エネファームの特徴とメリットデメリット

更新日:2018年12月7日

エネファームとは、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムのことです。「エネルギー」と農場を意味する「ファーム」から構成された造語となっています。

東京ガスや大阪ガスなどといったガス事業者が積極的にPRをしてきたということもあって、仕組みや概要は分からなくても名前は知っているという方も多くなりました。

目次

  1. 特徴・仕組み
  2. メリットデメリット
  3. 今後の課題
  4. エネファームのメーカー比較

特徴・仕組み

エネファームの仕組み
(イラスト出典:燃料電池普及促進協会

エネファームの特徴は燃料電池コージェネレーションを組み合わせて活用しているという点です。両方の仕組みを取り入れることによって、電気代削減や非常用の発電などに役立つ設備となっています。

都市ガスやLPガスなどから水素を取り出し、空気中の酸素と反応させることで発電を行うという仕組みです。発電した電力を家庭内で使用することができ、節電を見込むことができます。

また、発電と同時に発生する熱を利用してお湯を作り出し(コージェネレーション)、各部屋の床暖房や浴室のミストサウナなどに活用することができます。

自分で発電できるため節電になるのはもちろんのこと、給湯までできてしまう優れものです。

更に、エネファームに必要な水素はガス(都市ガス・プロパンガス共に可)から製造するため、電力供給が途絶えても、ガスの供給があれば作動でき、非常用電源としても役に立ちます。

メリットデメリット

メリット デメリット
節電効果によって電気料金が安くなる 貯湯タンクが必要となる
補助金制度が用意されている 発電時に低周波音が発生する
二酸化炭素や有毒ガスなどを排出しない エコウィルよりも高額な初期投資が必要となる
自宅で発電するため送電ロスが非常に少ない(ほぼなし) 寿命が存在する(20年程度)
ガス会社によってはエネファーム専用の優待ガス料金を設定している ガス料金が値上がりすると、光熱費削減効果が薄れる

今後の課題

単刀直入に言ってしまうと、ずはり価格です。エネファームの性能や機能は素晴らしいのですが、コストの問題が重くのしかかっているため、まだ完全に普及しているとは言い難い状況です。

エネファームが誕生した2009年初頭の販売額は約350万円でした。現在の最安値モデルが約150万円ですので、当時と比較すると200万円も安くなっています。

メーカーの努力で低価格化が進み、国や自治体の補助金制度も利用可能ではありますが、それでもまだ自動車を買えてしまうような価格ではあります。

ただ、東京ガスを始めとした一部の事業者は、将来的に100万円を切るエネファームの開発を計画しているため、これから更にコストパフォーマンスの高い新型エネファームの登場が期待されています。

エネファームのメーカー比較

ガスを使用することから、特にガス事業者が広報活動に力を入れていますが、実際に製造を行っているのは以下の2つのメーカーです。

メーカー 解説
パナソニック パナソニックでは社内分社のアプライアンス社にて、都市ガス用のエネファームの製造を行っています。固体高分子形燃料電池(PEFC)を用いたエネファームとなっています。既に複数回のモデルチェンジが発表されていて、現在の価格は150万円まで抑えています。
アイシン アイシンのエネファームは都市ガス用もLPガス用も用意されています。固体酸化物形燃料電池(SOFC)を用いたエネファームとなっています。「エネファーム type S」とも呼ばれています。
東芝・ENEOS 共に過去にエネファームを製造していましたが、東芝は2017年に、ENEOSは2016年にエネファームの製造を終了しました。

パナソニック製エネファーム

●●プロパンガスの料金が毎年値上げされ、都市ガスに変更したかったため、東京ガスにご相談いたしました。

ガス給湯器が、20年を越え寿命を迎える前に、給湯器もガス台も変更するつもりていましたが、エネファームのご提案をいただき、決定いたしました。工事は大がかりでしたか、結果は大満足でした。

電気のプランも「お得なナイト10」のプランでしたので昼間はエネファームの電力、夜間は電力格安プランにて光熱費が前年比1/3以下になりました。

電気を発電し、それを現在使っている電力にしているため、現在電力会社より買っている電力は0kwと表示されるのが嬉しくて仕方ありません。液晶画面にグラフが出るため、省エネ意識も家族で強く持つようになりました。

設置費用は160万ほどでしたが、給湯器を替えるタイミングでしたし、これだけ光熱費が下がったので十分元が取れると思いました。

オール電化、太陽光、エコキュートも試算いたしましたが、どれも何か問題がある感じでした。非常時にも使える水、電気、安い電気代、ガス代、すべて満足です。(神奈川県・50代女性)

●●昨年、電気代を大幅に削減できるとのことでエネファームを導入しました。

パナソニックの製品を使用しており、かなり高額なものですが、携帯電話の支払いのような仕組みでローンを支払っていく感じなので、特に家計にダメージはありませんでした。

太陽光発電もつけるか迷いましたが、自治体の補助が受けられるとのことでエネファームを選びました。

季節にもよりますが、1年間エネファームを使用してみて感じた事は「電気代が少しだけ安くなるかな?」といったところです。

大幅な削減とまではいきませんが、月々のエネファーム購入分のローンの返済分を考えると、平均してプラスになるのは2000円くらいです。

メンテナンスが必要になってきた場合のことも考え、プラス分はその時の費用に充てるつもりで貯めています。今現在は不具合もなく、電気代が抑えられているので良いと感じています。(埼玉県・30代女性)

●●ライフスタイルにあった電気・ガス・給湯などを利用したいと思い、エネファームを利用することにしました。パナソニック製で、省エネになるように自動で運転することができるので、とても効率よく利用することができます。

特に0.7kwまでエネファームで発電した電力でまかなうことができるので、家族の電気使用量を考えても十分だと思い、エネファームを取り付けました。

発電しながらお湯も作ることができるので、ゆっくりとバスタイムを満喫することができ、湯船に入ることができます。

スマホでエネルギー使用状況がチェックできるのも便利ですし、効率よくエネルギーを使うことができるので、エコ生活を家族で楽しみながら過ごせるようになりました。(千葉県・40代女性)

●●エネファームを設置してから、節電を意識するようになったのが、一番のメリットです。一日の使用電気量や料金が、棒グラフで表示されるので、こまめに電気を消したり、エアコンの設定を微調整するようになりました。

エネファームでは、お湯を沸かすときに発電をしてくれます。この発電タイミングは、日々の電気の使用状況をみながら、機械が学習して、調整してくれるようです。

最初のうちは、深夜などのとんでもない時間帯に発電していましたが、今では、よく電気を使う夕方から夜の時間に発電するようになりました。我が家ではだいたい、使用電気のうちの3分の1を発電した電気で賄っています。

このように書くとお得な気がしますが、エネファーム機器の設置料金を考えると、そうでもありません。初期投資を回収するには、最低でも10年以上かかるのではと思っています。

ガス料金が以前より増えていることを考慮すると、節電はできていても、節約にはなっていないようにも思います。つまり、電力会社に支払っていたお金が、ガス会社に流れただけなのではないかと。

ですが、発電した電気を使うという意味では、エコな仕組みです。停電時にも使える、自家発電のコンセントがなにげに便利です。(石川県・40代女性)

●●家でお店をするため、電気の発電ができたら少しでも電気代の緩和になると思い、設置しました。費用250万円。そのローンはまだ残っていますが、電気代がかなりお得です。

お店をしていると、冷蔵庫が一般家庭の3~4倍ありますし、電気、照明、エアコンなども一般家庭より多く使います。しかし、1番電気を使う時期でも、10000円程で収まります。

夏の暑い時期では一般のご家庭でも10000円まで行くことは多いと思いますが、それほどで済みます。

現在はローン残債もあるため、出費はありますが、ローンが完済すれば、エネファーム設置でさらに電気代がお得に感じれると思います。今でも十分効果を感じていますので、これから先が楽しみです。

また、一度エネファームが動かない状況になりましたが、無料で修理してくれたので、アフターフォローもとても良いなと感じています。(兵庫県・30代女性)

●●私の家はオール電化なのでエネファームは設置できませんでしたが、嫁の実家がエネファームを設置しました。

嫁の実家は私の家から300メートル程離れおり、家の規模もほぼ同じくらいです。実家は築15年くらいなのですが、割と設備が古いので電気代がかなり高い事を気にしていました。

太陽光発電は駐車場の屋根に3キロワット設置しているのですが、私の家と比べるとどうしても電気代が高いので気の毒なくらいでした。

そこで、兼ねてから考えていた対策として、エネファームを設置する事になりました。実家ではガスを使用していましたし、祖父がパナソニックに勤めていた事もあって、割と良い値段で設置してくれました。

エネファームを設置した効果は高く、毎月の電気代が半額くらいになったそうです。相対的にガス代は上がりましたが、トータルで電気代が2割前後減ったとの事で喜んいました。

初期投資の回収にはまだ時間がかかりますが、8年くらいで元が完全に取れる計算だったので良かったと思います。(奈良県・40代男性)

アイシン製エネファーム

●●エネファームを導入する前の電気代がとても高く、いつも節約のことばかり考えていました。

しかし、導入後は年間で電気代が6万ほど安くなり、とてもびっくりしました。電気代が安くなった分、ガス代が高くなったかなと思いましたが、ほとんどガス代は変わらずでした。

また、エネファームの場合、もし自然災害などで停電しても、一部電気が使えるという点がとても魅力的です。最近は台風や地震がどんどん増えてきているので、停電の心配はよくしていました。

エネファームなら、電気が付いたり、お湯が出たりするので、そういった突然の自然災害があっても安心です。まだ何もされていない方、また電気代が毎月とても高くて困っている方に本当にオススメしたい商品です。(大阪府・20代女性)

●●新築に合わせて大阪ガスのエネファーム(アイシン社製)を導入しました。

エネファーム自体については詳しくは知らなかったので、住宅メーカーの担当者といろいろな資料を取り寄せ、我が家の電気代とガス代などを調べたうえで検討してみました。

そして、エネファームを導入すると、初期の投資費用はかかるものの、5年で元が取れ、その後は現状の光熱費よりも安くなることを確認できましたので、導入しました。

また、大阪ガスではエネファームを導入すると、様々なキャンペーンの適用対象となっていたことも選ぶポイントとりました。

実際導入してみると、光熱費が以前に比べてだいぶ安く抑えることができることや、夏の暑いときにエアコンをつけても以前とあまり変わらない料金で済むことなど、導入してよかったと思えることばかりです。(京都府・30代男性)

ページの先頭へ