JA共済の地震共済

更新日:2018年12月7日

JA共済では「建物更生共済 むてき」という住まいの共済を提供していて、こちらの「建物更生共済 むてき」に地震の保障が含まれています。

なお、パッケージ商品となっているため、地震の保障だけに加入したり、あるいは地震の保障だけ外したりということはできません。

目次

  1. 基本情報
  2. 地震共済加入の口コミ
  3. 地震共済の保障体験談
  4. 地震保険料は全社同一なので、一括見積もりで火災保険料を比較しよう!

基本情報

共済組合名 全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)
商品名 建物更生共済 むてき
地震の保障 「地震共済金」
損害割合が5%以上の場合、「750万円×損害割合」が支払われます(損害額の50%が上限)

地震共済加入の口コミ

●●福島県に住んでいますが内陸だったので津波の被害なども無く、東日本大震災でのあれだけ凄い地震でも、幸い自宅への被害がありませんでした。

私は10年くらい前からJA共済の火災共済に加入していましたが、地震からの火災などは補償されないそうで、補償が受けたい場合には地震共済にも加入しなければならないようです。これは損保の火災保険も同じで、地震特約などが付いていなければ補償されないのです。

東日本大震災後、たくさんの余震が続いているので、JAの人の勧めで地震共済にも加入しました。共済や保険の内容というのは把握するのが大変です。継続時によく話を聞いて、わからない言葉などもわかるまで聞いて、継続手続きを納得して行うようにしないといけませんね。

●●私はJA共済の火災共済に加入しています。父が加入していた一般損保会社の火災保険から、父が亡くなってJA共済の火災共済に入り直しました。ほとんど内容が同じで料金が安かったのと、勧められたのが中学の先輩だった事が入り直した理由です。

そして、その頃は地震共済に入っていませんでしたが、まさか東日本大震災が来るなんて…。保険や共済は、そのまさかの時の為に加入していて補償を受けるものなのですが、あんなに大きい地震なんて考えもしませんでした。

東日本大震災後、たくさんの余震が続き、大きい地震も多かったので心配していました。少し地震が落ち着いた時に、地震共済を勧められたので、即加入しました。

地震共済の保障体験談

●●東日本大震災の時に、私の職場の同僚の家の屋根がほとんど崩れてしまいました。その時にずいぶんと地震保険の出し渋りがあったことが噂となっていたのですが、そんな中でJAだけがとても良い噂を聞いたので、感心してしまいました。

それにしても、いざと言う時にお金がおりないのでは、いったい何のための地震保険なのか分からなくなってしまうのではないかと、その時しみじみ考えさせられました。出せない条件があるのであれば、保険に入るときにもっとちゃんと事前に説明してほしいと思います。

その職場の同僚はJAさんですぐお金がおりたので良かったと思いますが、他の人からは「地震保険に入っていたのにも関わらず、お金が下りなかった」という話を聞いたりもしているので、本当に気の毒だなと思ってしまいました。

幸いにも私の家は全く影響がなくて何ともなかったから良かったのですが、もし自分の家が同じ様になっていたとして、せっかくお金を払って入った地震保険が何の役にも立たなかったら本当に失望してしまっていたかもしれません。その時、地震保険は担当者任せにはしないで、自分でもよく調べたほうが良いと思いました。

●●私はJA共済の「むてき」という共済に加入しています。火災の時に限らず、地震や落雷などの様々な災害による被害でも保障を受けられるので大変安心です。

この共済に加入してよかったと思うでき事がありました。2011年の東日本大震災です。家の外壁にヒビが入ったほか、屋根の瓦がずれてしまい、雨漏りしたり、天井が一部落ちてきたりしました。そのままでも住めるような状態でしたので、共済の保障に該当するとは思っていませんでした。

ちょうど損傷した屋根を修理しようと思っていたときに、共済に加入している組合ではない隣の地域のJAの職員さん(友達)が家に遊びに来た時に、「被害調査をしてもらったほうが良い」とアドバイスをしてくれました。

すぐに共済に加入している支店に電話をして、被害調査をしていただきました。金額としては60万円ほどの共済金がおりました。修理の費用に充てました。

JAは地元のことをよく分かっているので、何かあると来てくれますが、今回の被害調査もこちらから連絡するのではなく、加入している組合から連絡を頂けるともっと嬉しかったなと思います。

「むてき」という商品は掛け金は高額ですが、いざというときに頼れる共済だと思います。ただの火災共済だと、地震を原因とした火災は共済金がおりないなどがあるので、その点、心配ない商品であると思います。

地震保険料は全社同一なので、まずは一括見積もりで火災保険を比較してみよう!

地震保険の保険料はどの保険会社で加入しても同一ですので、セットでの加入が必要な火災保険の保険料を比較することが重要です。

そこで、まずは一括見積もりで火災保険の保険料を比較してみましょう。私の場合、これまで契約していたものと比べて、総額で23万円近くも安くなりました。

無料でできて、パソコンでもスマホでも必要事項の入力はすぐに終わります。最大で12社もの見積もりを比較でき、もちろん地震保険を付帯した場合の総額も知ることができます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 火災保険の一括見積もりで保険料を比較をしてみる

右向き矢印 火災保険の一括見積もり

火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ