アルヒで住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

アルヒが提供している住宅ローンのご紹介です。住宅ローンやフラット35を提供している企業は銀行が多いですが、同社はノンバンクです。ノンバンクならではのきめ細やかなサービスや低い金利が特徴となっています。ちなみに、日本有数の金融サービス事業者であるSBIホールディングスの子会社です。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 8,000万円
固定金利期間 20年~50年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ○(無料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
その他 フラット35の金利が業界最低水準
・保険料20%オフで火災保険に加入できる
・無料で相談できる店舗が全国に100以上ある
・審査がスピーディー(仮審査は最短で1営業日)
・病気や失業や災害に関する保険が充実している
・ファイナンシャルプランナーと無料で相談できる

住宅ローン審査の口コミ

●●3年前、住宅を新規で購入する際にお世話になりました。夫が全額固定金利でローンを組みたいとのことで、当時金利が安かったこちらの会社のフラット35に決めました。

不動産屋に勧められたメガバンクの住宅ローンを断わって、アルヒの店舗へ出向いた時には、まだ不動産成約前だったので、あまり印象はよくありませんでした。逆に成約後に不動産屋と一緒に出向いた際は、とても感じの良い方が対応してくれて、スムーズに済み助かりました。

特に借入金がいつ、いくら振り込まれるのかというお金の説明は、とても分かり易かったです。地震保険や火災保険なども不動産屋が紹介してくれたのよりも、安い保険で契約ができました。

お金の移動は通常銀行が全て行ってくれますが、我が家はいわゆるノンバンクから借りたので、自分ですることになりました。

期日にアルヒから振り込まれた金額を自分達の頭金と合わせて、また銀行窓口で、不動産屋が指定する金融機関口座へ振り込むという作業です。全ての手続きを銀行で終えるのに、2時間位かかったと思います。

全額固定ローンは終わりが見える組み方なので、不動産屋との交渉が上手く行けば、検討の余地があると思います。

●●2015年9月にアルヒ株式会社のフラット35で新規住宅ローンを組み、現在も支払い中です。その際の事を記載させて頂こうと思います。後ほど詳細は記載致しますが、アルヒのフラット35でローンを組もうと決めたのは2点理由があります。

  • 金利が安かった
  • 手数料が他社よりも安価だった

上記2点です。

現在も住宅ローン金利は低金利が続いています。住宅を購入しようとする方にとっては有難い金利です。何千万の住宅を購入する場合、金利が多少増減するだけでも、支払い総額が何百万と変わってきます。だからこそ、現在の低金利は購入を検討している方々にとっては稀に見る機会だと思います。

その反面、多くの企業が住宅ローンを扱っています。選択肢が多いというメリットもあれば、どれを選べばよいのか分かり難いというデメリットに成り得る面もあります。そんな数ある中での住宅ローンの中で選んだ理由は前述したように2点あります。

1点目の低金利に関してです。これは他社と比べて同等に低いという事です。金利が少しでも高くなれば、支払い総額は大きく変わります。

また、フラットを選んだ理由は固定金利で払い続けられるからです。変動金利にした場合、現状を見る限り金利は下がり続けているので、変動金利の方が支払い額は少なくすみます。しかし、今後も金利が下がり続ける保証はないと感じたので、私は安心を重視した為、固定金利のフラットを選びました。

2点目の「手数料が安い」はアルヒ株式会社を決めた理由でもあります。不動産が提携している提携ローンを使用すれば、手続きも代行して頂けるため、手間という面では大幅に楽になる事は間違いありません。

しかし、時間にある程度余裕はあった為、自分で申請から手続きをする事を選びました。ざっくりですが、手数料だけで20万程度費用を減らす事ができました。その反面、申請や休日に訪問をしたりと手間は相当掛かりますが、初期費用が20万円安くなるのならば、自身で手続きをする事もありかと思います。

住宅ローンには多くの種類があります。少しでも皆さんの参考になれば幸いです。自分たちに合った、住宅ローンを探してみてくださいね。

●●地元工務店で住宅を新築する際、ARUHI(当時SBIモーゲージ)で新規借り入れをしました。ARUHIは、住宅専門に融資を行っている金融機関で、金利も低くおすすめだと工務店の担当に言われたので、ARUHIのフラット35Sで融資を受けました。

フラットも時期によってキャンペーンや優遇制度が異なり、今は新規の場合100%融資は受けられないようですので、頭金を最低1割用意する必要がありますが、私の時は100%融資が受けられましたので、頭金はなしで借り入れました。

今より5年ほど前の融資で、金利が高かった時期ですので、金利は2.55%での融資でしたが、当時契約したフラット35Sは、住宅の機能が条件を満たしている場合、10年ほどは1.55%で融資が受けられるお得なプランだったので、工務店にもフラット35Sが適用になるように建ててもらいました。

仮審査はすぐに通り、本審査もあっという間でした。書類は工務店経由で受けとり、本申し込みの時のみ窓口に行きました。

窓口では女性の方に対応していただきましたが、工務店の手違いで次の月の扱いになるところを、急ぎで処理していただき、ぎりぎり月末で融資を受けることができました。金利が徐々に上がっている時期でしたので、非常に助かりました。

保険の説明も非常にわかりやすく、我が家に最適の火災保険や地震保険を提案していただきました。借り換えメリットのお知らせもメールで届くので、検討しています。

●●うちは4年前にマンション探しをして、中古マンションを購入しました。住宅ローンの事については全くわからない事だらけでしたので、その当時お世話になっていた不動産会社の方に、いろいろ調べていただきました。

主人が「将来自分の給料がそんなに上がってるとも思えないし、金利がどうなっているかも予想できないから、固定金利がいい」との事でフラット35で固定金利にこだわって、金融会社を探すことにしました。

りそな銀行と地元信金とアルヒに申請書類を出し、どれもローン申請審査は通ったので、一番低金利だったSBIさんに決めました。他銀行での手続きもそうでしたが、SBIさんの手続きも平日しか対応してくれないようで、その為に主人が休みにくい会社に何とか有給とって行かなければならないのが大変でした。

SBIさんの書類手続きは、担当さんも慣れた様子で淡々としていて、こちらの質問にも丁寧に説明してくださいました。火災保険もお勧めのものにしましたが、今から思えば家財オプションもつけておけばよかったなと思います。

昨年、繰り上げ返済しましたが、ネットでの申し込みがどうしてもうまくいかず平日に電話で申込みしました。電話受付の女性社員さんの対応はスムーズでしたが、ネットがダメだった事に少し疑問を抱いたような反応でした。次からは面倒なので最初から電話申込みしようかと思います。

●●2012年に新築一戸建て建築に伴い、住宅ローンを固定金利のフラット35と変動金利型住宅ローンがセットになったSBIフラットのハーフ&ハーフを利用しました。銀行で借りるより金利が安かった事と、工務店のファイナンシャルプランナーからのアドバイスもあり、契約しました。

SBIフラットのハーフ&ハーフは、借り入れ金をそれぞれ固定金利と変動金利で半分ずつ返済していくため、「仮に変動金利の方が上がったとしてもリスクが半分で済むこと」や「長期に渡ってローンを返済していく中で心配しなくて済むこと」が、私にとっては魅力的でした。

工務店のファイナンシャルプランナーは「変動金利も急に上がることは無い」と予想していました。現在ではアベノミクス効果で変動金利より多少高くても固定金利の安心感を求め、私が借り入れした時よりも金利は上昇しています。

「良い時に家を建てましたね」と後で工務店の方から言われましたが、今考えると私もあの時家を買うと決断して良かったと感じています。

●●マンション購入の際に、住宅ローンを利用しました。住宅ローンを利用するにあたって、以前ローンの滞納や公共料金の滞納があった為、金利や審査基準を含め、どの金融機関に住宅ローンを頼めば一番良いか相談したところ、アルヒが良いと勧められました。

金利も地方銀行とさほど変わらず、ソフトバンク系列でできたばっかりの金融機関な為、審査も融通が利くとの事でした。まずは仮審査という事で、2週間ほど審査機関を要しました。

どの金融機関で借りても同じなのでしょうが、この2週間はとてつもなく長い期間に思えました。ただ、中には仮審査でも、もっと時間のかかる銀行や金融機関もあるとの事で、わりと短い方らしかったです。

何とか仮審査はパスし、1週間後に正式に融資の決定がされて、その後不動産会社との融資実行へとスムーズに進行しました。申込からは約1ヶ月で全ての手続きが終わったので、その点では段取りがスピーディだったと感じています。

●●ARUHIで住宅ローンを組んでいます。新規借り入れの時は、予備審査が非常にスピーディーで好感が持てました。転職して3年を少し過ぎたところだったので、審査が通るか不安だったのですが、無事審査を通過することができました。

本審査も無事通過することができたので、融資の実行の契約をしに窓口に行った時も、非常に対応が親切で迅速でした。

ARUHIという会社は融資を受けるまで知らなかったので、多少不安はあったのですが、担当して下さった方はとても丁寧に手続きを進めて下さり、保険などの説明もとてもわかりやすかったです。

ローンの融資と同時に加入した火災保険や団信についても、細かい質問にもわかりやすく答えてくれたので、内容が把握できて助かりました。

金利はARUHIは業界最低金利を売りにしているだけあって、私が融資を受けたときは日本中で最も安い金利でした。

フラット35Sで融資を受けていますが、当時は購入金額の全額をローンにできたので良かったです。現在は全額はローンにできないみたいなので、良い時期に融資を受けたと思います。また、当初10年間は金利が1%優遇になるのも、現在より優遇されていると思います。

ARUHIは、あまり有名ではないかもしれませんが、取扱件数もとても多い金融機関なので周囲にも勧めています。

●●ARUHIでフラット35Sの融資を受け、ローンを返済しています。なぜARUHIにしたのかというと、新築を依頼した工務店に「ARUHIは融資の審査が通りやすい」と言われたからです。実際、仮審査が通るかかなり不安でしたが、無事通過することができました。

諸手続きは工務店にやってもらったので、実際にARUHIの窓口に行ったのは実行の時のみなのですが、聞いたことがない銀行で少し不安だったのが、すぐに安心することができるくらい何の問題もなく手続きをすることができました。

融資についての説明がとてもわかりやすく、フラット35Sの特徴やメリットなど、金融に詳しくない私にでもわかるように説明してくださったのが印象的でした。

火災保険や団信など様々な保険に入る必要があり、それもパンフレットを使って丁寧に説明してもらいました。団信に付加する保険も入るかどうか選べたので、念のために加入しました。

私が融資を受けたときはARUHIという名前ではなくSBIモーゲージという名前で、返済が開始してから名前が変更になりました。

ハガキ一通で通知が来たので何が起こったのか不安になりましたが、特にこちらでやらなくてはならないことはなく、業務は無事引き継がれたので安心しています。融資を受けやすく、金利も安いのでおすすめの銀行です。

●●3年ほど前に、不動産屋で家をローン契約をするときに勧められた会社がアルヒでした。

他のローン会社と比べて金利が安かったのと、住宅ローンを組んだ当時は、自分の仕事が正社員でなく契約社員だったので、銀行系は通らないと判断されたためでした。当時は勤続年数も1年にも満たない程度でしたので、よくローンが通ったなと思いました。

池袋にあった会社に行って、契約などの対応をしてもらいました。電話でやりとりをしながら、池袋に書類などを集めて持って行きました。担当者の方は男性で、相当忙しそうにしていましたが、丁寧な対応をしていただきました。

実際に足を運ぶのは2回くらいでしたので、ほとんどは電話でのやり取りや、書類を送ってもらったりなどの書面でのやり取りとなりました。しっかりと対応していただけて、いろいろな質問に的確に答えてくださるので、担当の方への信頼感がかなりありました。

不明点が解決していくので、全くフラストレーションがたまらず、スムーズにフラット35のローン手続きを勧めることができました。

現在はアルヒは池袋まで行かなくても、駅の近い場所に沢山店舗ができました。以前よりも一般に知名度も知れていますし、近場にあれば相談もしやすいと思います。3年が経ち、他のローン会社も目にしますが、比較してもアルヒでよかったと思います。

●●うちは主人が自営業で、いつどうなるか心配だったこともあって、フラット35で毎月安定した変動しないことに魅力を感じ、アルヒさんなら金利も低く良心的で、フラット35ならここだと決めていたので決めました。

手数料なども他者と比較しても断然安いですし、実際、手続きもとてもスムーズでした。結果が出るのもとても早く、びっくりしました。

以前の銀行は結果が出るのも遅かったですし、色々と細かいことをかなり聞かれて長い時間費やしたのに、結局審査に落ちたケースもあったので、このように早い審査結果というのはかなり魅力的です。

担当者の方もとても親切で、クリスマス時期に「お菓子のパッケージが可愛かったので是非プレゼントしたくて」と言って、うちの子供達にお菓子をわざわざ買ってきてくださったり、いつも心から笑顔で接してくださいました。

わからないことや心配なこと、気になっていたことも気兼ねなくお話しできたので、本当に信頼して相談することができ、話もスムーズに進みました。

今でもアルヒさんに借り換えしてよかったなと思いますし、日々主人の仕事がどう転んでも安心してフラット35のおかげで心にゆとりができました。もし他の友人が、金融機関を探していたら、絶対アルヒさんを勧めたいと思います。

●●夫と共に家探しをはじめたのは、その時住んでいた部屋の賃貸料が高額だった上、更なる値上げをすることを知らされたことがきっかけでした。転職して前職より安定した仕事に就けたというのも一つの理由です。

何件もの物件を見て、ようやく事前審査をしてみよう!という事になりましたが、ここで世間の厳しさを知らされることになりました。とにかく審査が通らないのです。最初は愛想の良かった物件の担当者も、事前審査が通らない旨を告げた後は本当にあっさりとした態度に変わってしまいました。

そのような流れを2件ほど経験し、審査が通らない理由や対処法についてようやく自分でも調べ始めることになりました。少し調べただけでも私達の場合はマイナスポイントがとても多かったのです。

まず、夫の勤続年数。じつは転職してまだ半年ほどだったのですが、これがマイナスになるとは調べ始めるまでは気付きもしなかったのです。

「ローンの審査には最低でも勤続1年以上ないと土台にも乗らない」と担当者に言われたのは驚きでした。転職して前職より安定した仕事に就けたというのにこれが意外な落とし穴となってしまいました。

次に、年収です。年齢の割に年収が少なかった為、借り入れできる金額に少し制限が出てきてしまいました。同じ年収だったとしても、年齢が若ければその分だけ借り入れ金額を多くすることができるのです。

そして、頭金。特に家を購入する為に貯金するということを考えていなかったので、多くの頭金を用意することが困難でした。借り入れ上限金額がある程度決まっている以上、頭金を多く入れることが審査に通るためには必要だったのです。

更には私のカードでの事故歴です。一度でもカードの支払いが遅れたことがあると、これまた引っかかってしまうのだそうです。夫の年収と妻の年収を合わせて収入合算で借り入れを増やすことが本来ならできたはずなのですが、この手が使えないことになってしまいました。

結果としてですが、一時的に家さがしはストップして、とりあえず審査の土台に乗るであろう勤続1年が経過するのを待ってから、再度事前審査を通してみることになりました。

マイナスポイントになってしまう為、妻の収入合算はなしで、夫のみの契約です。親族に話を通し、少しですが頭金を増やしました。これでようやく事前審査に通り、本審査も通過することができたのです。

ちなみに、フラット35にアルヒの組み合わせで成功しました。転職したてでも審査の通りやすいと言われている組み合わせです。紆余曲折あったので、当時の担当者には本当にお世話になってしまいました。

これから家を買おうと考えている方には、そこそこ若いうちに、そして転職する前にね!と教えてあげたいと思います。

借り換えの口コミ

●●フラット35の金利が下がり、以前借り換えを提案されたことがあったのですが、その際はさほど負担額が減らなかったのと、もう少し金利の動向を見ていこうとのことで見送りました。

しかし、日銀のマイナス金利政策などでまた金利が下がり、キャッシュバックキャンペーンなどをやっていたので借り換えを検討しました。

いくつかのパターンの提案書を作ってもらいました。毎月の返済額 融資時必要資金はどれくらいか 現在の金利と比べるとどのくらい負担が軽減されるかなど、比較しやすくわかりやすく検討しやすかったです。

借り換えの際のお金の流れも、明確にわかりやすく提示してくれたので、納得することができました。

ただ、同じ時期に借り換えをする方が多かった為か、書類が来るのが少々遅いと感じたり契約の際も、人が多かったためか少々待たされたりして時間がかかりました。説明も、少しわかりずらいなと印象を受けました。しかし、丁寧に説明はしていただけました。

その後は滞りなくトラブルもなく融資を進めて頂けました。現在、問題なく返済ができています。また、ARUHIメンバーズクラブというのがあり、書類発行サービスや借り換えのメリット金額をメールでお知らせしてくれるサービスなどもあるので、契約後も安心です。

●●5年前に戸建て住宅を購入しました。アルヒの前身である旧SBIモーゲージでフラット35の住宅ローンを組みました。その当時の金利は2.6%でした。当時としては安い金利でしたが、金利が高いなぁと感じていました。

その後、銀行もマイナス金利になり、住宅ローンの金利は過去最低の利率になりました。ローンを組む側としては、大変良い時代になったのです。

わたしのところにはアルヒから定期的にDMが届いており、調べなくても金利がわかりました。かなり安いことはわかっていましたが、いまいち借り換えの詳細がわからないので、そのまま気になる存在として放っておきました。

しかし、金利が0.8%という数字を見たときは衝撃的でした。これは一度見積りをしても良いかなと思い、会員専用のアルヒの住宅ローンシミュレーターを使って試算しました。

すると、どうでしょう。残り30年間で今の住宅ローンよりも400万円も得になる結果がでました!借り換えは手数料が掛かります。それを引いて借り換えのメリットが400万円!

アルヒは駅のそばに店舗があり、店舗数も増えましたので、電話をして、予約をしてスムーズに手続きができました。市役所で書類を用意してから行くので、店舗にも2回来店して、無事に契約成立しました。店舗が近くにあった為、本当に便利に思えました。

借り換えは時期的なものです。いまの時期がチャンスだと思います。まずはローンシミュレーターで試算から始めましょう。

●●旧SBIモーゲージで、フラット35Sの住宅ローンを組んでから5年間が経ちました。フラット35Sは当初の10年間が減税されており、1パーセント支払いが安くなっています。

ローンから5年間が経ちましたので、あと5年したら住宅ローンの金額が毎月2万円上がってしまいます。上がったら高くて支払いができるかと不安に思っていました。その時期が来たら、最悪借り換えでつなぐしかないと考えていました。

当初、借り換えにメリットがあるものとは全く思っていませんでした。ところが、2016年の夏にフラット35が過去最低金利になりました。アルヒから来ていたDMで気付きました。フラット35の金利が1パーセントを切っている。これは凄いことだと衝撃を受けました。

ただ、借り換えの相談は仕事や用事が多い時期で、なかなか前に進めずに1ヶ月が経ちました。そろそろ落ち着いたから始めるかと思ったら、金利は1パーセント前半になっていました。それでもメリットが出るので、まずはインターネットで試算をして見積りを出してみました。

すると、35年間で、なんと400万円も支払い総額が下がります。これは今しようと思い、コールセンターへ連絡をして、駅前のアルヒに予約を入れました。コールセンターの方は詳しく説明をしてくれて、質問にもスムーズに答えてもらえました。

現在、アルヒの店舗はかなりの数があるため、駅前など近場に店舗を構えています。かなり便利です。

店舗に行く前に用意して欲しいという書類を準備していたので、スムーズに進みました。店舗の対応は話がわかりやすく、スムーズでした。1回目に申し込みをして、2回目に本契約です。

借り換えはあっという間に契約ができました。これだけで数百万円もメリットが出ました。試算してメリットが出る方は、借り換えすることをおすすめします。

●●変動金利は常に金利の動向を気にしている必要があります。でも我が家では最初にフラット35で35年ローンを組んだので、見直しの検討をしたこともなく、ほとんど放置状態でした。

結果的にはどちらかというと変動金利にしていた方がお得だったのですが、しょっちゅう金利の心配をしていないといけない煩わしさが嫌で固定ローンにしたのだから、仕方ないとあきらめていました。でも、2年前にローンを組んでいるARUHIから借換えのご案内のハガキがきました。

「金利が過去最低のところまで下がってきているので借換えをしたらどうか?シミュレーションは無料だからそれだけでもやってみては?」という内容でした。その時初めてフラット35からフラット35に借り換えができるということを知りました。

最初にローンを組んだ時より0.7%位金利が下がっていたので、早速ネットでシミュレーションをしてみると、手数料込みでも200万円近く浮くことが分かりました。200万円ではどちらかというと少額な部類に入ると思いますが、やらないよりはずっといいと思い、すぐに借換えの申込みをしました。

手数料はARUHIさんより安いところもあるので、この際他のところに乗り換えるという手もあったのですが、選択肢を増やして疲労するのも嫌だったので、またARUHIさんにしました。普段忙しいので、ネットでほとんどのやりとりをして最後に1度だけ店舗に行くというやり方は助かりました。

手続きが進む過程で担当者がどんどん変わっていき、多少行き違いや金額の計算ミスのようなものもあり、ちょっと疲れた部分もありましたが、なんとか無事に終わりました。借換えのご案内のハガキをもらわなかったら、あいかわらず昔の金利のままで払い続けていたと思うので、ARUHIさんには感謝しています。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ