グアム「ブルーアステール」で結婚式を挙げました!(ワタベウェディング)

更新日:2019年2月2日

ワタベウェディングに依頼して、グアム「ブルーアステール」で結婚式を挙げた、20代女性の体験談です。

目次

  1. 基本情報
  2. 結婚式の様子(画像)
  3. 海外挙式をしようと思ったきっかけ
  4. ワタベウェディングを選んだ理由
  5. 当日の流れ
  6. 式場(ブルーアステール)の感想
  7. こだわりのポイントや印象に残っていることなど
  8. 大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)
  9. こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など
  10. これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

基本情報

手配会社 ワタベウェディング
年齢と性別 20代女性
挙式場所 グアム
式場名 ブルーアステール
宿泊先 アウトリガービーチリゾートホテル
参列者 家族と親族で計10人
現地パーティー あり
国内パーティー 1.5次会あり
ハネムーンの有無 ハネムーンも兼ねた海外挙式
当初予算 200万円
実際にかかった費用総額 旅費(参列者含め):95万円 挙式代金:23万円 オプション:70.3万円 費用総額188.3万円
オプション料金の内訳 アルバム:17万円
ウェディングケーキ:1万8千円
ダイジェストムービー:9万円
パーティー食事費用 :15万円
挙式同行メイク:4万円
フラワーシャワー:1万5千円
衣装:22万円
衣装のレンタル or 購入 ウェディングドレス・タキシードはレンタル、ティアラ・ネックレス・ピアス・靴は購入しました。お色直しの花かんむり・リスレットは手作りしました。

結婚式の様子(画像)

子供を含めて3人で撮りたかった1枚です。手作りのハートのプレートから顔を出すようにして撮っています。
ブルーアステールでの結婚式の写真

挙式当日のチャペルを中から撮影した1枚です。曇りなので、晴れとは違った雰囲気が気に入っています。
ブルーアステールの内装の写真

雨が止んだ時にビーチで撮ってもらった1枚です。晴れの時とは違った落ち着いた写真になりました。
ビーチでのウエディングフォト

手作りしたリースのウェルカムボードとグラスドレスです。パーティーカラーのブルーに合わせた色にしています。
手作りウェルカムボードとグラスドレスの写真

リングピローの写真で、特にお気に入りの1枚です。バックのカラーとも合っていて作って良かったと思いました。
リングピローの写真

海外挙式をしようと思ったきっかけ

結婚当初から私と旦那の2人とも、親孝行をしたいという気持ちがとても強かったため、挙式をきっかけに、家族に旅行を楽しんでもらえるような方法はないか探していました。

ネットやブログなどをいろいろ調べて行く中で、自分の理想にぴったりだと思ったのが海外挙式です。

2人とも行ったことのないハワイ挙式が理想的でしたが、自分たちの子供や、祖父、祖母のことを考えると、飛行機の6時間は辛いのではないかと思い、3時間半で行ける近めのグアムにしました。

ワタベウェディングを選んだ理由

海外挙式を考え始めた頃は、ワタベウェディングというウェディング会社があるということしか知らず、どのようなチャペルがあるのか、どのようなプランがあるのかなどは全く知りませんでした。

しかし、旦那の仕事先の割引が使えるということを知って、ネットやブログなどで詳しく調べるようになりました。

いろいろ知っていく中で、ブルーアステルというチャペルがあるということを知り、チャペルの写真に一目惚れしたのがきっかけで、この会社にお願いしようと決めました。

当日の流れ

6時にホテル出発、ワタベウェディングでメイクやヘアセット。7時半にリムジンに乗ってチャペルに向かい、チャペルに到着後すぐに写真撮影が始まります。撮影終了後、部屋に入ってスタッフさんの紹介や牧師さんからのお話を聞きます。

話終わったらお父さんが入ってきて、ベールダウンをしてもらいます。その最中もずっと写真を撮ってもらっています。ベールダウン後、新郎が先に挙式会場に入り、参列者が持っている花を集めます。

そして、新婦の私とお父さんが一緒に入場し、私が新郎から言葉とお花を受け取ります。牧師さんの言葉を繰り返し、指輪交換をしたら、ロウソクに火を灯します。誓いのキスをして、結婚証明書に名前を記入します。

その後、一度退場してから再度入場し、写真撮影が始まります。その日は雨だったので、撮影をチャペルでした後は、外の撮影から室内の撮影に変更になりました。

撮影が全て終わってから、パーティー会場へ移動し、入場します。そこからは、会話を楽しみながら美味しい料理をいただきました。

途中で雨が止んだので、スタッフの方から特別に外で撮影していいという許可をいただき、私物のカメラで写真をいくつか撮ってもらいました。

パーティー終了後に退場して、参列者とは別々でリムジンでホテルまで帰宅しました。

式場(ブルーアステール)の感想

ブルーアステールの内装の写真

挙式当日は朝から雨で、せっかく青空の見える綺麗なチャペルを気に入って選んだのに、挙式が台無しになってしまうと不安になっていたのですが、メイク中や到着してからの撮影中、落ち込んでる私に現地のスタッフさん達が優しく声をかけてくれました。

そして、入場の際、中からチャペルを見た瞬間、曇り空でもとても綺麗な雰囲気で、落ち込んでいた暗い気持ちが一気に吹き飛ばされました。

さらに、外での写真撮影も中止になってしまったのですが、パーティーの時のスタッフさんもみんな良い人で、雨が止んだ少しの時間に、私物の写真を使って外での写真撮影をしてくれました。↓
ビーチでのウエディングフォト

最後まで落ち込むこともなく、とても楽しい気持ちで行うことができました。スタッフさん含め、本当に素敵な式場だと感じました。

こだわりのポイントや印象に残っていることなど

参列者には予定を数日空けてもらったり、パスポートや荷物などを用意する負担があるので、旅行費はすべて2人で負担することにこだわっていました。

なので、挙式でのオプションはなるべく削れるように頑張ろうと思っていたのですが、国内での打ち合わせは、考えていないオプションを付けられそうになったり、思い通りに行かないこともあったので、正直不安でした。

海外挙式ということもあり、チャペルを当日まで映像や画像でしか見れないので、どのオプションが必要で、どのオプションが必要ではないかなどが想像しにくいので、最後までたくさん悩みました。

しかし、自分たちで悩んでいても仕方ないと思い、旅行費を負担することや状況などをプランナーさんに全てお伝えし、その結果、納得のいく形で挙式を迎えました。

大変だったこと(国内での準備・現地でのことなど)

費用を抑えたいのと、元々なにかを作るのが好きだったので、ウェルカムボードやグラスドレス、リングピロー、参列者のロゼット、ブーケ、花かんむり、リスレットなどを手作りしました。

子育てしながらの準備がとても大変だったのと、作ったものを持って行くのに荷物になってしまいました。

こうすればより良かったなと思う点・後になって気になった所など

ヘアメイクのポイントを紙にまとめて提出しましたが、当日のメイクさんは日本人だったこともあって、スムーズに進みました。

しかし、普段のメイクにこだわりがありすぎたので、メイクだけは自分でやっても良かったのかなと思いました。

これから海外挙式をしようかと考えている方へのアドバイス

まず、ネットなどを使って下調べをしておくことが大事です。実際に同じチャペルで挙式を挙げた方の口コミやブログなどは、当日の流れがわかりやすいのでとても参考になります。

スタッフにわたすチップの料金など、ウェディング会社側が意見しにくいことなども詳しく書いてあるので、挙式内容とは違うことで役立ちます。

そして、国内での打ち合わせでは、プランナーさんにしっかり自分の意見を伝えた方が良いです。実際に調べたことと比べて、わからないことがあればしっかり確認し、不安を無くしておいた方が自分のためにもなります。

国内のプランナーさんは、実際に当日立ち会ってもらえるわけではないので、通常の国内挙式のプランナーさんとは違うと思っておいた方が良いと思います。

実際に当日になってみると、現地のスタッフさんはいい人ばかりで、臨機応変にいろんなことに対応してくれます。私は、ワタベウェディングでブルーアステルで式を挙げて本当に良かったと感じています。

ページの先頭へ