県民共済の地震共済

更新日:2018年12月7日

県民共済では「新型火災共済」という住まいの共済を提供していて、こちらの「新型火災共済」に地震の保障が含まれています。

ただし、火災保険に付帯できる一般的な地震保険と比べると、保障の金額は低いので注意が必要です。

目次

  1. 基本情報
  2. 地震共済加入の口コミ
  3. 地震共済の保障体験談
  4. 地震保険料は全社同一なので、一括見積もりで火災保険料を比較しよう!

基本情報

共済組合名 全国生活協同組合連合会(全国生協連)
商品名 新型火災共済
地震の保障 「地震等見舞共済金」
・加入額の5%(最高300万円まで)
・死亡あるいは重度障害には1人100万円(合計500万円まで)

地震共済加入の口コミ

●●府民共済の火災共済に加入しています。もう、かれこれ7年になります。掛け捨てでもありません。少しだけ戻ってきます。手続きも簡単です。電話することもなく、用紙が送られてきて、それを記入して、送り返すだけでした。

転居したので、そこで解約しましたが、それまでは掛け金の安さで決めていました。保障内容も気にはしていましたが、対応などは使うこともほとんどないので、良いも悪いも気にしていませんでした。何よりも安心のためのものですので、使わないということが一番ではあります。

心配なのは、火災共済も地震には使えないということです。地震のためにはプラスの保険が必要です。うちでは必ずそれにも同時に申し込んでいます。そうでなければ、意味がないからです。無駄なように感じますが、世の中そんなものなので、必要経費という考え方が良いのではないでしょうか。無駄もなければ生活できません。

●●よく聞くのが「家財は保険に入っていない」ということです。私は最低限の保障ですが、家財も保険に加入しています。以前、賃貸に住んでいたときに家財保険加入が必須であったということもあり、現在も入るようにしています。

賃貸に住んでいたとき、電話の調子が悪くて、問い合わせをしたら、壁を境に建物の所有者である大家さんが加入している建物での保障なのか、私が加入している家財での保障なのかなどを詳しく教えていただきました。そのときは結局どちらでもなく、電話回線そのものに問題がありました。

現在は戸建ての持ち家ですが、同じく県民共済の建物共済に加入しています(家財もです)。掛け金は大手の損保さんより既にかなり安いのですが、更に年に1度の割戻金もあります。

地震保険については今までは考えたことがなかったのですが、先月こちらの方では珍しく、比較的大きな地震があり、本気で考えなくてはいけないなと思うようになりました。県民共済さんには地震保険はないので(お見舞金程度はありますが)、いろいろなところで見積もりや検索をして考えたいと思います。

地震共済の保障体験談

●●募集中です!

地震保険料は全社同一なので、まずは一括見積もりで火災保険を比較してみよう!

地震保険の保険料はどの保険会社で加入しても同一ですので、セットでの加入が必要な火災保険の保険料を比較することが重要です。

そこで、まずは一括見積もりで火災保険の保険料を比較してみましょう。私の場合、これまで契約していたものと比べて、総額で23万円近くも安くなりました。

無料でできて、パソコンでもスマホでも必要事項の入力はすぐに終わります。最大で12社もの見積もりを比較でき、もちろん地震保険を付帯した場合の総額も知ることができます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 火災保険の一括見積もりで保険料を比較をしてみる

右向き矢印 火災保険の一括見積もり

火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ