ワタベウェディングの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

ワタベウェディングは海外挙式のプロデュースを手掛ける手配会社です。

1964年から事業を行っている歴史の長い企業で、他の手配会社とは比較できないほど多くのカップルの結婚式をプロデュースしています。

業界屈指の規模を誇る企業で、全国各地に多数の店舗を構えているという点も利用者にとっては便利で嬉しいですね。

ワタベウェディングの特徴は「サービス提供エリアが広い」ということです。

リゾート専門やヨーロッパ専門などといったエリアを限定してサービスを提供している手配会社が多いなか、同社はどちらも幅広く手掛けています。ニューヨークやロサンゼルスなどといったアメリカの都市での挙式に対応している点も特徴的です。

目次

  1. 取り扱いエリア
  2. 店舗一覧
  3. 特徴・おすすめの理由
  4. 口コミと評判

取り扱いエリア

分類 場所
リゾート ハワイグアムサイパンバリ島タヒチボラボラ島オーストラリアニュージーランド
ヨーロッパ イタリアイギリスフランス
北米・南米 アメリカ
アジア 香港

店舗一覧

北海道・東北 札幌・仙台
関東 新宿・銀座・南青山・立川・横浜・大宮・千葉・高崎・宇都宮
中部 名古屋(名駅・栄)・長野・新潟・金沢・静岡・浜松
近畿 大阪(梅田・心斎橋)・神戸・京都
中国・四国 岡山・広島・松山
九州 福岡・熊本・鹿児島・沖縄
店舗・アクセス詳細 ワタベウェディング公式サイト

特徴・おすすめの理由

業界トップクラスの実績

今では数多くの手配会社がありますが、その先駆けとなっていたのはワタベウエディングです。

1970年代から海外挙式を手がけていて、海外挙式が一般的では無かった当時でも年間に1,000組ものカップルを集客していました。1990年代からは北米やヨーロッパやオーストラリアなどに次々と進出し、業界トップクラスの手配会社となりました。

初めて海外挙式を手がけた1973年から現在に至るまで、なんと65万組以上もの海外挙式をプロデュースしています。これだけ実績が豊富で、ノウハウも積み重ねられていますので、安心してお願いすることができます。

様々なエリアに対応

ワタベウエディングが初めて海外挙式を手がけたのはハワイですが、現在ではハワイのみならず、世界中の様々な国や地域で結婚式をプロデュースしています。

もちろん、どのエリアでも挙式だけに対応しているというわけでは無く、現地でのパーティや写真撮影・動画撮影などといったオプションのほか、旅行そのものの手配や帰国後パーティまで、トータルにサポートしてくれます。

店舗が多い

比較的規模の小さな手配会社だと、東京や大阪などといった大都市にしか店舗を構えていないため、アクセスが不便だったり、主なやり取りがメールになってしまったりするのですが、ワタベウエディングなら安心です。

北海道から九州まで約40もの店舗を構えているため、自宅や職場からのアクセスが良い店舗を選ぶことができます。また、各店舗には社内研修を受けて、知識も実績も豊富なスタッフが在籍しています。

ドレスの種類が多い

ワタベウエディングはもともと貸衣装業で開業したということもあり、ウエディングドレスには特に力を入れています。

デザインや色が豊富に用意されているのはもちろんのこと、価格帯もリーズナブルなものから超豪華なものまであり、選択肢が非常に多いです。きっと理想のウエディングドレスに出会うことができるはずです。

また、ドレスほどではありませんが、新郎用のタキシードも色々と用意されていますので、新郎も新婦も楽しみながら衣装を選んでみてください。

当サイト運営チームが実際に利用しました!

多数の手配会社と実際に話をして、そして当サイト運営チームが海外挙式の際に実際に選んだのがワタベウエディングです。そして、大満足の挙式をパリで挙げることができ、今でもワタベウエディングの担当者の方には感謝しています。

他の各社は相談レベルで終わってしまいましたが、ワタベウエディングは最後まで利用していますので、自信を持っておすすめできます!

口コミと評判

ハワイ挙式

●●芸能人のブログで海外挙式を知り、ハワイで挙式をしたいと思いました。近場で海外挙式を取り扱っている所がワタベウエディングしかなかったので話を聞く事にしました。

金額や内容のほか、海が見えるチャペルがすごく魅力的で、「ここでしたい!」とすぐ決める事にしました。家族の反対はなかったのですが、ホテルの部屋などもお金がかかるので大変でした。

ワタベウエディングの担当の方は本当に親切で、打ち合わせも楽しく納得のいくものにする事ができました。ドレス選びにも時間がかかりましたが、最後まで親身になってくれて素敵なドレスに決める事ができました。

国内ではなくて思い切って海外で挙げて、たくさんの想い出を作る事ができました。ワタベウエディングを選んでよかったと思いました。(オアフ島・20代女性)

●●私が海外挙式をして良かったなと思うポイントは、日本では味わうことができない「非日常」を味わうことができた点だと思います。

日本にいると、なにかと時間や仕事を気にしてしまいますが、海外に来てしまえば、もうどうすることもできないので、挙式に集中することができます。

人をたくさん呼べないので、本当にお世話になった人や仲の良い友達、そして親族という少人数で、アットホームなパーティーができました。

気心のしれる仲間と、ほんのひとときでも日本での忙しさを忘れて、雰囲気を味わうことができるのは、海外挙式ならではだったなと思いました。

言葉の問題はあるのかなと思いましたが、さすがハワイ。日本語が上手な現地スタッフの人ばかりで、そこは全く問題なかったです。海外が初めての人は特にハワイがお勧めかもしれません。(オアフ島・30代男性)

●●親戚の結婚式に参加してきました。場所はオアフ島の教会で、海が見えることで有名なキャルバリー・バイ・ザ・シー教会です。

ワタベウエディングに自分達の参列する際の服(スーツ)も、新郎新婦のタキシードとドレス同様にお願いしていたので、到着後に早速、選びに行きましたが、とにかく驚いたのがウエディングドレスの種類の多さでした。

さすがに新婦には、こだわりと事前調査がされていたようですが、それでも決めるまでには相当の時間が掛かっていました。

当日はハレクラニホテル前で撮影後、リムジンで教会へ向かい、晴れ渡る天候の中、滞りなく挙式は終えました。教会はさすがハワイの3大教会の一つだけあって、規模、演出ともに、参加者ながらうっとりさせられてしまいました。

夜はホテル内の5つ星レストランで豪華にフレンチをごちそうになりました。(オアフ島・30代男性)

●●私が海外挙式で困ったことは「ドレス」でした。ワタベウエディングさんでは、日本でサイズ合わせをして、その同じ形で同じ号数のドレスが現地にあるというタイプでした。

日本でしっかりと打ち合わせして、いざハワイのドレス引渡し場に来てみると…なんとありません。日本であんなに吟味したドレスがないのです。

スタッフさんもあわてて探し当てて、最後には無事に用意されていましたが、その間の時間も結構かかり、挙式時間ギリギリになってしまいました。

きっと何かの手違いだったのでしょうが、ヒヤヒヤして、落ち着くまでに時間がかかってしまいました。今となればいい思い出でです。笑

中には、自分で日本からドレスを持っていくという会社もあるということでしたが、やはり向こうで借り、返せるほうが何かあった時にもいいかと思います。

ドレスは女性にとって大切なものなので、真剣に誠心誠意をもって対応してもらえてよかったです。(オアフ島・30代女性)

●●オアフ島で結婚式をしました。親族のみ招待の小さい挙式でしたが、こだわりもたくさんあったので、ワタベウエディングにお願いしました。日本橋にあるので、衣装合わせなども便利でした。

ハワイのワタベウエディングも、とても立地が良いところにあり、コーディネーターの方もとても感じがよかったです。式は、コオリナチャペルプレイスにしましたが、天気も良く、写真もとてもきれいに仕上がりました。

ワタベウエディングの方からは、ハワイでせっかく式をあげるのだから、記念に残るように、枚数が多いアルバムを勧められて悩みましたが、結果良かったと思います。

ワタベウエディングから委託されているヘアメイクの方も、経験豊富な方で、とてもきれいにしてくれました。(オアフ島・30代女性)

●●私が利用したプランはJTBさんで扱っていた商品で、JALの飛行機で行くワタベさんがプロデュースした挙式でした。

商品の冊子に「チャペル、メイク、8万円分のドレス、2万円分のタキシード、ブーケ、アルバム、リムジン、牧師さん、飛行機、ホテル、アクセサリーやハイヒールなどの装飾品すべてが含む」と書いてあったため、面倒臭がりな私は選びやすいこのプランが自分に合っていると思い、利用することにしました。

そこからこだわりたいものは代金を上乗せしてグレードアップする仕組みだったので、チャペル、衣装、アルバム、ホテルをこだわり、JTBさんに納めた額は2人5泊7日で110万円となりました。

冊子に書いてあるプランは全てJTBさんで選び、衣装の事と当日の挙式のことはワタベさんでの担当という流れでした。

JTBさんの担当の方は20代後半の女性で、特に笑顔の対応ではなかったのですが、淡々と決めていく私に淡々と対応をしてくれ、確実な仕事もしてくれたので相性が良いと感じました。

ワタベさんではドレスを自分用に作り、買い取ったのですが、ドレスができ上がる日程や私への用事があるときは、手書きのお手紙で毎回お知らせしてくださり、心がこもった対応が印象的でした。

衣装ができ上がり試着に行った際、お正月後で少し太ってしまってドレスがきつくなるアクシデントがありました。

担当者の方はいつも笑顔で対応してくださっていたのに、そのときだけは「せっかく衣装を作ったのに当日着れなくなってしまっては大変です。少しダイエットしなくてはダメですよ」と厳しく注意されてしまいました。

私の事を考えてくれての事でごもっともな事を指摘されて、気が引き締まり、元の体型に戻って当日はぴったりの衣装を着ることができました。

私達は新婚旅行も兼ねていたので誰にも気をつかいたくなく、家族を呼ばずに2人きりで式を挙げたのですが、自分で決めたことなのにやはり当日は寂しい気持ちになってしまいました。

しかし、オアフ島のワタベさんの担当の方2名とドライバーさん、カメラマンの方がそんな私の気持ちを察して精一杯盛り上げてくれました。

フラワーシャワーも、近くにいるスタッフの方全員を集めて盛り上げてしてくださり、とても思い出に残りました。

結婚式の計画を立てる際、フィアンセと喧嘩をしたり、担当の方に不満を抱く話をよく聞きますが、私達はある程度決まった海外挙式のプランを選んだので喧嘩することもなく、担当の方に不満を抱くこともなく、感謝の気持ちでいっぱいで滞りなく式を挙げることができました。(オアフ島・30代女性)

●●オアフ島で式を挙げるために、ワタベウエディングでウェディングドレスなどの試着と打ち合わせをしに行きました。担当の方はとても丁寧で、自分の体型に合ったドレスの選び方などを教えてくださりました。

国内でドレスを選ぶ場合は追加料金が発生するので、オアフ島でドレスを選ぶことになりました。オアフ島のワタベウエディングで、何着か試着をして気に入ったドレスを選び、アクセサリーなどを選んで、打ち合わせは終了しました。

結婚式前日にホテルにドレスとアクセサリーが届き、メイク担当者がホテルでメイクをしてくれます。

その後、リムジンで挙式会場まで送っていただきました。現地で担当してくれたスタッフはベテランの方だったので、とても安心感がありました。

結婚式は二人だけで行ったので、予算は旅費も合わせて二人で60万くらいでした。とても安く費用を抑えることができました。挙式後には、お祝いのディナーが付いていて、とても嬉しかったです。

海外挙式は担当者の方が進めてくれるので、とても簡単に式が挙げられます。とてもお勧めです。(オアフ島・30代女性)

●●海外挙式といえばやはり「ロケーション」だと思います。私が行ったハワイも総合的にはとても良かったです。ウエディング写真は海外で撮るのは非常にいいと思います。やはり、日本にはない空気感を味わうことができました。

あえて言うならば、日本が作った挙式会場ではないところの方がよかったなという個人的な感想はあります。確かにリゾートウエディングという感じがしましたが、こういう雰囲気の挙式会場は日本にもあります。

施設の綺麗さや細部のこだわりは日本らしいなという感じがして高ポイントでしたが、やはり現地の昔からある挙式会場の方が歴史を感じることができたり、ハワイに来たという感覚を味わえられたのかなと思います。

年代によっても好みはあると思いますので、じっくりと会場選びをすることもおすすめですね。(オアフ島・30代女性)

●●海外挙式が夢だったので、ワタベウエディングに依頼しました。

ここではウエディングドレスが店舗の中で選べて、ハワイで事前に選んだドレスが用意されているというシステムになっています。なので、ドレスを自分で持ち込む必要がなく、大変楽でした。

しかも、日本でゆっくり試着をして選ぶことができたので、納得のいくドレスを着ることができました。

スタッフの人は親切な人が多く、不快な思いをした事は一切ありません。ハワイの泊まっているホテルにヘアメイクの方が来てくれるので大変楽でした。

ホテルにリムジンが迎えに来てくれて、式場まで連れて行ってもらえました。両親や親戚はリムジンに乗れて大喜びでした。とにかく至れり尽くせりで、戸惑った事は全くありませんでした。素敵な思い出ができました。(オアフ島・40代女性)

●●お互いの実家が離れていて、披露宴に招待すると親戚や友人の旅費が多額になってしまうため、お互いの両親とハワイで挙式を行いました。

ワタベウエディングの担当の方がハワイが好きだったこともあり、挙式会場の手配から旅行のスケジュールまで、色々と相談に乗ってくれました。

ドレスとタキシードはレンタルもオーダーも同額だったため、オーダーにしました。

胸元が大きくあいたドレスでしたが、姿勢が悪いのか、体がゆがんでいるのか、左肩だけずれてしまうので、直してもらいました。オーダーなので自分の体に合った細かい調整がきいてよかったです。

オプションで挙式前日のメイクの試しをお願いしました。こちらは自分がイメージしていたメイクをしてもらいましたが、まったく似合わなかったので、当日は違うメイクにしてもらいました。現地のワタベウエディングのメイクさんで日系人の女性の方でした。

主人も男性向けのメイクをオプションで頼みました。こちらは当日でしたので、現地のワタベウェディングに主人が行き、その間にホテルの部屋で私のメイクと着付けを行うという形でした。

ホテルまではリムジンで移動し、挙式。別会場で家族の昼食会を行い、ホテルに戻りました。現地にワタベウェディングがあるので、オプションの追加も可能でした。(オアフ島・40代女性)

●●ハワイで行われた友達の結婚式に夫婦で参加しました。気心知れた友達たちとのツアーで、同じ飛行機に乗り、同じホテルに泊まりました。

結婚式参列というよりは、ちょっとした同窓会旅行気分です。空港に集合した時点で、すでに大変な盛り上がりでした。

ホテルから送迎バスに乗って式場(教会)へ行ったのですが、新郎新婦は白いリムジンに乗って登場。すごく素敵でした。

新婦は、到着したその日にウェディングドレスを選びに行ったそうなのですが、なんと気にいる物があまりなかったらしく、沢山ついていたリボンやレースを根こそぎはずしてもらったんだとか。シンプル好みの彼女らしいエピソードでした。

海が見え、波の音が聞こえる教会で、海からの風を受けながらの結婚式は本当に爽やかでよかったです。式の途中でおごそかなハワイアンソングに乗せてフラダンスの披露もあり、日本では感じられない感動を覚えました。(オアフ島・40代女性)

●●マウイ島のラハイナで挙式を行いました。ラハイナの街外れの海岸沿いにある静かな場所にある教会でした。教会や写真屋とのコーディネートはワタベウエディングの方が行ってくれました。

前日リハーサルを行い、当日は宿泊先でお着替えし、リムジンで教会へ向かいました。

式はハワイアンウエディング・ソングの生演奏が折々に入り進み、終了後は参列者の方々と教会内と外で記念撮影です。快晴で心地良い風が吹き、最高の式となりました。

そして、その日は、ラハイナにあるハワイアン料理の一つであるルアウをメインとしたショ―パーティーに参列者をお呼びしました。

海岸沿いの場所なので、サンセットを見ながら、そしてハワインショ―を見ながらのディナーとなり、皆さんにも非常に好評でした。(マウイ島・30代男性)

●●もう10年以上前の話になりますが、8月にマウイ島のグランドワイレア内のチャペルで挙式をしました。

挙式自体はワタベさんにお任せでよかったのですが、旅行会社で親族や友人のパッケージ旅行を手配したり、挙式翌日以降のオプショナルツアーを手配したりと、なかなか大変でした。

挙式後にガーデンパーティをしたのですが、その手配はホテル側と直接やらなくてはいけなかったし、料理や生バンドなど、細かいことを時差のある中で電話やメールでやりとりしました。

チャペルでの挙式後、隣にあるガゼボでケーキカットをし、そのケーキをガーデンパーティで皆さんに食べてもらいました。

ハワイアンミュージックの生演奏の中、アロハシャツ、ムームーを身に着けた親族、友人と、とても思い出に残るひと時でした。(マウイ島・40代女性)

グアム挙式

●●私は4年前にグアムで挙式をしました。長時間のフライトを避けるために、グアムを選びました。ドレスや式場を選ぶのは日本のブライダルショップででしたが、式そのものはリハーサルもなく、ぶっつけ本番です。

もちろん誓いの言葉は英語で、終始ドキドキしっぱなしでした。両親だけの招待だったのですが、スタッフの方が式の雰囲気を盛り立ててくださいます。

浜辺での撮影は、周囲の人に見られながら恥ずかしい気持ちがありながらも、なんだかモデルさんのような貴重な経験となりました。

一番嬉しかったのは、式に直接関係のない方たちからのあたたかい拍手でした。グアムは日本からの観光客も多く、「きれい」「おめでとう」など祝福の言葉を投げかけてくださる方もたくさんいらっしゃいました。

日本での挙式もたくさんの友人に囲まれて素敵ですが、海外挙式もまた素晴らしいものでした。(グアム・20代女性)

●●海外挙式は私は昔からの夢でした。写真で見るよりももっと素敵でした。とっても綺麗な式場でしたし、安心したサービスを受けれたので大満足でした。

多分、日本の挙式や披露宴でも高額な金額になるかと思いますが、削るところは削って、やりたいことをメインに、髪型は凝ってやりたいとか、自分たちなりに考えて行いました。

やはり日本とは違い、ロケーションは最高でした。海が見える素敵なチャペルで、とても雰囲気があり、みんなから祝福されている感じがとても伝わって、大変感動しました。

動画は高かったのでやめましたが、呼んだのは少人数の親族だけだったので、姉にデジタルビデオで撮影してもらいました。写真はプロに任せました。

挙式をメインにしたかったので、専門店にお願いして本当に良かったと思いました。海外挙式はとてもいい思い出になりました。(グアム・20代女性)

●●私が海外挙式をして大変だったことは、「二人になる時間がなかなかない」ことでした。空港から両家の両親と一緒に現地入りし、そのまま同じホテルに泊まりました。

一緒に行くからにはやはり気を遣わなくてはいけなく、そして一緒に食事したりしなければならず、リゾートに来たのにあまりゆっくりできたという感じはなかったです。

挙式会場には友達も呼んだので、挙式が終わった次の日は友人たちと遊ぶことになってしまい、嫁に白い目で見られてしまいました。ハネムーンもかねての海外挙式にこだわるのなら、ちょっと考えた方がいいと思います。

やはり、挙式とは別にハネムーンに行った方が、準備や緊張することもなく、ゆっくりと堪能できると思います。

ただ、やはりあの快晴の空のもとの挙式はとっても良かったです。一生に一度のいい経験ができました。(グアム・30代男性)

●●グアムで家族・親戚・友人5名の17名の挙式&パーティをしました。相談したワタベウエディングの担当者は、とても素敵で丁寧な女性でした。私たちの希望もよく聞いてくれ、くだらない雑談にも快く応じてくれました。

ただ、ドレスの担当者は良くなく、ドレスを選ぶ時間はタブレットを渡されてから「7分程度でお選びください」と、限定されてしまいました。カラードレスなしで1枚しか着ないので、本当はもっとしっかり選びたかったのですが…。

当日の式とパーティはとても良かったです。日本人コーディネーターも現地の配膳スタッフも笑顔が素敵で、メイクさんもとても素敵に仕上げてくれました。

友人のひとりが誕生日だったので、何かお祝いを…とお願いしていたら、ケーキのプレートに加えて、スタッフの方が音楽を流しながらハッピーバースデーを歌い、楽しい雰囲気にしてくれました。

ただ、でき上がった写真を見ると、友人などと集まって撮影した写真は目線が完全に外れていたり、家族それぞれで撮影した写真がなかったりと、悔しい思いもしました。(グアム・30代女性)

●●私はグアムにて、夫と二人だけで挙式を行いました。海外には行った事がなかったので、初海外という事もあり、かなり緊張していました。新婚旅行を兼ねていましたので、1週間ほど行ってきました。

本当は両親や友人にも来てもらいたかったのですが、予算の都合や飛行機が苦手等の理由から、二人だけの挙式となりました。二人だけの挙式でしたが、青い海と青い空、そして優しいスタッフの方たちに囲まれて、本当に素敵な式になりました。

日本で挙式をする事も考えましたが、一生に一度の事ですし、飛行機が苦手で一度も海外旅行をした事がなかったので、この機会に一度行ってみようと思いました。

とても親身になって相談に乗って頂いたワタベウエディングの方々には、今でも主人共々感謝の気持ちでいっぱいです。(グアム・30代女性)

●●8年前、グアムで行われた妹の結婚式に参加しました。ワタベウェディングを利用していました。出席者は、姉の私と、父母、叔父叔母。新郎側も人数をそろえて、新郎妹、父母、叔父叔母です。

一番苦労していたのは、ウェディングドレスでした。ドレス持ち込みだったので、そのドレスを機内持ち込みにしていました。ロストバゲージなんかになったら大変ですから。

到着したら、まずそれの着付けの打ち合わせやらに追われていました。「日本で選んだ衣装と同じものが現地にあるから大丈夫」というのがワタベの売りだったと思いますが、「けっこう高くて良いのがない」とぼやいていました。

なので、妹は、衣装レンタル専門店で安くて気に入った衣装を借りていました。けれど、そうすると、保管やらはすべて自分でしないといけないので、スーツケースに詰め込んでいたドレスのしわをとるのに、お風呂場で頑張っていました。

ホテルやチャペルは本当に素敵で、出席した方々はみんな満足されていたと思います。特にチャペルは、バージンロードがガラス張りで、祭壇方向に海が見えるというもの。ベタですが、解放感があって素晴らしいと思いました。

一つ難点をいえば、ガラス張りなので、日が照ると、とても暑い。冷房が入っていても、直射日光は暑いです。真夏の車の中みたいな感じです。

海外挙式は、現地での打ち合わせがスムーズにいくことが一番大切でしょうね。

主役の二人がちゃんと段取りしないといけないので、自分たちが、結婚式の幸せモードに浸る余裕がなくなるということもあるかもしれません。その辺は向き不向きもあるし、コンサルタントにもよると思いました。(グアム・40代女性)

タヒチ・ボラボラ島挙式

●●南の島での結婚式を夢見て、タヒチでの式を実現させました。タヒチというとゴーギャンのイメージです。私と彼は共に美術学校の卒業でしたので、ゴーギャンとゴッホの過ごしたタヒチでの結婚式は本当に夢だったのです。

夢にまで見たタヒチでの結婚式。砂浜で挙式を行うのかと思っていましたが、実際に到着すると、海の上に建った水上コテージのような作りのチャペルでの挙式となりました。

チャペルに入る前に、現地の方たちのダンスがあり、お祝いムードで嬉しくなりました。そのチャペルは祭祀さんの後方がガラス張りになっていて、海が一望できました。

が、全体的に小さ目の作りで、あまり良い印象はなかったです。私としては南の島で挙げるのならば、できることなら砂浜での挙式が良いかなぁと思いました。でも、もちろんタヒチでの結婚式は最高でした!(タヒチ・30代女性)

オーストラリア挙式

●●JTBウェディングさんで挙式と旅行のセットプランを申込みました。旅行に関してはJTBさんだったのですが、挙式に関しては全てワタベウェディングさんでした。

担当者さんは、旅行、挙式、衣装、現地スタッフさんでわかれており、皆さん感じが良かったです。

特に、ワタベウェディングの衣装の担当者さんの印象がすごく良かったです。とても親身になって話を聞いて頂き、私の好みを上手くくみ取ってくれたので、とても楽しく満足の行く衣装選びになりました。

また、衣装だけでなく、ヘアスタイルや体型の悩み、撮影の際のスタイルチェンジなども聞いて頂き、納得のいくコーディネートができました。

そして、ワタベウェディングの現地の担当スタッフさんもすごく良くして頂きました。

現地申込みできる映像コンテンツも分かりやすく説明して頂き、日本でのお披露目パーティー用に映像コンテンツの申込みをしました。雰囲気作りや、細かい所にすごく気を配って頂き、大満足でした。

かかった費用は、旅費込みトータル150万ほどでした。挙式場所は、オーストラリアのケアンズ、ヒルトンホテルのブルーホライズンチャペルでした。

どのスタッフさんも対応が良く、気持ち良く過ごすことができ、大満足でした。素敵な一生の思い出作りができました。(オーストラリア・ケアンズ・30代女性)

フランス挙式

●●8日間の日程で中日(4日目)に挙式をしたのですが、旅行も挙式も両方楽しもうと思っていた私にはかなりハードな日程でした。ドレスは日本でワタベさんが全面的に見てくれるので、自分で買取して海外への持込になります。

写真は凱旋門とエッフェル塔を選択しましたが、日本人のカメラマンさんだったので、どういう風にしたいとか伝えれば、かなり融通を利かせて対応してくれます。

挙式は私達2人だけでしたが、パイプオルガンの音色の中、雰囲気がとても良かったです。メイクや髪のセットも現地の日本人の方だったので、安心してお任せする事ができました。

旅行の荷物とドレスとタキシードを一緒に持参しなくてはいけないので、かなり大荷物で大変でした。

海外挙式はなかなかできない貴重な体験ですが、式メインと考えた方が良いと思います。旅行も満喫したいと思ったら日程を多く取った方が楽しめるのではないかと思いました。

写真はアルバムにするのに、撮った中から帰国後にゆっくりパソコンで選んでセレクトできるという形です。(フランス・パリ・30代女性)

●●姉がパリに住んでいたこと、そして家族だけで結婚式・披露宴をあげたくなかったことを理由に、パリでの挙式をお願いしました。

横浜のワタベウエディングで、ウエディングドレス・タキシードを選び、新郎新婦互いの父親の衣装も予約することができました。総額で45万ほどかかりました。

当日は泊まっているホテルまで、衣装を持って現地在住のヘアメイクの方が来てくださいました。

着替えが済んだら専用車がホテルまで迎えに来てくれるのですが、ウエディングドレスのままホテルのロビーを歩き、外に出ないといけなかったので少し恥ずかしかったです。ただ、街の方が「おめでとう」と声をかけてくださったのは嬉しかったです。

基本的に、担当者の方は落ち着いており、衣装の決定などは淡々と進んでいくイメージでしたが、比較的予約も取りやすかったので良かったです。

現地スタッフとの調整でも、こちらの意図は伝わっておりましたので不満を感じることはありませんでした。

現地でのパーティーは、パッケージに含まれていなかったので、自分でお店を見つけて手配しました。今思えば、現地でのそういったパーティーも手配できるとより良かったように思います。(フランス・パリ・30代女性)

ページの先頭へ