犬におすすめのペット保険

更新日:2018年12月7日

様々な動物がペットとして飼われていますが、その中でも断トツで多いのが「犬」です。昔から人間の良きパートナーとして知られていたため、現在では世界中で様々な種類の犬が飼われています。

そんな犬の保険としておすすめのペット保険をご紹介しているほか、犬種別にページを設けて病気や特徴などの解説も行っています。

目次

  1. ペット保険ランキング
  2. 人気の犬種
  3. 犬の主な病気

ペット保険ランキング

ペット保険は主に犬と猫を対象として販売されていますので、当サイトでご紹介している全てのペット保険は、犬が補償対象に含められています。

保険会社によって多少の違いはあるものの、ほとんどの場合は「大型犬・中型犬・小型犬」といった具合に保険料が異なるように設定されています。やはり大型犬は一番保険料が高いです。

前置きが長くなってしまいましたが、まずは当サイトでご紹介しているペット保険の口コミランキングをご覧頂ければと思います。数あるペット保険会社の中でも優良なところを厳選しておりますので、どちらの会社もおすすめです。

保険料だけではなく補償内容やご投稿頂いた口コミなども比較検討の材料にしてみて下さい。

会社名 商品名
アニコム損保 どうぶつ健保ふぁみりぃ
アイペット うちの子・うちの子ライト
ペットメディカルサポート PS保険
ペッツベスト ペッツベストのペット保険
アクサダイレクト いぬのきもち保険・ねこのきもち保険
FPCペット保険 フリーペットほけん
日本アニマル倶楽部 プリズムコール
日本ペットプラス少額短期保険 いぬとねこの保険
ペット&ファミリー少額短期保険 げんきナンバーわん
楽天少額短期保険 もっとぎゅっと新ワンニャン保険
au損保 auペットほけん

人気の犬種

日本でペットとして特に人気のある種類をより詳しくご紹介したいと思います。各ページではその犬種の特徴や主な病気などを解説しているほか、ペット選びの際の参考にもなる平均寿命や性格や飼いやすさなどといった項目にも触れています。

柴犬 ミックス(雑種犬)
チワワ フレンチブルドッグ
パピヨン ミニチュアダックスフンド
ゴールデンレトリバー ラブラドールレトリバー
バーニーズマウンテンドッグ  

犬の主な病気

更新日:2018年12月7日

人間にも様々な病気が存在しますが、犬にも同様に色んなタイプの病気があります。そんな数ある病気の中でも、特に代表的なものをピックアップしてみました。

犬は人間と異なり、自分から飼い主に「ここが痛い」と言うことができませんので、日頃の動作や飲食の状態などから、私たち飼い主側が気付いてあげる必要があります。

耳や鼻は人間よりもはるかに優れている犬ですが、実は視力はあまりよくありません。それでももちろん日常生活に欠かせない五感の一つですから、何か目に異変を感じたら動物病院に相談するようにしましょう。

目が充血していたり、目やにの量が多かったりなどといった症状が主ですので、比較的気付きやすいかと思います。

  • 結膜炎
  • 眼瞼炎
  • 角膜炎
  • 白内障
  • 緑内障
  • 角膜潰瘍
  • チェリーアイなど

お口のトラブルは犬も人間もよく似ています。犬には虫歯がほとんど無いと言われていますが、歯周病や歯槽膿漏などといった歯茎のトラブルが原因で、その他の病気を引き起こしてしまうこともあります。

犬がいやがるから…という理由であまりされないこともありますが、できれば毎日歯磨きをしてあげるようにしましょう。

  • 歯周病
  • 口内炎
  • 口唇炎
  • 歯槽膿漏
  • 乳歯遺残など

耳・鼻

前述の通り、非常に鼻も耳も良い犬ですが、どちらも病気になりやすいので注意するようにしましょう。特に耳が垂れている犬種(ラブラドールレトリバーバーニーズマウンテンドッグなど)は耳が蒸れて汚れやすくなっています。

前述の歯磨きと同様に、たまには耳も優しくクリーニングしてあげるようにしましょう。

  • 外耳炎
  • 中耳炎
  • 内耳炎
  • 耳血腫
  • 副鼻腔炎など

皮膚

犬は体中を体毛に覆われているため、特に毛の長い犬種(パピヨンゴールデンレトリバーなど)は皮膚のトラブルを起こしやすいと言えます。生まれつき皮膚が弱くて、ふけ症を持っているというケースも少なくはありません。

また、アトピーやアレルギーが原因で皮膚が炎症を起こすということもあります。

  • 脂漏症
  • 膿皮症
  • 脱毛症
  • アトピー
  • 食物アレルギーなど

がん

人間界でもがんが死因となるケースが非常に多いのですが、犬も同様にがんが原因で寿命を迎えてしまうことがとても多いです。

がんができる場所や、がんの種類も様々であるほか、日常生活上の動作に目に見えた変化が出始める頃には既に転移が進んでしまっていることも多く、犬の病気の中でも特に厄介なものと言えます。

  • 脳腫瘍
  • 血管種
  • 骨肉腫
  • リンパ腫
  • 皮膚組織球腫など

呼吸器系

普段は静かに眠っているのに急にいびきをかくようになったり、人間の咳のような呼吸をしている場合は、呼吸器系に何らかの異常がある可能性があります。呼吸困難に陥って、命に関わってしまうような重大なケースもあり得ます。

  • 胸水
  • 気胸
  • 肺炎
  • 胸膜炎
  • 気管支炎など

消化器系

犬も稀に食欲があまり出ないことがありますが、食欲不振が何食(何日)も続く場合は消化器系に異常があることが多いです。また、嘔吐を繰り返すような場合も早急に獣医師に診てもらうようにしましょう。

  • 食道炎
  • 胃潰瘍
  • 肝不全
  • 腸閉塞
  • 急性腹膜炎など

循環器系

血液を体内で循環させるために欠かせない心臓や弁、そして血液そのものに関する主な病気を以下にご紹介します。運動をいやがったり、そほど動いていないのに息切れしているなどといった場合は、循環器の問題が疑われます。

  • 心不全
  • 心筋症
  • 低血糖症
  • 溶血性貧血
  • 僧帽弁閉鎖不全症など

内分泌系

内分泌系の病気は、症状が目に見えて出ることがある一方で、ほとんど症状が出ないケースもありますので、元気に見えても病気になっていることもあります。代表的な症状としては食欲不振や全身脱毛や筋肉痙攣などが挙げられます。

  • 糖尿病
  • 熱中症
  • アジソン病
  • 甲状腺機能低下症
  • 副腎皮質機能亢進症など

骨・筋肉・関節

肩こりや腰痛や関節痛などといった症状には人間も悩まされることが多いのですが、犬の場合は足の骨や関節などに問題を抱えることが多いです。家の床が滑りやすい場合は、それだけ犬の関節にも負担がかかり、怪我をしやすいと言えます。

  • 骨盤骨折
  • 股関節脱臼
  • 股関節形成不全
  • 椎間板ヘルニア
  • 前十字靱帯断裂など

伝染病・寄生虫

犬には様々な伝染病(感染症)があり、中でも狂犬病は最もよく知られています。多くの伝染病に関してはワクチン接種が可能ですので、積極的に受けるようにしましょう(接種が義務づけられているものもあります)。

寄生虫に関しても薬で予防することができるほか、駆除できるものも多くなっています。

  • 狂犬病
  • ジステンバー
  • ケンネルコフ
  • レプトスピラ症
  • ノミ・ダニ・フィラリアなど

ページの先頭へ