福井信用金庫で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

福井信用金庫が提供している住宅ローンのご紹介です。その名の通り、福井県福井市に本店を構えている信用金庫で、2001年に鯖江信用金庫と福井中央信用金庫を、2016年に武生信用金庫を合併しました。そのため、全国的に見ても比較的規模の大きな信用金庫となっています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 2年~10年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・ふくしん三住士住宅ローン(全国保証保証付)
・ふくしん三住士住宅ローン(しんきん保証基金付)
・ふくしん三住士無担保住宅ローン(しんきん保証基金付)
フラット35

住宅ローン審査の口コミ

▲▲家を建てるということで、初めて銀行で借り入れしました。一言でいうと、当たり前かもしれませんが「すごくめんどくさい」です。まず、どうすればいいのかわからず、窓口に行ったら「借り入れをするには家をたてる場合には図面が必要」と言われました。

私からすれば、審査が通るまえに住宅メーカーと話しても仕方ないと思っていたので、審査に図面が必要だなんて思ってもいませんでした。そして、住宅メーカーをまわって歩き、借り入れよりも先に建てる住宅メーカーを決めました。

ローンの審査も通ってないのに図面を描いてもらい、話が進んでいくと、「これでもし審査が通らなかったら、図面製作や見積もりの費用を払わなければいけないのか…」と、不安になってきました。

審査が通ったあとも、いろいろな書類があり、何が何だかわからないままにハンコを押していたような気がします。

そのほかにも、担当の社員が慣れていなかったらしく、契約が完了して借り入れしたあとに、書類の不備があったと言ってきました。もう少ししっかりしていただきたいです。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ