アキュラホームで家を建てました!おすすめの理由と坪単価、評判と口コミも!

更新日:2019年4月1日

アキュラホームは木造住宅を手がける人気ハウスメーカーです。

元大工さんの「カンナ社長」でもお馴染みのハウスメーカーで、匠の心を持って建てられたアキュラホームの住宅は累計15,000棟を超えています。そんなアキュラホームの注文住宅を詳しく解説します!

【カタログ比較は基本のキ!】マイホームで後悔しないために
カタログ一括請求

目次

  1. 坪単価・工法・構造
  2. 特徴・人気の理由
  3. 注文住宅の口コミ
  4. 建売住宅の口コミ
  5. 営業・展示場の口コミ

坪単価・工法・構造

会社名 株式会社アキュラホーム
設立日 1981年5月
本社所在地 東京都新宿区西新宿2-6-1
坪単価(目安) 30~50万円
工法・構造 木造軸組工法

特徴・人気の理由

頑強な基礎と接合金物

「カンナ社長」のCMですっかり知名度が上がった感のあるアキュラホーム。そのイメージ通り、職人気質が宿るハウスメーカーです。

そんなアキュラホームが得意とするのが、伝統の木造軸組み工法。柱で支える構造は枠組壁工法(2×4工法など)と違い、設計の自由度が高いのが特徴です。

その設計自由度を支えるために、建物には木が本来持つ強さを最大限引き出すための様々な工夫が施されています。

まず、建物の基礎には、「ワイドストロング基礎」を採用。外周部に厚さ180mmの鉄筋コンクリートを使用することで、高い強度を確保します。

床には一般の在来工法の3倍の強度があるといわれる「トリプルストロング床」を施工。24mmの構造用合板を密着固定させることで、床全体で地震の力を受け止める構造としました。

木造軸組み工法の弱点と言われる柱や梁との接合部には、「ホールダウン金物」を設置。強固に接合することで、躯体自体の耐性を引き上げています。

また、アキュラホームでは引き渡し後に20年間地盤を保証。全棟で高度な地盤調査を実施し、第三者による綿密な地盤解析を実施することで、必要な補強工事を施しています。

これらの施工技術により、アキュラホームの建物は強い構造体を実現。長期優良住宅を越える高品質な家づくりを支えています。

木造軸組み工法で実現する大空間設計

アキュラホームで建てる家には、「S&I(スケルトン&インフィル)テクノロジー」という技術が採用されています。

この技術は、外周や耐力壁など建物の強さに関わる部分を受け持つ構造躯体と、内装にかかわる部分を区分して家を設計・建築する技術のこと。

この技術により、耐震等級3ながら、設計自由度の高い、大空間の施工が可能になりました。家の中の耐力壁が構造上必要なだけに抑えられた結果、吹き抜けや大空間の施工を実現できたのです。

このテクノロジーを支えるのが、ストロングウォールと呼ばれる耐力壁。

このストロングウォールは、アキュラホームが東京大学と共同で開発した高強度な耐力壁。石膏ボードとの組み合わせで、壁倍率5倍を実現、最大で32畳の大空間の施工を可能にしました。

この恩恵で、「ライフサイクル壁」と呼ばれる間仕切壁で間取りを作り、将来の家族構成の変化によって間取りを変更することが容易に。

可変性を重視した設計により、将来新たに家を建て替えずに、ライフサイクルに合わせた変更が可能になるのです。

木を守る、湿気の対策と通気工法

木造でも鉄骨でも、家の構造にとって湿気は大敵です。木造は腐り、鉄は錆びることで本来の機能を失ってゆきます。アキュラホームでは、湿気やシロアリから家を守る工夫が随所にされています。

まず基礎部分においては、地面からの立ち上がりを400mmと広めにとることにより、床下の通気性を確保。

さらに、「基礎全周換気工法」という、一般的な床下換気口の1.5~2倍の換気能力を持つ換気方法により、通気性を確保。家を湿気から守ります。

家と外の温度差で結露しやすい壁の中には、透湿防水シートを施工し、その外壁側に空気の通り道を作る通気工法を採用。風通しのよい状態を保つことで、壁の中の結露を防ぎます。

また、床下には防蟻防湿シートを施工した上からコンクリートを打設することで、地面から上がってくる湿気をシャットアウト。土台にはシロアリに強い米松を使用し、土台上面から1m以内にある建物外周には防腐防蟻処理を実施しています。

アキュラホームの湿気対策へのこだわりは、基礎や土台にとどまりません。

例えば、風雨にさらされるバルコニーには、防水性のFRPを前面に塗布。サッシは上部と両脇に防水テープを貼ったうえで、サッシ枠の下に水切りシートを添付。徹底して湿気の入り口に対策を施します。

こうして、徹底的に湿気とシロアリ対策を施工することで、安心して長く暮らせる住宅を創りだしています。

注文住宅の口コミ

●●アキュラホームにて約2000万円で家を建ててもらいました。

モデルハウスに訪れた際の接客に関しては、私が当たったスタッフが若手だったというだけの事かもしれませんが、全体的に説明が不十分で、やや物足りなさを感じました。

住宅の特徴や使用する木材がホワイトウッドなど、こちらから聞かなければスタッフが答えてくれなかったことがやや不満に感じたのです。

デザインに関しては、私が選択した家は非常に良く、デザインで家を選択したと言っても過言ではないくらいに気に入っています。

アキュラホームは3代にも続く有名な大工の家系ですので、デザインに関しては非常に洗練された外観を持っており、こちらの要素に関しては非常に気に入っている次第です。

価格は2000万円となっていますが、材質に国産の杉を使用していないことにやや不満を感じています。ホワイトウッドは低価格の海外産の木材であり、当然耐久性に関しては杉よりもだいぶ劣ってしまいます。

要所要所は国産の杉を使用しているとスタッフの方が言っていたのですが、やはり国産の杉は高く、このような設計の家に長く住むこちらとしては不満を感じられずにいられません。

アフターサービスに関しては、定期的な点検を行ってくれ、1年2年5年後と、充実したサービスを受けられるので満足しています。(東京都・30代男性)

●●私達の担当者は元気が良くて、しっかりとした男性の方でした。マイホームを建てていく為の打ち合わせでは、常に私達の立場になって考えて下さいました。

私達が困っていると、次々にアイデアを出してフォローもしてくれて、助かりました。担当者の方のおかげで、本当に楽しいマイホーム作りができました。

かかった費用については、土地や建物や登記費用その他諸々全部込みで4200万円ぐらいでした。坪単価計算でのお値段は1坪あたり65万円程の料金でした。

工期としては、打ち合わせが始まってから引き渡しまで合わせて、半年程で全て終わりました。

デザインなども、バリエーション豊富な中から選ぶ事ができたので、標準仕様の物でも充分過ぎるぐらい良いマイホームになりました。

工事現場にもちょくちょく足を運んで拝見させて頂きましたが、現場監督始め、皆さんとてもしっかりと建ててくれていました。

現場監督の方も毎日の様に足を運んで下さってましたので、本当に良い現場雰囲気の中でやられているなと感じました。挨拶なども、足を運ぶ度に皆さんして下さいました。

アフターサービスも、様々な仕様に対して保証がしっかりしているので、安心して住むことができています。住んでからの見つけた家の補修なども、連絡をすれば早急に対応をして、しっかり無償で直してくれるのも良心的で凄く助かっています。

アキュラホームはとてもオススメなハウスメーカーです。(愛知県・20代男性)

建売住宅の口コミ

●●募集中です!

営業・展示場の口コミ

●●注文住宅を建てたくて、いろんな住宅展示場へいった中の一軒です。正確な坪単価などは覚えていませんが、モデルルームがあるハウスメーカーの中では、なかなかお安めな設定だったかと思います。

私たちが見学したときの担当の方は、私たちが20代だからといって無下にすることもなくて話しやすかったです。

なかには、明らかに若いから予算ないでしょといった態度でしたが、年収などを記入すると明らかに態度が変わった、不愉快なハウスメーカーもありましたので、アキュラさんは本当に良かったです。

また、大きな買い物だから他とよく比較させて欲しい旨を伝えても、快く快諾してくれました。結局は他のハウスメーカーにしてしまったので、縁がなかったのですが、もしまた機会があれば検討したいです。(東京都・30代女性)

●●住宅展示場で完全分離型の二世帯住宅を見て回っていて、以前からローコストで評判だったアキュラホームを内覧させていただきました。

接客を担当してくれた男性は、アキュラホームのオススメポイントや、コストを抑えているアキュラホーム独自のやり方など、細かく教えてくれて、とても好感が持てました。

展示用の間取りになっていましたが、「本来住むならこの事務所部分はこうなります」など、実際に住んだらどうなるかなどのイメージを膨らませやすかったです。

二世帯住宅でも広さも充分にあり、「実際に今内覧しているこの家くらいの規模の二世帯住宅を建てるとしたら、建物価格はいくら位ですか?」という質問にも即答で答えてくださりました。

お答えは「2500万くらいです」とのことでしたが、コストパフォーマンスの良さに驚きました。

建物の内部の作りも、食器棚をもともと備え付けで作ってキッチンの広さの確保をしたり、扉の開閉部に工夫を施してコストを抑えたりと、よく考えられていて好印象でした。(神奈川県・30代女性)

●●住宅展示場に行って様々なハウスメーカー様の説明を聞かせて頂いた中で、アキュラホームさんが一番丁寧にわかりやすい説明をしてくれたのが印象的でした。

アキュラホームさんの説明は、土地探しのポイントから竣工後のアフターのことまで網羅していたので、イメージが湧きやすかったです。

例えば、土地探しのポイントとして教えてもらったのは、南道路は日当たりが良いという基本的な部分から、金額が適正な価格かどうかを判断する為の路線価、公示地価、基準地価を用いた比較手法の活用などです。

また、前面道路の広さから斜線の制限が変わり、屋根の形状等も変わってくるという話、地盤の強さを測定するスウェーデン試験の概要など、建物の話の前に土台となる土地の事を一生懸命に説明してくれました。(埼玉県・30代男性)

●●私たちの地域では、建設中または新築のアキュラホームの住宅をよく見かけるため、モデルハウスの見学に伺いました。

母と主人と娘と私での見学だったのですが、女性担当の方が受付から丁寧に接して下さり、子供連れでも問題なく見学できました。キッズスペースがあるのがとてもありがたかったです。

現在具体的に家づくりを検討していて、これから打ち合わせの事を考えると、キッズスペースは必須だなと思いました。遊んでいてくれるので、集中してお話が聞けました。

モデルハウスはママ・クチュールで、ママが使いやすい間取り・動線になっていて、参考になる部分がたくさんありました。育児をしながらの家事を考えると、やはり子供が見える場所にリビングや勉強机が配置されていると安心だなと思いました。

実際に家具やキッチンなど置かれた状態で見学できたので、イメージがしやすかったです。(静岡県・30代女性)

●●マイホームを購入する為の候補として、アキュラホームを見に行きました。担当者の方はとても明るくて、楽しそうに話してくれる方で、聞いていてとても好印象を持てました。

アキュラの社長の事をお話しに持ってくる方でしたが、それがとても会社愛を感じる事ができて、本当に良いハウスメーカーなのだなというのも伝わりました。

アキュラホームでのお話を聞いてて良いなと思った所は、標準仕様で太陽光が付いてる点です。また、坪単価では無くて、商品のお値段一つ一つが実際にマイホームを建てるにあたっての費用になるのも魅力を感じました。

坪単価でのお値段が決まってのマイホーム作りになってしまうのが一般的なハウスメーカーですので、アキュラホームみたいな形は、実際に自分の好きな様に建てれば無駄の無いマイホームにする事ができます。

これらの点から、アキュラホームは良いハウスメーカーだなと思いました。(愛知県・20代男性)

●●住宅展示案内場に行って、展示場の中を見せていただきました。営業の方の案内が親切でした。後日、実際の建築現場を見に行かせてもらいました。現場見学ではお弁当とお茶がついていました。

やっぱり、現場をみると、どんな風に家が建つのかよく分かりました。現場見学は閑静な住宅街にあり、その後、木のつくりなどの説明を受け、更にカンナ社長ならではのカンナ体験がありました。

頑丈な家の造りで、シックハウスも問題ないと思いました。広い空間の家が多く、システムキッチンなども付いていて住みやすい家だと思いました。

一番良かったのは営業の方の元気な挨拶や丁寧な説明です。初めての展示場見学で、わからないことも多かったけれど、丁寧な説明のおかげでわかりやすかったです。(大阪府・20代女性)

●●アキュラホームのモデルルーム展示場に行ってきました。外観はモダンでお洒落な雰囲気でした。中に入るとまず玄関フロアにいた男性の方にモデルルーム見学者のアンケートを書くようにお願いされました。アンケートを書き終えると女性のスタッフの方が現れて、モデルルームの案内をしてくれました。中もモダンでオシャレでとても素敵な雰囲気でした。まずリビングから行って、キッチン、そしてバスルームを案内してくれました。その後、2階へ上りキッズルーム、寝室、バルコニーの順に案内してくれました。女性スタッフだけあって、家事動線やデザインなど、細やかなところ、女性が使いやすいポイントや嬉しいポイントをたくさん教えてくれて、お話を聞いていて楽しかったです。それと屋根裏部屋もあったのには驚きでした。四畳ほどのスペースで、収納スペースとして活用できそうでした。アキュラホームは価格はほどほどで、デザインも良し、収納力は抜群でした。担当者さんもとても感じが良かったです。(兵庫県・30代女性)

地方 都道府県
北海道・東北 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部・北陸 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県
近畿 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

ページの先頭へ