中国銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

中国銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。中国地方の岡山県を主な営業エリアとしている地方銀行で、本店を岡山市に置いていて岡山県内に多数の支店を構えているほか、近隣県の広島県や香川県などにも複数の支店があります。住宅ローンに関しては特設ページを設けて、かなり詳しく解説をしています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 3年~35年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・ちゅうぎんクイック住宅ローン
・ちゅうぎん定期借地権付住宅ローン
・リビング・ニーズがん保障特約付住宅ローン
・3代疾病保障特約付住宅ローン
フラット35

住宅ローン審査の口コミ

●●うちは主人名義で中国銀行で住宅ローンを組んでいます。もう5年目になりますが比較的簡単にローンを組むことができましたね。うちは変動金利ではなく、固定金利にしたのですが変動金利の方が若干安いです。でも金利が年間1.8%くらいで借入できたのでまあまだよかった方だと思います。

頭金も300万程入れたのですがでも今思うと変動の方がよかったのかな?とも若干思っています。あと10年程ローンが残っているので頑張って返していかなければ。ローンを組むときは慎重にローン会社選びしてくださいね。

借り換えの口コミ

●●住宅ローンの金利が下がったというニュースを聞きながら、「気になるな~。やってみたいけどどこがいいかな~。」と悩むばかりで手を付けずにいたのですが、お世話になった住宅メーカーのセールスさんが久々に訪問して下ったときにその話になり、その後はとんとん拍子に話が進んでいきました。

もともとJAで借り入れをしていたのですが、借り換えをするとそのメリットがかなり大きいことを教えていただきました。どこと借り換えをするのか悩んだ結果、給料も振り込まれている中国銀行に決めました。余談ですが、最初に借りた金利を再交渉できることもその気知りました。

その後、セールスさんに中国銀行の知り合いを紹介していただき、最初の説明に向かいました。いろいろと話を聞いたのですが、正直に思ったのが、あれやこれやの手数料がとんでもなく高かったということです。

必要書類も結構たくさんあり、たくさんの書類に記入し、押印し、結構疲れました。高額のお金が動くのでしょうがないのかなと思いますが、正直かなりめんどくさかったです。店舗には合計3回行ったと思います。

しかし、大変な作業でしたが、それに見合ったメリットがあり、月々の返済額もかなり減り、満足はしています。自分ではよくわからなかったので、セールスさん様様でした。

●●私が住宅ローンの乗り換えをしたのは5ヶ月ほど前になります。当初は、某信用金庫にて3年固定の住宅ローンを組んでいたのですが、更新の際の金利が上がり、月々の支払い額が1万円程上がったのがキツイなーと思っていました。

そんな時に、中国銀行の営業の方が訪問してこられ、話を聞いてみると、もっと安くできるかも知れないと言われ、見積りを出してもらいました。

始めは乗り換えるつもりは更々なかったのですが、話を聞いている内に、払ってた所より7千円程安くなり、年間8~9万は違ってくるとわかり、手続きは面倒くさいなと思いながらも乗り換えてみることにしました。

実際に手続きは面倒でしたが、書類関係は中国銀行の方が家まで持参してくれたり、見本を分かりやすく書いてくれたりして、思ったよりスムーズにできたのではないかと思います。

乗り換えの途中で、某信用金庫には絶対に言わないで下さいと念は押されていましたが、そういう機会は特になく。いざ、乗り換えの準備ができ、書類を提出してもらってから、信用金庫側からアプローチがありました。

今より安くするから乗り換えは考え直してみては…と、中国銀行より良い条件は出されましたが、下げれるなら更新の際に下げとけよと内心思い、丁重にお断りさせてもらいました。更新の際は、しっかりと話をするべきだと勉強になったでき事でした。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ