中国ろうきんで住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

中国ろうきん(中国労働金庫)が提供している住宅ローンのご紹介です。広島県を中心に展開している労働金庫ですので、全国的な知名度は低いですが、中国地方ではよく知られている金融機関となっています。他の金融機関と比べても公式サイトが作り込まれていて、とても見やすいデザインです。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 5,000万円
固定金利期間 3年~10年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ○(無料)
繰上返済額 1万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
その他 ・返済サポート保険が用意されている
・親子二代で返済できる親子リレー返済制度が用意されている
・団体信用生命保険に加えて、3大疾病団信もわずかな負担で利用可能
・中国ろうきんとの取引状況によって金利の差し引き制度を利用できる
・勤務先で育児休暇や介護休暇を利用している間は、元金の返済を据置にできる

住宅ローン審査の口コミ

●●私は1年前にマンションの購入に際し、中国ろうきんから住宅ローンの申し込みをしました。マンションの価格は1600万円だったので、自己資金600万円、住宅ローンを1000万組むことにしました。

住宅ローンを借りるにあたって、ネットを中心に情報収集しました。金利や手続きのスピーディさなど色々です。色々な銀行と比べてみましたが、金利は大きく変わらなかったので、手続きの簡単な地元の金融機関を使うことにしました。

気持ちの中では中国ろうきんに決めていましたが、念のため地元のもう1つの銀行にも審査をお願いしました。どちらも同じ日に申し込みをしたのですが、中国ろうきんはその日の夕方にOKとの返事がありました。

銀行の方は審査に1週間以上かかったので、中国ろうきんの審査の早さには驚きました。金利はほぼ一緒だったので、先に返事をくれた中国ろうきんにお願いすることにしました。

担当の方はまだ若い方でしたが、とても分かりやすい説明でした。よくよく聞いてみると、他の金融機関は利用者持ちだった、保証料や団体信用生命保険料などがろうきん負担だったので、トータルでは大分ろうきんの方が安かったと思います。

書類などもそんなに多くなく、契約までは1週間程度でできました。仕事の合間に手続きをしたりしていたので、スピーディな対応でとても良かったです。

●●労金さんで住宅ローンを組みました。給与振込をしたり、定期口座を開設などで金利が安くなったような記憶があります。

地元の地銀の大手2社は私個人的にはガツガツしていて好きではなかったのと、初期費用が結構かさむらしいといううわさがありました。対して、労金さんは団信の費用も毎月のローン金利に少し上乗せするだけのお手軽な内容だったので決めました。

というか、不動産会社さんのイチオシだったので…。トータルの支払金額は大差ないと思いますが、初期費用をおさえられて良かったかなと思います。

担当の方は50代の男性の方でしたが、「えっ、この方が金融の方?」と、良い意味で思うくらい気さくな方で、フレンドリーなおじさんでした。審査は10日かからなかったとおもいます。審査も通りやすく、敷居が高くないとの評判もありました。

契約時は、労金の奥にある応接室のようなところで行いましたが、主人が署名捺印する際に、印鑑マットではなく、そのあたりにある本(電話帳のようなもの)を下敷きにされていたのにはちょっと笑えました。

当時金利が安かったので変動金利のものに決めましたが、金利の見直しがあるので、今後の動向に少しひやひやはしています。

●●3年前ほど前に、中国ろうきんで新規の住宅ローンを組みました。金利は現在の金利とほとんど変わらないぐらいだったと思います。どこの金融機関でもそうなのですが、給料の口座にしているとか、公共料金の引き落とし口座にしていると、店頭金利から優遇を受けることができます。

ろうきんに限って言えば、組合員であれば、最も割引率の高い優遇を受けることができます。うちはこの組合員であったため、一番いい優遇を受けることができました。

審査については、正直そんなに厳しくないのかなという印象です。やはり勤め先の名前は重要視しているようで、最初、会社の名前を伏せて話を伺っていたときは普通に説明してくれていたのですが、会社名を言ったとたんに「なんだ、〇〇さんなら早く言ってくださいよ」と対応が柔和になりました。

会社の名前を伏せていた時も対応は丁寧で、金利の細かい計算なども、面倒くさがらずにやってくれました。そして、メガバンクや地銀ほどお客さんは多くないので、ゆっくり話を聞いてくれます。

審査自体は、正直それほど厳しいことは言われず、通りました。退職後もローンが残る計算だったのですが、チェック項目があり「退職金で一括精算で問題ないですね」とあっさりしたものでした。

ろうきんのローンは、繰り上げ返済が1万円からできて、手数料が要らないのが非常に魅力です。また、ろうきん自体のATMは少ないのですが、セブン銀行のATMが手数料無料(平日の朝から夕方まで)で使えるので、特に問題なく利用できています。

▲▲家を建て替えようと思い、中国労働金庫に行きました。うちの会社の労働組合と取引をしていたし、私も毎月退職積み立てをこの金庫でしていたからです。ローンの窓口に行き、「住宅ローンを組みたいんですが…」といいました。

明らかに私より若い担当者が対応してくれて、「それでしたらこの申込用紙にお願いします」と、いろいろな書類を用意して持ってきてくれました。すべての書類を書き込むのに一時間くらいかかり、その間、たわいもない世間話をしていました。

提出すると「審査は私がするのではなく、ほかの部署が行いますから」と、明るく言ってくれました。私が「どれくらい時間がかかりますか?」と言うと「三日から四日くらいかかり、審査に受かったら家の登記簿と新しくできる家の設計図を持ってきてください」と言われたので、私は連絡を待っていました。

世間話をしている間、建て替える前の家を見に来る的なことを言っていたので気にかけながらも審査結果の連絡を待っていました。ですが、一週間たっても連絡が来ないんです。業を煮やした私は労金に連絡して、その担当者に聞いたら「審査とおってますよ」という返事。

連絡してよ…と思ったんですが、気にかかっていた家を見に来るという件を話したところ、いかにも忘れてました的な返答が返ってきて、私は怒って「あなたが見に来るといったじゃないか」と言うと、「申し訳ありません」と言って、すぐに見学にやってきました。

本当に忘れていたんですね…。困ったものだと思いながらも、今後のスケジュールについて話し合いをしました。

▲▲労金はなんといっても手数料がなく、ローン額を抑えることができると思い、新築購入を考えるようになってから何度も足を運び相談していました。夫は実家の家のローンを組むときに名義人となっていたので全く借りることはできず、私一人の名義にすることは想定内でした。

詳しい内容も説明し、問題ないと言われていたのに、いざ新築購入が本格的になって話を進めにいくと「これから育児休暇に入る方は収入が見込めませんのでお貸しすることはできません」と言われてしまいました。

相談の時にまだ言わなければ気付かない程度のお腹でしたが、念のため「正社員ですが妊娠中なので今後夜勤もへり、給料も少なくなります、育児休暇後に復帰予定ですが借りれますか?」と言っていましたので。こんなことならわざわざ言わなければよかったと今でも後悔しています。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ