ヤマダ・エスバイエルホームで家を建てました!おすすめの理由と坪単価、評判と口コミも!

更新日:2018年10月17日

ヤマダ・エスバイエルホームは木造住宅を手がける人気ハウスメーカーです。

独自の「SxL構法」を用いた注文住宅の施工が人気となっていて、地震に対する耐久性能や省エネルギー性能の高さにも定評があります。そんなヤマダ・エスバイエルホームの注文住宅を詳しく解説します!

【カタログ比較は基本のキ!】マイホームで後悔しないために
カタログ一括請求

目次

  1. 坪単価・工法・構造
  2. 特徴・人気の理由
  3. 注文住宅の口コミ
  4. 建売住宅の口コミ
  5. 営業・展示場の口コミ
  6. まずはカタログを見比べてみましょう!

坪単価・工法・構造

会社名 株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム
設立日 1951年6月14日
本社所在地 大阪府大阪市北区天満橋1-8-30 OAPタワー5階
坪単価(目安) 55~65万円
工法・構造 木質プレハブ工法(SxL構法・SxL-Wood構法・GA構法)

特徴・人気の理由

強固な躯体を作る「SxL構法」

ヤマダ・エスバイエルホームの代表的な構法といえば、SxL構法。高強度の木質接着パネルで床と壁を一体化し、6面体構造とする構法です。4面の壁と1階・2階の床面を一体化させることで、建物全体が一つの箱のような構造に。

在来木造の建物は、柱や梁の間に筋交いを入れる点と線でできた構造ですが、面で覆われたSxL構法の構造は、ねじれにも強い、強固な建物になっています。

このSxL構法を支えるのが、ストレストスキンパネルと呼ばれる木質接着パネル。枠材と合板で構成されるパネルで、耐用年数100年相当の高性能接着剤が使われています。

このパネルが耐えられる荷重は、9.6t。普通乗用車9台の重みに耐えられるのです。このパネルで作られる6面体の構造体が、いかに強いかわかります。

木の特徴を活かす各種構法

木にこだわるヤマダ・エスバイエルホーム。その魅力は、強度や耐久性、断熱性、調質性と多岐渡ります。ヤマダ・エスバイエルホームには、代表的な「SxL構法」のほかに、木の強みを生かした3つの構法があります。

一つ目が「HYT構法」。木質接着パネルの技術に軸組構法を取り入れることで、開口の大きな空間や吹き抜けなどを実現する構法で、設計の自由度が高く、強度が高いのが特徴です。

二つ目が、「SxL-Wood構法」。高強度の集成材「エンジニアリングウッド」と信頼性の高い性都合金物で、柱や梁の接合部を高い強度で緊結します。

最後が「GA構法」。高品質で幅広の集成材を使うことで、最大9メートルもの開口を実現する工法です。

壁の内側を守る壁内換気システム

日本は湿度の高い国。特に夏場は湿度が高く、結露しやすい環境が整っています。この結露が壁の中に起こると、カビや木の腐食、鉄の錆などを招き、構造躯体に決定的なダメージを与えることも。

ヤマダ・エスバイエルホームでは、この問題に対し、構造パネルの内側に空気の通り道を作ることで解決しました。

壁内換気システムと呼ばれるこの仕組みは、冷えた空気は温められると上昇する、という自然の力を応用。小屋裏の空気が太陽光で温め、屋根最上部の排気口から空気を排出。

そうすると、小屋裏の気圧が低下するため、壁の通気口から空気が小屋裏に吸い込まれてゆきます。壁の通気口は、床下へとつながっており、外から床下に取り入れた乾いた空気が壁の中に引き込まれています。

さらに、この壁内換気システムに加え、外壁と構造パネルとの間にも空気層を確保。W通気工法と呼ばれる工法で、約75~90年の耐久性を発揮しています。

高性能断熱材を取り入れた高い断熱性能

ヤマダ・エスバイエルホームの断熱材性能は、高性能断熱材と高断熱サッシに、全熱交換型の排気システムで成り立っています。

まず、基本性能といえる壁断熱には、住宅向けて最高ランクとされる発泡断熱材を採用。壁と小屋裏に使われるこの断熱材は、細かな気泡構造により、高い断熱性を発揮します。

この断熱材を、構造パネルに合わせて正確にプレカット。隙間のない施工を可能にしました。また、一階の床には断熱材一体型パネルを採用。住まい全体を断熱材で覆うことで、高い断熱性能を発揮しています。

次に、家の熱がもっとも失われる窓とサッシ。ここには、Low-E複層ガラスと樹脂複合断熱サッシを採用。熱の出入りを抑えます。

そして、最後に換気システム。気密性のよい住宅に欠かせない換気システムには、フォーシーズン・エコ換気システムと呼ばれる、熱交換型の環境システムを採用。排気熱を利用し、温度を室温に近づけることで、熱交換のロスを減らします。

また、フィルターを通すことで、花粉やPM2.5などもカット。クリーンで快適な空気環境を作り出しています。

ヤマダ電機とコラボするスマートハウス

ヤマダ・エスバイエルホームのスマートハウジングは、ヤマダ電機グループとのコラボレーションで生まれました。「省エネ、畜エネ、創エネ」をコンセプトにした、トータル提案型のスマートハウジングがセールスポイントとなっています。

その核となるのが、「太陽光発電システム」、「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」、「蓄電システム」、「オール電化」を一つのパッケージとした、「スマートパッケージ」。

住宅の基本性能である断熱性をベースに、住宅をオール電化で省エネ化、太陽光で発電した電力をHEMSで効率的に利用し、余剰電力を売るというもの。

ヤマダ・エスバイエルホームでは、このパッケージをヤマダ電機の店舗、「テックランド」に体感型住宅展示場を展開することで、気軽に体感できるようにしました。ヤマダ電機とのコラボレーションをフルに生かしたスマートハウジングと言えそうです。

注文住宅の口コミ

●●我が家は、長年の夢だったマイホームを数年前に無事に建てる事ができました。

コスト面で安価な建売住宅を検討していましたが、後々後悔したくないと思い、自由に設計や家づくりができる注文住宅に決めて、住宅展示場も何度か訪れました。

まだハウスメーカーも決まっていない中で、とりあえずモデルハウスを見てみたいと思い、住宅展示場に行きました。

複数の大手ハウスメーカーのモデルハウスがあり、いろいろと周ったのですがヤマダ・エスバイエルホームの担当の方に親切に対応していただき、助かりました。

家に関して情報や知識も無かったため、様々な質問をしたのですが、とても丁寧に答えてくれました。ハウスメーカー選びでヤマダ・エスバイエルホームの展示場に足を運んで良かったです。(愛知県・30代男性)

建売住宅の口コミ

●●募集中です!

営業・展示場の口コミ

●●私たち家族は、結婚後の数年間、賃貸アパートにて暮らしていました。子供ができた事をきっかけに、家族で相談してマイホームの購入を決めました。

マイホーム購入を決めてからは、ハウスメーカーを決めるために住宅展示場にも何度か行き、モデルハウスにて相談に乗ってもらいました。

住宅展示場では、各ハウスメーカーのモデルハウスを回り、ヤマダエスバイエルホームさんでもお世話になりました。モデルハウスを見学していると、細かい家づくりの話や予算の話まで、いろいろと相談に乗ってくれました。

当然、家づくりが初めてだった私たちにとって、アドバイスはとても参考になりました。家づくりを始めていくにあたって、住宅展示場に足を運んで良かったと思いました。(愛知県・30代女性)

●●住宅展示場で子ども向けのイベントがあった際に、ヤマダエスバイエルホームのモデルルームを見学しました。全体的に広めに作っているものの、生活感を感じやすい間取りになっていました。

通気性にこだわっており、空気の流れが良くなって家にカビが生えにくくなっていたり、湿気が溜まりにくくなっている構造になっているそうで、一年中快適に過ごせる家という所に魅力を感じました。

耐震にも優れており、安心した家づくりができそうだなと思いました。ただ、その分、資金は結構多めに必要になりそうな印象を受けました。

対応してくださった方も、隅から隅まできちんと説明してくださり、助かりました。モデルルームに行ったのは初めてでしたが、楽しい時間になりました。(愛媛県・20代女性)

▲▲複数の会社が連なって建っている住宅展示場を初めて訪れた際、ヤマダエスバイエルホームにも行きました。何年後かに…と考えていたので、漠然とどんな特徴があり、どんな所がウリなのだろう?と思い、ヤマダさんに入りました。

家についての知識が全くなかったので、説明されている内容を聞くだけで、「2×4が~…」と言われて、そこで「2×4って何でしょうか?」と聞けば良かったのですが、あまりに専門的なお話をされるので、むしろこちらが「そういうのって学んでから来ないといけないのかな…」と思ってしまう程で、本当に説明を聞いて、家をぐるりと回って、終わってしまいました。

もう少し掘り下げたお話とまではいかなくても、「2×4工法と言って、柱が~…」と、補足説明を分かりやすく説明していただけるとありがたかったです。営業さんがまだ新卒程の若さに見えたので、まだまだのびしろがあると思いました。(大阪府・20代女性)

▲▲注文住宅を建てる際に、モデルルームをいくつか見て、メーカーを検討していました。その際、ヤマダ・エスバイエルホームのモデルルームも見ました。

接客を受けたのですが、接客はちょっと静かな印象というかおとなしい印象を受けてしまい、やる気がなさそうに感じられてしまいました。

たまたま当たった営業マンがそうだったのかもしれませんが、他のハウスメーカーと比較するとそれほど良い印象は受けませんでした。また、他のハウスメーカーと比較すると坪単価は高めかなという印象を受けました。

オフィスやクリニックなどの施工も行っているということもあり、技術力があり、高級感のあるモデルルームでしたので、その家の作りなどは気に入りました。(大阪府・30代女性)

▲▲ヤマダ・エスバイエルホームのモデルルームで対応してくれた方は、好印象な営業マンという感じでした。坪単価は50~60万円ほどです。ミサワホームの少し安いバージョンという印象を受けました。

工事の見積もりを頼みましたが、私にとってあまり興味のない太陽光パネルなどが標準で付いてくるということに、自分の気持ちがマイナスに引っかかりました。こういうのは顧客側に選択権が欲しいですね。

坪単価は多少安いのですが、でき上がった見積書を見ると、付加設備などで総工事費が2割から3割高くなっていますので、私の中での印象は「あとだしジャンケン」のように感じられ、マイナス評価になってしまいました。

結果としてこのハウスメーカーでなく、他の最初から総工事費を示してくれるハウスメーカーで家を建てるということになりました。(大阪府・40代男性)

まずはカタログを一括比較してみよう!

マイホームを検討中なら、注文住宅でも建売住宅でも、まずはカタログを見比べてみましょう。

業界大手のLIFULL HOME'Sなら、様々なハウスメーカーや工務店のカタログを一括で送ってもらうことができます。

もちろん無料で使えて、パソコンでもスマホでも必要事項の入力はとても簡単です。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログ比較をしてみる

右向き矢印 カタログの一括請求

カタログ一括請求

ページの先頭へ