HEMSの特徴とメリットデメリット

更新日:2018年12月7日

Home Energy Management System(家庭用エネルギー管理システム)のことを省略して、HEMSと言います。読み方はヘムスです。

スマートグリッドを構築する上で非常に重要なシステムであると同時に、スマートハウスに必要不可欠なシステムでもありますが、一体HEMSとはどのようなシステムなのでしょうか。

目次

  1. 特徴・仕組み
  2. メリットデメリット
  3. 今後の課題
  4. HEMSのメーカー比較

特徴・仕組み

HEMSのシステム構成図
(イラスト出典:デンソーテクノ

HEMSの特徴は家庭内のエネルギーの流れを数値で確認できるという点です。家全体にシステムを導入することによって、どの部屋でどの機器がどれだけの電力を消費しているのかなどといった内容が細かく把握できます。

設定次第で、機器単位でも部屋単位でもフロア単位でも、消費電力量を計測することが可能となっています。

「エネルギーの流れ」と書きましたが、HEMSで把握できるのは消費電力だけではありません。

太陽光発電を導入している場合には発電量が分かります。蓄電池や電気自動車やプラグインハイブリッド車をお持ちの場合には、蓄電池に溜められている電力量も確認できます。

ここまでは電力だけに触れましたが、実は水道やガスの使用量もリアルタイムで把握できます。

ただ、前述の内容にも共通して言えることなのですが、HEMSは様々なメーカーが提供しているため、導入するシステムによってできることとできないことがあります。導入前にはこの点を把握しておくようにしましょう。

メリットデメリット

メリット デメリット
電力やガスの使用状況が一目で分かる 画面の見方や操作に慣れる時間が必要
光熱費削減の意欲が高まる HEMSが故障してしまうこともある
各種機器の遠隔操作ができる 遠隔操作や自動操作に対応している機器が必要
子どもへのエネルギー教育にも役立つ 誤作動や誤操作が起きる可能性がある
他のエネルギー機器と比べると比較的安価で導入できる 発電を行う設備ではないため、費用対効果は不透明

今後の課題

先の項目で、HEMSを導入することによってエネルギーの流れを確認できるということを書かせて頂きましたが、実はもう一つ大きな特徴があります。それはシステムを通じて機器(家電)を外部からコントロールすることができるという点です。

自宅に帰る前に外出先からエアコンの操作をして、帰宅時に快適な状態になっておくように設定できたり、時間を指定してお風呂を沸かしたりすることができます。例を挙げるときりがないほど様々なことができ、非常に便利です。

ただし、この点に関してはまだ課題が残されています。現状ではHEMSによるコントロールに対応している機器が少ないということです。また、これから登場する新機種が対応製品だとしても、現在使用中の機器に関しては未対応です。

つまり、仮にほぼ全ての機器をHEMSでコントロールしたい場合には、現在お使いの機器を全てHEMS対応の新機種に買い換える必要が生じます。

エネルギーの流れを確認できるというだけでも大きなメリットではありますが、コントロールに関してはまだまだこれから考えていく必要がありそうです。

HEMSのメーカー比較

既に大小様々な企業がHEMSを提供していますが、主に知名度が高くて利用者数も比較的多い大企業をご紹介します。簡単な解説付きです。

メーカー 解説
パナソニック 「スマートHEMS」
パナソニック製のHEMSです。AiSEG(アイセグ)という製品を設置してエネルギーの見える化を行います。エアコンやエコキュートなどといったAiSEG対応機器をスマートフォンで操作することもできます。
NEC 「クラウド対応型HEMS」
NEC製のHEMSです。クラウドという名称からも想像できる通り、利用者専用のホームページが設けられていて、そちらから消費電力等の情報を見ることができます。パソコンでもスマートフォンでもOKです。
シャープ 「クラウドHEMS」
シャープ製のHEMSです。Android搭載の専用タブレット端末が用意されていて、単に電力に関連した情報を見るだけではなく、インターネットやアプリなどを楽しむこともできます。
NTT東日本 「フレッツ・ミルエネ」
NTT東日本製のHEMSです。導入が簡単で、しかも費用も非常に安くなっています。他社製品と比較すると機能はさほど充実していませんが、消費電力量だけが分かれば十分という方におすすめです。
東芝ライテック 「東芝HEMS」
東芝の子会社である東芝ライテック製のHEMSです。HEMS以外にも蓄電システムやセキュリティシステムなどを扱っています。
デンソー 「HEMS」
デンソー製のHEMSです。特にブランド名などは付けられてなく、単に「HEMS」という名称で販売されています。ベーシックなものは電気のみですが、オプションを付けると水道やガスも計測できます。
京セラ 「NAVIfitz」
京セラ製のHEMSです。ナビフィッツと読みます。同社製の太陽光発電システムと同時に導入されることが多く、既に多くの家庭で活躍しています。
トヨタホーム 「HeMS/HeMS PRO」
大手ハウスメーカーのトヨタホームのHEMSです。トヨタホームで建てる家に導入可能で、トヨタ車やレクサス車をお持ちの場合はそちらともリンクさせることができます。

パナソニック製HEMSの口コミ

●●2年前に自宅を新築する際に,キッチンのガスコンロ以外は、ほぼオール電化なので、電気の使い方をコントロールする為にHEMSを導入しました。アプリに電気の使いすぎ等をプッシュ通知してくれる機能があり、節電意識に役立っております。パナソニックのHEMSのページには、登録してある住宅の順位を表示する事もできますが、1400件の中で1200位とあまり芳しい成績ではありません。理由はお湯を沸かす為のエコキュートと冬場の床暖房、エアコン併用が大きな理由だと思っています。ただ、太陽光発電も導入しており、年間を通せば電気代はプラスマイナスゼロとなっています。導入する前は、スマホ等から細かく操作ができるのかと思っておりましたが、どちらかというと使った電気のモニター的要素が強く、電気の家計簿を付けて貰っているようです。数年後に太陽光発電の買い取り価格が大きく下がった際には、発電したものを売電するのではなく、昼間のエコキュートにて自己消費できるのかモニターできるようにしたいと思っています。(福島県・40代男性)

●●パナソニックのHEMSであるアイセグを導入・設置しております。価格は10万前後でしたが、家の中の電気使用量や太陽光発電量を目で見ることで、実際の自身のエネルギーの使い方に対しての省エネを以前に比べて意識するようになりました。今までは電気の使い方なんて全く考えたことがなかったのですが、導入後はHEMSで表示された数値が極端に上がり出すと、エアコンの温度を上げたり、冬ならヒーター温度をできるだけ抑えたりするようになりました。また、電気代も表示してくれるので、毎月の電気代を毎月チェックするようになり、年間を通しての電気代を抑えるように家族みんなで意識するようになりました。世の中では、温暖化やエネルギーの無駄使いなどと言われておりますが、少しでもエネルギーの省エネに貢献できていれば嬉しいです。(東京都・30代男性)

●●5年前に太陽光発電を導入する際、補助金が支給されるので追加で購入しても持ち出しがないと言われついでに導入しました。各部屋の電力の使用状況や発電、買電の状況、過去の実績がパソコンで確認できるので導入当初は面白いので何度も確認しますが、最近は飽きてしまい、確認は数か月に一度程度です。HEMS自体に節電能力がある訳でなく、補助金がなければ導入しなかったと思います。こまめにデータをチェックし、節電の対策を取るような人には導入のメリットが大きいですが、この機能に関心がない我が家には宝の持ち腐れとなっています。過去のデータの蓄積があるので発電力の低下に気づきやすいという点が一番のメリットかも。他の利用者の状況と比較できるような機能があれば利用頻度があがるかもしれませんね。(神奈川県・40代男性)

●●5年ほど前、PanasonicがHEMSのモニターを募集したので、応募して導入しました。設置費用は無料でした。それまでは、コンセントに挿して測定する電力計で家電等の電力は測定していましたが、エアコンなどの測定不可の家電があったり、給湯器などのNFB直結の機器は測定ができていませんでした。良かったこと・HEMSはNFB毎に測定できることから、全ての機器毎の使用電力が把握でき、節電に効果がありました。・瞬間の最大使用電力が把握できたので、契約を40Aから30Aに引き下げで、コストダウンが図れました。良くないところ・NFB毎の表示単位が10Wであることから、待機電力の測定はできません。・全体の表示単位が100Wであることから、エアコンやパソコンなどがアイドリングの時の電力は0Wと表示されて、測定できません。・パソコンのブラウザーで行うモニター画面が、数分で接続が遮断され、常時モニターができません。以上は改善が必要と思います。なお、HEMS対応の家電や自家発電は利用していませんので、それらの感想はありません。(神奈川県・60代男性)

●●家計簿を見直したところ、光熱費の電気代が非常に高いことに気が付きました。しかし、電気代ってどうやったら抑えることができるのか分かりませんでした。家電製品もたくさん家にはあるので、どの家電製品が電気代を食っているのか分かりませんでしたし、電気代を見えるかしたいと思い、PanasonicHEMSを導入することにしました。導入にかかった費用は大体130,000円ほどで、この費用を電気代の節約で挽回できるのかどうか不安な気持ちもありましたが、現在の節約効果を考えるとおよそ4年程度で元を取ることができる計算になります。その効果は歴然で、PanasonicのHEMSを導入して一番良かったのはリアルタイムで電気代を計算できるところです。(埼玉県・20代女性)

●●HEMSを設置したことによる一番の影響は電力やガスの使用量が一目でわかるようになったため、今どれくらい使用しているのか、今月どれくらいの光熱費がかかったかということをデータで確認できることです。それによって、光熱費を削減する意欲が増し、HEMSを確認しながら、無駄な電力の使用を極力やめるようになりました。今まではその月の電気代やガス代がいくらかかったという事後の確認のみだったため、何を使うと電力を多く消費しているのかという感覚は特になかったですし、実際に使ったものは仕方ないかなという感覚でいましたが、HEMSを設置したことにより今どれくらい消費しているのかがわかるため、なるべく電力量がかかるものは短時間の使用のみにしてみたり、同時にいろいろなものを使用するのを極力止めるように努力しています。(静岡県・30代男性)

●●昨年にマイホームを購入してHEMSを導入しました。最初はそこまで興味がなく、せっかくなのでつけておこうかといった程度の気持ちでした。新しい家に住み始めて目の付くところにHEMSモニターを置いていたので今日の消費電力や発電量、売電量ははどの程度だろうと徐々に気になって少しづつHEMSの情報を気にするようになっていきました。日々の数字が気になってくると他にどんな機能があるのだろうと気になりだして洗濯終了のお知らせや、エアコンの付けっぱなしお知らせ機能を活用するようになりました。他に便利だなと感じたのは帰宅チェック機能でした。子供が小学校に通っているのですが、子供が帰宅時に妻がパートの時があり帰宅したかどうかが心配でした。ですがHEMSの帰宅チェック機能があれば指定した回線の電気の使用量で帰宅したかを確認することができます。仕事場にいても帰宅したことが確認できとても安心することができるようになりました。今では普段の生活に必要なものになっています。(奈良県・30代男性)

●●平成28年度に戸建て新築の際に太陽光発電とHEMSを設置しました。日頃から固定費(光熱費)を節約したい思いと新しさにひかれて設置を検討しました。ハウスメーカ担当者も取り扱いが初めてで手続で二転三転しました。当日、福岡市の補助金制度で10万円の支給があり、10万円でHEMSを購入しました。パナソニック製で実際はもう少し高いのですが、補助金内におさめました。HEMSはどんな物かというとノートパットで家全体の電気な流れが細かく表示されます。例えば、各部屋の使用電力やエアコンも設置場所ごとに使用電力を表示します。エアコン付けるとなんキロワット使用したかわかります。細かいので無駄な電気をオフにすると明確にキロワットが減り、電気を節約した事を実感でします。エネルギーの節約意識は、このエネルギーの見える化で高まると思います。(福岡県・30代女性)

●●セキスイハイムで家を建てましたが、HEMSの設置は必須でした。設定は業者がしてくれますが、そこまで活用できていません。月々の電気料金の比較や、どの部屋で1番電力消費があるかみることができますが、太陽光パネルを乗せて自家発電していると、節電の意識が薄くなり見る機会が減ると感じます。また、太陽光パネルでの発電量や消費量は太陽光パネル専用の画面から確認することができるので、HEMSはあまり有用に利用できていないように思います。実際HEMSがなくても今のところ困っていませんが、HEMSがあれば遠隔操作ができるということなとで、これからもし外出先でエアコンの消し忘れなどに気づいた時は使用してみようかと思います。(長崎県・20代女性)

▲▲居住区がモデル事業にあたり、設置諸費用は全て無料でした。東急と横浜市か総務省か公的機関が事業主だったと思います。最初に室内のAiSEGやルーターが設置され、何ヶ月かして屋外のスマートメーターを取り付けにきたと思います。最初はパソコンで電気の使用量を確認しましたが、部屋単位でしかも電力がモニタリングできる箇所が限られていて実用的ではありません。台所には冷蔵庫も電子レンジも炊飯ジャーもその他諸々、脱衣所にはエアコンや洗濯機、乾燥機やアイロンその他諸々。これらをまとめて電力としてまとめられても、電気製品が原因か突き止めるのは容易ではありません。更に、冷蔵庫も今年買ったネット対応、グーグルホームもある、LANケーブルも各部屋に張り巡らされている今時の家なのに、後からではスマートホームにできないと言われて。未だなんの価値も見出せていません。(神奈川県・40代男性)

▲▲今年の春に、太陽光パネルと蓄電池を設置するときにHEMSも一緒に導入しました。最初の1ヶ月は使い方が全くわからず、今の太陽光パネルの発電量と今の使用電力量しか見ていませんでした。でもこのままではもったいないと思い、説明書をよく読んで少しだけ使えるようになってきました。それでもまだまだ活用できていない機能だらけです。一番見るのは、太陽光パネルの発電の積算量と売電量と使用電力の積算量です。それを見れば、1ヶ月のだいたいの売電の料金と電気代が予想できるので、家計を預かる身としては役立っています。ただ、ひとつ困っていることがあります。1ヶ月に1~2回くらい、wi-fiとの接続が切れてしまいます。我が家の環境が悪いのかもしれませんが、接続が切れている間の分は表示されないので誤差が生じてきます。これが解決すれば、もっと快適なのになー。(兵庫県・30代女性)

NEC製HEMSの口コミ

●●新築住宅を建てる際に設置されました。設置しないという選択はありませんでした。メーカーは住宅メーカーから相談はなかったと思います。金額は住宅建設費用と太陽光パネルと一緒なので覚えていません。はじめは電気が売れることが嬉しくてどのくらい売電されているかが気になっていました。売電量がわかってくると、できるだけ利益というか節電したくなり、昼夜の電気の使用量や使用している電化製品を確認するようになりました。売電量との差を広げたく、こまめに電気を切るなどして、時々チェックしていました。最近は確認することも減りましたが、今まで、電気は使いたいだけ使用していましたか、ヘムスを設置したことにより、電気が見える感じがして、家族で楽しく節電しています。(栃木県・40代女性)

●●今から4年前に自宅を新築した際に太陽光発電システムを設置しました。契約の際に太陽光だけでなくHEMSも一緒に勧められたことから同時に設置することにしました。私はそれまでHEMSに関しては一切知らなかったのですが、聞けば自宅でどれくらいの電気を利用していて太陽光発電でどれだけの発電量があるかどうかということを一目でわかるためとても便利なものだと言われました。私はそれほど関心はなかったのですが、夫がいいシステムだと思って同時に導入することを決めました。実際に導入すると室内での電気の使用量がパソコンやスマートフォンなどですぐに見られることから、電気料金を節約するのに活用できています。設置して以降はこまめに電気の使用量と発電量をチェックできるようになったことから、節約がさらにできるようになりました。(三重県・40代女性)

シャープ製HEMSの口コミ

●●新築を建てる歳にHEMSを設置しました。太陽は自然の恵みですし、約7年程で設置費用の元が取れると住宅メーカーの設計営業担当に教えて頂いたのと、消費税の増税前と売電価格が下がる直前に契約ができたので、タイミング的にはとても良い時だったので新築に導入しました。ただし、蓄電池までは金額的に厳しかったので導入していません。実際に住んでからは、季節と天候には左右されますが、南向きの建物なので朝から夕方まで買う電気代を気にせず家事ができます。トースターや電子レンジ、エアコン、毎日2~3回は必ず回す洗濯機、充電式の掃除機などありますが、ピークカットアラーム(電力を使い過ぎている時に鳴るアラーム)が鳴ることはありません。夕飯の準備中からは蓄電池を設置していないので、冬場はドライヤーを使うとよくアラームが鳴ります。アラームが鳴るのは使い過ぎも教えてくれますが、使っていないのに鳴っている場合は、モニターで各部屋の電力情報が見れるので切り忘れを確認できます。1ヶ月の電気代は以前よりも半分とまではいきませんが、かなり家計を助けてくれています。そして、夜間電力の電気代と自然災害の事も考えると、導入費用は掛かりますが蓄電池まで設置すれば良かったかなと今では思います。(愛知県・30代女性)

デンソー製HEMSの口コミ

●●新築時には魅力的だと思いつつ金額のこともありHEMSはつけませんでした。しかしここ数年地震や自然災害などが多く起きている中、太陽光を設置していましたのでHEMSで効率的に電力を使用し、避難所ではなく何かあった時に自宅で過ごせるということはとてもメリットだと感じました。また電気代の削減という面もポイントでしたので設置を決めました。実際の電気代は、現在はソーラー発電をした分は東京電力に販売した方が高いのですべて売電に回し、自宅で使用する分はHEMSが電気代の安い夜に電気を購入し蓄電をしてくれています。オール電化住宅のため夏場で12000円程かかっていた電力が6000円から7000円程度になりました。支払いはローンを組んでおり全部で300万円くらいでしたが月々20000円くらいで、売電や電気代が下がった差額もあるのでそこまで家計を圧迫していません。むしろ電気がモニターで見える化したことで節約の意識も高まっています。(千葉県・30代女性)

京セラ製HEMSの口コミ

●●今から3年半前に夫が太陽光発電システムの導入を決めた時、同時にHEMSを導入しました。メーカーは京セラで、太陽光発電と同時に導入したということで費用は安く済んだと思われます。HEMSがあると現在太陽光発電がどれくらい発電を行っているかということや、消費電力量が一目でわかるので節電をすることができます。特にエアコンを使用する夏場に関しては、自宅だけでなく電力量全体が余裕がなくなることもあり得るため逐次インターネットやスマートフォンで使用している電力量を調べて少しでも節電できるよう対処を行っています。HEMSの情報に関してインターネットで簡単に見られるということで、機器に疎い私でも簡単に利用できていいと思っています。(三重県・30代女性)

トヨタホーム製HEMSの口コミ

●●私がHEMSを導入したキッカケは新築で建てたトヨタホームの家の標準設定がHEMSだった為です。導入を検討した時は、特に思い入れは無く、太陽光発電システムを付けると必然的に付いてくる装置としか思っていなかったのでメーカーや主な役割などは気にしていませんでした。家が建って住み始めてからHEMSの操作方法を学んでいたのですが、使い始めてから使い勝手の良さがよく分かるようになってきました。ちなみにHEMSにつながっているシステムは全館空調システム、太陽光発電、給湯器のエコキュート、ラロックと言う電子施錠システム、将来EV車を購入した時に電気を自給できる充電システムです。この機能の中でよく使用するのが全館空調システムと太陽光発電システムとエコキュートです。全館空調は設定が簡単でスケジュール運転ができるので非常に重宝しています。太陽光発電システムは現在の発電状況や電気の使用量がすぐ分かるので、省エネには欠かせません。現在の日差しの強さを知る事もできるので、日焼けしたくない妻の必須アイテムになっています。エコキュートは1日に必要な供給量を学習してくれるので経済的で助かります。一日中安定してお湯を供給してくれるので凄く安心です。(奈良県・40代男性)

ページの先頭へ