ペット保険の選び方

更新日:2018年11月17日

「ペット保険の選び方」と題して、ペット保険に関する様々な解説やデータの紹介などを行っている項目です。ペット保険を選ぶ際のポイントを抑えています。

目次

  1. ランキングから選ぶ
  2. ペットの種類で選ぶ
    • 犬におすすめのペット保険
    • 猫におすすめのペット保険
    • 小動物におすすめのペット保険
  3. 保険金の請求方法で選ぶ
    • 自己負担分のみを支払う(アニコム損保・アイペット)
    • 全額支払後に保険金を請求する(全てのペット保険)
  4. 待機期間で選ぶ
  5. 保険会社の種類で選ぶ
    • 保険会社
    • 少額短期保険業者
  6. 補償タイプで選ぶ
    • 定率補償
    • 実額補償

ランキングから選ぶ

当サイトが選ぶおすすめのペット保険ランキングです。ペット保険を提供している会社は数多くありますが、以下のランキングに登場している各社であれば、安心して加入することができます。

会社名 商品名
アニコム損保 どうぶつ健保ふぁみりぃ
アイペット うちの子うちの子ライト
ペットメディカルサポート PS保険
ペッツベスト ペッツベストのペット保険
アクサダイレクト いぬのきもち保険・ねこのきもち保険
FPCペット保険 フリーペットほけん
日本アニマル倶楽部 プリズムコール
日本ペットプラス少額短期保険 いぬとねこの保険
ペット&ファミリー少額短期保険 げんきナンバーわん
楽天少額短期保険 もっとぎゅっと新ワンニャン保険
au損保 auペットほけん

ペットの種類で選ぶ

犬におすすめのペット保険

こちらでは「犬におすすめのペット保険」と題して様々なページを公開しています。

犬がかかりやすい病気などをまとめているほか、チワワやラブラドールレトリバーなどといった人気の高い犬種に関しては独立したページを設けて、特徴や性格や飼いやすさなどの解説を行っています。

猫におすすめのペット保険

一つ上でご紹介した「犬」の猫バージョンです。目・皮膚・消化器などといった具合に体のパート別の代表的な病気を解説しているページなどをご覧頂けます。

こちらの犬の項目と同様に、アメリカンショートヘアやスコティッシュフォールドなどといった猫種の解説もしています。

小動物におすすめのペット保険

ペットと聞くと犬や猫を想像することがほとんどかと思いますが、小動物をペットとして飼っている方も少なくありません。

鳥やカメやフェレットなどがその代表例と言えます、残念ながら犬や猫と比べると対応している保険会社の数はかなり少ないのですが、ゼロではありませんのでぜひ加入を検討してみて下さい。

保険金の請求方法で選ぶ

本当は請求する機会がない方が幸せなことではありますが、怪我や病気の治療を受けた際には保険金を請求して受け取る必要があります。

保険会社によって異なりますが、大きく分けて2つの請求方法がありますので、それぞれの方法を簡単に解説したいと思います。どちらの方法を利用しても治療費の自己負担額は変わりません。

自己負担分のみを支払う(アニコム損保・アイペット)

まだ採用している保険会社の数は少ないのですが(アニコム損保アイペットのみ)、いちいち保険金を請求する必要がなく便利であるため、これからもっと普及が予想されている方法です。

人間が健康保険証を提示するのと同じように、ペット保険証を動物病院の窓口で提示することによって、最初から自己負担額分しか支払う必要が無くなるという仕組みです。

加入している保険会社が提携している動物病院でのみ可能な方法ですので、提携していない病院の場合はこちらの方法ではなく、後述の方法を用いる必要があります。

提携病院の数は全国で数千ありますが、より多くの契約者が便利に使えるように、保険各社には提携病院数を更に増やせるように頑張って頂きたいですね。

全額支払後に保険金を請求する(全てのペット保険)

こちらは動物病院の窓口で全額治療費を支払った後に、保険会社に保険金の請求を行うという方法です。先にご紹介した方法は保険会社の数も提携病院の数も限られているため、まだこちらの方法を行っているケースがとても多いです。

なお、保険金の請求手続きを進めるにあたって、保険会社各社の公式ホームページ上からダウンロードできる「保険金請求書」や、治療費を支払ったことの証明となる「領収証」や、治療費の内訳が記載されている「治療費明細書」などといった書類が必要となります。

待機期間で選ぶ

ペット保険に加入する際の注意事項の1つに「待機期間」というものがあります。

ペット保険以外ではあまり聞くことのない言葉なのですが、この待機期間を勘違いしていたり、存在を忘れていたりすると、いざという時に治療費の補償を受けられなくなってしまうなんていうことにもなりませんので、覚えておくようにしましょう。

契約成立日=補償開始日ではない

見出しの通りなのですが、ペット保険では契約が成立してから一定期間、保険金が支払われない期間があります。この期間のことを「待機期間」と言い、待機期間中に動物病院で保険対象の治療を受けたとしても保険金を受け取ることはできません。

また、待機期間の設定に関しては保険会社によって異なっています。

待機期間を全く設けていないところもあれば、どんな疾患でも一律で30日と決められているところもありますし、「怪我は15日・病気は30日・がんは90日」などといった具合に細かく待機期間が設定されているところもあります。

分かりやすく例を挙げると、待機期間が30日の場合は次のようになります。

  • 5月1日:申し込み手続き完了
  • 6月1日:保険契約が成立し、保険期間がスタート
  • 7月1日:30日の待機期間が終了し、補償を受けられるようになる

保険会社の待機期間比較表

それでは、実際に各社が設定している待機期間を比較してみたいと思います。

会社名 怪我 病気 がん
アニコム損保 30日間 30日間 30日間
アイペット なし なし なし
ペットメディカルサポート なし なし なし
ペッツベスト なし 14日間 14日間
アクサダイレクト なし 30日間 120日間
日本アニマル倶楽部 なし なし 45日間
ペット&ファミリー少額短期保険 15日間 30日間 90日間
楽天少額短期保険 なし なし なし

保険会社の種類で選ぶ

ペット保険には、大きく分けて2つの保険会社の種類があります。一つは一般的な保険会社で、もう一つは少額短期保険業者です。特にどちらかが優れているという訳ではないのですが、以下にそれぞれの違いを簡単に比較してみたいと思います。

保険会社

昔からあるタイプの保険会社のことです。生命保険や自動車保険などで既に契約されている方がほとんどかと思います。ペット保険では「アニコム損保」や「アイペット」などがこちらに該当します。

資本金が10億円以上必要であったり、生命保険と損害保険の両方を提供することが禁じられているなどといった条件があります。規模が大きいため、倒産のリスクが小さいなどといったメリットがあります。

アニコム損保 アイペット
アクサダイレクト au損保

少額短期保険業者

2006年から誕生した新しいタイプの保険会社のことです。資本金の条件が1千万円以上であるほか、保険金額や保険期間などにも上限が設定されているため、小規模で知名度の低めのところが多くなっています。

ただ、だからといって先述の保険会社が提供するペット保険よりも内容や質が劣るということはありませんので、安心してください。

ペットメディカルサポート ペッツベスト
FPCペット保険 日本アニマル倶楽部
日本ペットプラス少額短期保険 ペット&ファミリー少額短期保険
楽天少額短期保険  

補償タイプで選ぶ

先に会社の種類の違いをご紹介させて頂きましたが、今度は保険に関する違いです。

「定率補償」と「実額補償」という2種類のタイプの保険が用意されていて、保険会社によって両方の扱いがあるところや、一方のみの扱いとなっているところがあります。それぞれメリットとデメリットがありますので、参考になさってみて下さい。

定率補償

実際にかかった治療費の一定率の保険金を受け取れるタイプです。50%や70%などが一般的な料率となっています。ある程度の自己負担が発生するほか、支払額にも上限が定められているものの、保険料は比較的抑えられています。

なお、料率が高いものほど受け取れる保険金が多くなりますので、保険料も高くなります。

アニコム損保 アイペット
アクサダイレクト au損保
ペットメディカルサポート ペッツベスト
FPCペット保険 楽天少額短期保険
日本ペットプラス少額短期保険 ペット&ファミリー少額短期保険

実額補償

実際にかかった治療費の全額を補償してくれるタイプです。ただし、全額とは言っても限度額が定められているため、その限度額内での支払いとなります。

前述の定率補償タイプよりも治療費をしっかりとカバーできるというメリットがある一方で、保険料が比較的高くなりやすいというデメリットもあります。

ペットメディカルサポート 日本アニマル倶楽部

ページの先頭へ