宅建ファミリー共済の火災保険

更新日:2018年9月23日

宅建ファミリー共済の火災保険は「住宅用ハトマーク補償」と名付けられています。社名には「共済」という文字が入っていますが、全労済やJA共済などのような共済組合ではなく、少額短期保険として運用されています。

そんな「住宅用ハトマーク補償」の口コミと評判をご紹介しています。

目次

  1. 基本情報
  2. 保険料の口コミ
  3. 火災保険の補償体験談
  4. まずは一括見積もりで比較してみよう!

基本情報

商品名 住宅用ハトマーク補償
公式サイトの解説 http://www.takken-fk.co.jp/

火災保険料・契約全般の口コミ

●●今は賃貸アパートに住んでいます。そのアパートが指定している保険が「宅建ファミリー共済」です。賃貸アパートの場合は火災保険や家財保険などに選択の余地がありませんから、私があえてここを選んだわけではありません。

この保険は300万円の家財保険が中心ですから、地震補償はついてないみたいです。正直、事前の説明はあっという間に終わったので、補償内容を完璧に把握しているわけでもないし、実際に保険会社についても全く知りませんでした。

ただ、今まで何度か異なるアパートに住んできて、どのアパートも家財保険や火災保険などは常に入っていましたから、今回にも不安はありませんでした。

アパート契約と同時の保険契約ですから鬱陶しい勧誘もありませんでしたし、今現在住んでいても勧誘のチラシが入ってくることはありません。それがこの保険の良い所かもしれません。

担当者に関しては特に問題がある人ではなく、かといって丁寧でもありません。事前の説明時に軽く話しただけの関係ですから正直不安はありますが、それでも今のところは特に保険会社にも担当者にもお世話になっていません。

保険料は2年で15,000円です。普通の家財保険、火災保険並みだと思っています。地震に関する不安以外はこの保険で十分カバーできていると思います。

火災保険の補償体験談

床上浸水

●●両隣のベランダの排水口が機能せず、大雨の日に床上浸水の被害にあいました。深夜1時頃に主人が気が付いた時にはもうすべての部屋が浸水しており、カーペットや布団などの家財は水浸しの状態でした。

家財保険に加入したのは、不動産屋から賃貸契約を結ぶ際の条件として提示されたからで、保険料は1年間で約17,000円くらい。加入した時にはまさか保険を使うことになるとは思いもしませんでしたが、本当に入っておいてよかったです。

しかし、担当者の対応はあまり良くなく、被害状況の申請書の書き方について何度か問い合わせたのですが、いかにもめんどくさそうな雰囲気を出されました。主人に対応してもらったときは、すぐに上の者に変わると言われ、上司が出てきたと言っていたので、こちらが女性だったから軽く見られたのかもしれません。

被害品のリストや写真を用意し、申請してから3週間くらいだったかと思いますが、保険適用になるとの連絡が来ました。おりたのは14万プラス見舞金として5万でした。支払った保険料は2年分でしたし、被害品の金額からしても十分な補償だったと思います。

賃貸だと家財保険に加入するということはあまりないかもしれませんが、万が一のために備えておくことを強くお勧めします。

自転車の盗難

●●火事で家財を失った訳ではないですが、自転車の盗難にあった際に宅建ファミリー共済のハートマーク補償を利用して補償を受けました。

マンションからの盗難の為、管理会社の方に報告した際に、保険会社に連絡したら補償対象になると聞き、直ぐに連絡をしました。

マンションを契約した際に加入し、その後何度か保険の更新をしていましたが、正直、保険の内容をしっかり把握しておらず、規則だから加入をしているものの火事になることはめったにないと思うので、自分には関係ないものと思っていました。

また、火災保険という名称だけに、火事のみが補償の対象と思っていました。

しかし、保険会社に連絡する際、連絡先を探すために改めてパンフレットを確認したら、自転車盗難や水回りのトラブル、鍵の解錠など、火災以外のトラブルにも対応しているのに正直驚きました。

連絡をした際の担当者の方も、親切丁寧にこれからの手順などを説明してくれて、初めてのことで慌ててしまっていたのですが、そこにも気遣ってくれ、安心して進めていくことが出来ました。

また、正直言ってこういうのは一回窓口に連絡したら、全ての対応が終了するまでに、いろいろと連絡先や担当者が変わったり、他部署に転送されたりだろうと思っていました。

しかし、最初の代表電話から転送されてからは、終了まで同じ方が対応してくれ、とてもやりやすかったです。

まずは一括見積もりで比較してみよう!

火災保険を検討中なら、まずは一括見積もりで保険料を比較してみましょう。私の場合、これまで契約していたものと比べて、総額で23万円近くも安くなりました。

無料でできて、パソコンでもスマホでも必要事項の入力はすぐに終わります。最大で12社もの見積もりを比較することができ、手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 火災保険の一括見積もりで保険料を比較をしてみる

右向き矢印 火災保険の一括見積もり

火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ