イタリア結婚式の挙式会場と手配会社の口コミ

更新日:2018年12月7日

世界的に見ても屈指の観光大国であるイタリアには、日本人からもよく知られている観光都市が多数あります。中でも特に知られている人気の都市はローマ・ミラノ・ベネチア・フィレンツェの4都市です。

各都市が魅力あふれる様々な見どころを持っていますが、更に近郊の街にも世界遺産や歴史的建造物などが多数存在しています。

目次

  1. 結婚式の特徴
  2. 人気の挙式会場
  3. おすすめの手配会社を比較
  4. 口コミと評判

結婚式の特徴

イタリアウエディングは、憧れの観光地で式を挙げたいという方や、歴史と由緒のある教会で式を挙げたいという方におすすめです。

挙式にしても新婚旅行にしても、ハワイやパリなどが一番人気に挙げられることが多いのですが、イタリアももちろん大人気です。イタリアウエディングを手掛けている手配会社もたくさんあります。

人気の挙式会場

ローマ

ローマはイタリア中央西部に位置する都市です。年間を通じて世界中から多数の観光客が訪れるイタリアの首都です。多くの文化遺産が今なお残されていることから、街全体が美術館や博物館のようであると称されることもあります。

また、約3,000年もの歴史をもつ古都であるため、「永遠の都」とも呼ばれています。

ローマウエディングは、厳かな雰囲気の中で本格的な式を挙げたいという方におすすめです。法的効力を持つリーガル・ウエディングをしたいという方にも向いています。

イタリアの首都で多くの日本人旅行客が訪れていることから、ウエディングの手配会社が多く、同様に新婚旅行を扱っている旅行代理店も多いです。

式場 ポイント
ローマ市庁舎 ローマの七丘の一つに数えられている「カンピドリオの丘」に建っている市庁舎です。ミケランジェロによって設計された市庁舎前の広場も見どころです。リーガル・ウエディングを行えます。
セント・ポールズ・ウィズイン・ザ・ウォールズ教会 ローマを代表する観光名所の一つ「オペラ座」の近くにある教会です。19世紀に誕生した比較的新しい教会で、内装に特徴があります。ローマ中心部からのアクセスにも優れています。
サンタ・マリア・マーテル教会 ローマ郊外のエウル地区(エウローパ)に位置する教会です。5世紀に建てられたというローマ屈指の歴史と由緒を誇る教会として知られ、厳かな雰囲気や迫力が感じられます。
サンパウロ教会 こちらもローマから3キロほど離れたエウル地区にある教会です。長い歴史を誇っていますが、建てられた当時の姿ではなく、16世紀に建て直されて現在の姿となっています。
オデスカルキ城 ブラッチャーノというローマ郊外の街にある古城です。ローマの貴族が15世紀に建設したのが始まりで、数々の貴族の邸宅として使用されていました。緑豊かな庭園も綺麗です。

ミラノ

ミラノはイタリア北部に位置する都市です。首都ローマに次ぐイタリア第2の都市として知られています。古くから服飾や繊維などといった産業が栄えていて、イタリア屈指の経済都市としての顔も持ち合わせています。

ルネサンス時代の歴史的建造物も多く残されており、過去と現代が同居する街と称されることがあります。

ミラノウエディングは、カジュアルな結婚式をしたいという方や、ヨーロッパのリゾートで式を挙げたいという方におすすめです。

ミラノ市内には式場はあまりないのですが、ミラノから少し離れたところに複数のリゾート地があり、そこで挙式されるカップルも少なくありません。もちろん新婚旅行にもおすすめです。

式場 ポイント
ミラノ市庁舎 ミラノ市民の憩いの場として知られている「センピオーネ公園」に建つ市庁舎です。マリーノ宮殿とも言われています。普段着のままカジュアルに式を挙げることもできるという特徴があります。
コモ市庁舎 コモはミラノから日帰りで行くこともできる人気のリゾート地です。イタリアで3番目に大きな湖「コモ湖」の湖畔に市庁舎が建てられています。リゾート気分を味わうことができます。
ヴィラ・デル・バルビアネーロ コモ湖の西岸に位置するヴィラ(邸宅)です。かつて多くの貴族がここに滞在していました。映画『スターウォーズ』のアナキン・スカイウォーカーとアミダラの結婚式のロケ地にもなりました。
サンドナート教会 イタリアで2番目に大きな湖「マッジョーレ湖」の湖畔にある教会です。こちらもリゾート地として高い人気を誇ります。1000年以上もの長い歴史を持ち、伝統的な雰囲気を感じさせます。
サンピエトロ教会 地中海に面する港町「ポルトヴェーネレ」にある教会です。地中海に伸びた断崖絶壁の上に建てられていて、素晴らしい景色となっています。デザインはゴシック様式で、重厚感があります。

フィレンツェ

フィレンツェはイタリア北西部に位置する都市です。トスカーナ地方の首都であると同時に同地方最大の都市でもあります。ルネサンス発祥の地としてあまりに有名で、街並みからその文化や歴史を感じることができます。

海外挙式や新婚旅行の滞在先としても高い人気があり、どなたにも自信を持っておすすめできる都市です。

フィレンツェウエディングは、イタリアらしい宮殿や教会で式を挙げたいという方におすすめです。一般の観光ではイタリア内のどの都市も高い人気を獲得していますが、挙式に関してはフィレンツェが特に高い評価を得ています。

そのため、フィレンツェウエディングを扱っている手配会社も多数存在します。

式場 ポイント
ヴェッキオ宮殿 フィレンツェの市庁舎として使われている建物です。13世紀に建てられ、現在はフィレンツェ有数の観光名所としても知られています。宮殿内はまるで別世界のような印象を受けます。
セント・ジェームス教会 フィレンツェの街の中心部にある教会です。外観も内装も非常に美しいとの評判を獲得していて、特に欧米の著名人やセレブから高い人気があります。鮮やかなステンドグラスも見逃せません。
フォーシーズンズ・ウエディング 日本でもお馴染みの超高級ホテル「フォーシーズンズ」で式を挙げることができます。式場は複数用意されていて、人数(最大200人まで)に合わせて好きな場所を選ぶことができます。
イル・サルヴィアティーノ 2010年にオープンした新しいホテルです。15世紀に建てられた邸宅を改築して誕生しました。市街地から車で20分ほどのところにあり、景色も素晴らしい5つ星のラグジュアリーホテルです。
セント・ピーター・チャペル フィレンツェから車で45分ほどのところにある古城「レーグリ城」内のチャペルです。石造りの歴史を感じさせるチャペルで式を挙げ、城の敷地内で自由に記念撮影をすることができます。

ベネチア

ベネチアはイタリア北東部に位置する都市です。有名な大運河を含めて全部で100以上もの運河が街中を走っています。その運河の上を水上タクシーやゴンドラが行き来していて、地元民や観光客など多くの方に利用されています。

他国では味わうことのできないそのロマンティックな雰囲気から、特に女性から人気があります。

ベネチアウエディングは、水の都ベネチアで式を挙げたいという方や、歴史の長い本格的な教会で式を挙げたいという方におすすめです。

イタリアでのウエディングを扱っている手配会社も多いですので、色々と相談したり比較したりすることができます。挙式後には、イタリアの他都市にも足を伸ばしてみてはいかがでしょう。

式場 ポイント
カヴァッリ宮殿 大運河(カナル・グランデ)に面して建っている宮殿です。外観も内装も重厚感を感じさせます。法的に効力を持つリーガル・ウエディングを行うことが可能であるという特徴があります。
ピッサーニ宮殿 こちらも大運河に面している宮殿です。中世ヨーロッパの名門貴族として知られるピッサーニ家が邸宅として使用していました。建てられたのは15世紀のことで、とても長い歴史を持っています。
サン・ジョヴァンニ・チャペル ドルソドゥーロ地区という観光客は少なめの地域にある教会です。17世紀に建てられました。観光名所ではありませんが、地元の方々に愛されている教会で、本格的な挙式を行うことができます。
サン・フランチェスコ教会 聖人サン・マルコが初めてベネチアに来たときに天使が現れたという言い伝えがある教会です。建築的にも高い評価を獲得しています。なお、聖フランチェスコ教会と表記されることもあります。
サン・クレメンテ教会 名門ホテル「サン・クレメンテ・パレス・ホテル」にある教会です。ホテルが所有する島に建っていて、静かで落ち着いた時間が流れます。なお、聖クレメンテ教会と表記されることもあります。

おすすめの手配会社を比較

社名 現地店舗 現地ドレスレンタル
ワタベウェディング
H.I.S.アバンティ&オアシス
EVC
JTBウエディング
ホワイトドア
阪急交通社 ブライダルコンシェルジュ
レイジースーザンウェディング
ムーンシェル
リージェンシー・グループ

口コミと評判

イタリア結婚式の体験談と口コミをご紹介します。イタリアは海外挙式の中でも特に人気の高い国で、新婚旅行を兼ねて訪れるというケースも多くなっています。

●●親友のイタリアでの挙式に参加しました。初めての海外ウェディング参加で不安を感じていました。でも、実際に行ってみたら感動しました。

「挙式」という、ただでさえ非日常のイベントを、「イタリア」という異国情緒あふれる場所で行ったので、ロマンチックでした。その場にいるだけで、自分も幸せな気分でした。挙式のついでにイタリア観光を楽しめるのも、海外挙式ならではの良さでした。

気になった点は、ハワイグアムと違って、日本人慣れしたスタッフがいませんでした。なので、イタリア語はともかく、英語も苦手だと、参加者でも居心地がよくないかもしれません。

あと、とある観光スポットで新郎新婦たちと記念撮影をしたのですが、一般の観光客もいるので、ちょっとした見世物状態でした。人目が気になる人には、ヨーロッパの挙式は避けた方がよさそうです。

多少気になる点はあったものの、総合的には思い出深い素敵な海外挙式でした。(30代女性)

ページの先頭へ