セゾン自動車火災の火災保険

更新日:2018年5月27日

セゾン自動車火災の火災保険をご紹介しているページです。

目次

  1. 基本情報
  2. 火災保険料・契約全般の口コミ
  3. まずは一括見積もりで比較してみよう!

基本情報

商品名 じぶんでえらべる火災保険
プラン なし(自由に組み合わせ)

火災保険料・契約全般の口コミ

戸建ての火災保険

セゾン自動車火災の戸建て住宅用保険は「じぶんでえらべる火災保険」という名称で提供されていて、地震保険もセットできます。その名の通り、ライフスタイルやニーズに合わせて契約者が補償内容を決めることができるという特徴があり、近年人気を集めつつあります。

●●一戸建てを購入した時に不動産屋さんから「火災保険はどうします?」と聞かれて、そんなこと全く考えてなかった私と夫はポカンとしてしまいました。そうか、家を買ったら同時に火災保険も入る物なのか…と、その時はじめて知りました。

もちろん何の準備もしてなかったので、その時は不動産屋さんに勧められるまま、ある火災保険に入ったのですが、一年契約でも2万円以上すると聞き、「これは高くないか…?」と、正直思いました。なので翌年更新のハガキが来た時には即解約。自分で調べてあったセゾン自動車火災の火災保険に加入しました。

この火災保険はどんな補償をつけるかを自分で選べ、補償内容によって保険料を抑えることもできるのが魅力でした。契約もインターネットで簡単にできるし、あとから確認するのも簡単で安心です。10年契約ですが、途中でもっと補償を厚くしたいときは保険の内容を変更もできるのもいいですよね。

余分なお金もないし、保険なんかそんなにかけなくていいか…と、これまで安く契約していた私も、知り合いが火災にあうという出来事を通じて、昨年補償内容を見直しました。

その知り合いに話を聞くと、家財保険に入っていてとても良かったと言っていました。全焼をまぬがれても、ほとんどの家財がびしょぬれで使い物にならなくなったそうですから。私も火災には気をつけながら、保険で安心を買おうと思っています。

●●ここ数年、地震が相次いでいますが、我が家は地震保険にしっかりと加入していましたので、安心感に浸った生活を送っていました。しかし、ある日不注意で家電の漏電を起こしてしまい、家のほんの一部を傷めてしまいました。

そこで、火災保険の補償内容も幅広いものに変えるようにしようと強く思ったのがきっかけで、我が家のライフスタイルに合う、良いサービス体制を持つ火災保険の会社を探すようになりました。しかし、我が家の経済状況は子供もいて余裕がなかったので、財布に優しい保険会社をインターネットで何とか探し当てました。

その会社は加入する前にweb上で具体的な保険料を試算できて、結果的に安くなることが分かり、非常に助かりました。担当者の方も礼儀正しいマナーが良い人だと、すぐ電話口の声で分かりました。

私のような弱者でも、わずかな保険料で加入できて丁寧にサービスをしている火災保険会社はあります。これで万一の地震や火災にも焦らずに対応することができて、万全な日々を過ごすことができます。

●●2011年に一軒家を建てました。その時に火災保険と地震の保険に入りました。まだ補償を受けるような損傷など受けていないので、実際に使った感想はわかりません。今後どうなっていくか分からないので、先に5年分を一括で払ったのですが、金額はとても安かったです。

だいたいの補償は付けましたが、風災だけなぜか付けなかったのです。しかしながら、竜巻などの被害をニュースでよく見かけるようになりましたし、近年は風による災害も多い気がしますので、近々内容を変更しようと思っています。

私の住んでいる地域は田んぼの近くにあって、海も近いので、風の通りがとても良く、天気のいい日には風が吹いていて気持ちが良いのですが、もしも大きな台風や竜巻などがきたら、とても危険な場所だと思います。

担当の方が現地に来て「この辺の地域は、こういうところだからこれを付けた方がいい」というようなアドバイスが無かったので、そういうアドバイスがあったら良かったかなと思います。

火災保険は毎月払っていないので忘れがちです。そのため、また補償の見直しのお話などの連絡を定期的に連絡をいただけるとありがたいかなと思います。

●●私は木造戸建て住宅に住んでいて、火災保険はセゾン自動車火災の「じぶんでえらべる火災保険」に入っています。住宅ローンの契約に伴って火災保険にも入らなくてはならなくなってしまったのですが、インターネットで検索して調べたりした結果、「じぶんでえらべる火災保険」が良いと思って、契約することにしました。

住宅ローンをお願いした銀行では、実は別の会社の火災保険もオススメしてもらっていたのですが、金額がとても大きかったことから、ちゃんと他の保険会社と比較した方が良いだろうと思い、前述の通りインターネットで色々調べてみたのです。

もちろん保険料だけではなく、会社の規模や口コミなども調べました。それだけして選んだ火災保険ですので、不満や悔いなどはありません。まだ保険を使ったことはないものの、いざという時にはきっとちゃんと対応してくれると思っています。

●●もともとは新居購入時に他の火災保険に入っていましたが、試しにウェブ上の簡単見積もりをしてみたところ、同じような補償内容でもだいぶ安くなることが分かり、すぐに切り替えることにしました。また、それまでは地震保険は付けていませんでしたが、火災保険料が浮いたため、新たに地震保険を付けることも決めました。

代理店などを通さないダイレクト型の火災保険ですので、これだけ安くできるのかなと思うと同時に、まだ利用したことはありませんが実際に損害を受けたときにはちゃんと対応してもらえるかどうか、若干の不安はあります。自動車よりも大きな財産である住宅を対象とする保険ですので、より強くそう感じるのかも知れません。

ただ、とりあえずは火災保険と地震保険に入っているという事実だけでも、普段から安心できます。住宅ローンの関係上、無保険という訳にはいきませんので、火災だけではなく地震や津波や各種自然災害までもカバーできるという点は大きいです。

分譲マンションの火災保険

セゾン自動車火災では分譲マンション用の保険を「じぶんでえらべる火災保険」という商品名で提供しています。補償内容を設計する際の自由度が高いため、マンションだから水災を外したり、高層階だから盗難を外したり…などといったことができます。

●●つい最近、自宅マンションの火災保険を、セゾン自動車火災保険の「じぶんでえらべる火災保険」に切り替えました。以前から火災保険に入っていたのですが、5年前は近所の「ほけんの窓口」で薦められたセコム損保の商品に加入していました。万が一の補償ですし、5年間の補償期間中にお世話になることはありませんでした。

特に満足でも不満足でも無かったのですが、切り替えのきっかけは、更新の連絡でした。封書一通で事務的に通知されて、直接的な提案が何ら無かったので、ほけんの窓口に連絡したところ、「指定の口座に保険料を振り込んでください」と、これも事務的に言われてしまいました。

昨今の防災意識の高まりもありますし、仮に同じ補償内容で更新するにしても、何らかの積極的な提案が欲しかった私は納得がいかず、いろいろ調べた結果、自分自身で加入できて、リスクに対する自由度が高いセゾンの保険に加入することにしました。インターネットで申し込みが完結するので、非常に便利でした。

●●40代50代の保険料が安くなる点が特徴の「おとなの自動車保険」に入っているのですが、実は「じぶんでえらべる火災保険」も同じ保険会社が提供しているとは知らずにいました。

今は東京海上日動の火災保険に入っているのですが、東京海上日動の火災保険に入る前にこの事実を知っていたら、保険会社をまとめることができましたので、きっと「じぶんでえらべる火災保険」を選んでいたと思います。

私が「じぶんでえらべる火災保険」を知ったのはダイレクトメールだったかと記憶しています。クレジットカードの明細と一緒に入っているチラシだったかもしれませんが、いずれにしても郵便物のおかげで知りました。

もう少し前に知っていればなぁ…というのが正直なところですが、東京海上日動の方で対応などに何か不満な点や問題があれば、「じぶんでえらべる火災保険」に変えるつもりでいます。

●●アパート暮らしをしていましたが、息子の誕生をきっかけにマンションを購入し、保険の検討を開始しました。新居を守るのはもちろんですが、家財道具や家電製品等、引っ越しを機に新規購入したものが多かった為、アパート暮らしの時とは違った責任感と共に、各社の保険を比較検討しました。

2011年当時から、セゾン自動車保険は契約数や満足度の上位に位置しており、当然のように我が家も目をつけました。

地震保険はセゾン自動車火災保険に限らず5年ごとの更新が必要ですが、火災保険や家財保険に関しては長期での一括契約が可能で、一戸建てとマンションの場合でのよくある契約の違いや相談例なども挙げられており、契約までの進行がスムーズに行えました。

予算に合わせて保険の適用範囲を増やしたり減らしたりでき、逐一金額を確認できるのも安心でした。最終的に我が家は20年の一括契約を選択しました。

専門用語に関して解説を読んでも理解できない部分があったので、電話で直接相談を申し込んだのですが、非常に丁寧な対応で「良く調べてくれて、返答してくれるなぁ」というのが率直な意見でした。他にも2社ほど見積もりを取りましたが、あまり迷うことなくセゾン自動車火災保険に決めました。

まずは一括見積もりで比較してみよう!

火災保険を検討中なら、まずは一括見積もりで保険料を比較してみましょう。私の場合、これまで契約していたものと比べて、総額で23万円近くも安くなりました。

無料でできて、パソコンでもスマホでも必要事項の入力はすぐに終わります。最大で12社もの見積もりを比較することができ、手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 火災保険の一括見積もりで保険料を比較をしてみる

右向き矢印 火災保険の一括見積もり

火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ