住宅保障共済会の火災保険

更新日:2018年11月17日

住宅保障共済会の火災保険は「賃貸住宅総合保険」と名付けられています。社名からJAや県民共済などのような共済組合のイメージを受けますが、少額短期保険という形態をとっています。そんな「賃貸住宅総合保険」の口コミと評判をご紹介しています。

目次

  1. 基本情報
  2. 保険料の口コミ
  3. 火災保険の補償体験談
  4. まずは一括見積もりで比較してみよう!

基本情報

商品名 賃貸住宅総合保険
公式サイトの解説 こちら

火災保険料・契約全般の口コミ

●●募集中です!

火災保険の補償体験談

洪水

●●私のうちは賃貸住宅なので、入居する際に火災保険が義務付けられており、入居と同時に加入させていただきました。「もしもの時の火災保険」と思っていたので、最低限の補償がついたものに入っておりました。

ところが2年前、その「もしも」が起こってしまったのです!九州北部豪雨で近くの川が溢れ、あたり一帯が洪水になり私の家も床上浸水にあい、一階にあった家財道具が全滅してしまいました。

その当時は頭の中がパニックになり、保険のことなど考える余裕もなく、片づけに追われる毎日でした。まして私たちの加入している保険は火災保険…。家財保険には加入した覚えは無かったので諦めていました。

そのまま片づけていると、泥水に浸かった数個の保険の証書類が出てきました。なんとか開ける状態でしたので、ダメもとで火災保険の書類を見てみると、なんと私たちが加入していた火災保険は水害での家財保険も降りるとのこと!

すぐに電話をしてアポイントをとり、検証に来ていただく日にちを決め、絶望の中に少しだけ希望の光を見いだせた瞬間でした。いつもならすぐに来て現場を見回れるとのことですが、当時はかなり広範囲で水害にあわれた方がいらっしゃるとのことで、来ていただくのにしばらく時間がかかったと思います。

その間、保険が降りるのに必要な資料として、水に浸かってしまった家財道具を処分してしまう前に写真に収めておくようアドバイスをくださいました。次から次に家財を運び出す度に、やるせない思いで写真をとって残しておいた記憶があります。

数日後、担当の方が来て、まだ泥臭くカビ臭い家の中をみてくださり、手続きを進めてくださいました。まさか「火災保険」で家財まで補償がついているとは思わなかったので、保険がおりた時は本当に救われました。それと同時に補償内容をちゃんと確認しておくことの重要性も痛感しました。

現在は、思い出の品々こそ無くしてしまったものの、お陰様でなんとか穏やかに暮らせております。保険をかけていて、この時ほどありがたいと思った時はありませんでした。

まずは一括見積もりで比較してみよう!

火災保険を検討中なら、まずは一括見積もりで保険料を比較してみましょう。私の場合、これまで契約していたものと比べて、総額で23万円近くも安くなりました。

無料でできて、パソコンでもスマホでも必要事項の入力はすぐに終わります。最大で12社もの見積もりを比較することができ、手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 火災保険の一括見積もりで保険料を比較をしてみる

右向き矢印 火災保険の一括見積もり

火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ