェネレーションシステムというとエネファームやエコウィルが有名ですが、コレモは北国などの寒冷地限定で販売されています。

エコジョーズというガス給湯器とセットになった「エコジョーズ+コレモ」という商品が販売されていて、基本的にはエコジョーズと併用する形になっています。

目次

  1. 特徴・仕組み
  2. メリットデメリット
  3. 今後の課題
  4. コレモのメーカー比較

特徴・仕組み

コレモの仕組み
(イラスト出典:北海道ガス

都市ガスやLPガスを燃料としたガスエンジンによって発電を行い、その際に発生した熱を暖房に利用したり、エコジョーズに送って給湯を行うという仕組みになっています。

コレモで発電するためにガスが必要となりますが、コレモで発生した熱をエコジョーズに送ることによって、エコジョーズが給湯に必要とするガスの量を少なくすることができるため、トータルで見るとガスの使用量は若干の増加程度で済み、急増するということはありません。

なお、もともと寒さの厳しい北海道にある住宅用に製造開発されたという経緯があり、現在のところ、コレモは北海道や東北地方などといった寒冷地にて販売されています。

メリットデメリット

メリット デメリット
電気料金の削減に役立つ ガス料金は多少高くなることが多い
余った電力は電力会社に売電することができる 集合住宅には設置できない
外気温が-25℃まで下がっても使用可能 そもそも販売されていない地域も多い
都市ガス用とLPガス用の2タイプから選べる さほど大きくはないが、設置するためのスペースが必要
コレモ専用のお得なガス料金プランが適用される エコジョーズが使うガスの節約はできるが、コレモで発電するためにはガスが必要

コレモのメーカー比較

コレモと併用するエコジョーズはいくつかのメーカーがありますが、コレモはアイシン社のみが製造を行っています。

メーカー 解説
アイシン アイシンは住まいに関する様々な設備や製品を製造しているメーカーです。家庭用コージェネレーションシステムとして、コレモとエネファームの2種類を製造しています。ちなみに、自動車大手のトヨタグループに属していて、自動車部品の開発と製造も得意としています。

アイシン製コレモ

●●リフォームをしたときにコレモのecoジョーズにしました。ただ、北海道なので今までの感覚で部屋を常に暖かくしてるとガス代が高くなるのでその時によりダイヤルを調節して、使わない部屋は下げて、ちょっと寒いときは灯油ストーブを併用しています。ただ、蓄電式なのでecoジョーズを使ってるときは電気代が安くなるので助かります。今までは灯油ストーブだったので帰ったときは部屋が寒くて暖まるまでに時間がかかってましたが、それがなくて帰っても部屋がそれなりに暖かいしすぐに温度もあがってくれるのでいいです。金額は使い方しだいで決まるのでそこを調節するのと電気代が安くすむのでこれからのことを考えて思いきってかえてよかったと思います。(北海道・30代女性)

ページの先頭へ