常陽銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

常陽銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。

茨城県水戸市に本店を置く常陽銀行は、総資産が7兆円を超える大手地方銀行の一つです。地域密着型で地元から人気の高い銀行となっています。

住宅ローンに関しては県内トップシェアを誇り、非常に多くの方が同行の住宅ローンを利用していることが分かります。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 3年~15年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ○(無料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
その他 ・火災保険に割安な保険料で加入することができる
・平日だけではなく土日も無料相談会を開催している
・茨城の各地域に詳しいプロに住宅ローンの相談ができる
・アパートローンやリフォームローンなども用意されている
・三大疾病のリスクに対処できる保障プランが用意されている
・ATM手数料無料や引越費用割引などといった契約者特典が充実している
・家や住宅ローンに詳しくなれるガイドブックを無料で貰うことができる
・最短翌日に回答を貰える「かんたん事前審査」というサービスを利用できる

住宅ローン審査の口コミ

●●周りから「年収と信用情報は文句はない」と言われていましたが、血圧が高く薬を服用していたこと、睡眠時無呼吸症候群であることなどがあり、ローンの審査が通るまでは緊張しました。

仮審査は正直軽い気持ちで受けて、あっさり通りましたが、問題は本審査でした。

銀行の方から、先に述べたことがあっても通ることがあるとは言われていたのですが、最近の銀行は、同じ人の口座を2つ持てないことが本審査の際に発覚しました。

私の場合、妻よりの小遣いのほかに、妻に内緒で会社の給料の一部を振り込み、妻に内緒で一部は貯金、一部は交際費等に使っていたのです。

本審査の際は住宅会社の人と一緒に行ったのですが、住宅会社の人もその点は知らなかったようで、せっかく仮審査もパスし、土地も決まりという段階であったので、あたふたしてしまいました。

担当の方が「支店長に聞いてみます」と言って交渉してくださり、給与の一部ではなくすべて常陽銀行の口座を使う(生活費の口座引き落とし等も常陽銀行にする)という条件付きで了解をいただき、無事に審査が通りました。

男の人は奥さんに内緒で隠し口座を持っている人もいると思いますが、そのような方は先に述べたことにならないように、事前に確認しておいたほうがいいと思います。

●●わたしは現在、住宅ローンを常陽銀行にお願いしています。京葉銀行や千葉銀行など、いろいろと見積もりを出してもらいましたが、最終的に常陽銀行に決めました。決め手になったのは次の3つです。

まず始めに、担当者の対応が良かった点です。アポイントをとってから行きましたが、若いのにしっかりした方でした。他の銀行に比べ、できるだけ金利を下げられるよう頑張ってくれたのがすごく伝わりました。契約後も気にかけてくださっています。

二つ目に、家から近いことです。給料が振り込まれる銀行は会社で決まっているため、給料が入った後に入金に行きます。そのため、家から近いという点はとても重要でした。

最後になりましたが、やはり一番の理由は金利の低さです。わたしは変動金利で借りました。他の銀行では「これ以上下げられない」と言われましたが、常陽銀行だけは他の銀行と比較して、一番低金利を申し出てくれました。

その代わり、常陽銀行のクレジットカードなどに入会させられました。使わないですぐ解約してもいいということだったので、すぐに解約してしまいましたが…。契約してから数年経ちましたが、常陽銀行にして良かったと思っています。

●●私は28歳の時に注文住宅で新築を建てました。子どもを出産してからマイホームが欲しくなって、やっと自分の家を持つことになりました。家を建てることは多額のお金が必要なので、最初はちゃんと家を建てられるか心配でした。でも、住宅ローンの説明を詳しく聞いたりしたので、安心して住宅ローンを組むことができました。

私は地元で信頼のある常陽銀行で住宅ローンを組みました。実際に普段使っている銀行だったので、特に不信感もなく住宅ローンを組むことができました。審査もちゃんとやって、書類の提出もスムーズにいきました。接客も丁寧に行ってくれたので、私の質問にも丁寧に答えてくれて安心しました。

私は35年ローンを組んで、毎月7万円ほどの返済をしています。今のところ、家計にも余裕を持って返済ができています。完全固定の金利プランにしたので、その方が安心かなぁと思いました。ボーナス返済もなしにしました。

そして、繰り上げ返済の手数料も無料なので、お金に余裕ができたら手軽に繰り上げ返済もでき、良かったなぁと思っています。繰り上げ返済は早い時期にやった方がお得だということなので、少しでも今後の負担を減らすために繰り上げ返済も頑張っています。

●●結婚9年目にして子供が産まれ、家を建てようということになりました。共働きの期間が長かったので、頭金も結構な額用意できたし、主人の両親からも200万円の援助があり、あとはどこで住宅ローンを借りようかと話しあいました。

主人はリサーチ好きなので、郵便局、農協、ろうきん、地元の銀行、はてはネット銀行まで、金利や借入れ条件などを調べあげ、地元の常陽銀行から借入することに決めました。

対応していただいたのは明るくて感じの良い20代の男性でした。私は金利の話など難しい話は主人まかせだったのですが、聞いたことにはきちんと答えてくれて、期日などもきちんと守ってくれました。

ローンの手続きがすべて終了してから、私がATMに並んでいるのを見つけて、わざわざ挨拶に来て下さいました。その後、繰り上げ返済などの手続きにも、たびたび伺いましたが、いつも丁寧に対応して下さいました。

その方が転勤してしまって次の方が悪いというわけではないのですが、なんとなく借入から面倒をみてもらっている方に繰り上げ返済の手続きもしてもらいたかったなと思い、足が遠のいてしまいました。最近、繰り上げ返済はネット上で行っています。

●●新居を購入する際、常陽銀行の住宅ローンを借り入れました。

大手の銀行や他の地方銀行のローンを見比べてましたが、条件が一番よく、近くにあって便利という理由から常陽銀行を選びました。ATM利用手数料無料のサービスもついています。今後頻繁に使うことが予想されるので、これはうれしいです。

我が家は3000万円を借り入れ、定年までの32年ローンで変動金利を選びました。フラット35も検討しましたが、今後金利が下がる見込みがあることを教えられたので、やめました。

実際に金利は下がり、月々の返済額が1万円程度下がりました。さらにボーナス時の返済額は3万も下がったのでとても大きいです。これにはすごく助かってます。ただ、今後金利が上昇するかもしれないリスクはあります。

相談窓口に行って説明を聞きましたが、対応もよく、安心感と好感が持てました。これから長期にわたって付き合っていく銀行なので、行員の接客態度も重要だと思っています。

審査も特に問題もなく通過し、現在借り入れして5年たちます。住宅ローン控除が終わったら繰り上げ返済も視野にいれています。常陽銀行はネット銀行なら繰り上げ返済の手数料が無料になるそうなので、どうしようかと検討中です。

●●私はマイホーム購入のために利用させて頂きました。当時は23歳で、年収は約420万円程。勤続年数は5年間という状況で、他3社に住宅ローンの審査をさせて頂きましたが、希望通りの金額が出たのは常陽銀行様だけでした。

希望額は2600万円にて審査を実施しており、合計3社(常陽銀行様含む)にて仮審査をさせて頂きましたが、他社からの返答は600万円減額の2000万円と、もう1件は審査すら通りませんでした。

その為、他社様とのやりとりは無かったので接客面での比較はできませんが、常陽銀行様は接客も非常に丁寧で、正直、他に審査が通らなくて良かったと思うくらいの対応でした。

住宅ローンを組む際の必要書類などの説明も非常に丁寧で、実際に審査完了から契約完了までの間に、特に不満点も無く契約させて頂きました。

私は金利固定型の35年契約にて契約させて頂きました。近年のゼロ金利政策などで借り換えを妻から進められたりもしましたが、契約時の対応の良さと、今後の金利上昇のリスクを考えると他社様へ移るという考えも起こらず、当初の契約内容のままにて継続していく考えであります。

今後、住宅ローンを考えている方には様々な選択肢があるとは思いますが、銀行系の住宅ローンは安心できる面も多いため、様々な会社を比較した上で、慎重な決断をしていただければと思います。

●●知り合いの方に、住宅ローンの金利が低いという事で、勧められて話を聞きに行きました。変動金利は地元の地方銀行より低く、またフラット35を意識した35年固定金利のプランもありました。1年固定、5年固定、10年固定と、色々なプランもありました。

それぞれの特色やリスク、プランの相談に乗ってもらい、シミュレーションなども具体的に何パターンか作ってもらえて分かりやすかったです。

最初、ネット銀行でもかなり金利が低い所もあり、比較検討しましたが、大きな金額が絡んできますので、対面での申込みや対面での相談ではないことに起因する不安も多く、その点では常陽銀行では直接分からない所を聞くことができたり、必要な書類なども詳しく説明してもらえたのでよかったと思います。

また、他の銀行よりいい部分として、繰り上げ返済がネットで返済すると手数料がかからない点です。他銀行だと2,3万の手数料がかかったり、繰り上げ額がいくら以上などの指定があるので、常陽銀行のネット繰り上げ返済手数料は魅力的かと思います。

総合的に考えても、常陽銀行は住宅ローンを組みやすい銀行でおすすめです。

●●私が常陽銀行で借入を決めた理由としては、建築したハウスメーカーに勧められたのが一番です。ローンについてはハウスメーカーの担当者が色々調べてくれました。

常陽銀行の担当者は、そのハウスメーカーとも長年深くお付き合いされているようで、とても親身になってくださいました。必要書類なども住宅ローンを組む際は細かく必要なんだなと思いましたが、丁寧に教えて下さり、無事揃え、審査もすんなり通ったと思います。

ただ、ローンの申請は、その担当者がいる支店での契約しかできないということで、自宅の近くに常陽銀行の支店があるにもかかわらず、遠い支店まで足を何度か運ぶ必要があり、その点だけは若干の面倒でした。

しかしながら、今考えてみると、我が家のローンの審査は団信に加入できないといけませんでしたが、以前通院などがあったため、他の銀行では審査が通らなかった可能性もあったのかもしれないと、気づきました。

もちろん嘘偽り無く、きちんと申告いたしましたが、ローンが組めなければ家は建てられませんから、良かったです。

借り換えの口コミ

●●私は常陽銀行の住宅金融公庫よりローンを借りて現在返済中です。感想としては、どのような返済方法を取るかによっても違いますが、私の場合、かなり長い返済期間を組んだので、最初の頃は利子ばっかりを返していたような感じでした。

数年たってどれくらい返したかなぁと思い、調べたところ、まだ利子を返しているような状態でしたね。その後、同じ銀行で借り換えを行いましたが、なかなか返しきれません。あまり意識しない方がいいかもしれないですね。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ