横浜銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

横浜銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。ビジネスの拠点としても観光名所としてもよく知られている横浜市の「みなとみらい」に本店を構えています。

日本最大の地方銀行として知られ、総資産額は12兆円を超えます。神奈川県内だけではなく、東京や大阪や名古屋などといった大都市にも支店があります。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 3年~35年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ○(無料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
その他 ・「Club Off」の各種特典を利用できる
・女性専用の住宅ローンが用意されている
・団体信用生命保険が無料で付帯されている
・横浜銀行専用のお得な火災保険を利用できる
・借り換え専用のお得な金利プランが用意されている
・インターネットバンキングを使えば来店不要で契約できる
・住宅ローン専門の相談施設「住宅ローンセンター」が多数ある
・わずかな金利上乗せでガン保障特約や3大疾病特約の団信に加入できる

住宅ローン審査の口コミ

●●我が家の家族構成は38歳男性の私と妻の二人世帯です。購入物件は横須賀市内の駅近中古マンションです。昨年、横浜銀行にて住宅ローンの新規借り入れを行いました。

借り入れ金額は初めは2600万円を予定していましたが、年齢が40歳手前の37歳というのもあり、自己資金(頭金)を増やし、2200万円を借り入れることにしました。

私は横須賀市内の大きな事業所に勤務していることもあり、そこの従業員は比較的審査に通りやすいと担当していた地元の不動産屋から聞かされていました。

37歳なら2600万はすぐに審査はおり、3000万オーバーまでは大丈夫と言われていました。実際、2200万円の審査はすぐに通りました。

折からのマイナス金利政策による金利の影響に加え、横浜銀行にて給与振り込みや各種公共料金引き落としなどもあり、店頭金利からさらに優遇金利を適応していただき、最終的には変動金利0.675%で借り入れることができました。

横浜銀行の各ローンセンターは平日と、日曜日に営業しており、平日に行けない場合は日曜日に事前予約でいくこともできるので困ることも、流れが滞ることなく無事に借りることができました。

●●現在の家を購入するとき銀行ローンを利用しました。前のマンションが金融公庫の残債が残っていたため、新しく借りるためにはいったん全額返済しなければならなかったため、横浜銀行のつなぎ融資を利用しました。

新しく借りる予定のローンを横浜銀行にするという条件でしたので、書類を書いて提出すればよく、審査もほとんどなく、すぐに融資の決定がされました。ローンの申し込みや手続きで2回ほど窓口に行きましたが、そのたびに対応は感じよく、非常に満足しています。

●●中古のマンションをしばらくの間探していて、条件の良い物件が見つかったので住宅ローンの審査を申請しました。その物件を扱う仲介業者が横浜銀行に強いとの事で、審査を申し込みました。

金利は悩みましたが、低金利時代の恩恵を受けたくて変動金利を選びました。一週間くらいで融資がおりるとの連絡を受け、一安心した事を覚えています。

自宅の契約を横浜銀行の一室で行った時の事はよく覚えていますが、何千万円のローンの契約を結ぶというプレッシャーと、自宅を持つことの喜びが混じった気分でした。

何枚もの書類に必要事項の記入と実印の押印を繰り返し、銀行から指定の口座に大金が振り込まれ、振り込まれた直後に支払い先へ出金されるローンで借りた大金…。

現実味の無い空気の中で着実に進んでいく手続き。あの体験はそう何度もできるものでは無いと思います。

現実味は薄くても通帳には入金と出金の記録がしっかり残されており、これからこの大金を長い時間をかけて返済していくんだなと思った事を覚えています。

私の場合は初めての借り入れだった事もあり、審査はスムーズに通ったみたいでしたが、人によっては審査がなかなか通らない事もあると後で聞きました。

●●2016年2月から日銀のマイナス金利政策が始まり、ここがチャンスとばかりに昨年の3月にマンション購入のために、横浜銀行で住宅ローンの新規借り入れを行いました。

横浜銀行にした理由は家賃、光熱費、携帯電話、水道と全て横浜銀行で引き落とし、積み立て貯金を行っていたためです。

また、会社の給与の指定の振込先になっているため、先に住宅ローンを組んで住宅を購入していた職場の先輩方から、横浜銀行で組めば職場の指定金融機関の一つだから、審査、融資額などが他行よりも有利になると聞いたためです。

住宅ローン借り入れ時、36歳と比較的に年齢が高く、借り入れ額もそれなりにあり、心配しましたが、地元事情をよく知った不動産屋ということもあり、審査はすぐに通りますと聞いていました。

実際に審査はすぐに希望額どおりに通過し、金利も変動金利でかなりの優遇を受けることができました。

ローン契約の日、横浜銀行のローンセンターに赴きました。そこでローンに関する様々な書類、住宅契約に関する登記簿関係、各種保険関係書類に印鑑を押す際に、某保険のテレビコマーシャルのように非常に緊張しました。

一度押してしまえば、あとはポンポンと流れ作業で押しましたが、よくわからないまま押したのもあり、後で家に帰り冷静になって見返してようやく何の書類か理解したものも、恥ずかしながらいくつかありました。

よく住宅ローンの銀行を選ぶ際に、有名で大きいからとか、店頭表示金利が安いからとかで選ぶ人もいるらしいですが、自分のメインバンク、地元の事情と金融機関をしっかり考慮して金融機関を選び、そして横浜銀行で住宅ローンの借り入れを行って良かったと思っています。

●●不動産屋さんから横浜銀行を紹介してもらいました。住宅ローン相談会の日付の予約も不動産屋さんがしてくれましたし、必要書類も最初は不動産屋さん経由でした。

なので、借り入れのために銀行の担当者の方とあったのは、住宅ローンの相談日と、審査が通った後の面談の2回だけです。

こちらとしては人生の一大イベントだったのですが、銀行さんは何件もあるうちの1件という感じで(当たり前といえば当たり前なのですが)、拍子抜けした感じです。

3回目に会った時は融資の実行日で、それも私達は不動産屋さんや販売会社の担当、行政書士の方とテーブルに座っていたので、「あ、集まってますね~」みたいな軽い感じでした。

実際、審査もゆるかったような気がします。

事前審査の紙に夫の収入と預貯金を記入する欄があり、私も今は専業主婦ではあるものの働いていた時の貯金が結構あるので「お金はある」というのを印象つけるためにも書いた方がいいかなと思ったのですが、「旦那様の情報だけで大丈夫です」とスルーされました。私の預貯金額、主人より多かったんですけどね…。

その時期、銀行内で「住宅ローン目標何件!何億円!」みたいなキャンペーンをやっていた時期だったので、うまくその波に乗れたのかなと思いました。別に良い思いもしませんでしたが、悪い思いもしていません。

●●注文住宅で家を建てました。時期は2016年5月竣工です。実は竣工のタイミングもずれてしまい、銀行で融資時期変更の手続きなども必要だったので、住宅ローンは色々とバタバタした思い出で沢山です。

「注文住宅は建売の住宅やマンションと違い、土地のタイミングと建物竣工のタイミングが異なるのでローンを組める銀行が限られる」と、最初に不動産会社から伝えられて、幾つかの銀行で審査となりました。

不動産会社から注文住宅でもローンを借りられる銀行として、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ、横浜銀行に一度に審査を依頼し、結果、金利面と条件面で横浜銀行に決めました。

横浜銀行は、妊娠や出産で休業となっても審査には何も影響がないということが、他の銀行とは違ったように思います。他の銀行も休業自体には制限などはありませんでしたが、就業審査が厳しかった印象です。

注文住宅を建てるのにあたり、融資は土地購入のタイミングと竣工時のタイミングしかないことを初めて知りました。

工務店への支払義務は、着工時も含めて竣工タイミング前に3度ありましたので、結局「つなぎ融資」という高金利のローンを組むか、自己資金を用意するかということで、なんとか自己資金を用意して乗り切りました。

住宅ローンの金利が変動金利で0.5〜0.75%程度の低金利時代につなぎ融資を利用すると、3%以上の金利になってしまうので、住宅ローンだけで家が建てられるわけではないんだなと勉強になりました。

周りに注文住宅を建てた友人がいなかったのもありますが、友人はみんなSBI銀行などのネット銀行で低金利のローンを組んでいたので、マンションを買う時などは色々な銀行が使えるんだなと思いました。

建物の価値を抵当に入れるので、建っていない建物に融資をするわけにはいかないという銀行の事情を知り、住宅ローンというのはやっぱり銀行が損しない仕組みになっているんだなと勉強になりました。

●●十数年前に新築一戸建て住宅を購入しました。住宅ローンは30年で借りました。今もずっと払い続けています。借りたのは地元最大手の横浜銀行です。私が勤務している会社のメインバンクでしたので、借りやすかったです。勤続年数も長かったですし、審査もすぐに通りました。

固定金利でしたので当時は金利も安く、なんとか返済できる範囲の金額を返していました。ところが、昨年私が病気のために会社を退職することとなり、収入が激減してしまいました。その後はなんとかパートを見つけることができ、少ない収入の中で返済を続けていますが、これから子供の進学なども抱えていてとても心配でした。

そこで、金利プランの変更を検討しています。変動金利ですが、今よりも月々のローンが1万円くらい少なくなるそうです。なるべく返済金額を少なくしたいので、今シミュレーションをしています。銀行の方にもお世話になっていて、色々と相談に乗ってもらっています。親身になって考えて下さるので、とてもありがたいです。

●●横浜銀行の住宅ローンを使っています。もう返済期間も5年目になりました。この住宅ローンは公庫で組んでいた住宅ローンからの借り換えです。暫くは低金利が続くだろうと思ったので、変動金利でローンを組んでいます。

公庫に比べると金利が安くなったので、返済のペースもかなり上がりました。あと十年ほどで完済する予定です。早く返済ができるように、少しずつ貯金をし繰り上げ返済する事を考えています。ローン完済の日を目指して、コツコツ返していきます。

●●今年、新築の一戸建てを購入することを決めました。住宅ローンを組むにあたって、銀行はどこにするか、金利は変動か固定か等、慣れないことを決めるのは大変でした。住宅メーカーと横浜銀行が提携していたので、金利優遇があるとのことで紹介を受けました。

金利面だけで考えるとネット銀行など他にもっといい銀行があったのかもしれません。しかし、分からないことがたくさんあったので、実際に担当の方とお会いして、質問したり提案をいただくことで安心感がありました。

特に親切だったり際立って丁寧、というわけではありませんが、必要なことをきちんと説明してくれました。担当の方との連絡もとりやすく、書類の行き来などの対応も大変わかりやすくスムーズでした。

金利優遇の関係で、今回メインバンクを横浜銀行に変更することにしたのですが、地元の銀行なので支店が近くにあり、何かと便利です。その点は良かったと思います。

審査は事前・本審査ともに想像していたよりも早かったです。いろいろと迷っているうちに、申し込みが支払い期限のギリギリになってしまったのですが、十分間に合いました。まだローン返済が始まったばかりで、今後経済がどう動くかわかりませんが、現段階では満足しています。

●●今の一戸建てを購入するとき住宅金融公庫を利用しました。前のローンの残債があったのですが、次も横浜銀行のローンにすればつなぎ融資を受けられるというので手続きしました。窓口の方の対応がよく、2回程度行っただけでローンの手続きはスムースに済みました。

30年ローンを返し始めてから15年経ちますが、途中一部返済を2回しました。返却予定表を予め準備していったのですが、どちらも1回の手続きで完了しました。

窓口では若干待たされましたが、すぐに本社に問い合わせて返済額の計算をしてくれました。返済額は翌月に引き落とされるので、手続きをしただけで何も支払う必要はありませんでした。

●●現在の我が家の購入の際の話ですが、購入予定の土地に横浜市からの借地が含まれていた為にローンが通りにくいということで、売り主から話がありました。実際に大手都市銀行に相談に行くと、やはり難色を示されました。

そして、不動産屋さんと相談をしていたところ、家を建てる際にお願いした工務店さんからのアドバイスで、横浜銀行に相談に行くことになりました。

横浜銀行さんは市役所に問い合わせ、借地の図面や借地形体等、ローン審査に必要な情報を集め、ほんの数日でローンが通りそうだという回答をして頂きました。

工務店の方が言うには、「やはり地元のことは地元の銀行が一番良く知っているので、特に地形等特殊な条件や規制があるところでのローンは、地銀や信金が強いですよ」とのことでした。後から聞いた話ですが、銀行の方はなんと実際に土地を見に行ったそうです。

●●一戸建て物件を購入したので、35年固定金利にて住宅ローンを申請することにしました。横浜銀行は夫の会社名で優遇があったので、それを活用することにしました。申請結果は1週間程でわかり、無事に35年ローンを利用できることになりました。給料振込は横浜銀行にしていたので、そこから毎月8万ほど引かれています。

夫婦共働きで、繰り上げ返済用の貯金をしていたので、繰り上げ返済を定期的に行っていき、10年程の間で住宅ローンの返済が進み、残り200万ほどになりました。繰り上げ返済時には手数料も必要になるので、無理ない範囲で行うようにしています。あと少しで返済完了なので、かなり楽になりますね。

●●私は2006年に4,500万円のマンションを購入しました。自己資金は2,500万円で、2,000万円の住宅ローンを横浜銀行で組みました。メガバンクを選ばなかったのは、私自身横浜に長く住んでおり、購入したマンションも横浜なので、自ずと決まったからです。といっても、金利で妥協したわけではありません。

担当の方との協議を重ね、5年間は固定金利で、その後金利を変動か固定か見直すことができるタイプのローンにしてもらいました。変動金利は経済情勢に応じて波が激しいので、私が選択したタイプでは、金利がやや高くなっても5年で見直せるという安心感があります。

2011年に見直しの時期を迎えて、そこでは変動金利を選びました。今後、アベノミクスの影響、景気回復の高揚感もあり、よい選択をしたのではないかと考えています。今後も地元の銀行を懇意にしながら生活していきたいと思います。

●●横浜銀行の魅力は、やはり地方銀行のなかでもトップクラスの規模をもつだけあってその安定感だと思います。横浜銀行は数年前に銀行のマークを一新、経費削減で一度は自由になった窓口勤務の服装をやめ、制服を新デザインで復活させました。

日本が不景気だという時代にこんな変革をするなんて無謀だけど、それだけ余裕があるってことなのか…と感心したものです。横浜はみなとみらいや中華街など、人気の観光スポットも多く、また、都心への通勤圏でもあるので住む場所としても人気があります。そういった街の活気が銀行の体質を元気にしているように思います。

地銀は地域密着型なので、広い地域で銀行利用される方には不向きですが、横浜市やその周辺で生活している人にはとても便利な銀行です。各電車の駅ごとにかなりの確率で店舗があります。

●●複数の銀行を比較して、横浜銀行の変動金利型35年でローンを組みました。地銀の中では規模の大きい横浜銀行ですが、やはりメガバンク等に比べると金利も低く、また横浜在住の身としてメインバンクとして使っていて、支店も多くて便利なので選びました。

ローン審査に関しては、特別厳しくはないと思います。事前審査も本審査も、通るまでの時間は割と早くて、スムーズに手続きができました。契約する前は行員の態度が悪いという話を聞いたことがあり、やや不安でしたが、私が担当していただいた方は親切でレスポンスも早く、契約時には安心してお任せすることができました。

横浜銀行は地銀ですので、変動での上がり幅や経営を危惧される方もいるようですが、神奈川県庁や市役所の指定金融機関なので安全と言われています。契約して何年か経ちますが、大きな金利の上げ幅もなくて満足しています。

35年ローンを組んでいますが、いずれ繰り上げ返済をする予定なので、身近にある銀行を選んで正解だと思っています。また、万が一借り換えを検討する場合にも、やはり近くに支店がある銀行を選ぶ方がいいと思いました。

●●マンション購入にあたり、不動産会社からの紹介で住宅ローンの借り入れを行いました。こちらにしてみれば一生に一度の大きな買い物なので、「準備する書類に不備があってはいけない」と気持ちを張り巡らせていました。

しかし、日々、住宅ローンのお客様を相手にしている銀行の行員さんは慣れた様子で手続きを進めて行くので、そこに温度差があるような気がしました。

住民票1つとってみても、私は良かれと思い、マイナンバーや続柄等の項目を省略しないものを発行してもらい1度提出したのですが、実際はマイナンバーの部分は不要だったようで、最後の手続き2日前に「やっぱりマイナンバーの記載がない住民票をください」と言われ、「それなら最初からそう言ってよ」と思いました。

在職証明書がほしいというのでわざわざ旦那が会社に頼んで発行してもらったのに、銀行から届いた契約に必要な書類の一覧に在職証明書自体が書いてなかったこともありました。

銀行さんって何でもきっちりかっちりしている印象なうえに、こちらとしては書類が不足していたらお金を貸してもらえないのでは、という変な脅迫観念にとらわれていたので、意外と不備があってびっくりしました。

借り入れ自体は金利を優遇していただいて、その時点でもっとも低い利率で実行となったので、審査や金利については大満足なのですが…。

決して接客が悪いというわけではないのです。ただ、下手に行員さんが慣れすぎてたせいか、親身になって相談に乗ってくれるというような特別良い印象もありませんでした。

●●建売の新築物件を購入する際に販売会社から横浜銀行を紹介され、住宅ローンの契約をしました。35年ローンの当初固定金利タイプで3年固定のプランを選びました。最初の3年の借入金利適用期間が終わると、店頭表示金利から一定の割合で引かれるタイプのものでした。

販売会社が間に入っていたので、店頭のポスターに表示されている金利より少しお得にしてもらいました。接客については特に強引な勧誘はありませんでしたが、親切丁寧といった感じでもなく、淡々と説明してもらったという印象でした。相談後も電話がかかってきたりすることはありませんでした。

審査も既定の書類を提出しただけですぐに通ったので、銀行とのやり取りはほとんどなく、契約まで至りました。悪い印象も良い印象もない普通の銀行だと思います。

▲▲2011年にマンションを住宅ローンを利用して購入しました。ちょうど住宅ローン減税が利用できるという期間だったため、手元資金もそう多くはありませんでしたがローンを組みました。しかし、購入してから約2ヶ月も経たないうちに転勤が決まり、貸し出すことになりました。

しょうがないことではありますが、居住していないため大変残念ながら住宅ローンの減税は対象になっていません。そうならない理由も分かるのですが、できたら事情を考慮してもらえるような制度になればいいな、と今回利用してみて感じました。

また、難しいなと思ったのは金利についてです。経済状況は常に変わるので、ある程度知識を蓄えておくことの重要さをひしひしと感じております。

借り換えの口コミ

●●つい最近、住宅ローンの借り換えを横浜銀行で行いました。最初は変動金利で借りていたのですが、そろそろ金利が上がるかもという噂と、子供が大きくなり、教育費に回すお金が出るかなと思い、借り換えを行いました。

当初、新築マンションの8年落ちだったので融資してくれるか不安もありましたが、世の中(銀行)は金余りなのか、2時間ほどの面接で融資が決定しました。今はほっとしているところです。

融資の決め手は、返済能力(会社の看板)と、地価アップなのかなと思います。最寄駅に東横線が乗り入れ、都心への通勤、通学が楽になったなどといった事で人気上昇したからかも知れません。

●●他行と比較して、いちばん金利が安かったので利用しました。今の家を購入する際、じつは私、以前の会社が倒産してから再就職後わずか三カ月という時期でした。頭金などは貯金があったので用意できたのですが、なかなか就職後三か月ではローンが組めず、大手銀行にはことごとく門前払いされました。

そんな中、とある地方銀行の担当の方が話を聞いて下さり、ローンの審査に通り今の自宅を購入することができたのですが、金利は決して安いとはいえませんでした。でもその時はどうしてもその家を購入したかったので、その方にお世話になり、いろいろと力になってもらった手前、早々に借り換えなどできませんでした。

しかし、三年ほどたってからたまたま仕事で寄った横浜銀行さんで借り換えのパンフレットをもらって相談してみました。金利もいままでよりずいぶんと下がり、毎月の支払いも一万円ちかく安くなるとのお見積りでしたので、お世話になった地方銀行の方には申し訳ないと思いながら借換えを決意しました。

その地方銀行に借り換えの旨を伝えると、後ほど担当の方から連絡があり、同じ金利でやりますからお願いしますと言われました。正直心は揺れましたが、横浜銀行さんのお世話になることに決めました。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ