注文住宅の比較・坪単価の見積もり

更新日:2018年7月6日

夢のマイホームは注文住宅で!とお考えの方はとても多いです。注文住宅を建てるには時間もお金もかかりますが、実際に完成したマイホームを見ると「頑張った甲斐があった!」と思えるでしょう。

そんな注文住宅を建てるに当たって必要となる知識や情報をまとめてみました。おすすめのハウスメーカーや注文住宅を多数取り上げているほか、その各社の技術的な特徴や口コミによる評判もご覧頂けます。

坪単価の比較や費用相場のご紹介など、注文住宅とお金にまつわる様々なコンテンツも用意しておりますので、注文住宅を検討し始めた方やマイホームを持ちたいとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

【カタログ比較は基本のキ!】マイホームで後悔しないために
カタログ一括請求

目次

  1. 注文住宅とは
  2. 坪単価の比較表
  3. まずはカタログを見比べてみましょう!

注文住宅とは

自分の希望を施工者(ハウスメーカーや工務店)に注文して、建てる新築住宅のことを注文住宅と言います。オーダーメイド型の住宅と言うことができ、間取りや内外装などを自由に決めることができるため、人気も高いです。

なお、既に建築済みの住宅のことは分譲住宅や建売住宅と言います。

特徴

注文住宅の大きな特徴は先述の通りなのですが、注文住宅には「フルオーダー住宅」と「セミオーダー住宅」という2つのタイプがあり、それぞれに異なる特徴がありますので、ご紹介します。

フルオーダー住宅

間取りや内外装や設備などといった主要な項目はもちろんのこと、使用する建材や素材や断熱材などといった細かいところまで、自分で指定するタイプの注文住宅のことをフルオーダー住宅と言います。

かなり細かいところまで考えて指定する必要があるため、手間も時間も費用もかかりますが、自分好みの完全に反映させた理想の家を作ることが可能です。

建築や住宅に関するある程度の知識が求められますので、事前にあれこれ勉強することも必要となるでしょう。

セミオーダー住宅

セミオーダー住宅は、間取りや内外装や設備などについて、いくつかの種類が用意されていて、その中から自分で好きなものを組み合わせて選んでいくという形になります。

もちろんグレードやオプションなどを含めて、色々と自分で考えて決めなくてはならないのですが、それでもフルオーダー住宅と比べると圧倒的に労力が少なくて済むため、注文住宅を購入する方のほとんどがセミオーダー住宅を選んでいます。

「注文住宅=セミオーダー住宅」と言っても過言ではないくらい、セミオーダー住宅のシェアが高いです。

メリットとデメリット

マイホームを手に入れるというと、注文住宅か分譲住宅かの2者択一となりますが、やはり注文住宅の方が人気が高いです。その理由も、以下のメリットとデメリットをご覧頂ければ納得できるのではないでしょうか。

メリット デメリット
自由度が高い 建築費用が高い
品質や性能が良い 入居(完成)までに時間がかかる
予算の調整ができる 予算オーバーがしばしば発生する
建築現場の様子をチェックできる 想定外の費用が発生することもある
施工会社を選べる 建築工事前に完成した家をイメージしにくい
こだわりを家に反映できる フルオーダー住宅の場合、住宅や建築に関する知識が必要
世界に1つだけのマイホームを作れる 打ち合わせなどに時間や手間がかかる
周辺環境に応じて外観を考えることができる グレードや仕様などの選択肢が多く、選ぶのに時間がかかる
将来のリフォームまで視野に入れた家作りもできる 土地がない場合、土地探しから始める必要がある
アフターフォローも充実している アフターフォローはハウスメーカーや工務店によって充実度が異なる

建築費用の相場

注文住宅には、分譲住宅と比べると建築費用が高くなりやすいというデメリットがあります。

確かにローコスト住宅メーカーもいくつかあり、1000万円台の予算でも注文住宅を建てられるようにはなりましたが、注文住宅と予算の問題は切っても切れない関係です。

そこで、当サイトでは注文住宅を建てるに当たってかかる費用相場をまとめることにしました。詳しくは「注文住宅の相場は?家を建てる費用と予算例」をチェックしてみてください。

こちらのページでは都道府県別に、注文住宅の建築費用相場を「土地あり」と「土地なし」の2つのケースに分けてご紹介しているほか、2000万円台や3000万円台などといった具合に予算例別に、建てられる注文住宅の目安などをご覧頂けます。

坪単価の比較表

大手ハウスメーカーや人気ハウスメーカーを坪単価で比較してみましょう。

安いグレードの注文住宅と高いグレードの注文住宅の両方を用意しているハウスメーカーがほとんどですので、こちらで表記している坪単価よりも安くなることも高くなることもあり得ます。

ただ、だいたいの坪単価の目安を把握しておくことで、家作りを任せるハウスメーカー選びがスムーズに進みやすいです。ぜひ参考にしてみてください。

なお、以下の坪単価の比較表は、坪単価が安い順にハウスメーカーを並べています。

社名 坪単価(目安)
アイフルホーム 20~55万円
タマホーム 30~45万円
アキュラホーム 30~50万円
アエラホーム 30~50万円
クレバリーホーム 30~60万円
ユニバーサルホーム 40~50万円
菊池建設 40~60万円
大和ハウス 40~80万円
セルコホーム 45~70万円
住友不動産 50~60万円
東急ホームズ 50~60万円
フジ住宅 50~65万円
積水ハウス 50~80万円
日本ハウスホールディングス 55~65万円
サンヨーホームズ 55~65万円
ヤマダ・エスバイエルホーム 55~65万円
一条工務店 55~70万円
三井ホーム 55~80万円
トヨタホーム 60~70万円
セキスイハイム 65~75万円
ミサワホーム 65~75万円
土屋ホーム 65~75万円
住友林業 70~80万円
ヘーベルハウス 70~80万円
パナソニックホームズ 70~80万円
三菱地所ホーム 70~80万円
大成建設ハウジング 75~85万円
スウェーデンハウス 80~100万円

まずはカタログを一括比較してみよう!

マイホームを検討中なら、注文住宅でも建売住宅でも、まずはカタログを見比べてみましょう。

業界大手のLIFULL HOME'Sなら、様々なハウスメーカーや工務店のカタログを一括で送ってもらうことができます。

もちろん無料で使えて、パソコンでもスマホでも必要事項の入力はとても簡単です。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログ比較をしてみる

右向き矢印 カタログの一括請求

カタログ一括請求

ページの先頭へ