AIG損保の地震保険

更新日:2018年12月7日

AIG損保の地震保険は、同社の火災保険「ホームプロテクト総合保険」にセットすることで加入できるようになっています。なお、地震保険の補償内容や金額等は他社と同一です。

目次

  1. 基本情報
  2. 地震保険加入の口コミ
  3. 地震保険の補償体験談
  4. 地震保険料は全社同一なので、一括見積もりで火災保険料を比較しよう!

基本情報

商品名 ホームプロテクト総合保険
火災保険のプラン A~Fの6プラン
地震保険の補償額 全損:地震保険の保険金額の100%(時価額が限度)
大半損:同60%(時価額の60%が限度)
小半損:同30%(時価額の30%が限度)
一部損:同5%(時価額の5%が限度)

地震保険加入の口コミ

●●2011年3月11日に発生した東日本大震災。それまでは地震保険を知っていても気にしていなかった人は大勢いるかと思います。私もその1人で、地震保険に加入しているのに内容をよく知りませんでした。私の入ってる地震保険を通じて感じたことを書いてみようと思います。

私はマンションを購入した際に、火災保険と一緒に地震保険に加入しました。その時は、東日本大震災のようなケースを考えていたのではなく、「マイホームを買ったんだし、地震で壊れたら嫌だなぁ」って程度の認識で加入しています。地震保険も火災保険の特約として加入しているため、深いことは何も考えていません。

東日本大震災の後に興味を持って初めて知ったことがたくさんありました。

  • 火災保険は火災の原因が地震だと補償しない
  • 地震保険は火災保険の特約が主流(地震保険としての加入率が低い)
  • 地震保険の補償額は火災保険の半分以下が多い

1つ目は、火災であれば全部補償されると思っていたので正直意外でした。でも、保険会社のホームページを見ると、同じ勘違いをしているのは私だけでは無いようですね。地震保険の補償額が小さいのも正直ツライです。火災と同様に住まいを失ってしまうのに、補償額は半分…。もうちょっと手厚い補償が欲しいものです。

当たり前と言えば当たり前なのですが、地域によって保険料が違うことも初めて知りました。地震のリスクが指摘されている地域とリスクの低い地域を比べたら、リスクの少ない地域の方が安くなりますよね。ただ、多くの人が住んでいる地域って、地震のリスクが高い地域のような気がします。

ちなみにうちは今年、地震保険の更新年にあたったため、保険の更新を行いました。契約期間は5年間。それに対して、火災保険の契約期間は25年間。長期契約でお得なのは良いのですが、何でこの2つの契約期間は違うのでしょう。正直、同じならよかったのにと思います。

疑問点を色々と書きましたが、地震保険は今後も何らかの形で契約し続けるつもりです。私の住んでる地域でも地震のリスクは常に指摘されており、東日本大震災の時にもかなり揺れました。被害が軽微だった地域に住んでるとはいえ、当日の東京の混乱や被災状況は忘れることができません。

ただし、次回の保険更新時には内容を見直すつもりです。補償額はもちろんですが、保険全体のサービスを確認し、何があってもあわてないで済むようにしたいです。次の更新に向けてやることは、最初に保険証書を探す事にします。それから他の商品と比較して自分が納得できるものを探すつもりです。

●●私は大阪府の南部に近い所に住んでいます。近年、大きな地震が起きて大変な事になっていますが、私が最も不安に感じている地震が有ります。

それは数年位前から度々起こる和歌山県の北部を震源とする地震です。周りの人も結構話題にしていますが、テレビや報道などは先ほど地震が有りました程度の事しか発表しないため、和歌山の地震が有るたびに怖い思いをしています。

年に数回でしょうか10回以上は多分起きていると思います、一回辺りの震度は殆どがM3程度なんですが、回数が多い為、本当にこの地震今に大きな地震に発展してとんでも無い事になりそうな予感がして仕方がないです。

一度、テレビか何かでこの地震を取り上げて頂き、安全なのかそれとも危険性が有る地震なのかを説明して頂ければ納得するんですが、日本は地震大国ですので私が知らないだけで各地で同じ様な地震が発生しているかも分かりません。

ちなみに、我が家では地震の対策として、地震保険にも加入していますので、無いに越したことはありませんが、万が一の時でも自分の身だけを守れれば…と思っています。

●●家を新築で購入したので保険に入ろうということで、家を建てたところの担当者に相談しました。そこで補償内容も充実していて保険料も安いというので、AIG損保に決めました。

保険について無知だったのでパンフレットで説明をしてもらいました。火災保険は年末保険料控除が対象外になり、地震保険は保険料控除ができるようになったそうです。しかし、地震保険だけの加入はできなくて、火災保険と地震保険のセットなら加入できるそうです。

途中から地震保険に加入もできると言われましたが、東北大震災の後に家を建てたのですぐに加入しました。備えあれば憂いなしとはこのことだなと思います。35年間を一括払いしましたので、補償がある安心な生活ができています。

地震保険の補償体験談

戸建て

●●引越しをした際にAIGの保険に入りました。細かいことはなんだか分からないので、火災保険も地震保険も全部入りました。その後、東日本大震災で被災し、そういえば保険入っていたよな…と思い出し、保険会社に電話しました。

すごく混み合っていて、対応してもしきれないらしく、私の保険は見積もりまでに3日、お金が振り込まれるまでに2週間ほどかかりました。

今回、本当に保険に入っていて良かったです。いつも保険なんて…と思っていましたが、いざ物が壊れて生活するまで大変でした。本当に損害額は100万円くらいありましたが、保険に入っていたのでその半分くらいは現金で戻ってきました。

保険料を考えるとケチりたくなる時はありますが、いざという時のことを考えると、本当にケチらなくて良かったと思います。それからは、内容はあまりよくわかりませんが、一応のために人に勧められたものは入るようにしています。

保険はケチらずに入っておいたほうがいいですよ。東日本大震災のような地震はもうないと思いますが、保険はいざという時、本当に助かります。転ばぬ先の杖と言いますが、本当にそんな気がします。

●●空き巣に入られたことがきっかけで、AIGの家財保険に入りました。本当はセコムやALSOKなどといったホームセキュリティーを設置したかったのですが、金額が高くて、うちには入る余裕がありませんでした。

ホームセキュリティーは無理だなぁと諦めていた時に、ネットでAIGの保険を見つけました。半信半疑でパンプレットを請求し、保険内容を確認しました。一番の目的は空き巣対策でしたが、盗まれた家財を補償してもらうというのも悪くないなと思い、入りました。また、地震の保険にも一緒に入りました。

その1年後に東日本大震災が起き、我が家は津波は逃れたものの、家財はほぼ使えない状態でした。主人も職を失い、ライフラインも2週間途絶え、毎日泣いてすごしていました。この頃は本当に精神的にも肉体的にもつらかったです。

電話の回線だけがつながるようになり、そして最初にきた電話がAIGからでした。現在の加入している保険で、壊れた家財が対象になるかどうか、被害状況の確認の電話でした。

後日、委託業者の方が査定に来られました。うちが加入していた際に支払っていた毎月の保険料は月々1,365円と少額でしたが、数日後にはちゃんと口座に25万円の入金がありました。お蔭で新しい電化製品や家具を購入することができて、本当に助かり、そしてありがたかったです。

私の周りでは、地震保険に入っていても家財は対象にならず、結局全部自己負担で家財を買い替えた方も少なくありませんでした。AIGの迅速で誠実な対応にとても驚き、本当に感謝しています。もし、家財保険の加入を検討している方がいれば、是非お勧めしたいです。

●●私の体験談は地震保険についてです。それは日本人にとっては決して忘れることができない東日本大震災の時です。私は東京在住でしたが、家が古い木造の家でしたので、今まで感じたことがない程の大きな揺れを感じました。

家の中の食器類が落ちて割れたり、タンスが倒れたり、風呂場のタイルにヒビが入ったりと、もちろん東北の方々に比べれば微々たるものだと思いますが、多少の被害を受けました。地震保険に加入しておりましたので、家の片付けが落ち着いて、1週間後くらいに一応代理店経由で保険会社に連絡を入れました。

すると保険会社の調査員が直ぐにやってきました。その調査員の方は、非常にテキパキと被害状況を確認されました。

被害状況と言っても、色々細々あって、こちらもそれ程詳しく覚えておらず、ざっくりとしたことしか説明できなかったのですが、逆に調査員の方が「これは倒れましたか?」とか色々質問してきて、こちらも指摘されて思い出すようなこともあったりと、その時はかなりアバウトな回答も多かったと思います。

適応できないところははっきり説明していただいたのですが、その代わりという感じで「ここは被害受けましたよね」といった具合に埋め合わせのように(例えば地震で起きた被害だったのか曖昧なところなど)幾つか挙げたりと、意外に支払額を減らそうとしているような印象は受けませんでした。

全体的に、細かいところというより全体的に捉えて評価された感じで、結果的には想像以上の保険金の支払いが有り、こちらとしては少々驚きました。

今回のような非常事態では、もしかしたら保険会社としてもある程度個人宅への支払い額は、基準のようなものがあって、社内の手続き用にその理由付けの項目をまとめるという簡易的なものにせざるを得なかったのかもしれません。

●●私の家では去る2011年3月11日の東日本大震災にて、家が半壊にあたる震災被害がありました。実際、自宅では皿やテレビやパソコンや神棚や家具などが震災にて壊れてしまいました。

震災当初はこういったことで保険がおりるのかわからなかったのですが、震災後、水道や電気などのライフラインが復旧した後、保険会社に電話をしてみたところ「壊れたものはそのままにしていてください」と言われたので、保険屋さんがいらっしゃるまで放置していました。

担当の方も、どうやら大阪から急遽いらしたらしく、不慣れな土地で大変だったにもかかわらず、とても親切にしてくださいました。

被害のあった皿などは危ないのでダンボールなどにいれて倉庫に入れておき、壊れた家財道具などは一つの部屋にまとめて置いておきました。ひとつずつ保険屋さんがチェックをして被害額を算出してくださいました。その後、所定の銀行への振り込みをしていただけるということで安心していました。

すると、調査から3週間ほどのある日、算定額全額振り込まれていました。こういう時に保険って本当に大切だなと思いました。

マンション

●●AIGの家財保険で地震によって壊れた家財の一部を補償してもらったことがあります。

2013年の4月に淡路島付近を震源とする大きな地震がありました。もともと兵庫在住でしたが、その時は残業続きで会社近くの安いビジネスホテルに宿泊していました。連日の残業でへとへとになってました。

そんな時にビジネスホテルで寝ていたら突然大きな地震がきて飛び起きました。普段は少々の揺れでは起きないのですが、よほど大きく揺れたんだと思います。

高層階に宿泊していた事も災いして大きく揺れました。ただ、マンションに住んでいる家族とはすぐに連絡が付き、安心しました。

翌日ニュースを見てみるとかなり大きな地震であった事が解りました。あの地震以来ビジネスホテルに宿泊する時はなるべく下の階にしてもらうようにしています。いざという時にすぐに逃げられないと困りますからね。

そして、仕事を早く切り上げてマンションに戻ると、花瓶や置物などが割れてしまったとの報告を家族から受け、AIGに電話しました。特に難しい手続きなどはなく、最終的に少額ではありますが、しっかりと保険金を受け取れました。

●●現在の戸建に入居する前に、賃貸アパートに入居していました。そのアパートで入居する際に指定されていたのがAIG損保でした。その当時、賃貸アパートの指定だったため何も考えず保険に加入しました。

東日本大震災の後、地震保険に加入していたため、家財の補償を申請し、補償がされたので本当に助かりました。

現在の戸建に引っ越す際も、住宅業者の方に現在加入している保険会社とは別の保険会社をいろいろ勧められました。私は、東日本大震災の後の申請手続きでいろいろと分かりやすく対応していただいたことがあったので、信頼という意味で他の会社に加入するという選択肢はありませんでした。

住宅業者の方が、保険の内容は現在加入している会社とあまり変わらないとおっしゃっていましたが、いざ補償の申請する時になって対応がよくなかったり、わかりにくかったりすると困るのは自分なので、現在加入している保険を継続することを伝えました。

東日本大震災がなければ、補償の申請をすることもなかったので保険会社を選ぶ基準も変わっていたと思います。ほかの方の薦める保険に加入していたかもしれません。震災や天災が身近に感じていなかったら、保険会社はどこでも変わらないと思っていました。

しかし、いざ申請となった時にきちんと対応してくれる会社であれば安心だと思うので、そういった点を考慮して保険を選ぶのが一番良いと思います。

●●仙台市在住の30代妻帯者です。2011年3月11日東日本大震災と、その1ヶ月後の4月7日の地震にて、被災しました。

賃貸マンション契約時に、不動産屋から安心パック(火災保険+地震保険のようなパッケージ商品)なるものに、年2万円で加入させられておりました。

震度5から6程度の揺れで、幸い大きな被害はありませんでしたが、家具は倒れ傷がつき、中には使い物にならなくなってしまった家電もありました。実際の査定などは、地域ごとに担当検査官の方が各家庭を訪問し、被害度合いを確認。そして、一部損から全損で判断するようです。

その際に初めて知ったのですが、算定基準は「リストに記載のある家財道具の何割が被害にあったか」というもので、てっきり被害額などで算定されると考えていた私は非常に驚きました。極端な話、100万円のテレビのみが壊れても一部損、こまごまとした家具のほとんどに少々傷が付いたのなら半損、ということになります。

大規模災害ということもあり、査定がやや緩かったこともありますが、多少の傷なども被害に入れて頂き、2回とも半損(補償金額の50%程度)の補償をして頂きました。今では強制加入させられた不動産会社にも感謝しております。

地震保険料は全社同一なので、まずは一括見積もりで火災保険を比較してみよう!

地震保険の保険料はどの保険会社で加入しても同一ですので、セットでの加入が必要な火災保険の保険料を比較することが重要です。

そこで、まずは一括見積もりで火災保険の保険料を比較してみましょう。私の場合、これまで契約していたものと比べて、総額で23万円近くも安くなりました。

無料でできて、パソコンでもスマホでも必要事項の入力はすぐに終わります。最大で12社もの見積もりを比較でき、もちろん地震保険を付帯した場合の総額も知ることができます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 火災保険の一括見積もりで保険料を比較をしてみる

右向き矢印 火災保険の一括見積もり

火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ