イオン銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

イオン銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。スーパーやホームセンターでお馴染みのイオングループが運営している銀行で、2006年に誕生しました。

他の金融機関と比べると歴史は短いですが、住宅ローンを始めとした様々な金融商品を扱っていることや、利用者にとって利便性の高いサービスを提供していることから、既に多くの利用者を集めています。イオングループの店舗内にも支店がある(インストアブランチ)という点が特徴的です。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 1年~35年
最新の金利 イオン銀行と他社の金利を比較!(新しいページで開きます)
保証料 ○(無料)
繰上返済額 50万円~
繰上返済手数料 ○(無料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)

金利がお得

他の金融機関と同じようにイオン銀行でも変動金利型と固定金利型の2タイプが用意されていますが、金利がかなり抑えられています。特約を付けることによって更に金利を差し引くことも可能です。保証料や繰り上げ返済手数料も無料です。

長期ローンが組める

住宅ローンは様々な年数で組むことができますが、イオン銀行の住宅ローンは最長で35年まで選ぶことが可能です。借入期間を長く設定することによって、月々の支払い額を抑え、家計への影響を小さくすることができます。

イオンでのお買い物がお得

日々の買い物にイオンを利用しているという方も多いかと思いますが、イオン銀行で住宅ローンを組んでいる場合は、イオンでの買い物が毎日5%オフになります。また、定期預金の金利が優遇されるという特典も設けられています。

住宅ローン審査の口コミ

●●結婚していい歳にもなったし、そろそろマイホームを検討しようかなと思っていたときにイオン銀行さんで色々と相談させて頂きました。

当時住んでいたマンションの近くにイオンモールがあって、そこにイオン銀行があったのでちょくちょく相談させてもらって、最終的に住宅ローンの契約をお願いしました。

担当して下さっている方が丁寧に色々と教えて下さって、アドバイスも頂けたので、非常に満足です。金利も比較的安かったです。

●●マイホーム購入のため、住宅ローンの新規借り入れの銀行は当初、京都銀行にお願いをしていました。金利も低いし、ハウスメーカー経由で申し込んだらお得だと聞き、信用して審査に通したら、当初の金利よりも高くなっていて、白紙に戻してもらいました。

その後、ネットで調べたら「金利の交渉もできる」「銀行同士で競合できる」とあり、びっくりして、無知って怖いなと感じました。

そして自分達で銀行を調べて、イオン銀行にたどり着きました。一番低い金利はネット銀行でしたが、ちょっと不安なところもあり、窓口があって、土日も営業しているのでイオン銀行へ行って色々話を聞きました。

担当者さんは親切に対応してくださり、そのまま審査を申し込みました。ただ、金利は低いのですが、税理士さんに支払う手数料は高いと感じました。

それでも金利は低いし、何かあればイオンへ行けばいいので、しばらくはここでいいかなと思います。固定と金利のどちらかにするかは本当に迷いました。

●●マンションを購入することになったので、イオン銀行に住宅ローンを申し込むことにしました。私はローンなどにあまり詳しくなく、夫が調べてきてくれたのですが、イオン銀行にしてよかったと思います。

比較した銀行はまず、地方銀行です。住宅購入の契約をした時にディベロッパーが「仮審査として一度提携している地方銀行にローン審査を出して欲しい」と言ってきたので、申請してみました。月々の支払いがいくらになるか、などシミュレーションもしてもらいました。

次にネット銀行です。こちらは審査申し込みなどはしなかったのですが、かなり条件がよかったので迷いました。しかし、どうしても店舗がなくネット上の取引だけということが引っかかり、ネット銀行でローンを組むことはやめました。

イオン銀行の最も良い点は、ネット銀行よりも低い金利なのにも関わらず店舗があり、安心できる点だと思います。ネットでは「イオン銀行の職員は疎い人が多く、あまり頼りにならない」などと書かれていることも多いですが、やはり少し頼りないなという印象はありました。

しかし、人によってはかなり詳しい人もいるので何度も足を運んで、この人という人を見つけて毎回指名予約をすればいいと思います。

●●夫婦合わせての世帯収入は夫450万円、私200万円で合計650万円です。夫は29歳で勤続5年、私は27歳で勤続3年です。

2500万円のローン申請を給与振り込みに使用している都市銀行に申込みました。しかし、まさかの審査落ちでした。そこで、不動産屋と相談し、自動車ローン(1年前に150万円で3年契約)を組んでいるイオン銀行に、ローン申請をしました。

申し込みは、近所のイオン店舗で行いました。担当者の説明は、とても丁寧で信頼感のおけるものでした。また、イオン銀行は、保証料は0円、一部繰り上げ返済手数料も0円ということで、都市銀行に比べ実質負担が少ないです。審査は、簡単にとおったので、良かったです。もちろん、給与振込もイオン銀行に変更しました。

●●メガバンク系と比べるとかなりフランクな感じがします。メガバンク系はやはり「お堅いイメージ」しかありませんし、実際話していてもお堅い話になりました。現在契約しているイオン銀行はイオンモール内にあるからかもしれませんが、銀行系と異なり商売っ気はすごく強く、お客様への意識は高いように思いました。

まだ始めたばかりということもあるのでしょうが、とにかく何でも来いといったスタンスでしたし、話もしやすく、接客面においては銀行というよりもイオンの店員さんという感じです。

金利なども銀行系に比べて安価でしたし、何より審査の基準が銀行系に比べてかなり低いところが魅力的でした。返済についてもイオン各店にあるATMで返済ができるので、買い物ついでに銀行へ寄れるのも魅力的です。

●●イオン銀行の住宅ローンに申し込みました。こちらを選んだのは、担当の不動産会社の方の勧めもあったからです。他の銀行よりも少し金利は安めですし、月に何度も繰り上げ返済を手数料なしで行うことができるというのも魅力的に感じました。

また、イオン銀行で住宅ローンを組んだ人にはいくつか特典があって、イオンでの買い物は常時5%OFFになったり、ラウンジでドリンクを自由に飲んだりもできます。普段買い物によくイオンだからこそ、その特典はとても魅力的でした。

ラウンジは混み合っていることが多いので、あまり利用することはありませんが、繰り上げ返済は何度も利用しています。まとまった金額でなくても少額から入金できるのがとても嬉しいです。

●●我が家はイオン銀行で住宅ローンを組みました。イオン銀行に決めたのは、繰り上げ返済の手数料がかからないというメリットがあったからです。

ネットからなら、わずか1万円から繰上げ返済ができます。ちょっとお金が余れば、手数料など気にしないで入金できます。ほんのちょっとの努力が、ローンを早く終わらせることができるのだと思って、頑張って繰上げ返済しています。

月々の返済額は、子供の教育費のことも考慮して10万円ほどにしています。ですから、余裕のあるときはすぐに繰り上げ返済しています。

また、イオン銀行で住宅ローンを組んだ人には、特典としてイオン内のラウンジに入ることができます。イオンに買い物に行って喉が渇いても、ラウンジに行けば無料でドリンクをサービスしてもらえます。なかなか良いサービスだと思います。

●●新築マンションを購入し、今年の始めから住み始めています。マンション事業主の提携銀行の中から、イオン銀行を選びました。金利に関してはだいたいどこも大きな変わりはなかったので「生活するうえで便利こと」が選んだ理由です。審査は厳しいと聞いていましたが、書類審査で通りました。

ここまでは事業主の営業担当者に手続きなどをすべておこなって頂いたので、とてもスムーズに物事が進みました。その後、契約の際には、イオン銀行の担当者にしっかりと説明を受けながら、無事に契約を済ませることができました。契約までの流れもとても満足しています。

生活するうえで便利なこととは、なんといってもイオンでの買い物がお得になることです。住宅ローンを組むと、日常のイオンでの買い物が5%オフになります。ゴールドカードを用意してもらえるので、イオンのラウンジを利用することができます。家族会員にもなれるので、夫婦で持つことができるのも嬉しいです。

●●家を新築した時に住宅ローンを借りました。借りる際に重視したのは、金利です。あとはハウスメーカーと提携しているキャンペーン等もありましたので、それで選択しました。ハウスメーカー経由で事前審査が通ったので、こちらで契約する運びとなりました。

私個人としては固定金利で支払いたかったのですが、固定金利と変動金利を比べてしまうとどうしても変動のほうが数字が魅力的なので、主人の決断で変動金利にしました。手続きをしに1度はイオン銀行に行く必要があったので行ってきました。

店舗がたくさんあるのがとても魅力的なのですが、イオン銀行に行く際はきちんと予約をしていった方がいいです。話の分かるスタッフの方が居るときと居ないときがあります。また、スタッフの人数も少ないので待ち時間が長いです。時間に余裕をもって行かれることを強くお勧めします。

予約さえしておけば、向こうで資料等も用意して待っていてくれるのでスムーズに話を進めることができます。分からないこともちゃんと聞けますし、対応はとても丁寧です。

毎月利用明細が届きますし、年末にはちゃんと年末調整に必要な書類も送ってくれます。現在の返済もスムーズにいっています。新しいタイプの銀行ということもあってか、金利が安いのが一番の魅力と感じました。

●●数年前に住宅ローンを組む際、いくつかの都市銀行に断られてしまいました。理由はおそらく、携帯電話の支払いをコンビニでしていた際に何度か遅れた事があったからではないかと思います。

もう無理かと諦めかけていた時、住宅メーカーの担当の方に新生銀行とイオン銀行なら比較的審査が通りやすいと勧めていただき、試してみる事にしました。あまり何度も事前審査をするのも良くないと聞いたので、内容を比べた上で、まずはイオン銀行にお願いしてみる事にしました。

書類などはメーカーの担当者が集めてくれたので、それらに記入して送付しただけでしたが、数日ですぐにイオン銀行の担当の方から審査中ですとのお電話が入り、なんと1週間後には事前審査通過の連絡が来たのです。本当にうれしかったです。もちろん本審査も無事通過し、あこがれのマイホームを持つ事ができました。

●●イオン銀行で住宅ローンを組むことになったのですが、特に不満などはありませんでした。最初からネット銀行(金利が低いところ)で借り入れたいと思っていたのですが、色々比較してイオン銀行の変動に決めました。

イオン銀行は、店頭表示金利から完済まで一定額引くという珍しいサービスを行っています。最初から引いた金利を表示すればいいのに…とも思いますが、とにかく金利はいいと思います。

また、近所に大きなイオンがあり、最初の5年間、お買い物が5%引きになるというのも魅力的で、実は主婦としてこの部分が大きな決め手になったと思います。

口コミで接客がいまいちというのがありました。確かに少し知識不足だなと感じたり、社内で連絡がきちんと行き届いているのかなとも感じる部分があったのですが、最終的に本申し込みをするときはしっかりしたスタッフが対応してくれて、とても安心できました。

また、本申し込みのときに私の勘違いで少し迷惑をかけたのですが、そのときも色々アイデアを出してくれたり、親身になって考えてくれて、審査を通そうとしてくれるのが伝わってきました。

結局、審査は通りました。審査には1ヶ月くらいかかると言われていたのですが、2週間くらいで結果が分かりました。

●●イオン銀行にて新規借入をしました。数ある金融機関の中から低金利で借入できるところを探していました。

メガバンク・地方銀行・ネット銀行のホームページをみて、商品性や金利を調べたところ、実店舗のある金融機関よりもネット銀行のほうが低金利であることがわかりました。

しかし、ネット銀行となると、全てがインターネットになるので安全性が少し不安でした。また、返済分をネット銀行の口座に振り込まなくてはならず、毎回振込手数料がかかる可能性があり、悩みどころでした。

その中で、イオン銀行は店舗のあるネット銀行で低金利というのはもちろん、今回購入した自宅付近にあるので、返済分の入金が簡単にでき、多くの銀行は定休日である土日にも住宅ローンの手続きが可能であるということが決め手になりました。

イオン銀行で借入の手続きをしていく中で、メガバンク等で手続きするのとは違うなと感じたのは必要書類の多さだと思います。他銀行なら不要、もしくは銀行側が代わりに取得してくれる書類がいくつかありました。

そういう手間はかかりますが、その時だけなので、金利を優先される方で借入の知識がある方にはお勧めだと思います。

●●35歳の時に新築一軒家を購入しました。新築の家を購入するにあたって、住宅ローンを組まなければいけませんでした。私はインターネットを活用していたので、住宅ローンを組むのなら、絶対にネット銀行が良いと思っていました。

特に、私の家の近くには大きなイオンモールがあった為、イオン銀行で住宅ローンを組みたいと考えていました。しかし、不動産屋さんはイオン銀行を使用するのを少しためらっていました。

なぜならば、ネット銀行は事前審査ができないので、購入希望者が独自に事前審査を行わなければいけないためとの事でした。

現在、大手の銀行でも金利がかなり低いので、不動産屋さんは大手の銀行を利用すると良いと勧められましたが、イオン銀行はイオンでの買い物も5%引きになります。住宅ローンを組む際の保証金もかかりません。

イオン銀行はネットから事前審査の申し込みを行い、必要書類(会社員であれば源泉徴収証、自営業であれば確定申告の写し・課税証明書等)をそろえ、イオン銀行にて正式に申し込みを行いました。図面を持ってきたため、スムーズに話はまとまりました。

2週間前後だったと思いますが、審査を通り、希望の物件の融資がおりました。イオン銀行はネット銀行に近い金利であり、買い物にも便利です。わからないことがあれば、イオンの店舗が全国にある為、不明な点などはいつでも聞けて非常に便利です。

●●イオン銀行で住宅ローンを借りることはとてもメリットがあり、大変オトクでした。

まず、金利がかなり安かったです。今はマイナス金利になっているので住宅ローンの金利はとても安いですが、それでも変動金利で0.5%台だったので、大手の住宅ローンよりもお得感がありました。

今後、インフレリスクに備えて固定金利にしたい人でも、0.6%代の固定金利にしてくれているので大変助かります。

また、私が住んでいる家の近くにはイオンがあったため、イオンの住宅ローンを契約すれば毎日イオンでの買い物が5%オフになります。今まで20日と30日が5%オフだったのが毎日5%オフになるので、わざわざ混雑している日に買い物をしなくてもよく、とても便利になりました。

その他、イオン銀行のウェブサイトで簡単に住宅ローンのシミュレーションができますし、そのままインターネット上で簡単に申し込みもできるので、大変スピーディーに住宅ローンを申し込むことができます。

必要な書類もアップロードが簡単にできるので、この住宅ローンを選んで本当に良かったと思っています。

●●住宅ローンを組むときにイオン銀行と住信ネット銀行でかなり迷いました。まず、住信はネット銀行を利用していてサイトの見方も慣れていたので、ネット銀行でローンを組むなら住信にしようと思っていました。住宅ローンの比較サイトでも金利もなかなか良いとされていたのも理由の一つです。

金利的にはイオン銀行の方が低かったのですが、住信の方には8大疾病保障が組み込まれていて、その点で最後まで悩みました。イオン銀行には保障がなく、8大疾病保障をつけると金利が住信の方が安くなるのです。

しかし、8大疾病保障について詳しく調べるうちに、この保証がそこまで必要なのかどうか悩むようになりました。一見魅力的だったのですが、とにかく細かく病状を指定されていて、この保証に魅力を感じなくなり、それならば金利が安いイオン銀行にしようということになりました。

私の家のそばにはイオンもマックスバリューもあり、メインで使うスーパーはその2つです。イオン銀行の住宅ローンを組むと5年間限定ではありますが、5%オフになったり、ラウンジが使えたりと、イオンユーザーには魅力的な付帯サービスがあったのもイオン銀行を選んだ理由です。

審査申し込みの時に私たちの勘違いで書類がそろっていなかったのですが、職員の人も嫌な顔せず、きちんと真摯に対応してくれて特に問題点はありませんでした。

▲▲住宅ローンの新規借り入れを決める際、どこの金融機関にしようか悩みましたが、最終的にはイオン銀行にしました。その理由は、いくつかあります。

まず、金利がネット系の中でも安いことです。そして、ネット系といっても、ネットだけではなく、きちんと窓口も利用できるという点が気に入りました。

イオンが近所にあり、日々の生活の中でよく利用するので、便利ということもあります。私はとにかく安い方がいいなという考えなので、お買い物もお得になるし、イオン銀行にしてよかったと思っています。

また、繰上げ返済手数料が無料なのがありがたいです。さらに、イオンのゴールドカードを年会費無料で発行してくれるということも利点です。

ただ、金利には満足しているのですが、一つだけ気になることがありました。それは、接客面です。経験の浅い人だったのか、担当してくれた方は説明があまり上手ではなかったです。

そのため、度々私から質問をすると、その質問に対する答えがわからなかったようで、何度も別の人に確認しにいっていました。時間に限りがあったので、その時間がもったいなく、不快に感じました。

まだ一人で受け答えできないのであれば、別のベテランの担当者に担当してほしかったです。

▲▲銀行さんが悪いのではないのです。転職後半年で住宅を購入しようとした私が悪いのです。でも、運命の出会いがあったのです。お金がなかったのです。お金を借りなければならなかったのです…。いきなり散々な書き出しですが、私がイオン銀行で住宅ローンを断られた体験談をご紹介させて頂きます。

家を買おうと思ったのは転職してから半年足らずの時でした。本当に運命のような出会いで、まさに自分にぴったりの家を見つけてしまったのです。「転職半年後」と知った時、不動産屋さんの顔色が変わったのはわかりました。

無知な私も「これはもしかすると無謀かも」と思いました。しかし、不動産屋さんは一生懸命で、普通「勤続最低一年以上」でないと借りられない住宅ローンを、「転職後半年」の人間でも使わせてくれるような金融機関を探してくれたのです。

そして、訪れたのがイオン銀行でした。「失笑」とはこのことか。実際に「失笑」する人を見るのは初めてだ…。お金を借りに来ていたのにもかかわらず、正面に向かって座っている担当者のお顔を拝見しながらそんなことを思っていました。

一応審査には通してもらったものの、結果は「融資不可」でした。当然と言えば当然でしょう。もっともだと思います。勉強になりました。

借り換えの口コミ

●●今回、住宅ローンを某銀行からイオン銀行に借り換えてみて、200万ちょっとくらいのお金が浮いたことに驚きました。最初は半信半疑でしたが、最初にシミュレーションをしてもらって借り換えを決意しました。

少し大変でしたが、いろんな書類などを用意し、借り換える前の銀行の手続きなども、順を追って行っていくことで、200万円ちょっとのお金が浮いたのです。

本当に借り換えをして良かったと思いました。何度か足を運ばなくてはいけないのですが、イオン銀行はイオンの中にあるので、とても行きやすく、担当の方と話すときは個室のようなスペースがあったので良かったです。

また、折り紙や塗り絵なども用意して下さって、子供も飽きずに契約を進めることができました。

もし、住宅ローンの借り換えをすることが可能な方は、一度イオン銀行でシミュレーションをしてもらうことをとってもおすすめします。

●●28歳の時、戸建て住宅を購入し、3000万円の住宅ローンを組みました。

内訳は1000万円が当時の住宅金融公庫で、残り2000万円が三井住友銀行からでした。全て2.8パーセントの固定金利でした。

当時からすればこれでも十分低金利でしたが、現在これだけ金利が低下してしまうと割高感が否めなくなり、借り換えを決意しました。

三井住友銀行の2000万円が対象で、借り入れ候補は低金利のネット系銀行です。以前ほど信用性という面でも引けを取らなくなったと判断したからでした。

その中から絞ったのがオリックス銀行とイオン銀行です。低金利なのはもちろんですが、経営状態も良好のようでしたので安心です。他のネット銀行も検討しましたが、しっかりした親会社のいる企業を優先しました。

保証金などの諸費用や対応も加味した結果、イオンでの借り換えに決めました。変動金利の方が低くて魅力的でしたが、突然金利が上昇する危険性をはらんでいます。

イオンの担当者にも相談しましたが、固定金利を選ぶ顧客が多いとの話も聞き、ローン年数もかなり残っている関係もあり、高金利ながら安全な固定金利を選択しました。親身な相談にのってくれたイオンには感謝しています。

結果、毎月の返済額が1万円程軽減しました。諸経費を計算しても300万円程低減できました。当初の借入時と金利差が大きければ借り入れはお勧めです。

●●みずほ銀行からイオン銀行に借り換えました。家を建てる時に、HMさんがみずほ銀行さんと提携をしていて、「ローンはみずほ銀行さんで」とお願いされました。

金利があまり安くはなかったので、他の銀行にしたかったのですが、営業の方からみずほ銀行でのローンでなければと言われ、渋々ローンを組みました。

このため、最初から借り換えを前提としてローンを返済しており、借り換えまでにある程度返済をしておこうと、借り換えるまでの5年間で300万円の繰り上げ返済を行いました。

5年後、金利の低いイオン銀行に借り換えました。当時はイオン銀行ができたばかりで、ローン融資に力を入れていた時期で、みずほ銀行に比べて金利がかなり下がりました。

借り換えで一番大変だったのは、200万をまとめて返済したことです。審査の時に「200万を先に返済すると借りる総額が変わるため、金利も下がり、月々の返済金額も大きく変わる」ということで、追加で200万円を繰り上げ返済しました。

また、借り換えの時の条件として、お給料の振込先をイオン銀行に変えました。でも、お陰で金利がぐんと下がりました。

元々イオンで買い物をすることが多かったので、借り換えたことでイオン銀行に口座ができ、買い物をするたびにキャッシュバックも受けられるので、トータルでかなりお得なローンになったと思っています。

●●2005年に分譲マンションを購入しました。購入時のローン指定銀行が三菱UFJ銀行で、当初3年固定でローンを組みました。3年後に変動金利に切り替わりましたが、大幅な変動は無かったので、そのまま放置していました。

2010年のある日、我が家のメインカードであるイオンカードの請求書と一緒に入っていた、イオン銀行の住宅ローンのチラシに目が留まりました。借りていた三菱UFJ銀行の住宅ローンより1%以上も金利が低かったからです。

結果、イオン銀行に借り換えをして正解でした。ローン全体で200万以上の支払いを軽減することができました。イオン銀行は支店が少ないため、窓口に行くのがやや大変ではありましたが、最初の相談を含めて3回ほど通って終了しました。

特典として、イオン系スーパーの買い物がいつでも5%割引になる点も我が家には大きなメリットでした。

●●もう15年間前のローンなのですが、地銀から2000万円を固定金利4.2%で借りており、長い事返済に苦しめられていました。それでも頑張って返済してきたのですが、先日、職場のパソコンに詳しい方が、ネット銀行に住宅ローンの借り換えを行うとグッと金利が安くなると教えてくれたのです。

私は興味を持って詳しく話を聞いたのですが、借り換えとは住宅ローンの債務を一端ネット銀行に返済してもらい、改めて低い金利で返済するという事でした。私の年齢も上がってきましたし、若い人に押され始めたのでこれ以上の昇給も望めそうにありません。焦りを覚えていた私は、その月末に早速検討に動きました。

色々と迷ったのですが依頼したのはイオン銀行です。住宅ローンも半分近くは返済しており、本当に借り換えできるのかと半信半疑でしたが、審査に時間がかかったものの、なんと実質負担の金利を半分以下に減少させる事ができました。

更に以前の契約では融資金額が多く妻を連帯保証人にしていたのですが、今回は今までの返済のお陰で、借入当初より債務が減額されたので、妻の連帯保証なしで借り換えができたのです。

お陰で我が家の家計は大きく負担を軽減する事ができましたし、余計な連帯保証契約も外せて本当に助かりました。昔の高い金利で借りている人にはおすすめできる制度です。

●●UFJ銀行からイオン銀行に借り換えた体験談を紹介します。借り換えを体験して思ったのが、新規借入よりかはマシですが、意外と手続きがめんどうな事です。

色々な書類が必要になり、市役所だけではなく、他のところにも書類を取りにいけないので大変でした。イオン銀行にも何度も足を運ばなければいけないので、正直今後はやりたくないなというのが本音です。

また、イオン銀行は金利が安いぶん、必要な書類が多く書類を取るためのお金も結構かかりました。仮審査を通ってからたくさんの書類を用意するので、もし本審査が落ちたら書類にかかったお金がすべてムダになってしまい、それがイヤだなと思います。我が家は最終的には通ったので良かったですが、これが借り換えをする最中に思ったことです。

また、借り替えたので当然金利が安いところにしました。イオン銀行は金利が安く、月に5000円以上ローンが安くなったので、借り換えたメリットはすごくあったのが良かったと思います。

このように、我が家はイオン銀行に借り換えて今のところは不便はないのですが、手続きがすごく面倒だったのを覚えています。ですので、今後先はできるだけ借り換えはしたくありません。今のところは不満はないので、イオン銀行に借り換えてよかったです。

●●三井住友銀行からイオン銀行へ借り換えをおこないました。

大前提として、金利が安くなるということがあったのですが、借り換えをした理由として、近所(徒歩10分)のイオンのなかにイオン銀行が入っていて便利だったのと、営業時間も長く、会社帰りでも寄ることができますし、休日にも営業しているのが便利だと思いました。

それまでの三井住友銀行は、住宅を販売した会社の指定での支店でしたので、わざわざ電車にのり、時間をかけて手続きをしに行かなければなりませんでしたし、営業時間も普通の銀行と同様ですので、平日の昼間という限られており、仕事に影響していましたので、不便さを感じていました。

実際、一部繰上返済をする時など、会社帰りに寄れましたし、自宅からも近いということもあり、書類や印鑑の忘れがあったときには重宝しました。

また、金利変更や一部繰上返済といった手続きも手数料0円でできますので、ちょっとまとまったお金ができたときなどに気軽に返済ができますし、まとまったお金でなくても、イオン銀行ダイレクトから手続きすれば、1万円といった少額からでも受付してくれますので、がんばって早く返そうという気になります。

イオン銀行に借り換えてよかったと思います。

●●借り換えにはあまりメリットが無いと感じ、乗り気になれませんでした。ですが、私の弟がイオン銀行で借り換えを行った現状を聞いてみると、かなりの恩恵が受けられているように感じ、できれば私も借り換えしてみたいと思い、休みの日に伺いました。

イオンと言う名の通り、イオンの中に一室を設けているため、あまり広いとは言えない銀行です。ですが、休日も営業している事から、すごく融通が利いていて、スタッフの方もかなり親身になって話を聞いてくれる印象を持っています。

そして特典も凄く、イオンで住宅ローンを組むことで、イオンでのお買物に対して毎回5%引きしていただけるため、生活的にもかなり助かっています。全ての事が良心的な銀行で、直ぐ借り換えを行い、未だに沢山の恩恵を受けています。

名前的にはマイナーイメージに捕らわれがちでありますが、実際は金利の優遇もかなり大きく、以前に借りていた金融機関より1%以上下がったため、毎月の返済が凄く楽になりました。

金利の組み替えも自由に選択でき、従来は固定金利からの変更はだめな銀行が殆どでありましたが、イオン銀行はいつでも変更OKとのこと。消費者のことを考えた住宅ローンと言えます。とにかく良いの一言です。

●●住んでいる九州地方の政令指定都市で、トップの規模の地銀からの借り換えです。金利は1.9(土地)/2.0(建物)。金利が下がっていた頃で、周りもどんどん借り換えをしていましたので、もうやらない理由はないなと踏み切りました。

メガバンクをはじめ複数の銀行を検討した中で、イオン銀行は金利の低さでは三番目。しかし、口コミで、申請のしやすさ、審査の通りやすさの評価が高かったため、ここに決めました。

借入額は大きいのに、7年ほど前の住宅購入時から年収が数百万円下がっていたため、審査が通りづらい懸念があったからです。

案の定、通らなかった銀行もある中、イオン銀行はらくらくパス。金利0.67で申し込みを決めました。イオンモール内にカウンターがあるため、家族で出かけて子供を遊ばせたり食事をしたりもできて、小さい子どもがいる身には助かる立地です。

担当者によるのでしょうが、説明は非常に丁寧で、ちょっと時間がかかりすぎと感じるほどです。手続き自体はスピーディーで、どんどん進めてくれる感じでした。

口座の管理の面で、アプリやネットで確認ができたり、店舗が多いだけではなくコンビニATMでどこでも使える点など、前の地銀より格段に利便性が上がったのはメリットだと思います。

イオン系列なので、イオンカードに入らないといけないのですが、買い物のポイントや値引きもあり、結果的にお得でした。

●●住宅ローンが家計を圧迫していたので、どうにかする方法はないか模索していました。たまたま見たイオン銀行のネット広告が目にとまり、気軽な気持ちで(少しでも安くなるといいなという気持ちで)審査を申し込んでみました。

審査はそれほど大変だった印象はなく、思いのほか順調に進みました。審査に通るかどうかは若干不安はありましたが、無事に通ったという連絡が入って安心したのを覚えています。

気を付けたいのは、借り換えをするときに、単純に毎月の返済額だけを考えていると上手くいかないということです。

というのも、借り換えの手続きには、契約事務手数料や保証料がかかってきますので、これらの費用も計算にいれて、それでもトータルで今の銀行よりも払う額が安くなるかを、慎重にみていく必要があります。

ここをクリアしてくれば、借り換えによって得られるメリットはとても大きいと思います。実際に私も借り換えをすることによって、毎月5000円近く安くすることができました。

手続きが面倒と感じる人もよく考えてみてください。5000円が12ヶ月で6万円、それがもし20年残っているとすると、120万も変わってきますね。100万円以上です。これなら手続きが面倒なんていってられませんよね?是非試してみてください。

●●現在進行形で池田泉州銀行からイオン銀行に借り換えの手続きをしています。借り換えを考えたきっかけは、お友達がイオン銀行に借り換えて安くなったと聞き、見積りだけでもやってみては?と勧められたからです。

見積りをしてもらうと、お友達の言っていた通りで、利率も安く、月々1万円も安くなることがわかりました。すぐに、借り換えすることを決意しました。

まず、借り換えをするための流れと必要な書類のリストをもらい、家に持ち帰りました。夫にも協力してもらい、ある程度の書類が早い段階で手元に用意することができ、銀行に提出しました。

次は、名義人の夫が直接話を聞き、サインやハンコを押すために一度だけ銀行に足を運んでもらいました。その後は足りない書類や、新しく必要になった書類を揃えて、昨日全ての書類を銀行にお渡しすることができ、後は審査の結果待ちという状態です。

借り換えを考えてから約1ヶ月かかりました。イオン銀行の担当者の方がとても親切な方で、わからないことがあっても毎回分かりやすく説明して下さって、とてもやりやすかったです。本当に助かりました。

書類を集めるのは手間ですが、月々の返済額が安くなると思うと楽なものです。あとは、いい返事がかえってくるのを待つのみ。答えが聞けるまでドキドキです。

●●結構前に他社の住宅ローンを利用したのですが、インターネットで住宅ローンの情報を見たりしているとちょっと金利などを払いすぎなんじゃないかなと思うようになり、よく行くイオンの店内にあったイオン銀行で相談をしてみました。

そしたらイオン銀行で借換をすると結構返済額が安くなることが分かり、驚きつつもすぐに借換の申し込みをお願いしました。今もお付き合いがあるのですが、その際にお世話になった店員の方が丁寧に説明して下さったので、非常に助かりました。

▲▲2年程前に、当時変動金利で過去最低金利の0.57%を提示していた、イオン銀行に借り換えました。私はFPで妻は銀行勤務ということもあり、担当者は少しやりにくそうでしたが、概ね順調に借り換え手続きは進みました。

イオン銀行の申込書で驚いたのが、記入欄に保有資格の欄があったことです。理由を尋ねると、万が一サラリーマンが失業した時に、他にやっていく手段があるかどうかを参考程度に見ているとのこと。これには妻も勉強になると、感心していました。

資金実行や登記手続きも順調に進み、イオン銀行での借り換え自体には満足しているのですが、驚いたのが司法書士報酬の高さでした。

借り換えの場合、登記手続き上は抵当権の抹消と設定だけですので、国に納める登録免許税は2000万円借り換えしても10万円いきません。そこに司法書士報酬が上乗せされ、それでも通常は20~30万円程度です。

しかし、私が見たイオン銀行からの司法書士報酬請求額は、50万円程度と明らかに常識の範囲を超えていました。そこで、実際に登記を行った司法書士事務所に確認すると、通常は1社が直接引き受ける所、イオン銀行の場合は東京で大手事務所がイオン銀行と契約し、地域ごとに司法書士事務所に割り振る構造とわかりました。

つまり、丸投げの大手事務所が存在しているために、消費者が余分な費用を支払わされているのです。現在もこの構造が続いているかわかりませんが、イオン銀行の司法書士報酬には十分注意して下さい。

▲▲10年前に借りた、三井住友銀行の変動金利水準が1%を超えており、2年前で変動金利の過去最低水準に近かった、イオン銀行に借り換えました。

イオン銀行はネット銀行に間違われがちですが、店舗を構えた普通の銀行で、店舗もイオンモールの中にあるので、イオンをよく利用する人は買い物ついでに利用できます。

ただ、店舗自体はそれほど大きくないので、実際に住宅ローンの相談をする場合は、電話予約が必須となります。

私も妻も金融関係の仕事に携わっているので、イオン銀行の担当者が住宅ローンについてどの程度知識があるのか興味がありましたが、借り換えには慣れているようで滞りなく借り換え手続きは進みました。

しかし、少し気になった登記関係について質問すると、メガバンクの担当者であれば即答できるような質問も担当者に確認するなど、やや知識不足の感は否めませんでした。

また、イオン銀行は司法書士の構造が2重構造になっており、どこの案件であってもまず横浜の大手司法書士事務所に依頼が行き、そこから地域の司法書士事務所に割り振られるので、司法書士報酬が相場の2倍程度かかります。

司法書士報酬も相場程度だろうと、高をくくっていた私も悪いとは思いますが、その点だけが今でも心残りです。

▲▲新築マンション購入時に借りた、6年前の三井住友銀行の変動金利が1.375%と、今よりかなり高く、2年前に変動金利で最低水準の0.57%を打ち出していたイオン銀行に借り換えました。

イオン銀行の位置づけはネット銀行に近いものですが、イオンモールにイオン銀行の店舗が入っており、私達も近くのイオンモールのイオン銀行店舗で借り換えを行う事ができました。

私はFP、妻はメガバンク行員なので、担当者の女性もやりやすい面とやりにくい面があったようですが、「イオン銀行がここまで低金利を実現できるのは薄利多売ですから」と、さばさばした感じに好感が持てました。

ただ、登記関係についてたずねると知識不足の感も否めず、その辺りは今後の課題かもしれません。借り換えに高い定率制の手数料がかかることは、予め承知していたので納得していますが、司法書士報酬が私が知っている平均相場を遙かに超えていたため、驚きました。

これに関してはイオン銀行に聞くよりも、司法書士事務所に確認した方が早いと思い、確認しましたが、東京の大手司法書士事務所がまず請け負い、それを全国の各司法書士事務所に割り振っているため、高額になっているとのこと。

実際に仕事をした事務所が受け取っているのは相場程度なので、元凶は東京の大手司法書士事務所のようです。イオン銀行に借り換える場合は、予め司法書士報酬を確認しておくことをお勧めします。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ