日本アニマル倶楽部の口コミと評判

更新日:2018年11月17日

日本アニマル倶楽部は日本少額短期保険協会に加盟している会社で、少額短期保険という形式を取ってペット保険を提供しています。

社名がそのまま保険名というケースも少なくないのですが、同社では社名と関係のない「プリズムコール」という名称でペット保険を手がけていて、7つものプランが用意されている点が特徴的です。

目次

  1. 特徴
  2. 小型犬の口コミ
  3. 中型犬の口コミ
  4. 大型犬の口コミ
  5. 猫の口コミ
  6. 小動物の口コミ

特徴

日本アニマル倶楽部の主な特徴を箇条書きでご紹介します。

  • 保険料や補償内容が異なる7つのプランが用意されている
  • シニア専用更新プランもあり、終身加入が可能となっている
  • 犬や猫だけではなく鳥類や爬虫類などの小動物も加入できる
  • 多頭割引や福祉割引などといったお得な割引制度が用意されている
  • インターネットを通じて契約することもでき、その場合は割引が適用される

小型犬の口コミ

●●私はペット保険のプリズムコールに加入しています。このプリズムコールを知ったきっかけは、「ポメラニアン倶楽部」というサイト内での紹介でした。

先代の犬(ポメラニアンのメス)は9年間加入し、この犬が他界したその後に飼った犬(同じくポメラニアンのメス)は、現在4歳ですが、今もプリズムの保険は継続中となっています。

先代の犬の時には2回ほど保険を使いました。一度目は、後ろ足を脱臼し、近所の個人病院で処置をしてもらったのですが、これが思うように完治せずに、その半年後に大学病院(動物科)で手術をして頂きました。

この手術の2回とも、スムーズに保険金を支払って頂き、本当に助かりました。一度目は約8万円、二度目は約12万円の支払いだったと思います。

そして、次に飼う事になった犬は、生後6ヶ月の犬でしたが、うちに来て3日目に前足を骨折してしまいました。その時は、まだ飼ってから3日目という事もあり、プリズムの保険には加入していませんでしたが、その3ヶ月後に正式に加入しました。

それから2年後、この二代目の犬の骨折した足の湾曲が酷く、先代と同じ大学病院で形成手術を行う事になりました。それも約16万円もかかりましたが、プリズムの保険で支払って頂けたのでとても助かりました。

先代の犬が亡くなった時には、霊園で火葬する費用までも全額支払って頂いたので、これにも驚きました。今後も、ずっとプリズムの保険を継続していきたいと思っています。

●●加入しているペットは12歳のシーズー犬です。保険に加入したのは、4歳の時でした。当時は、全くの健康だったのですが、いざという時の為にと、安いプランに加入しました。この会社を選んだのは、保険料が生涯変わらない事、終身更新ができた事、そして他の会社よりも保険料が内容の割に安かった事でした。

犬が5歳の時、水痘病を発症。入院と手術をし、その時に初めて保険金の請求をしたのですが、加入していたのが安いプランだった為、病院に支払った金額とは程遠い金額の給付額でした。

それでも診断書の作成費用も別で給付されましたし、入っていて良かったと思いました。ただ、給付金の支払いが思ったより時間がかかり、請求までの手続きが少々面倒で、忙しい先生に専用の診断書を書いて貰うのも気が引けたのを覚えています。

その後、同じ病気で再度乳院と手術。通院も幾度とあったので、通院費用だけでも給付されたのは助かりましたが、通院で補償される日数も限度があるので、このペースだと限度を超えてしまうだろうと思っていました。

そんな頃に、保険会社の制度か何かが変わったようで、プランが一新され、新しくできた少し補償内容の良い高いプランに変更できました。

その頃、前の病気の影響からか、今度は目が緑内障を発症。気が付いた時は片目を失明していて、眼球を摘出する事になりました。

それまでの通院と、その手術と入院。毎回給付頂ける金額よりもかなり高い金額を病院に支払ってはいますが、毎月の保険料を考えれば、十分すぎる程の給付を頂いているので、本当に入っていて良かったと思います。

現在は、残った片目、こちらも失明してしまっていますが、悪くならない様に定期的な健診と投薬治療を続けていて、その保険金を1年に一回ペースでまとめて給付して貰っています。

もうすぐ、次の更新月ですが、眼の治療で何回も給付して貰っているので、とうとう、特定疾病不担保で目の病気に関しては給付できないとの連絡がありました。

契約時にしっかり確認していなかった為、ショックでしたが、今までペット保険にはお世話になってきましたし、今後も年齢の事を考えるといつどんな病気にかかるかも知れないので、もちろん更新しました。

うちの犬がこんなに重い病気をすると思っていなかったですし、それまで病院にかかったのは年一回のワクチンのみという程の健康な体の持ち主でしたので、元気なうちに保険に入っていて本当に正解でした。

動物病院でかかる金額は半端なく高いですし、正直、支払いの時に半額で済むペット保険にすれば良かったと思う事もありました。面倒な請求の手続きもなく済みますし。しかし、そういう保険はまた別のデメリットもあると思います。

ペット保険は人間の保険と同じで、本当に色々比べて入らないと後で後悔する事になるかも知れません。ですが、加入を迷っている方には、絶対保険に入っておくべきだと私は断言します。

中型犬の口コミ

●●日本アニマル倶楽部(プリズムコール)に我が家の愛犬は加入したのです。年齢があがっても保険料が上がらないのが助かっています。そして、子宮に腫瘍ができて手術をしたのですが、この保険のおかげで安い治療費でよかったです。

不幸中の幸いでうちの子は、ガンではなかったため通院日数も少なくてすぐ元気になりましたが、ガンで保険に入ってなかったと思ったら、ゾッとします。

今の愛犬は2代目で、前の愛犬がガンで亡くなっているため、ペット屋で2代目を飼った時にすぐ、インターネットのサイトで保険を調べて、日本アニマル倶楽部(プリズムコール)の加入を決めたのです。みなさんも、愛する愛犬や愛猫などのために保険の加入をおすすめします。

●●我が家の愛犬は、日本アニマル倶楽部のプリズムコール(オレンジプラン)に加入しています。ペットショップで愛犬を購入した際に「通院ぐらいするかもしれないから」とお店の方に勧められて加入することにしました。

以後3年間は特に利用することもなく過ごしてきましたが、昨年、前脚を骨折し入院と手術、通院を経験しました。

ペットの医療費というのが高額であることは知っていました。しかし身をもって体験してみると、かなり金銭的にきつかったです。レントゲンを撮ることも多かったので診察後の支払いが平均8,000円ほどで、それが月に2~3回5ヶ月間続きました。

初めの手術と入院の段階で20万円ほどかかり、かなり高額でしたが、思った以上に通院にお金がかかるような印象がありました。

オレンジプランはどちらかというと通院向けだとは思うのですが、通院の回数が結構多かったので治療終了後に保険金を請求してみると、治療費総額の半分ほど保険金が戻ってきて、我が家としては本当に加入していてよかったと感じました。

いざと言う時のために、ペット保険は大切だと実感しています。今はいろいろなプランもあるようなので、ご自分のペットに合う保険に加入することをお勧めします。

▲▲愛犬を購入した際に、ペットショップと提携していたので加入しました。今までペット保険には入ったことがなかったのですが、お店の人に勧められて加入してみることにしました。その時には他社の保険と比較することはせず、ペットショップと繋がりがあるのなら、ということで決めました。

数年後、愛犬が歯周病になってしまい、抜歯等のために全身麻酔をする手術を行いました。そしてその時に初めて気が付いたのですが、こちらの会社の保険は歯に関する治療は全て保険の対象外となっていたのです。なので、結局保険を使うことができませんでした。

犬の歯のトラブルは決して少なくないと思うので、これは盲点でした。かかりつけの獣医さんが勧める保険に早い段階で切り替えていれば良かったと思いました。

大型犬の口コミ

●●それまで入っていた保険があったのですが、その保険は私の親が世話になっている人間の生命保険の代理店の人に勧められて、勝手に親が契約した保険でした。

大手生命保険会社の子会社の様でしたが、いつの間にかそのペット保険会社は無くなっていて、実際その保険で保険金が降りたのは、犬が健康で病院の世話になる事が無かったのもあり、ワクチンの費用だけでしたので、まあいいか…程度にしか思っていませんでした。

ただ、やはり万が一の事を思い、別の保険会社を探す事にしました。しかし、たくさん種類もあり、実際に病院で治療を経験した事が無かったので、どれくらいの補償があれば安心できるのか、後から保険金を貰える方か、病院で清算する時に割引した金額で清算できる保険会社がいいのか、などがまったく分かりませんでした。

そこでとりあえず、割と良い補償内容で保険料が安く、ずっと保険料が変わらない、この保険会社を選びました。あまり聞かない会社だったので、少し不安もありましたが、電話での問い合わせも丁寧に答えてくれるし、その後何度か病気で保険金の請求もしましたが、もちろんきちんと支払いして貰えました。

我が家の犬はもう老犬ですが、この保険は終身ですので、最期の時が訪れるまで安心できるのも大きなポイントです。

●●日本アニマル倶楽部のプリズムコールを利用しています。ブリーダーさんからお迎えした際に、勧められた保険を更新するかたちで今も利用しています。

これまでに、毛包虫症で1回、膝蓋骨脱臼で通院した2つの病院に各1回、合計3回保険申請をしました。初めて申請するときに、電話で色々と確認させていただいたのですが、オペレーターさんの印象はよく、必要な書類を詳しく教えてもらいました。申請のためには、申請書と領収書のほかに、獣医さんの診断書が必要です。

ひとつ残念なのは、診断書発行料の支払額について年間で上限が決まっていることです。膝蓋骨脱臼の際、2病院でそれぞれ診断書を発行してもらいましたが、すでに年間の限度枠いっぱいになってしまいました。

領収書には、保険対象外のサプリメントなどの料金も一緒になっていましたが、保険会社の方で対象のものとそうでないものを整理してくれるので、わざわざ領収書を分けてもらう必要もありません。多頭飼い割引もあるので、たくさん家族がいる方にはオススメします。

猫の口コミ

●●ペットショップにて猫を引き取る際、ペット保険に加入することが条件で、案内されたのがプリズムコールでした。引き取るまで、保険に加入することが条件とは聞いていなかったため少し戸惑ったのですが、ペットの体調を見ながらすぐに辞めても構わないとのことでした。

実際にペットと暮らし始めてみると、まだ子猫ということもあって体調を崩しやすく、病院で診てもらうことが多かったので、結果的には保険に加入していて正解でした。

保険料は毎月2300円程度を支払っています。週に何度も病院で診てもらうことも多く、また一度の診察で一万円以上かかることもあったため、かなり元は取れたかと思います。

保険料の請求の仕方は少し手間と時間がかかります。病院の領収書を全て整理して添付、さらにペットの毛10本以上を同封します。保険適用内と判断された分の金額は返ってきますが、適用外と判断されたものはもう一度審査してもらうことも可能です。

ペットといえど、診察料は結構かかるので、子猫の時期や高齢期には保険に入っていて間違いないと思います。

●●私の家の猫は外を自由に行き来できるようにしてやっているのですが、よく喧嘩をしてきて怪我をしてくるものでした。そのおかげで時には病院に行って治療をしてもらわなければならず、その分の医療費が馬鹿にならないものになっていました。

そうしたこともあって、ちょっとずつ話題に挙がっていたペット保険を利用しようと思ったのです。友人曰く、メーカーをちゃんと吟味さえすれば格段に使い勝手が良いとのこと。そこで自分の猫に見合った保険を選んで行ったのです。

あまり病気はしない方でしたから、とにかく医療費全般に手助けをしてくれる保険を探しました。そうして選んだのが日本アニマル倶楽部のプリズムコールでした。プラス要素として、年齢が上がっても保険料が変わらないというところも良かったと思いました。これで何とか出費を抑えられるようになったので助かっています。

小動物の口コミ

●●犬猫、たまに鳥などは保険がありますが、ハムスターが大病をしたのをきっかけに、ハムスターの入れる保険を探したところ、ここくらいしかありませんでした。うさぎやハリネズミやハムスターは、プランが4つしかなく、インターネット契約や多頭割引が適用されないのが悲しい、というのが知り合い間の評判です。

また、通院と手術と入院をすべて合わせたプランだと、年間安くて37,000円程度。ほかの動物はわかりませんが、寿命の短いハムスターだと本当にかける意味があるのかも疑問なところです。

また、何より「あまり扱っている動物病院がない」と聞きます。新規の会社なのでしょうか、メジャーな会社じゃないのでしょうか、入ったところで扱っていないとなんの意味もないというのが結局加入しない決め手になってしまいました。

ページの先頭へ