尼崎信用金庫で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

尼崎信用金庫が提供している住宅ローンのご紹介です。その名の通り、兵庫県の尼崎市に本店を構えているほか、大阪にも20以上の支店を設けていて、近畿地方では3番目に規模の大きな信用金庫となっています。「尼信博物館」と「世界の貯金箱博物館」という2つの博物館を運営していることでも知られています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 5,000万円
固定金利期間 2年~10年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・住宅ローン
・マイホームローン家物語
・借換専用住宅ローン
・新築建て替え・借り換えローン
・あましんリフォームローン リフォームの達人
・あましんエコ・リフォームローン エコの達人

住宅ローン審査の口コミ

▲▲1993年頃の話になりますが、尼崎信用金庫を通して住宅ローンを組んでいました。夫婦で折半で返済していたのですが、ローンを組む時の名義は旦那の名義のみでした。当時のローンは今考えるとちょっと変わっていて、金利や総返済額を考えるとこちらに不利な感じのものでした。

ゆとり返済といって、最初の5年は金利だけを払うという事で、最初5年は本当に目先の返済が少なくなっていたんですが、5年後10年後には大きく跳ね上がるようになっていました。

数年後にそれを強く認識したため、100万ほど貯まると繰り上げ返済して残債を減らすように心がけ、最終的には35年返済のところを20年ほどで返し終わりました。今考えても、ゆとり返済をいうのに設定されたとき「皆さんこれにしているんですよ」と勧めれましたが、もっときっちり勉強して確認すべきだったと感じています。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ