広島銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

広島銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。広島市内に本店を構えている地方銀行で、6兆円を超える試算を有する大手地銀の一つに数えられています。広島県と広島市の指定金融機関になっていることもあり、県内ではお馴染みの銀行として知られていて、融資を利用している人の数もかなり多いです。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 3年~10年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ○(無料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・スーパー住宅ローン
・Myself(マイセルフ)
フラット35
・Wスマイル
・Wスマイル プラスワイド
・固定金利フリーミックスプラン
・プラス700
・無担保住宅ローン
・リフォームローン

住宅ローン審査の口コミ

●●私が住宅ローンを最初に組んだのは広島銀行でした。本当は住宅金融公庫にしたかったのですが、土地などの条件が厳しく無理でした。初めはどうなるか分からなかったので、金利プランを5年固定にしました。

途中で繰り上げ返済をしようとしたところ、担当者があまり繰り上げ返済をして欲しくない態度がみえみえでした。でも、繰り上げ返済をしたほうが絶対お得なので、何回か銀行に通い、とりあえず繰り上げ返済をしました。そうこうしているうちに今度は5年の更新の案内が来ました。

町内にある呉信用金庫に相談したところ、銀行よりも金利が安くなることが判明しました。そこで呉信用金庫に乗り換えようと思っている旨を銀行に伝えたら、今度は手のひらを返したように対応がよく「信金と同じ金利にするので続けてほしい」と言われました。

結局、繰り上げ返済の時の対応が引き金となって信金に乗り換えましたが、金利も競争があり値切れるんだなぁと思いました。金融機関によって対応は違うと思いますが、住宅ローンを借りる時は何件が話を聞いてみることをおすすめします。

●●住宅ローンで新規借入を行う場合、やはり一番気になるのは住宅ローンを返済していけるかどうかということです。私の場合も同じで、銀行から借入を行う前から返済のことで頭がいっぱいになっていました。

しかし、実際はそういったことよりも前に考えなければならないことがたくさんあったのです。銀行からお金を借りる場合、とても厳しい審査を行うことになります。住宅ローンの場合、多額のお金が必要になりますので、小額な借入よりもはるかに厳しい審査を行われることになりました。

必要な書類については、すぐにそろえることができました。住民票や印鑑証明、そして源泉徴収票や身分証明書なので、それほど時間がかかることなくそろえることができました。

しかし、ここからが問題で、私の場合は車のローンが数十万円残っていたのです。また、クレジットカードを多く所有していたことも審査の対象となってしまいました。使用していなくても、複数枚のカードを所有していることで限度額までの借金ができるという考えになるそうです。

クレジットカードは綺麗に整理を行い、車のローンについても相談を行うことで、なんとか回避できました。時間はかなりかかりましたが、なんとか住宅ローンとしてお金を借りることができました。とても大変な経験をしました。

●●12年ほど前にマンション購入のために住宅ローンを組みました。仕事上で付き合いもあったし、他の銀行と比較することなく選びました。仕事で付き合いがあるので会社の信用性が高く、審査もスムースに進みました。

また、金利面でも優遇してくれたので、あえて他の銀行と比較する必要もありませんでした。金利は3年固定型のコースを選びました。目先の金利が一番安い代わりに将来的な不安要素が残るコースとは理解していましたが、とりあえず支払いが一番楽そうなコースを選びました。

その後は更新の毎に少しづつ金利が上がっていますが、その時期の一番低い固定金利なので納得して支払っています。実は住宅ローン借入後、直ぐに転職をしてしまったので、今となってはいい条件で借入ができてタイミング良かったと思っています。

借り換えの口コミ

●●私は40歳の営業職のサラリーマンです。家族構成は子供二人と妻です。5年前にマイホームをローンで購入しました。

両親の住んでいる実家との距離や、通勤通学、また近所の治安なども考えて、ベストな物件が見つかったので、すぐに大手メガバンクや地銀などで話を聞き、一番条件のよかったメガバンクでローンを組みました。

25年ローンで月の返済額は12万円でした。返済計画に関して大きな問題はないと思っていましたが、父親が入院したり、二人の子供の学費が上がったりしたタイミングが重なり、だんだんローン返済の負担が大きくなっていきました。

そんな時、知人からローンの借り換えの検討をすすめられました。

ネットなどで調べると司法書士の方に登記の手数料などを払ったり、金銭と時間コストはかかるものの、月の返済額が減る可能性があるようなので、早速休日に銀行などでいくつか話を聞いてもらいました。

いくつかの候補の中から、担当者の説明も含めて広島銀行が一番良かったので、借り換えを決定しました。登記など面倒なことはたくさんありましたが月の返済額が12万円から10万5千円になったので私としては満足です。

銀行も景気のタイミングなどで低金利で貸す場合も多いので、様々な手間はかかりますが、私は住宅ローン借り換えを行って良かったです。

●●公庫と地銀のローンでしたが、何年かして借り換えの話が出ました。公庫を外すのは怖かったのですが、比較してみて、期間限定の金利の優遇など考えて、借り換えをすることにしました。

ネットバンキングも同時に申し込み、繰り上げ返済などの手続きが簡単にできるなどのメリットもありました。また、銀行独自のポイント制度があり、給与振り込みや各種引き落としに口座を設定するとポイントが付き、そのポイントに応じて、ATM手数料をほぼ支払うことがないので、ストレスがないです。

がんと診断されたり、死亡、重度障害で住宅ローンが0になるというのもとても心強い仕組みです。第一地銀なので信頼もあります。金利は、全期間タイプと、固定期間の金利が優遇されるタイプと2種類あり、現在は子育て世代に特化したものも選べるという点もメリットです。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ