八十二銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

八十二銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。1931年に六十三銀行と第十九銀行が合併して誕生した地方銀行で、銀行名はこの合併の際の両銀行名の数字を合計したことに由来しているというユニークな経緯があります。長野に本店を構えているほか、国内外の複数の場所に支店や駐在員事務所を設けています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 3年~35年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 △(10万円以上で残返済回数が12回以上の場合は無料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・変動金利型
・固定金利選択型
・全期間固定金利型
・3大疾病+5つの重度慢性疾患保障付住宅ローン
・フリーデザイン
・大型フリーローン
フラット35
・リフォーム・エクステリアローン

住宅ローン審査の口コミ

●●八十二銀行で住宅ローンを組んでいます。つい先日、固定金利期間(10年間)が終了して、契約の更新をしたところです。今回も固定にしました。25年の契約なので次の更新はまた10年後になります。金利は最初より0.4%上がりました。

住宅ローンを探していた当時、私は転職したばかりで妻は専業主婦だったので、普通なら住宅ローンは通らないだろうと言われていました。それでも夢のマイホームを…と思っていたのですが、最初に訪れた住宅金融公庫はだめでした。そして、次に検討したのが地元にあって、よくお世話になっている八十二銀行でした。

とにかく相談だけでも…と思い、夫婦で八十二銀行に行き、仮審査の申し込みをしました。土地が購入済みで他にローンがなく、転職したばかりでも、以前に10年近くの勤務経験が有るということで無事審査が通りました。そして、現在は長い長いローン支払い生活を送っています。

はやくローンが終わって楽な生活に戻りたいですが、子供の学費や車のローンなどで出費がさらに増えて、とても生活が苦しい今日この頃です。

●●土地付きの一戸建て住宅を購入した際、八十二銀行で住宅ローンを組みました。当時は年収が400万円を超えていたので、1,000万円程度のローンはあっという間に審査が下りました。

八十二銀行は、自分の会社系列で信用保証会社をもっているので、その会社が独自の調査を行い、審査結果が出ます。当時は、地元でもそれなりに大きな法人に勤めていたこともあり、身元が保証されていましたし、何よりも借り入れる額が少なかったので、そんなに心配をしなくても良いというローン担当者からの話もありました。

金利は、住宅金融公庫がかなり下げ始めていた時だったので、いくら地方の金融機関と言えども公庫に負けないような金利設定となっていました。ただし、10年以上の長期固定金利ものではなく、3年の変動金利だったので、3年経過後の金利見直しによって、かなり痛い思いをしましたが…。

●●住宅ローンは2回目でした。1回目は中古住宅を買った時。その中古住宅は失敗して、3年住んで売りに出しました。

その時に組んだローン会社は東海銀行というところで、今はない銀行です。やっぱり今無くなっているだけあって、審査も甘かったような気がします。借りられる金額も結構多かったです。接客も少々雑な感じもしました。

今借りている銀行は長野県内で展開している八十二銀行です。対応に問題もなく、非常に丁寧な説明もあり、安心してローンを組めました。金利も安くもなく高くも無くといったところで、無難な選択だったように思います。

それにしても、お金を借りるときに手数料30万円位掛るのはなぜなんでしょう。ネット銀行でも同じくらい取られます。ここには納得いきません。

●●みずほ銀行とろうきんと八十二銀行の3つの中で住宅ローンを検討し、八十二銀行にしました。メリットは、長野県に住んでいるので、支店がたくさんあり、家の近くにも歩いていける範囲であることです。住宅ローンの残高に応じて、年に1回キャッシュバックがあります。

また、住宅と土地でローンを分けて、土地を先行でローンをはじめることができ、それぞれで変動金利と固定金利を選ぶことができました。みずほ銀行は、土地と住宅を同時でローン申し込みだったので、土地を先行取得した我が家にはあいませんでした。そして、ろうきんより八十二銀行の方が、金利がよかったです。

我が家は利用しませんでしたが、税理士さんが住宅ローン減税を受けるための、確定申告書の記入の仕方を教えてくれる講習会もあり、親切に感じました。

デメリットは、用意する書類が多いことです。他の銀行に比べると、年金事務所に行ったりしなくてはならず、準備が大変なところがありました。また、繰り上げ返済の金額が10万円以上でないと、手数料がかかってしまうことです。他行が1円から繰り上げ返済を無料でできるところも多いので、そこは大きなデメリットとして感じています。

ネット銀行と比べると、金利は不利ですが、土日も住宅ローンの相談を直接担当者に会って相談できるので、情報収集が得意ではない我が家にはよかったです。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ