静岡銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

静岡銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。静岡県民なら誰もが知っていると言っても過言ではないほど有名な地方銀行で、横浜銀行と千葉銀行と共に「日本三大地銀」と称されることもあります。静岡県以外に東京都・神奈川県・大阪府・愛知県に支店を設けているほか、海外にも多数の支店を持っています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 2年~15年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
その他 ・借り換え専用のお得なプランがある
・インターネットから無料で事前審査申し込みが可能
・固定金利と変動金利がミックスされたプランがある
・固定金利でも変動金利でも自由に選べるプランがある
・Club Offという優待制度が付いた女性専用プランがある
・住宅取得を予定している方専用の金利優遇定期積立プランがある
・しずぎんマイホーム倶楽部という様々な特典が付いた独自サービスがある
・静岡銀行の住宅ローンを完済した方専用の金利優遇定期積立プランがある

住宅ローン審査の口コミ

●●静岡銀行にて、住宅ローンの借り入れをしました。金額はおよそ3,000万円ほどです。工務店への支払いについては、銀行様より3回に分けて振り込まれました。最初と最後が金額が大きかったので、必ずしも「借り入れ金額÷3」ではないということでした。

今回借り入れるにあたっては、工務店とも話し合って、静岡銀行での申し込みをしました。当初、金利については固定と変動で悩みました。言わずもがな、固定は35年間金利の増減はありません。変動では増減の可能性があります。

「減」なら何も言うことはないのですが、「増」が続くと悲惨なことになります。一種のバクチみたいなものかと思いました。

しかしながら、ローンセンターの方のお話と過去のデータを見ると、ここ十数年は「増」がないことがわかりました。そのかわり、大幅な「減」もありませんでしたが。

それでも固定にしているより変動のほうが基礎となる金利が安いので、今回は変動を選ばせていただきました。

ちなみに、数年単位で「変動→固定」あるいは「固定→変動」への変更ができるとのことでしたので、そのときの世の中の情勢を加味して打ち合わせできればと思いました。

●●私が家を立てたのは2006年のことです。当時の金利は全体的に低金利と言われていて、家などを建てるのであれば今がチャンスといった雰囲気でした。契約した住宅メーカーがおすすめしてくれたのが静岡銀行でした。

当時の私は住宅ローンの事はよく理解してませんでした。しかし、契約するにあたり3年固定・5年固定・10年固定などの違いや、それぞれの固定での割引の説明を受け、それぞれ契約した場合の返済金額のシミュレーションまでもして頂き、その中から選ぶことができました。

私が選んだのは10年間は変わらずに2.5%という金利の「10年固定」のプランを選びました。ただ、10年後はどうなってるか解かりませんという、楽観的でも悲観的でもない、もっともな説明もきちんとされて契約しました。

●●2013年6月に不動産会社の担当の人と銀行に行きましたが住宅ローンの審査は初めてだったので、とても緊張しました。ですが担当の方はどんな質問にも丁寧に答えてくれましたし、不安なことは審査が通るか否かのみでした。

私はもともと静岡銀行に口座があり、お給料の入金が定期的にあったのである程度の信用があったようです。それでもそんなに収入があるわけではないのでとても心配でした。

静岡銀行の担当の方が終始丁寧で好感がも てたので審査の期間も不安になることはなく、もし落ちてもまた静岡銀行で住宅ローンを借りようと思っていました。結果的に通りましたが、静岡銀行にして良かったと思っています。

●●自己資金なしで、新築一戸建ての購入資金として新規に申し込みました。地元でも多くの支店があり、普段メインで使用していることから、できれば安心感のある静岡銀行に決めたいという考えが強かったです。

他の銀行に比べ、やや審査は厳しいとの評判をいくつか拝見し、少し心配もありました。建設会社の担当さんには「審査は問題なく通るのではないでしょうか」とのお声をいただきながらも、実際に連絡が届くまでは緊張していたものです。

その後、審査には無事に通過することができ、金利の方も一番低い好条件で提示していただきました。20代で金銭面の知識も少ない私たちに丁寧に説明をしてくださり、ときには談笑も交えながら、安心して契約を完了することができました。今後は、上手く繰り越し返済できるように、コツコツと貯蓄していきたいと思っています。

●●静岡銀行の新住宅時代25年固定で、金利は1.80%で住宅ローンを組みました。ずっと静岡銀行を主に利用していたので信頼もあり、こちらにお願いしました。

静岡銀行は地元では昔から、「審査が厳しく借り入れを渋る、手堅く渋い経営方針だ」と渋銀と呼ばれていたので審査が通るかが心配でした。ですが、事前審査という申し込む前にネットで簡単に審査してくれるサービスがあり、それは無事に通過したので安心して申し込む事ができました。

住宅ローンを組むのは初めてだったので知識もあまり無かったのですが、担当の人が変動・当初固定・長期固定のそれぞれの違いやメリットデメリットを分かりやすく丁寧に説明してくれました。こちらが理解できるまで何度も説明しなおしてくれたので、納得して申し込む事ができ、とても有り難く思いました。

変動金利は最終的に支払う総額が少なくなる可能性が大いにあったので魅力に感じましたが、いくらかかるのか最後まで分からないというのは将来の設計がしにくく、金利が上がってしまった時の対応に不安を感じた為、やめました。

長期固定型は変動型よりも金利は高めですが、将来設計は立てやすく、金利の変動に左右される事ないので、安心できるところが自分には向いていると思い、こちらにしました。しっかり納得して組む事ができたので、後悔もなく、静岡銀行にして良かったと思っています。

●●私は住宅ローンを組む際に、妻がJAが運営する病院に勤務している都合上、まずJAの住宅ローンを検討しました。しかし、不動産会社の担当者さんより、金利の安さで言えば、他にもオススメの銀行があるという事で、いくつか紹介をいただきました。

その中でも、突出した金利の安さはないものの、総合的なサービスでイチ押しという静岡銀行に最終的に決めました。決め手となったのは、地方銀行でありながら有力銀行の一つに入るという評判からの安心感、そして、何よりもサービスの良さでした。

私の家庭は夫婦共働きです。どの銀行も審査書類を申し込む際に、夫婦二人揃っての同席が求められました。しかし、静岡銀行だけは同席を求められず、逆に営業担当の方が私と妻それぞれの勤務先近くまで来てくれました。

妻は静岡銀行の支店から近い所に職場があったので、勤務後のアポイントは比較的容易でしたが、私の場合は真逆でした。平日の日中は東京都内まで仕事で出ており、かつ、自宅がある神奈川への帰宅が遅かった為、どこで担当者とアポイントを取るかがポイントでした。

しかし、担当者の方はわざわざ都内まで出てきてくれ、私もお昼休憩の時に審査書類を提出する事ができました。その融通の効きやすさと、営業担当の方のスムーズな手続きに魅力を感じ、静岡銀行に決めました。

無事にローンを借り入れた後も、別で検討したかったリフォームローンの相談なども親身にのってくれ、非常に助かっています。

●●静岡銀行で住宅ローン金利0.95%の35年ローンを組むことができました。借入額は3550万の中古マンションです。私のスペックとしては年収500万の勤続年数3年ぐらいのいわゆる普通のサラリーマンという属性で借り入れることができました。

借入をどこにするか、そして借入申込みの書類などは、購入した不動産業者に全て決めて頂きました。最初の段階で購入した不動産業者の勧めで、静岡銀行以外に三井住友銀行みずほ銀行北陸銀行にも借入審査を申し込みました。みずほ銀行では上記スペック条件で仮審査の段階で落ちました。

借入の申込書を作る段階では、自分の年収や勤続年数を記載することはもちろんのことですが、それ以外での勤務経験もあれば記載しますし、他社の借入が現段階であれば、それも書きます。

他社借入がある場合、ないと書いても情報を調べられますので、きちんと書くことをお勧めしますが、借入額があると住宅ローンの融資は通りづらいと聞きました。私の場合は借入額は0円だったので、仮審査が通り、不動産業者にて静岡銀行の担当1名と面談をしました。

面談内容は身体は健康的かや割とオーソドックスな質問しかされず、「はい」「大丈夫です」等、基本的に「yes」を言っているだけで問題ありませんでした。

他、銀行との抵当権を設定する用紙を書くなど、住宅ローンを借りるための最低限の申し込み用紙を書くだけで融資実行となり、無事に3550万を借り入れることができました。以上が私の融資実行までの体験談です。

●●私は今までネット銀行派でしたが、たまたま行った静岡銀行の接客や久しぶりに行って感じたことがあり、地方銀行っていいなぁと思いました。

その日は、積立をしたいと思っていたので、その相談に行きました。一対一で話をしてくれ、詳しく色々と話をしてくれました。気遣いがすごくでき、話しているだけでしたが不快に思ったことはありませんでした。銀行全体で、お客さんを大事にしようとしているんだということが、雰囲気で伝わってきました。

そういう場所でサービスを利用するというだけで、すごく安心感がありますし、利用してよかったという気持ちにさせられます。その後もちょくちょくお世話になっていますが、いつも笑顔で気分が悪くなるということが一度もありません。

あとは、ネット銀行にはない「通帳」サービスがいいなぁと思います。見たいときに見れますし、貯金をしているという気分になれるので、やる気が出ます。これからも利用し続けたいと思いました。

▲▲新規契約で店舗を訪問したときには、人生で初めて応接室に通されてお茶を頂きましたので、驚きました。それから1年後に、繰上げ返済をしようと銀行に行ったときの接客は最悪でした。

40代後半の担当者が出てきて接客してくれましたが、本当に繰上げ返済のことを理解したうえで話をしているのかが疑問なくらいの話の内容でした。また別の日に行くと、若い女性担当者が担当してくれ、彼女の話と返済プランのほうがずっと分かりやすかったです。

40代後半の担当者が上司で、若い女性担当者は部下という雰囲気でしたが、使えない上司のもとで働く部下は気の毒だろうと感じました。銀行は接客業なので、接客態度も大事なことですが、色々と勉強して分かりやすく説明する能力はもっと大事だと感じました。

借り換えの口コミ

●●14年前に家を建てた時、住宅ローンの審査がなかなか通らず苦労した経験があります。主人が転職して3年未満だったこともあり、候補に挙がっていた銀行3社全ての審査に通らなかったのです。

一時は新築の夢も絶えそうでしたが、建設会社の方に「頭金の額がまとまれば可能性があるので、どうにかなりませんか?」と言われ、私の貯金と実家からの援助で頭金600万円を用意しました。すると3社ともすぐに承諾して頂くことができ、一番金利の低かったスルガ銀行から無事借りることができました。

その数年後、主人の会社が取引をしている静岡銀行から、社員対象に住宅ローンの借り換えの話を頂きました。金利もかなり低かったので、即決しました。

毎月の返済額を減らすか、年数を短くするか検討し、我が家は年数を短くする方を選びました。そのおかげで、もともと35年ローンでしたが、実際は30年ほどのローンにすることができました。

住宅ローンは金利が低くなったときに借り換えれば得をすると聞いたことがあります。ただ、銀行から教えてくれるものではないので、損をしている人も多いのかもしれないですね。

我が家は会社を通して金利の低いローンに借り換えられることができましたが、もう少し借り換えがしやすくなるといいなと思います。

●●去年、地元の信用金庫から静岡銀行の住宅ローンに借り換えしました。借り換えした理由は「リフォームローンと住宅ローンをまとめ、月々の支払いを少しでも安くしたかったこと」と「8疾病保障の充実度が魅力だったこと」です。

おまとめローンをした結果、月々の返済を安くする事にも成功しました。借り換えをする前、今まで借りていた信用金庫に相談に行きましたが、金利は安くしてもらえませんでした。しかし、静岡銀行に借り換える事を伝えたとたん、金利を静岡銀行と同じにして『諸費用分が損しますよ』と言われました。

それでも、疾病保障の事もありますし、なにより相談した時は金利を下げてもらえなかったので、主人と相談して静岡銀行に借り換える事にしました。

8疾病保障につきましては、8疾病保障の中でも、ガン保障が決めてでした。初期ガン(悪性新生物)と診断されたら、住宅ローン残高が0円にるのです。しかも、1度ガンと診断されると、治った後も残高0円のままなんです。

借り換え前に、住宅ローンを借りていた信用金庫の疾病保障は、治ったら住宅ローン再開になっていましたので、以前に比べてお得に感じました。

通常の住宅ローン金利より年0.30%高くなりますが、それよりも、保障の充実に安心できます。配偶者がガンと診断されても100万円の一時金が出るのも嬉しいです(一回だけのようです)。

●●昨年10月に住宅ローンの借り換えをしました。しかし、私の場合、他の人とは少し違った借り換えです。

私が住宅ローンを組んだ時は仕事の勤続年数が3年未満だったこともあり、どこの銀行もローンが通りませんでした。何とか静岡銀行で通りましたが、金利が1.6%と高金利でした。

家を建ててからだいたい5年くらい経ち、住宅ローン金利がかなり低くなっているのをニュース等で目にするようになり、我が家も住宅ローンの借り換えを検討するようになりました。

いろいろ調べると、ネット系の銀行ローンは、いわゆる普通の銀行と比べて金利が低くなることがわかりました。

しかし、その反面、手続き等の多くの部分を自分でやる必要がありました。手続きを自分でやるのはかなり面倒なので、ネット銀行は私の中では無しでした。

そこで、私はネット銀行から見積もりをとり、今ローンを組んでいる静岡銀行に持ち込み、金利の見直しをしてもらうことにしました。結果、ネット銀行の見積もりと同じ0.85%にしてもらうことができました。

このやり方のメリットは、取引銀行が変わらないので引き落とし口座を変更する手間等がなくなる他、借り換え手数料が発生しない点です。

金利見直しの手数料は少しかかりますが、借り換え手数料に比べると格段に安くなっているでそれだけでも得をすることになります。借り換えをしないで、金利見直しをしてもらうのも選択肢に入れてもいいのではないでしょうか。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ