ジェイアイ傷害火災の火災保険

更新日:2019年4月1日

ジェイアイ傷害火災の火災保険は「くらし安心総合保険」と名付けられています。火災や落雷等による損害の補償、大家さんや第三者に対する賠償責任の補償、日常のトラブルに役立つ安心サービスの3つが基本補償に含まれています。そんな「くらし安心総合保険」の口コミと評判をご紹介します。

目次

  1. 基本情報
  2. 保険料の口コミ
  3. 火災保険の補償体験談

基本情報

商品名 くらし安心総合保険
公式サイトの解説 こちら

火災保険料・契約全般の口コミ

●●自分で賃貸契約を結んだことがあるなら、ほとんどの方がご存じかと思いますが、賃貸契約書には火災保険に関する条項も入っていて、強制的に火災保険に入らなくてはなりません。そのため、東京海上日動三井住友海上あいおいニッセイ同和損保など、数多くの保険会社が賃貸住宅向けの火災保険を販売しています。

ただ、私が契約しているのはこれらのような大手損保ではなく、ジェイアイ傷害火災というあまり耳にすることのない保険会社です。この保険会社を選んだ理由は「不動産会社から勧められたから」です。これ以外に特別な理由はありません。保険料も他社と比べて安いと思いますし、これまで契約していて問題も起きていません。

●●賃貸の仲介会社の担当者に勧められて、私はジェイアイ傷害火災の保険に入っています。ワンルームのマンションで賃料もそれほど高くありませんので、火災保険も比較的安く抑えられたと思います。相場を知らないので厳密には分かりませんが、この保険料で火災にも地震にも備えられるなら満足できるといった金額でした。

ジェイアイ傷害火災という保険会社をそれまでは知りませんでしたが、保険に関してあまりこだわりのない私は、特に他の保険会社と比較することなく決めました。「既に結構安いのだから、比較したところで保険料に大差は出ないだろう」と思っていたことも、即決できた一因です。

なお、まだ火災保険も地震保険も、適用を受けたことはありません。もちろん適用を受けないでいられることが一番良いことですが、火災や地震などで家財が壊れてしまったりしても、保険があるから大丈夫と思えるのは嬉しいですね。

火災保険の補償体験談

水漏れ

●●階下への水漏れをやってしまったことがあります。あれは数年前、団地の2階に住んでいる時でした。古い団地でお洗濯をするたびに排水のホースをお風呂場に流さなくてはいけませんでした。私は当時独身の身で、母親と暮らしていました。

社会人ですから当然自分の洗濯は自分でしていましたが、ある日やってしまいました。排水ホースをお風呂場にたらさずに洗濯をおこない、そのまま外出してしまったのです。当然、洗濯水がお風呂場に流れず、部屋に流れ、とうとう1階の天井に漏れてきて、ぽたぽた垂れました。

一階に住んでいるおじいちゃんおばあちゃんの驚いた顔が今でも忘れられません。結局、そこでは家財保険が使えました。大した額ではありませんでしたが、ちゃんと補償金を頂けましたので、損はしませんでした。加入額は結構安かったかと思いましたが、入っていて良かったと思いました。

●●私が家財保険の補償を受けたのは、上階からの水漏れによる被害によってでした。初めは部屋に帰ると水が落ちた形跡があり、雨漏りか何かだと思っていたのですが水の量も多くはなかったので放っておいていました。するとその数日後、いきなり天井から大量の水が漏れてきて私が大事にしていたアンティークのレコードプレーヤーや、大量のレコード、布団なども一気に水浸しになってしまったのです。あまりの衝撃に驚き、すぐに大家さんに連絡をして状況を説明し原因を突き止めてもらえるようお願いをしました。最終的に上階のお風呂の排水管に欠陥があり、水漏れが発生したという事がわかりました。そして大家さんの加入している保険会社から補償を支払ってもらうという話になったのですが、数週間経っても一向に補償のお話が進みません。こちらとしては大事なコレクションが全て水に濡れてダメになりショックなのと、布団やだめになった日用品の購入で出費がかさんで泣きっ面に蜂状態。結局1ヶ月以上待ちましたが大家さんの加入している保険会社では何も対処してくれなかったので、自分が引越し時に加入したジェイアイ傷害火災保険さんに連絡をした所、すぐに対応をしてくれました。書類などの送付から、どのくらいの損害なのかの計算まで細かく教えていただいたおかけでスムーズに書類の提出をする事ができ、連絡をしてから半月ほどで補償の振込も完了しました。あのまま大家さんの保険会社の対応を待っていたら、一体どうなっていた事か…家財保険は自分の契約した保険会社でしっかり手続きする方が確実で安心だという事がわかった1件でした。

もらい火(類焼)

●●以前住んでいた賃貸住宅の話をします。店舗兼住宅になっている賃貸住宅です。築年数が長い古い建物で、隣の家とは壁で仕切られているような形です。そんな賃貸住宅ですが、隣の家の火事の消火活動の為に、屋根を壊して隣の消火活動をするという、珍しい被害にあいました。

それまでは火事の怖さなんてあまり知りませんでした。でも、冬の乾燥した時期だったこともあり、消火活動にはその方法しかありませんでした。消防隊は土足で住居に入ってきての消火活動で、何とか消火されました。でも、とてもそこで住めるような状況ではありませんでした。

賃貸住宅だったので、すぐに入っていた家財保険の確認をしました。それほど新しいものはありませんでしたが、後日保険会社の人が調査にきて、何年に購入して今の価値がどれくらいあるかの確認を行い、そして保険金が振り込まれました。

使用年数で価値が購入時より低くなってしまいますが、保険のおかけで助かりました。もし、保険に入っていなければ補償がなにもなく、すべて自分で負担しなければなりません。

家財保険なんてなかなか使うことがない保険ですが、もしもの時には大変助かる保険だと隣の家の火事を経験して心の底から感じました。あってはいけないことですが、自己防衛は大切だと実感しました。

ページの先頭へ