フレンチブルドッグにおすすめのペット保険

更新日:2019年3月17日

フレンチブルドッグはフランスを原産地とする小型犬です。小型犬ではありますが、体つきはしっかりとしていて、力強さを感じさせます。どことなく愛嬌のある顔や、ピンと立っている耳、非常に短いしっぽなどが特徴的です。

日本では大正時代から飼われていて、現在も人気のある犬種として広く知られています。

目次

  1. 加入できるペット保険
  2. 種類
  3. 主な病気
  4. 平均寿命
  5. 体長・体重
  6. 性格
  7. 飼いやすさ

加入できるペット保険

フレンチブルドッグが補償対象となっているペット保険の一覧です。

保険名 窓口精算
アイペット
アニコム損保
auペットほけん ×
FPCペット保険 ×
アクサダイレクト ×
日本アニマル倶楽部 ×
日本ペットプラス少額短期保険 ×
ペット&ファミリー少額短期保険 ×
ペットメディカルサポート(PS保険) ×
ペッツベスト ×
楽天少額短期保険 ×

アニコム損保

●●小型犬を購入した際ペットに病気やけがが発生した場合人間並みの高額な医療費がかかることがわかり、保険に入ることに決めました。子供のころは病気もしないので掛け金も安いですが、年老いてからだと人間と一緒で保険に加入できなかったり、掛け金が高くなったりするので、1歳でも早いうちに入りました。

保険会社選びは、多くの動物病院でお使われているアニコム損保にしました。マイナーな保険だと病院で扱ってもらえない可能性も高そうなので。

まだけがや病気で病院に行った回数は少ないのですが、7割補償の保険に加入しているので窓口で3割負担で済むのがありがたく、外耳炎で通院した際も窓口での支払いは数百円程度ですみました。全額とりあえず支払い後日返金という形ではなく、その場で処理してもらえるのも手続きが簡単で良いです。

アクサダイレクト

●●フレンチブルドックを飼い始めて1年の頃に、同じくフレンチブルドックを飼っている友人の勧めもありまして、ペット保険に加入する事にしました。色々な保険会社を比較することなく、友人が加入しているアクサダイレクトの営業の方を紹介して戴きまして、簡単な説明と共に加入を決断しました。

1歳での加入との事もあり、月々の掛け金は2440円のプラン50というものに加入しました。動物病院でかかった金額の50パーセントをアクサダイレクトが支払ってくれることと、月の補償額は50万円まで出る安心なものです(ペット年齢は13歳まで加入OKのようです)。

他にもプラン70もありましたが、今のところ愛犬に何のトラブルもないですし、プラン50で様子を見るつもりです。生涯、保険のお世話にならぬように愛犬が過ごせるように願いをこめてお守り的な保険に加入にしました。

ペット&ファミリー少額短期保険

●●2歳を迎えたフレンチブルドッグを飼っている者です。ペットショップで購入した際に、同時に保険の加入も済ませました。当時まだ子犬だったこともあり、ケガや手術も多いだろうということで、医療費80%負担のプランに入ることにしました。

以前、旦那が飼っていた犬が骨折をしたのですが、保険には加入しておらず、高額の医療費を払った経験があったので、一番高く保障してくれるプランに即決しました。

保険金の受取方法ですが、窓口で一度全額清算をし、後日書類を送付して80%分の保険額を振り込んでもらうシステムです。書類作成が少々手間ですが、手厚く保障されているので今のところ利用していて不満はありません。

いつ愛犬が病気をするか予測できるものではないので、加入しておいた方が確実に安心できます。

種類

フレンチブルドッグには「アメリカ系」と「ヨーロッパ系」の2種類があります。どちらも血統上は違いがありませんが、容姿と性格が若干異なります。

アメリカ系は遊びが大好きで元気いっぱいです。頭がちょっと大きめで丸顔な傾向があり、毛色はクリーム色が多いです。

ヨーロッパ系も元気はいっぱいですが比較的慎重なところがあります。頭は小さめな一方、体つきはシャープでがっしりとしています。代表的な毛色はブリンドルです。

なお、フレンチブルドッグは様々な毛色があることでも有名です。種類の違いというわけではありませんが、容姿の印象も変わりますので、以下にご紹介します。

  • タイガー・ブリンドル:最も一般的な色です。
  • ブラック・ブリンドル:ほぼ黒の単色です。
  • ブルー・ブリンドル:少し青く見えるグレーに褐色の斑点が入っています。
  • クリーム:クリーム色の単色です。
  • フォーン:顔が黒くて、少し褐色です。
  • バイド:白に黒の斑点が入っています。
  • ハニー・バイド:白に褐色の斑点が入っています。
  • ブルー・バイド:白に少し青く見えるグレーの斑点が入っています。
  • ティッキング・バイド:小さめの斑点が体中に入っています。
  • ブラウン:茶色の単色です。
  • ブラック&タン:黒に茶色の斑点が入ります。最も珍しい毛色です。

主な病気

フレンチブルドッグがかかりやすい代表的な病気や怪我を箇条書きでご紹介します。

  • 口蓋裂
  • 白内障
  • 脳腫瘍
  • 鼻腔狹窄
  • 聴覚障害
  • 乳腺腫瘍
  • 膝蓋骨脱臼
  • 眼瞼内反症
  • 股関節形成不全など

平均寿命

フレンチブルドッグの平均寿命は10~12才です。

体高・体重

  • オス:28~33センチ 12~14キロ
  • メス:28~33センチ 12~14キロ

性格

フレンチブルドッグは人懐っこく甘えん坊な性格をしています。飼い主や家族と一緒に遊んだりして過ごすことが大好きで、いつも一緒にいたがります。抱きしめてもらったり一緒に寄り添って眠るなどといったことも大好きです。

また、愛想の良い犬種ですので、飼い主や家族以外の人間にもなつきやすいと言えます。

飼いやすさ

フレンチブルドッグは最も飼いやすい犬種の一つです。小型ですので屋内で飼っても問題になりにくいですし、散歩時の運動量も最低限で大丈夫です。逆に散歩(運動)をしすぎると体調を崩してしまうことがありますので、注意が必要です。

特に暑さと湿気に弱い犬種で、人間で言う「夏ばて」のような状態になりやすいです。

ページの先頭へ