幡多信用金庫で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

幡多信用金庫が提供している住宅ローンのご紹介です。高知県四万十市に本店を構える信用金庫で、他の信用金庫と比べても規模は大きいとは言えませんが、地域密着型で地元から愛されている金融機関となっています。なお、1929年から営業を行っているため、信用金庫としての歴史はかなり長い部類に属します。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 8,000万円
固定金利期間 1年~35年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・住宅ローン
・プレミアム住宅ローン(全期間固定金利)
・無担保住宅ローン
・リフォームプラン

住宅ローン審査の口コミ

●●幡多信用金庫でフラット35を利用し、分譲マンションを購入しました。金利は2.56%でした。一番の魅力は固定金利による安心感でした。

当時、史上最低の金利だった時に購入しましたが、その後も金利は下がり続けたため、変動相場の三年物や五年物を混ぜておくべきだったと後悔しています。当時のレートでも、0.9~1.2%でした。

フラット35の魅力は、繰上げ返済手数料が掛からないという点です。しかしながら、無職となり、繰上げ返済どころか返済が不可能になり、マンションを売却し、一括返済する事になりました。

数千万円の買い物では、金利が0.01%違うだけでも、かなりの違いになります。目先の事ばかり考えるのも危険ですが、長期的なスパンばかりで考えるのも利子を多く払う危険性がありますので、ちょっと考え物だなと感じさせられました。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ