ファミリーライフサービスで住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

ファミリーライフサービスが提供している住宅ローンのご紹介です。ファミリーライフサービスは飯田グループホールディングス傘下の企業で、住宅関連の金融サービスを提供しています。住宅ローンもフラット35を中心に様々なプランが揃っています。最短9営業日でフラット35の融資実行が可能というスピーディーさも特徴の一つです。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 8,000万円
固定金利期間 20~35年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ○(無料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ フラット35
・フラット35S
・フラット20
・フラット20S
・フラット50
・アシスト35

住宅ローン審査の口コミ

●●主人が建築関係の仕事をしていますが、正社員としてではなく、下請けのような扱いでした。国民健康保険・国民年金なので、住宅ローンが借りられるか不安でした。

2年ほど、気になる物件が出たときに見に行ったり、モデルハウスを見に行ったりしていましたが、ここがいい!と思える物件に出会えたので、住宅ローンを申し込んでみることにしました。

ですが、問題がありました。主人が住宅ローンを借りる半年ほど前に、同じ会社の正社員として働くことになり、保険や年金が変わりました。正社員になれたので、これまでより住宅ローンは借りやすくなるはずですし、収入も安定するはずです。

「最初に銀行の住宅ローンを申し込んでみましょう」と、担当してくれていた不動産屋さんに言われ、申し込みましたが、落ちてしまいました。不動産屋さんが言うには「落ちたわけじゃなく、条件を付けられた」とのことてした。

借りたい額の何割だったか忘れましたが、私が出せる額より多くの額を手持ちのお金から出せるのなら貸しますよということらしいです。

「信用情報に傷がついていたりするようだったら、条件をつけて出しますということは無いので、信用情報はきれいだと思う。ただ、同じ会社に働いているはずなのに年数と保健証の発行の年数が合わないことが問題なのではないか」と言っていました。

働いているのは5年以上になるのに、保険証は半年前に発行されているのです。それで、私の方から「フラット35は変動ではなく、金利が35年間固定なので魅力があると思っている」と伝えて、フラット35の申し込みをしてみることになりました。

フラット35よりフラット35Sが良いのではとの提案があり、窓の仕様など、もともと思っていたよりグレードアップすることになりました。でも、金利が安くなる分、長い目で見ると損はありませんでした。

1割を手持ちから出すことにして、9割をフラット35Sで借りることにしました。申し込んでから連絡が来るまで結構時間がかかり(長い祭日を挟んだためかもしれません)、不安でしたが、「通りました!」との連絡をもらったときは、大学に合格したかのようにうれしかったです。

実際に家が建って、いろいろな書類に記入するのはとても大変でした。たぶん、銀行の住宅ローンよりも記入する書類が多いのではないでしょうか。

住宅ローンなら金利に含まれている団体信用生命保険も任意加入で、主人だけにかかるのか、夫婦で入るのか色々考えないといけないことも多かったです。

ただ、この時期だけ、いろいろなことが重なって大変ですが、実際にローン返済が始まってからは、これまでのように毎月銀行引き落としなので、そこにお金を入れておけばいいわけで、大変さは感じていません。

一点だけ、これまでと違って団体信用生命保険の引き落としが1年に一度あるので、ローンの引き落としの口座に毎月多めにお金を入れて、慌てることがないように気をつけています。

家を買うことは、いろいろな手続き、知識、手間など必要ですが、ここに住みたい!という強い信念があれば、何かしら道はあると思います。

借り換えの口コミ

●●今から6年ほど前に、フラット35を利用して住宅を購入しました。団信特別加入込みで約3000万円程の借入額でした。

2017年の制度変更に伴って団信の年払いが不要になったことから借り換えを検討しようかなと思っていたのですが、なかなか腰が上がらずにいたところ、借り入れ先から借り換えのお知らせがきました。

家族と相談してみたところ、とりあえず電話してみようかという話で落ち着き、電話で相談することにしました。

手元に資料が乏しく、また知識も乏しかったため、おっかなびっくりと言った気持ちで電話をしてみたのですが、対応してくれた方が親切に教えてくれ、実際に借り換えをした後のシミュレーションを送付してくださることになりました。

シミュレーション結果を見てみると、290万円程得になることがわかり、本申し込みすることにしました。

必要書類等のリストも同封してくれていたので書類集めもスムーズに行きましたし、何より団信の支払いがなくなったことがとても嬉しく思いました。

何もわからないところからのスタートでしたが、動くことが大事だなと感じました。

●●私は、自身の住宅ローンの金利に頭を抱えておりました。すると偶然にも知り合いに最近家を購入した方がいたので話を聞くと、なんと金利が私の1/4程度でした。

詳しく話を聞き、私も自身の住宅ローンの金利が下がればと思い、わずかな希望を抱きながら、知り合いの担当する営業の方に相談を持ちかけました。

不安ではあったのですが、営業の方からは「そういう相談が最近は多い」とのことで、私もすぐに審査をかけていただきました。すると3日もせず、担当の方からお電話をいただき、「審査が通りました!」と通知を受けました。とても嬉しく、すぐに借り換えをしました。

まず、何が嬉しいかというと月々の支払いです。正直そこまで変わるとは思っていなかったのですが、私のケースですと、以下のように変わりました。

借り換え前:ローン残債1000万円・金利4.5%・残り10年月々103000円返済

借り換え後:ローン残債1000万円・金利1.3%・残り10年月々88000円返済

月で言うと15000円、年で言うと180000円。こんなにも差が出るのです。おかげで家内と毎月小旅行も行けます。

住宅ローンの相談には少し気が引けることもありますが、これだけの差が出るのですから、すぐにでも周りに借り換えをお勧めしたいです。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ