エコウィルの特徴とメリットデメリット

更新日:2018年12月7日

節電効果の高い機器として知られるコージェネレーションシステムですが、一般家庭向けの商品としてはエネファームとエコウィルが市販されています。どちらも全国各地のガス会社がPRを続けていて、知名度も高まってきました。

こちらのページでは、エコウィルの方に光を当てて、解説を行っています。

※エコウィルは2017年をもって新規生産が終了しました。生産終了の理由は「エネファームとの価格差が小さくなってきたため」とされています。

目次

  1. 特徴・仕組み
  2. メリットデメリット
  3. エコウィルのメーカー比較・口コミ

特徴・仕組み

エコウィルの仕組み
(イラスト出典:四国ガス

エコウィルは家庭用コージェネレーションシステムです。発電の仕組みは文字で解説するよりも上のイラストを見て頂いた方が分かりやすいでしょう。

エコウィルはエネファームと同様に都市ガスやLPガスを使用して、発電と給湯を行います。エネファームとの最大の違いは、エネファームが燃料電池を用いた発電方法であるのに対し、エコウィルはガスエンジンを用いて発電を行うという点です。

発電量や節電効果はエネファームに軍配が上がりますが、導入にかかる費用(本体価格+設置工事費)はエコウィルの方がだいたい80万円ほど安いため、エネファームよりは気軽に導入できるとも言えます。

メリットデメリット

メリット デメリット
節電効果で電気料金を削減できる 貯湯タンク設置のためのスペースが必要
補助金制度が用意されている 本体価格と工事費で初期投資が100万円ほど必要
湯切れが起きない 寿命がある(10~15年程度)
自宅で発電するので、送電ロスはほとんどない 3年毎もしくは6000時間毎に定期点検が必要である
ガス会社によってはエコウィル専用の優待ガス料金を設定している エネファームよりも価格は大幅に安いものの、発電性能や給湯性能は劣る

エコウィルのメーカー比較・口コミ

本田技研工業が発電ユニットを、長府製作所とノーリツ給湯ユニットを製造して、エコウィルを作っていました。できあがったエコウィルは各ガス会社が販売と設置を行っていましたが、2017年9月をもって製造終了となりました。

●●災害に強い家というテーマのもと、新築された戸建てを購入。最初からエコウィルは設備として付いていました。蓄電池まで設置されており、停電時にも自家発電にて電気を使用できるという機能も備わっています。家計に関する点では、夏場は、シャワー浴にもなり、お湯を使う頻度も少ないため、エアコンの電気代が主となる出費の金額に変化はありません。しかし、冬場は、ガスで沸かしたお湯を利用する床暖房と、お湯を沸かすときに発生する電気にてエアコンを稼働できるという効率の良さから、電気代は冬場でも1万円を超えることはありません。ただし、入浴のために沸かすお湯と床暖房に利用されるお湯とで、ガス代は、15000円程度まで上がっています。一般的に、床暖房を使用すると、光熱費がかさんでしまうことはやむを得ないことだと聞きます。その点を加味すると、光熱費にかかる金額の上がり幅はエコウィルの利用により、抑えられているのではと、我が家では認識しています。(東京都・30代女性)

●●過去に大地震を経験した際に、お湯がしばらく使えなくなった状態が不便に感じたので、停電時もお湯を使えるエコウィルを導入する事にしました。ガス代が割引されるのも便利で、月々の光熱費を削減できるだけで、自分たちの月々の小遣いを増やせるのが嬉しいです。工事費用は60万円ほどかかりましたが、これで災害時にもお湯を使える可能性があって、今後のガス代の節約に繋がるというだけでも、十分に工事する価値があります。自家発電中は給湯パネルに光がつくので、きちんと発電できているか分かりやすいですし、送電ロスなどを気にせずに済むのは便利です。駆動音がうるさくないか心配でしたが、まったく音が気にならないので、近所迷惑にもなっていません。(埼玉県・30代男性)

●●エコウィルを使うきっかけは建売住宅を買ったことです。建売住宅に元々ついており、今から14年前で営業マンから説明は受けたが、いまいちデメリットなどわからないまま使うことになりました。当時は政府の補助金制度があり、たしか30万ほど戻ってきたと思います。月々のガス料金は一万円を超えることはなかった。ただ何回かエラーを起こして毎度毎度ガス会社に連絡して無料ではあるが直しにきてもらうことが面倒うではありました。また保証期間が10年で、過ぎるとお金がかかることになり、これならば普通の給湯器でもよかったかもと思ったりもしました。このような発電機を使うメリットがある家族は電気を沢山使う。平日、休日で規則正しくガスや電気を使う家だろう。これはエコウィルが学習機能があり、利用方法が規則正しいほうがお得だからであります。あと発電機が動く音が気になります。あまりにも隣の家と隣接していりと、隣人に迷惑がかかるかもしれません。また、発電機自体が大きく、もし発電機から普通の給湯器に変更する場合は発電機の撤去費用が高くつくと思います。(千葉県・30代女性)

●●両親と、妹が離婚をして実家に住むようになったため設置をしました。妹の子供も幼稚園生と小学生二人。電気代も高くなるので、両親と私で節約と家族の健康維持を考え設置を決めました。この状況において、保持金が出るのはとても有り難いです。また、世帯人数が多くなったため【発電と給湯を同時に行える】というのは思っていた以上に役立っています。また、検討していたエネファームの半額というのは一番の決め手になったかもしれません。なにせ、これから子供達にお金がどんどん掛かるようになるので金銭面の制度についてはととも満足しています。しかし、まだ設置してそれ程経っていないので、年間を通した電気代などが分かってからではないとハッキリ分からない点もあります。真冬、真夏、この辺の電気代については実家家族のライフスタイルによっても変わってくると思うからです。また何点は、電気代は安くなるがガス代は高くなるという点…もし改善いただけたなら満足度も上がるかな、と思います。(茨城県・40代女性)

●●ガス発電というとエネファームが有名ですが、導入費用がかなりかかるため安価に導入できるエコウィルを検討しました。エネファームは200万円近くかかるので、本当に投資した分を回収できるのだろうかと疑問があり、我が家の電気使用量やランニングコストを考慮したうえで、結局エコウィルに決めました。エコウィルはエネファームと異なり、お湯を沸かさないと発電しません。なので以前は夏や忙しかった日はシャワーだけにしたりしていましたが、今は毎日お湯を沸かすようにしています。そのため、水道代はちょっと増えました。でも、お風呂に毎日入ることでちゃんと疲れが取れるし、お肌のコンディションも良くなりました。節約しつつ健康になれて、良かったと思っています。(栃木県・40代女性)

●●住宅を購入した際に、標準装備でついていました。最初はよくわからず使用していましたが、発電をしている間に電気を使った方がお得になることがわかり、同じ時間帯に大体発電するので毎日同じ時間帯でお風呂やご飯、洗濯をするようにしたらお得なお湯が使用でき、ガス代が3000円程安くなりました。電気代は1000円未満で安くなりましたが、年間で見たら大きいかなと思います。操作性もよく使いやすいです。毎日どれくらいお得になったかなども確認できて、子供と楽しみながら使えています。ただ、夜間は少しモーター音が聞こえたりしますがこれも静音モードにすれば大丈夫だと思います。後から設置するときはお隣の方に、気になる方もいるかもしれないので一言添えたほうが確実なのかなとは思います。(群馬県・30代女性)

●●新築した時に、建築屋さんから勧められて設置しました。もともと床暖房を入れる予定でしたので、温水がためておけて、電気を発電するというのはいいのではと感じたからです。節約になるとは言われましたが、あまり参考にならないと感じていました。太陽光発電もそうですが、ホントに節約になるのであれば、もっと普及していると思うんです。エコウィルやエコキュートも同じ感じだという認識でした。途中からエコウィルに変えたわけではなかったので、ガス料金が下がったという実感も残念ながらありません。電気料金も値上がりしているので、そう変わりはないような感じです。しかし環境の為、少しでも省エネになっているのであればいいのではないかと思っています。(新潟県・30代女性)

●●建売りの新居にエコウィルが最初から付いていました。エコウィルがどんなものか全く知らずに住み始めました。ガスの点検で来て頂いた方に、「エコウィルは学習機能があるんです!」と言われて最初意味が分からず目が点でした。説明を聞いていると、日々、どの時間帯にガスを使っているかを学習して、その時間にお湯を作って貯めておいてくれる、しかも同時に発電してくれるとのことでした。特に床暖(ガス)を使う冬場はその機能が活躍し、同時にエアコンも使っているか我が家では電気代が節約できました。最初からエコウィルが付いていたのでどの程度節約できたかわかりませんが、我が家の様に床暖とエアコンを一緒に稼働させるお宅にはオススメです。(愛知県・30代女性)

●●新築の際導入しました。二世帯住宅のため、1・2階共に床暖を入れ、湯をたくさん使うから絶対お得、とハウジングメーカーに勧められたためです。普通の給湯器を使用した事がないため実際にどのくらいお得になったかは分かりませんが、真冬ガスファンヒーターと併用してMax25000円位です(キッチンはIH利用)。夏場は5000円位です。当初からですが、時間帯によってはゴーッと運転してることがあり、その時に近づくと少しガスくさい気がします。ガスは漏れてないそうですが。設置場所に気をつけないとご近所トラブルになりそうだと思いました。この度12年使用して東邦ガスさんが言うにはエコウィルは新機種が出ないのでエネファームへの買い替えを勧められました。保証が切れた状態ですが、今のところ問題なく使えてると思います。(愛知県・40代女性)

●●自分は持ち家なのですが、購入してから1年経ってから「エコウィル」を導入しました。導入したきっかけは、「電気屋に勤めている親戚に勧められた」からです。自分には年頃の子供が二人いてるので、電気代に頭を悩ませていました。親戚に相談したところ、自分の家にエコウィルを設置したら「電気代がかなり安くなった」と言っていたので初期費用が高かったのですが、設置することにしました。実際にエコウィルを使用してみて3年ほど経つのですが感じたことは「電気代はかなり安くなっているけど、ガス代が上がっているので生活費は大きく変わらない」ということです。エコウィルを設置したので、ガス料金のプランが変わったのですが、電気代を支払っている時と今では支払い料金は大きく変わりません。これでエコウィルの初期費用をローンで支払っていたら赤字になってしまうので、初期費用を一括で払えるならエコウィルを導入しても、地球環境にはいいのでおすすめしますが、ローンを組んでまで導入するのはあまりおすすめできません。(大阪府・30代男性)

●●新築一戸建てを購入時に、エコウィルがついている家を購入しました。自然災害により、もしもガスが止まっても、エコウィルなら自家発電で温水がでると聞いていました。まだそーゆー機会にあったこたはありませんが、助かるなと思いました。オール電化とエコウィルで迷っていましたが、電気が止まるとオール電化は困るとゆうことで、エコウィルに決めました。エコウィルを使ってからガス代も割引があり、マンション賃貸住みの時のガス代より、一軒家の方が20%ほど安くなり、家計は大助かりでした。知人にその話をしたところ、何人かエコウィルの導入をしていました。エコウィルを使うとガス代が安くなり助かるのでみんなにおススメしています。(大阪府・30代女性)

●●エコウィルを使い始めたきっかけは、地球環境に優しいのと電気代の削減目的で使い始めました。工事期間も何日かかかるのかと思いましたが1日で終わって安心しました。工事費用は60万円くらいでした。我が家は家族が多くお風呂のお湯の消費量が多いのが気になっていましたが、エコウィルを使い始めてから今まで使っていたお湯がしっかり発電してくれて電気代節約になりました。導入して良かったです。我が家のように家族が多い方にお勧めです。床暖房にも使えると聞いたので一緒に工事してもらいました。最初の費用が高くなりましたが、冬の電気代がかなり安くなりました。最初はどんなふうに使えばいいのかわからなかったですが、慣れればかなり稼働できて冬は快適です。(大阪府・40代女性)

●●設置した理由は家を建てた時に標準装備がエコウィルでした。特に魅力的だと最初は思いませんでした。そこまでガス代が安いわけでもありません。何十円かだけお得になる程度です。それも検針表に記載されている情報なので実際は分かりません。しかし、良い所もあります。自家発電を給湯器でしてくれるので多少の電気を自家発電で補ってくれます。わずかですが電気代が真夏にエアコンを付けっぱなしでしたが驚くような金額にはなっていません。自家発電中は給湯パネルが光ってくれているので分かりやすいです。青、緑と色わけもしてくれます。それを見ることによって電気を節約しようと意識も高まります。自分の意思で設置したわけではありませんが、結果的に設置されていて良かったと思っています。現在、販売が終了したのが残念です。(京都府・30代女性)

●●3年前にエコウィルを導入しました。導入した理由は、2人の子供達が、小学校の高学年となり、それぞれ個人部屋を持つようになり、電気料金が上がった事がきっかけです。元々、ソーラーパネルを設置しようと見積もりをしていたのですが、我が家の屋根には発電効率の高いソーラーパネルの設置ができず、また、設置費用も200万円以上が必要になるので見送りました。そこで、エコウィルとエネファームの導入を検討しました。ここでも設置費用から、エコウィルを選択しました。設置工事費用を含めて約85万円でした。実際に使用してみて、大阪ガスのガス特プランのお陰で、ガス使用料は増えていますが、実際の料金では1割くらい上がった位です。また、電気料金は、2割〜3割減りました。冷蔵庫、洗濯機の買い替えや照明のLED化もほぼ同時期に実施したので、何が効いているか内訳は分かりませんが、確実に料金は安くなりました。また、発電用のエンジンも、設置前は騒音の心配をしていましたが、実際の所は、室内にいると殆ど気になりません。室外でもエンジンが回っているのがわかる程度です。トータルでは、設置費用の元が取れるかは不明ですが、今のところ不満はありません。(兵庫県・30代男性)

●●今の家に住み始めて10年経つので、設置金額は覚えておりませんが、当初は補助金制度がありました。十数万円の補助金を受けたことを記憶しています。あと、設置するお得な条件としては、坪数にもよると思いますが、床暖房をしないとお得ではないことと、21畳のリビングに設置する場合、三分の二は設置しないとエコウィルにしていてもお得ではないと教えていただき、リビング全面に設置しました。費用の問題で躊躇したのですが。結果、全面にすることで、部屋も暖かく快適に過ごせています。あと、エコウィルを設置して、毎月かなりガス代が節約されているように思います。毎月数千円は節約されていると思います。特に冬場はおおきいです。トータルではオール電化の方がお得かもしれませんが、ガスがよかった我が家にとってはありがたい設備だと思います。(兵庫県・40代女性)

●●約4年前に新築を建てると同時に、エコウィルを設置しました。その辺りの知識は全くない私でしたが、主人の仕事がその関係ということもあり、エコウィル設置を勧める主人に賛成することにしました。かかった費用は新築の費用とまとまっていますので把握をしていませんが、設置費用とは別にメンテナンスのための費用もお支払いしました。最初のうちは、エコウィルの有難さがわからなかったのですが、生活を続けていくうち、また、周りの話を聞いたりするうちに、我が家の電気代がかなり抑えられていることに気づきました。特に、頻繁にお湯で洗い物をし、そして床暖房を使う冬などは、電気代が一般の半分ぐらいということで、家計的にも大変助かっています。冬、温かく健康的に過ごせるだけでなく、お財布にもやさしいシステムだと思います。(奈良県・30代女性)

●●戸建て新築時に設置しました。当時、オール電化+太陽光発電かガス+エコウィル(orエネファーム)を比較しました。床暖房の設置は必須だったので選択肢としてガスが優勢でした。またエネファームは発売されたばかりで高価であったことから、費用対効果を考慮しエコウィルを決断しました。モニターで発電タイミングが分かるので、発電時に一気に電気を使うこと、また、発電量が1kWであることから分散して1kW内に収めるような電気の使い方になりました。※例えばポットや電子レンジは同時に使わないなどガス会社からの割引もあり節電と節約を実現しつつ、使用量の見える化もできてエコ意識が自然に身に付いたと思い、設備は満足してます。(奈良県・40代男性)

●●給湯器が故障したのをキッカケに、エコウィルを設置。電化が一般的になっているが、電磁波の問題が気になることもあり、きちんと安全性が確認されているとは思えなかったので、ガスでの給湯、発電に決めた。しかし、ガス代がどんどん上がり、あまりメリットが感じられない。電気給湯器は、夜中に沸かすお湯の量が限られていて、お客様が数人泊まられる時などは、お湯が足らなくなるというのを、実家で体験。追い炊きができるにしても、人数が増えてもお湯がたっぷりと使えるのは魅力。環境にどれだけ貢献できているのかわからないが、また買い換えるとしても、電化ではなく、ガスかなと考えている。結構高額なので、もう少し価格が安くなると有難い。(鳥取県・50代女性)

●●自宅が床暖房をはじめとして、ガスを多く取り入れているので、給湯器の故障に合わせてエコウィルを取り付けました。冬場のエラーが多く、度々サービスの方に来て見てもらわなければいけなかったです。エラー自体は本体の再起動でその時は使えるようになりますが、冬場などとても困りました。エコウィルが後付けで、床暖房とメーカーが違ったので互換性がなかったのかもしれません。ただ、電気温水器とちがいバックアップ給湯器があるので、貯めてあるお湯が途中で無くなることはないので、家族の人数が多い我が家では安心してお湯を使う事ができました。発電量は思ったほどではなく、それほど電気代が安くなったとは思えません。これから冬場に向ってまたエラーが出るのか心配ですが、もしも今後蓄電機能を備えたガス給湯システムが開発されればエコウィルは交換したいなぁと思います。(長崎県・40代女性)

●●自宅を新築する際に、設置しました。エコウィルは、ハウスメーカー側の設置でしたので初期費用はかかっていません。本当にエコなのか、節約できているのかは、パネルに分かりやすく表示されています。ガスは日常的に使用しますので、お湯が自然に蓄積されてお風呂は比較的早くお湯はりできる気がします。ただ、お湯を使用する際に室外機?がボコボコと音がしますので、近所に対して「騒音」にならないか気になります。エコウィルで蓄積されたお湯を循環させる床暖房は、とても気に入っています。寒さが厳しくても下から柔らかい暖かさが伝わってきて、心地よいです。我が家は、エコウィル単体で節約に繋がっているかは正直なところ分かりませんが、概ね満足しています。(熊本県・40代女性)

ページの先頭へ