チャブ損保の火災保険

更新日:2018年11月17日

チャブ損保の火災保険をご紹介しているページです。

目次

  1. 基本情報
  2. 火災保険料・契約全般の口コミ
  3. 火災保険の補償体験談
  4. まずは一括見積もりで比較してみよう!

基本情報

商品名 住宅総合保険
プラン ・マイホームエース ゴールド
・マイホームエース
・住宅総合保険基本

火災保険料・契約全般の口コミ

戸建ての火災保険

チャブ損保の戸建て住宅用保険は「住宅総合保険」という名称で提供されていて、地震保険もセットできます。3つのプランがあり、それぞれ補償範囲が異なっていますが、複数の特約も付帯されている「マイホームエース」もしくは「マイホームエースゴールド」がおすすめです。

●●住宅購入に際し住宅ローンを組むことになり、火災保険の加入が条件になりました。火災保険は火災の時の保険と思っていましたが、調べるうちに水災や風災などの補償もあり、なかなか奥が深い様子。個人の力では何が良いのか分からなくなったので、保険の代理店に相談することにしました。

いくつかの損害保険会社で売られている火災保険は住宅総合保険と呼ばれており、火災以外に様々な補償があり、各社で特徴を出しているようでした。うちの場合、最低限の安心を買って、なるべく安くしたい意向があったので、水災は必要か、風災は必要か、担当者に根掘り葉掘り聞くことから始まりました。

保険料を抑えるために検討したのは、水災の有無でした。もし台風などで床上浸水した場合にその修繕費用が補償されるというもの。しかし、実際は床下浸水など30センチほどの浸水だと補償外となる分かりずらい規約があるそうで、潔く水災特約をはずす決意をしました。

補償はシンプルになりましたが、納得いく保険に加入することができました。

分譲マンションの火災保険

チャブ損保では分譲マンション用の保険を「住宅総合保険」という商品名で提供しています。基本のプランでは損害を受けた際の補償が時価額で行われるようになっていますが、オプションで価格協定保険特約を付けることによって再調達価額にすることも可能です。こちらではそんな「住宅総合保険」の口コミと評判をご紹介中です。

●●私は関東地方のとある県に分譲マンションを購入して、そちらで生活を送っています。住宅ローンを組んだ大きな買い物でしたし、子どももまだ小学生と幼稚園児ですので、おそらくこれからはずっとこのマンションで暮らしていくと思います。

私が加入しているのはチャブ損保の火災保険です。今のマンションに転居する前は一般的な賃貸住宅に住んでいて、その時に入っていたのがチャブ損保の火災保険でしたので、転居してからもチャブ損保でお願いすることにしました。

ただ、同じチャブ損保の火災保険でも、保険名は違っています。賃貸住宅の頃は「リビングプロテクト総合保険」という名前で、今は「住宅総合保険」という名前です。保険料や補償内容に違いはありましたが、以前からお付き合いのあるチャブ損保と言うことで、特に迷ったり悩んだいるすることなく、加入を決めました。

補償内容にも保険料にも今のところは満足しています。

賃貸アパート・マンションの火災保険

チャブ損保の賃貸住宅用(マンション・アパート用)保険は「リビングプロテクト総合保険」と名付けられています。戸建てや分譲マンションなどでは加入することのできない賃貸住宅専用の保険となっていて、様々な損害の補償をすることができます。

●●賃貸マンションを借りる時に、仲介業者に行き、契約しました。「敷金や礼金、更新料のほか、火災保険も当然ながら加入する義務がありますので」と言われて、はいと二つ返事で契約書にサインしてしまいました。

2年ほどで3万円くらいだったので当時は気にとめてなかったですが、更新時期になると、マンションの更新料+火災保険更新料+その月の家賃と、結構な金額になってしまい、どうにかならないかなぁと火災保険会社に電話しました。

そもそも自分がどういった契約になっているかもわからず、当然加入しなくてはならないものだからとハイと二つ返事したものですから、厚顔無恥を承知で契約内容を再確認いたしました。すると、家財道具が300万までの補償になっていたり、地震保険の特約がついていたりと、自分にはあっていない保険だと教えていただきました。

とりあえず料金を下げたいので…と相談すると、家具の価値や、家の平米数を聞かれ、見直すと半分以下の保険料になりました。自分でも大変驚きましたが、親切に教えてくださった保険会社さんに感謝です。

最終的には引っ越すことになったのですが、返戻金の話も契約変更の時にうけていましたので、しっかりと対応できました。また引っ越し先でもお願いしたいと言ったら、親切に教えていただけました。個々で持ちものや補償してほしいものが変わるので、しっかりとした案内をしてくださったことに大変感謝しております。

▲▲先日、引越し先の物件が決まったので、彼と一緒に契約に行きました。彼と同棲して2年目ですが、一応、結婚前提の同棲ということで、一緒に暮らしています。

今までは、どこでも良いので保険に入るように言われているくらいでしたが、今回決まった物件は、契約時にチャブ損保の火災保険に加入することが義務付けられていました。そこで、ちょっと納得いかないことがあったのです。

保険の加入者は、賃貸物件の契約者でよいと思っていたのですが、そうではなかったのです。婚姻届を出していない者同士が入居する場合は、それぞれがこの火災保険に加入しなければならないというのです。

婚姻届を出せば、加入者は1人でよいというのです。なぜでしょうか。1物件に対して内容の同じ2件の保険に入る意味が分かりません。しかも、結婚していれば加入者は1人でよくなるというのも全く意味が分かりません。1年間の保険料は2万円弱です。2人が加入すれば、4万円にもなります。

気に入った物件だったので、保険には納得がいきませんでしたが、契約しました。私が無知なだけで、これは常識なのでしょうか。

オフィス・事務所・店舗の火災保険

チャブ損保では店舗・オフィス用の保険を「店舗総合保険」と名付けて販売しています。単純に店舗やオフィスだけを補償するという訳ではなく、居住用住宅として併用されている場合でも補償を受けることができます。また、地震保険を付帯することも可能です。

●●自営業を営んでいる者です。以前は普通の会社でサラリーマンをしておりましたが、資格取得に伴い、独立して自営業を営むことにしました。そして、新たに事務所を構えることになったのですが、賃貸契約をビルオーナーと結ぶ際の条件として、火災保険への加入が必要となりました。

「どこでも良いから紹介して下さい」と仲介業者にお願いしたところ、チャブ損保の店舗総合保険という保険を紹介され、そちらに入ることにしました。火を使ったりする仕事ではないので火事などでお世話になる可能性は低いと思いますが、保険料も高くないですし、特に不満なところなどはありません。

火災保険の補償体験談

盗難・空き巣

●●以前、私が住んでいたマンションに空き巣が入りました。現金等は置いていなかったのですが、パソコンとテレビを盗まれてしまいました。また、部屋がかなり荒らされていて、キャビネットにも傷がついていたりしました。

すぐに保険会社に連絡をしたところ、とても丁寧な対応をしていただきました。物を盗まれたこともさることながら、知らない人が家に入ったことに対する恐怖感、その後の警察等での手続きでの疲れなどのためかなりピリピリしている状態でしたので、とても親切に対応していただけたことには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

また、担当者として自宅に来てくださったのも女性の方でしたので、その点も安心できました。損害の認定から保険金が下りるまでの手続きも非常に迅速にしていただき、本当に助かりました。

まずは一括見積もりで比較してみよう!

火災保険を検討中なら、まずは一括見積もりで保険料を比較してみましょう。私の場合、これまで契約していたものと比べて、総額で23万円近くも安くなりました。

無料でできて、パソコンでもスマホでも必要事項の入力はすぐに終わります。最大で12社もの見積もりを比較することができ、手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 火災保険の一括見積もりで保険料を比較をしてみる

右向き矢印 火災保険の一括見積もり

火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ