窓ガラス割れ(事故・熱割れ)は火災保険で補償できる

更新日:2018年11月17日

物体の飛来(強風等の自然災害や近くの公園から野球ボールが飛んできたなど)や、偶発的な事故(ミスでぶつけた場合や子どもの不注意など)によって、窓ガラスが割れてしまった場合、火災保険で補償することが可能です。

火災と関係がないから…と、つい自費で直されてしまっているケースも少なくありませんので、窓ガラスが割れたりヒビが入ったりした際には、まず保険会社に相談するようにしましょう。

目次

  1. 体験談・口コミ
  2. まずは一括見積もりで比較してみよう!

体験談・口コミ

東京海上日動

●●我が家は東京海上日動の火災保険に加入しています。家を建てたときにはお金を借りることになります。もちろん大金持ちならキャッシュで買うこともできるでしょうが、うちは住宅金融公庫と銀行の住宅ローンを利用しました。

土地建物は借金したときに担保として差し出し、出火やもらい火で燃えたときに補償が受けられるように火災保険に加入することになったのです。ただ、火災保険は無駄金のような気がしていたんですが、まったく違うことから大いに助かることになりました。

日曜日の夕方、家族で外出先から戻ると玄関の大きなガラスドアが割れています。一瞬、泥棒被害にあったと思ったのですが、道路に転がっていた石がタイヤにつぶされて跳ね、窓を割ったようです。

翌日の月曜日、サッシ屋に連絡すると見積価格はなんと20万円です。ぎょっとして、もっと安いガラスがないかを交渉すると、サッシ屋は慣れた口調で火災保険の話を教えてくれました。特定できない第三者による不可抗力の被害は保険適用になるそうです。

つまり、道路を走っている車が転がっていた石を跳ねてガラスを割ったと推定できて、しかも相手が分からない状況だと保険で修理ができるそうです。すでに書類に必要な写真は撮ってくれているそうで、保険会社にその旨を連絡するとスムーズに支払いしてもらうことがきまり、助かりました。

あいおいニッセイ同和損保

●●我が家は新築にした時にあいおいニッセイ同和損保の火災保険に加入しました。火災保険に加入する事はもちろん、大きな地震も最近よくあるので、地震保険にも後から加入しました。契約時の窓口は住宅会社の方で、対応はとても丁寧でした。

以前、子供たちが大勢新築の我が家に遊びに来ている時、ふざけあった子供たちが戸の押し合いを始め、はずみで戸にはめ込んであったガラスが割れてしまいました。子供たちに怪我がなかったのが何よりでしたが、私はもの凄いショック…。

確か、こんな時にも補償がされると説明を受けたような気がして、ダメでもともとで住宅会社さんに連絡をし、事情を話しました。調べて頂いた結果、保険の対応内であったため、こちらの手出しも全くなく、新しい戸を入れてもらう事ができました。

解決後も住宅会者社の担当の方からお電話を頂き、丁寧かつ迅速な対応には本当に助かりました。大変感謝しています。

AIG損保

●●引っ越し作業中に家具が倒れて、ブラインドと窓を壊したことがあります。大家に報告すると、保険の適用内だとわかりました。スマートホンで連絡番号を検索して、24時間対応のホットラインに相談して、必要書類の手配してもらいました。

書類は2営業日で23区内の自宅に来ました。書き方のマニュアルもあって、例文通りに写してサインとハンコをするだけでよく、とても簡単でした。書類の要請、現場検証の約束、結果報告と、電話のやりとりが3回ありました。

本来は自腹で修理代を支払い、あとで保険会社から払い戻しが来る形式だったですが、当時は学生だったため、高額な修理代についての相談も聞いてくださって、提携の修理会社を利用して保険会社が直接支払ってくれるようにして貰えました。

修理にかかった費用は結局、あとで送って来た明細書で初めて知りました。18万ほどの金額が書いてありましたが、特に支払いがありません。書類の送付代も手数料も一切なく、こちらの負担は電話代のみで済みました。

ただ、引っ越しシーズンだったか、大手会社だからか、回線が混み合って対応待ちが長かったです。メールでの対応はなく、すべて電話と郵送でやり取りしました。発生から終了まで2週間かかりました。

●●加入している保険はAIG損保のリビングサポート保険です。賃貸マンションを仲介してくれた不動産業者から加入を勧められ、万が一に備えて加入しました。

お世話になったのは数年前のことです。「不測かつ突発的な事故」に該当すると判断された、「模様替え中に本棚が倒れ壁に穴があき、ガラスにひびが入ってしまった」件でした。しばらくはガムテープを張ってしのいでいましたが、重い腰を上げインターネットで電話番号を調べ連絡してみました。

まず、電話に出て頂いたオペレータの方の対応はありがたかったです。一方的にまくしたてられることなく、こちらの言い分をしっかりと聞いてくれ、それから破損発生までの経緯や詳しい被害状況などを詳細にヒアリングしてくださいました。私が話したのは下記内容です。

  • 適用が必要になった経緯
  • 模様替え中の事故は補償適用範囲内か
  • 適用可能であれば、いくらまでご負担いただけるか

オペレータの方はヒアリングのみで、折り返し連絡を提案されました。その後、担当営業から連絡があった時にも、端的に不要な営業をされることなく対応していただきました。保険適用の手続きに関しても難しいところはなく、全額をご負担いただき、大変満足できる内容でした。

全管協共済会

●●2年ほど前の夏の日、帰宅すると借りていたアパートのリビングの窓ガラスが割れていました。

泥棒かと思ったのですが特に荒らされた様子はなく、ひとまず管理会社に連絡したところ、すぐに家財保険の担当者の方が家まで来てくださって、割れた窓ガラスの様子を確認してくださいました。

調べていただいた結果、おそらく直射日光が長い時間当たっていたこと、またエアコンが稼働していて室内が冷えていたことによって、窓ガラスの外側と内側に熱による膨張と収縮が生じ、その結果「熱割れ」という現象が起こって、窓ガラスが割れてしまったのだろうという結論になりました。

普通に暮らしていても、住まいの事故というのは起こるんだなということを実感しましたし、担当者の方からは、もしも保険に入っていなかったら、50,000円ほどの支払いが必要になっていたということを聞き、不動産会社の人などがしつこいくらいに保険の加入をすすめてきたり、加入が義務付けられていることが多かったりするのには、ちゃんとした理由があるのだなと納得しました。

また、突然のことでとても不安だったのですが、担当者の方がすぐに訪問してくださって、丁寧に対応してくださったので、とても安心することができました。

まずは一括見積もりで比較してみよう!

火災保険を検討中なら、まずは一括見積もりで保険料を比較してみましょう。私の場合、これまで契約していたものと比べて、総額で23万円近くも安くなりました。

無料でできて、パソコンでもスマホでも必要事項の入力はすぐに終わります。最大で12社もの見積もりを比較することができ、手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 火災保険の一括見積もりで保険料を比較をしてみる

右向き矢印 火災保険の一括見積もり

火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ