三井住友海上の地震保険

更新日:2018年12月7日

三井住友海上の地震保険は、同社の火災保険「GK すまいの保険」にセットすることで加入できるようになっています。なお、地震保険の補償内容や金額等は他社と同一です。

目次

  1. 基本情報
  2. 地震保険加入の口コミ
  3. 地震保険の補償体験談
  4. 地震保険料は全社同一なので、一括見積もりで火災保険料を比較しよう!

基本情報

商品名 GK すまいの保険
火災保険のプラン ・6つの補償プラン
・5つの補償プラン
・4つの補償+破損汚損プラン
・4つの補償プラン
・2つの補償プラン
地震保険の補償額 全損:地震保険の保険金額の100%(時価額が限度)
大半損:同60%(時価額の60%が限度)
小半損:同30%(時価額の30%が限度)
一部損:同5%(時価額の5%が限度)

地震保険加入の口コミ

●●現在の保険(GK住まいの保険・R4)に加入したのは、マンション販売会社と提携している保険会社の保険で、マンションを購入する時の加入条件になっていたからです。購入物件に合うように保険設計をしてくれていましたので、家財・建物についてちょうど良い補償内容になっています。

マンション購入は平成3年の10月で、その後平成7年に阪神淡路大震災がありました。それを契機に地震保険にも追加加入をすることにしました。

私の友人には、地震保険に加入しても、大震災の時には保険会社も大打撃を受けるので保険金の支払いは期待できないと言う人もいましたが、サポートセンターに問い合わせると、保険会社を補償する機関があるので心配ないと言うことです。

実際に保険金を受けるような事故は幸いまだありませんが、年払い保険料17,700円で、建物と家財の安心が買えるのは無駄な買物では無いように思います。また、現在加入している損害保険には日常生活賠償保険が付保されていますので、その点でも安心しています。

●●我が家では1993年に分譲マンションを購入する時に、マンション販売会社が勧めるマンション団地保険に加入しました。当時は地震保険など付いていませんでしたので、阪神大震災の後に追加契約をしました。その後、何度か保険の見直しを検討しましたが、保険会社は変更していません。

この保険を気に言っているポイントは、通常の火災保険と地震保険の他に、日常生活における賠償事故の補償金(上限1億円・免責金額0円)が付いていることです。

対象になるのは、マンションに同居している家族と別居している未婚の子供です。気を付けていてもいつどんな事故を起こして人様にご迷惑をかけるかも分かりませんし、この特約があると安心です。

●●念願のマイホームを購入したので、住宅ローンの資金で火災保険に加入しました。加入したのは三井住友海上保険の「GK すまいの保険」25年間分です。

マイホームを仲介してくれた不動産屋に「日本は震災大国なので、地震保険にも加入しておくべきです」と言われました。念願のマイホームを購入したのに地震や火災で潰れたら嫌なので、絶対保険に入っておくべきだと思いました。

火災保険も安くて薄っぺらい保険よりは大手でしっかりした保険を加入しないといけないと思いましたし、不動産屋の薦めもあり、三井住友海上保険を選びました。

今まで自分自身は保険に無関心だったので、不動産屋に言われるがままの保険内容で加入しようかと悩んでいました。

そんな時に、嫁から「自分の親戚の家が火災で家が焼けた時に補償内容が薄い保険に加入していたから、直すのに実費で結構支払った」という話を聞いたので、不動産屋が言った保険内容よりも補償が厚めになっている保険内容に変えてもらい、加入することにしました。

住宅ローンで火災保険を25年間分を先に支払っているので、いつでも震災がきたら対応できるようにしています。

GKすまいの保険なら、火災だけではなく雷や洪水などの被害にも対応してくれますし、盗難や水漏れの被害にも関しても補償があるので、安心して加入することができます。

●●最近地震が多くて、いつ地震に遭うかわからないという事で、実家の保険を見直すことにしました。火災保険で三井住友海上に入っていたので、そこで地震保険に関して聞きました。火災保険よりも割高で一年だけでも掛け金は結構な金額になるし、全壊と半壊で補償金額も全然違いました。

もしもの時の保険だから入ったほうがいいかとも思ったけど、掛け捨てするにはちょっと高い。他の保険会社とも比較してみたけれど、あまり金額の差はありませんでした。それどころか保険会社によっては自社の火災保険に入らないと加入すらできないというところもありました。

あれこれ悩んでいると担当者から、今入っている火災保険にプラスするという形にしたら割引がある事を聞き、他社で地震保険だけ単独で入るよりも安くなる事がわかり、三井住友海上の火災保険とセットの地震保険にすることにしました。単独で入るより三割程度は安くなりました。

地震保険はどの会社で入っても保険料は同じですので、火災保険料が割り引かれるという形だったかと記憶しています。

●●我が家は2008年に縁もゆかりもない場所に土地を購入し、新築の住居を建てました。その際に我が家がお願いした注文住宅専門の住宅会社の営業の方から、ある保険代理店の方を紹介していただき、新居に関する保険の説明を受けました。

当時、私が住んでいる県の近くでは全国的にも大々的なニュースになるほどの大きな地震(岩手・宮城内陸地震)があったばかりで、地震に関する住宅の保険をまずは聞きたかったのですが、保険代理店の方からは、火災保険に入っていないと地震保険には入ることができないと説明を受け、私はそうしたことを初めて知りました。

また、火災保険に申し込む際に、その適用が建物と家財、または両方などに選ぶことができるということも初めて知りました。我が家はそのときに火災保険と地震保険に加入し、火災保険は家財も含むものにしましたが、幸いに今のところは何も起きていません。日本海側でしたので、東日本大震災の時も全く被害はありませんでした。

地震保険の補償体験談

戸建て

●●私は三井住友海上の住宅保険「ホームヒカイチ」に加入していて助かった経験があります。東日本大震災で我が家は土台の外壁に少しヒビが入りました。外壁に設置していた電気温水器は全く使えなくなってしまいました。

被災後、電話が開通して直ぐに保険会社に電話しましたら、「宮城県の担当者も被災者ですので今業務を遂行できかねております。対応可能な担当者を九州の方から派遣します。」と返答されました。

交通事情も混乱していたので、最低でも1ヶ月ぐらい経ってからでないと担当者が来ないだろうな、と思いましたが、予想に反して、2週間ぐらい経過した時に担当者が来てくれました。若い30歳前くらいの男性でした。

「こちらの方は正直、土地勘がなくて無事に来れるか不安でした」という言葉とは裏腹な、明るい笑顔で応対してくれたので、こちらの不安が吹っ飛んだ思い出があります。最終的に半壊の判断が下されて、保険金が銀行口座に振り込まれたのもスムースだったので、新しい電気温水器を設置する手配を滞りなくできました。

ほかにも、三井住友海上の家財保険に入っていたおかげで、壊れた家具を新たに買うことができた、助かった、という人が私の周りにも数人いました。

マンション

●●東日本大震災の前に、中古マンションを購入しました。その際、もしもに備えて保険に加入しておかなければならないとは思っていたのですが、どこの保険屋さんがいいのか、知らないところに連絡すると、たくさん余計なものまで進められるのではないかと迷っていました。

マンションを媒介してくれた不動産屋さんにそんな話をしたら、「うちがいつも利用している保険屋さんを紹介するわよ。感じのいい人だし。」と、その場で損害保険会社の担当者に電話をしてくれました。30分後には、その担当者がその不動産屋さんに来てくれました。

不動産屋さんが一緒にいてくれたので、無茶なおススメをされることもなく、聞きたいことや不安な点の細かい点まで聞きやすかったです。

また、とても気になっていた地震保険をどうしたらよいか?についても、しっかり確認することができ、安心できました。関東は地震が多いですし、大きな地震も来るだろうと言われていたからです。

その場で、お願いすることにし、契約書類を送ってくれることになり、あっという間に手続きが進みました。

あの時、しっかり地震保険の確認をし、加入しておいてよかったです。おかげで、東北の大震災のときには保険金を受領することができました。

地震保険料は全社同一なので、まずは一括見積もりで火災保険を比較してみよう!

地震保険の保険料はどの保険会社で加入しても同一ですので、セットでの加入が必要な火災保険の保険料を比較することが重要です。

そこで、まずは一括見積もりで火災保険の保険料を比較してみましょう。私の場合、これまで契約していたものと比べて、総額で23万円近くも安くなりました。

無料でできて、パソコンでもスマホでも必要事項の入力はすぐに終わります。最大で12社もの見積もりを比較でき、もちろん地震保険を付帯した場合の総額も知ることができます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 火災保険の一括見積もりで保険料を比較をしてみる

右向き矢印 火災保険の一括見積もり

火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ