クレバリーホームで家を建てました!おすすめの理由と坪単価、評判と口コミも!

更新日:2018年12月7日

クレバリーホームは木造住宅を手がける人気ハウスメーカーです。

高性能の「外壁タイル」に強みを持っていて、実際にクレバリーホームで注文住宅を施工された方々からの評価も高くなっています。そんなクレバリーホームの注文住宅を詳しく解説します!

【カタログ比較は基本のキ!】マイホームで後悔しないために
カタログ一括請求

目次

  1. 坪単価・工法・構造
  2. 特徴・人気の理由
  3. 注文住宅の口コミ
  4. 建売住宅の口コミ
  5. 営業・展示場の口コミ
  6. まずはカタログを見比べてみましょう!

坪単価・工法・構造

会社名 株式会社新昭和
設立日 1970年4月2日
本社所在地 千葉県君津市東坂田4-3-3
坪単価(目安) 30~60万円
工法・構造 プレミアム・ハイブリッド構法(在来工法・2x4工法)

特徴・人気の理由

自慢の外壁タイル

クレバリーホームの大きなセールスポイントが、外壁タイル。

花崗岩などの粘土に石灰石などを配合した原材料を高温で焼き上げる陶磁器製タイルの外壁で、耐久性、デザイン性、メンテナンス性を兼ね備え、トータルメンテナンスコストが低く抑えられているのがポイントです。

まず、自然の原材料でできたタイルは、紫外線にも強く、劣化がほとんどありません。

40年後もわずかな退色が認められるものの、美しさをキープします。もともとタイルは自浄作が強く、親水機能があるため、汚れが雨で洗い流されて美しさが持続します。

また、高温で焼き固められる陶磁器は傷に強く、釘などでは傷がつかない強さを持ち合わせています。

さらには、モルタルと違って吸水率が低いため、腐食の心配がなく、汚れがしみこんでしまうこともありません。吸水率が高いと、寒冷地では水分が凍り、外壁材が破損してしまうこともありますが、タイルならその心配も無用。

こうしたタイルの特性によって、タイルのメンテナンスコストは一般的な外壁に比べて半分以下。一般的に高いといわれるタイル建材ですが、こうやってメンテナンスコストを比較すると、その利点がはっきりと分かります。

独自のプレミアム・ハイブリッド構法で建てられる家

クレバリーホームの家は「プレミアム・ハイブリッド構法」と呼ばれる独自の建築技術で建てられています。「プレミアム・ハイブリッド構法」とは、「SPG(ストロング・ポスト・グリッド)構造」と「モノコック構造」を掛け合わせた構法のこと。

まず、「SPG構造」は、通し柱を構造上のポイントになる場所(グリッド)ごとにバランスよく配置したもの。一般的な在来工法の家では、通し柱は4本程度しか使われませんが、クレバリーホームでは、その2~3倍程度の通し柱を使用しています。

この通し柱が、1階と2階の構造を強固に一体化することで、強い構造躯体の建築が実現可能になりました。

ここに組み合わされるのが、「モノコック構造」。床、壁、天井の6面体で力を吸収する構造で、2×4などの住宅に採用される構造です。

面で強固に一体化された構造は、外部からの衝撃に強く、建物全体で外圧を受け止め吸収するため、高い耐震性能の実現が可能です。

そして、建物を接合するのは、高精度のHSS金物。3重のメッキは、自動車の塗装技術にも採用されるもので、防錆機能性に優れたものです。

この金物で柱や梁を接合することで、在来工法の1.5から3倍の接合強度を実現。軸組工法で大きく欠損していた柱の断面欠損を小さく抑え、強い接合強度を実現しました。

これらの技術により、クレバリーホームの家は、耐震性の高い家となっています。

独自の制震装置「J-ECSS」

プレミアム・ハイブリッド構法で建てられるクレバリーホームの家。その強い躯体をより安全なものにするのが、「J-ECSS(ジェイ・エックス)」と呼ばれる制震装置です。

地震のエネルギーを熱に変換して揺れを抑える仕組みで、クレバリーホーム独自の制震技術が組み込まれています。

J-ECSSに組み込まれた特殊な粘弾性のダンパーが地震のエネルギーを熱に変換。熱を空気中に放出することで揺れを抑えます。

その効果は実証実験において、阪神淡路大震災の2倍強のエネルギーを受けても構造躯体はおろか外壁タイルにも損傷がないことが確認されています。

また、基礎にはこの構造と制震装置を支えるべくベタ基礎を採用。一般的な木造住宅120mmとされる地盤面からの立ち上がりを約150mmと引き上げることで、より強固な基礎にしています。

同時に、基礎と構造をつなぐ金物も、どの方向からも引き抜きかれにくい柱脚金物と呼ばれる金物を採用。地震などの揺れにも、柱を引き抜かれにくい、強い躯体の建築を実現しました。

注文住宅の口コミ

●●募集中です!

建売住宅の口コミ

●●募集中です!

営業・展示場の口コミ

●●柱が通し柱のクレバリーホーム。契約しようか本当に最後まで悩んだハウスメーカーでした。 群馬県の店舗に、とても面倒見のいい営業さんがいました。

東日本大震災の際に津波に襲われながらも一軒だけ残ったポスターを紹介してくれる時に「とても複雑なんですが…」と悲しそうに言っておられたのが印象的でした。

津波でも残るくらい強い家を建てられる事を売りにしている様でした(何人もの方が亡くなられているので大々的にはPRしていないんですが…と切なそうでした)。

設備は特に可もなく不可もなく。 モデルハウスもこじんまりとしていて、豪華すぎるモデルハウスよりも参考になりました。

毎朝出勤前に現場へ行きお掃除をしてくるという営業さんで、とてもやる気のある方だと感じました。(群馬県・30代女性)

●●新築一戸建てを検討しており、ハウスメーカー巡りをしています。その中の候補として、クレバリーホームへも展示場の訪問をしました。

クレバリーホームの坪単価としては、他のハウスメーカーと比べて、高くもなく低くもなくといった価格帯で、私みたいな一般人でも手の届くようなお値段をしていました。

モデルハウスを実際に確認してみましたが、高級ではないから品質もそれなりかと思ったのですが、想像しているよりも家の作りはしっかりしているように感じました。

建築数が全国的にも多いようですので、使う素材のグレードを上げてもボリュームディスカウントが効いて、安く提供できるようです。

案内してくれた営業の人はもともと設計の仕事をしていたようで、知識も持っておられたので、住宅に関するこちらの質問に対してスムーズに答えてくれ、好感が持てました。

まだ、クレバリーホームに決めてはいませんが、なかなか感じがよかったので候補の一つになっています。(島根県・30代男性)

まずはカタログを一括比較してみよう!

マイホームを検討中なら、注文住宅でも建売住宅でも、まずはカタログを見比べてみましょう。

業界大手のLIFULL HOME'Sなら、様々なハウスメーカーや工務店のカタログを一括で送ってもらうことができます。

もちろん無料で使えて、パソコンでもスマホでも必要事項の入力はとても簡単です。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログ比較をしてみる

右向き矢印 カタログの一括請求

カタログ一括請求

ページの先頭へ