秋田銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

秋田銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。地方銀行の中でも有数の資産規模を誇る秋田銀行は、同県内や市内でのシェアが圧倒的に高く、住宅ローンの利用者も多くなっています。主な営業エリアとなる県内に多数の支店を構えているほか、青森や岩手や宮城などといった近隣の都道県にも支店があります。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 5,000万円
固定金利期間 1年~30年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・フルサポート標準タイプ
・フルサポート特約自動更新タイプ
・長期固定金利型住宅ローン
・HANA
・無担保住宅資金借換ローン
・夢・応援プラン

住宅ローン審査の口コミ

●●結婚5年後にマイホーム購入を考えるようになり、どの金融機関でローンの借り入れを行うか悩みました。我が家は夫の年収が300万円程で、私は専業主婦の為、我が家の収入は夫の収入のみとなっていました。

共働きの方であっても、審査を通過できるのかが、多くの方の悩みかと思われます。そんな事もあり、夫の収入だけでも審査が通るのか不安を感じていました。

そんな時、県民にとても人気があり愛着もある「秋田銀行」へ相談を行いました。すると、対応してくださったスタッフさんが「300万円の収入であればほとんど問題無く審査に通過できますよ」と言ってくださいました。

スタッフさんの話だと、年収250万円の方でもマイホーム購入の為の住宅ローンの借り入れが行えたと言うのです。しかも、我が家が無理なく支払っていけるプランも親切丁寧に教えてくれました。

そして、マイホーム購入を決意し、秋田銀行での借り入れを行う事にしました。するとスタッフさんがおっしゃっていた通り、なんの問題も無く借り入れを行う事ができました。

現在毎月、5万円弱の支払いを行っていますが、ある程度余裕の持って生活を送れています。収入が平均的な方であっても、無理なく借り入れをOKしてくれる秋田銀行に感謝をしております。

●●建売の購入の為に秋田銀行の住宅ローンを利用しています。きっかけは不動産会社の担当の方からでした。私が住んでいるのは仙台市です。仙台市に新しく秋田銀行の支店ができるという事で、限定で借入手数料が無料との事でした。

いろいろな銀行の話や利息等を聞き、一番秋田銀行が良いという事でお願いしました。借入手数料無料は募集人数が決まっており、見事にそこにはまることができました。

おかげで手数料が浮いたため、住宅の火災保険へ回すことができました。火災保険は35年で入れるのが間もなく終了の時期でした。ギリギリ間に合う事ができました。

ローンは35年です。金利は0.55%です。どこの銀行も似たり寄ったりでした。審査は2回行われ、どちらも通る事ができました。

不便に感じる事は秋田銀行のATMが仙台市にないという事です。地方銀行の為です。ただ、月に3回はセブン銀行ATMの手数料が無料になっています。なので助かっています。

借り換えの口コミ

●●SBI銀行のフラット35から秋田銀行の住宅ローンに借り換えをしました。

住宅購入の際にあまり選択の余地なく、SBIを選び、金利もそれなりに安かったので、繰り上げ返済をしながら月々返済をしていたのですが、ある時知り合いの秋田銀行の営業の方に、「当行で借り換えをしてみては」というお話をいただき、返済シミュレーションをしていただきました。

結果は、借り換えによるメリットが微々たるものだったのですが、ローンの付帯する保険(団信に相当)が秋田銀行の住宅ローンについていて、その分の保険料で十分なメリットが出るようだったので借り換えを決めました。

借り換えを行うための手続きはそれなりに面倒でしたが、きちんと必要なものを教えていただき、滞りなく手続きできて満足しています。

●●2年ほど前に、フラット35から地方銀行へ借り換えを行いました。会社で取引きのある銀行で、担当者の方とも懇意にさせて頂いていたので、メリットデメリットについて率直な話し合いができました。

35年間金利が変わらないのは金利の上昇時に心配もありましたし、借り換えの手数料がまとまった金額だったので多少の戸惑いもありましたが、自己負担していた団信の保険料がまるまる銀行持ちになるというメリットが一番大きかったので、借り換えを決断しました。

金利にして0.2%ほど安くなりましたし、月々9,000円ほど払っていた団信の保険料が浮いたのは家計にとって非常に助かりました。手続きも比較的お任せして、銀行の担当の方が行ってくれ、自分で取得する書類が少なくて助かりました。

記入する書類は確かに多かったですが、主人には「これで何十万円もお金が節約になるのよ」と説得し、記入を頑張ってもらいました。

近年の低金利の傾向はいつまで続くのか素人の私にはわかりませんが、早く借り換えを行って良かったのは確かです。金利だけでなく、手数料や団信についても比較検討して納得した上で借り換えができました。

結果的に返済期間が10年近く短縮できて(繰り上げ返済含む)、肩の荷が少し軽くなった気分です。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ