あいおいニッセイ同和損保の地震保険

更新日:2018年12月7日

あいおいニッセイ同和損保の地震保険は、同社の火災保険「タフ・住まいの保険」にセットすることで加入できるようになっています。なお、地震保険の補償内容や金額等は他社と同一です。

目次

  1. 基本情報
  2. 地震保険加入の口コミ
  3. 地震保険の補償体験談
  4. 地震保険料は全社同一なので、一括見積もりで火災保険料を比較しよう!

基本情報

商品名 タフ・住まいの保険
火災保険のプラン ・エコノミープラン
・ベーシックプラン
・ワイドプラン
地震保険の補償額 全損:地震保険の保険金額の100%(時価額が限度)
大半損:同60%(時価額の60%が限度)
小半損:同30%(時価額の30%が限度)
一部損:同5%(時価額の5%が限度)

地震保険加入の口コミ

●●私は東日本大震災をきっかけに地震保険の必要性について考えるようになりました。今までは賃貸のマンションだったため、あまり地震保険について考えることがなかったのですが、一軒家に引っ越してから、自分達の家の補償は自分たちでする必要があると思うようになりました。

そしてあの大きな震災が起こり、地震だけでなく、津波などの二次災害の恐ろしさを実感したのです。何とも言い表すことのできない程の光景が毎日ニュースで流れ、とても心が痛みました。

そのニュースでのインタビューに答えたいた被災者の方が、家も何もかもなくなってしまって、これから先不安しかないといったコメントをされていました。これをきっかけに主人と地震保険加入について話し合うようになりました。

家族で地震保険に加入すると決意し、保険会社の外交員の方に来て頂いて説明を受けました。その方の説明がとても丁寧で分かりやすく、何の知識のない私でもしっかりと理解することができました。

家が倒壊状況によって補償される額が異なることや、補償額が満額支給されないケースなど、上っ面だけの良い話だけでなく、しっかりと補償されないケースについても細かく説明を受けました。そして気になっていた質問をし、その答えをもらって納得した私は、その場で契約をお願いしました。

しっかりとされていた外交員の方で、きちんと契約書や約款などを持参していて、その場で契約をすることができました。毎月の支払いに関してなどもきっちりと教えて下さり、あやふやな点というものが全くなかったので本当に気持ち良く契約ができました。

●●家を新築するにあたって火災保険と地震保険に加入しました。火災保険に関しては35年一括で支払いを済ませ、地震保険に関しては毎年更新するという方法を取りました。

契約を交わしたのは保険会社でも代理店でもなく、私たちは不動産会社を通して契約をしました。火災保険に関しては説明がわかったのですが、地震保険に関してはその地域の特色によって値段に差があるみたいでした。家を購入した土地が川に近い事から少し値段高額になってしまいました。

今から思えば他の保険会社と比較して契約していればもう少し安く契約できたのかもしれませんが、その時点では考えもつきませんでした。保険は一生払っていくものなので、ちゃんと考えて契約しなければと思いました。

●●私は東日本大震災をきっかけに、母の勧めであいおいニッセイ同和損保の地震保険に加入しました。「タフ・住まいの保険」という保険と一緒に加入しています。

東日本大震災によって、地震だけでなく、津波の恐ろしさを知り、それによって壊されていく住居や家財などの多さを知り、とてもショックを受けました。今までの保険ではカバーできなかった補償を揃えたこの保険を最初に勧められた時に、まだまだ小さい子供がいる我が家には必要な保険ではないかと考えたのです。

そして、保険会社の方に実際に家に来て頂き、説明を受けました。過去に入っていた保険では、地震による津波による倒壊、噴火による埋没等が含まれていなかったため、この地震をきっかけに多くの方が、この保険に加入されているとのことでした。

ニュースでも日々言われている通り、いつ今住んでいる東京に直下型の地震が来てもおかしくない毎日で、万が一の際に少しでも補償を手に入れられるならと加入を決意しました。

主人も小さな子供がいる一家の大黒柱ですから、すぐに賛成してくれました。この保険を使う日が来ない事を祈りますが、加入することで災害後の小さな安心を手に入れられたと思っています。

地震保険の補償体験談

●●東日本大震災で地震保険の支払いをしていただきました。家財に保険はかけておらず、建物のみだったので、建物に目立った被害はないし、出ないだろうなぁとダメもとで聞いてみたのですが、これが出ました!

一部損扱いで、たしか100万くらい出たと思います。ちなみに、自治体の被害の判定は半壊。それから考えたら、一部損はむしろ損をしている厳しい判定なのではと思う人もいるかと思いますが、東日本大震災は自治体の判定のほうが甘い場合がどこも多かったようです。

更に3月11日の本震のあとにも、4月7日に震度6くらいの余震が来てますが、その分、なんと二回も保険金が出ました。

よく、地震では建物に被害がある場合は稀で、損害は家財に多いと言われているので、家財に保険をかけるのがベストのように言われますが、家財にまで保険をかけると毎月の支払いがすごい額になります。このケースでは建物に被害という形で補償してもらって、ダメになった家財を買い替えるということもできました。

地震保険料は全社同一なので、まずは一括見積もりで火災保険を比較してみよう!

地震保険の保険料はどの保険会社で加入しても同一ですので、セットでの加入が必要な火災保険の保険料を比較することが重要です。

そこで、まずは一括見積もりで火災保険の保険料を比較してみましょう。私の場合、これまで契約していたものと比べて、総額で23万円近くも安くなりました。

無料でできて、パソコンでもスマホでも必要事項の入力はすぐに終わります。最大で12社もの見積もりを比較でき、もちろん地震保険を付帯した場合の総額も知ることができます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 火災保険の一括見積もりで保険料を比較をしてみる

右向き矢印 火災保険の一括見積もり

火災保険の一括見積もり

ページの先頭へ