北海道銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

北海道銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。北海道札幌市に本店を構える地方銀行で、道内に100以上の支店を設置しているほか、資産額は4兆円を超えるなど、規模の大きな地銀として知られています。北陸銀行や横浜銀行などといった複数の大手地銀と提携していて、ATMの利便性も非常に高いです。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 2年~35年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ○(無料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・道銀住宅ローン
・住まい建て替えプラン
・住まい住み替えプラン
・道銀無担保借換ローン
フラット35
・道銀アパートローン
・リフォームローン

住宅ローン審査の口コミ

●●今の我が家は2軒目の住宅となるのですが、1軒目も2軒目も北海道銀行で住宅ローンを組んでいます。1軒目の時は主人の所得が足りず、主人の父に協力してもらい、何とか借りることができました。

しかしながら、金利が高いこともあり、主人の仕事の都合でやむをえず2年後に売却してしまいました。ほとんど金利を払っていただけのようなもので、結果的には頭金の6分の1ほどしか戻ってきませんでした。

2軒目となる今の我が家は今年で12年目を迎え、もうすぐ13年目に入ります。家も土地もそれほど高くはないものの、固定資産税の支払いと住宅ローンの返済でなかなか大変です。加えて、子供達にもお金が掛かる時なので輪をかけて大変ではありますが、マイホームがあるという充実感があり、大変だけれども幸せだなと思います。

北海道銀行には息子の教育ローンにもお力添え頂き、本当に有り難いなと感謝しております。健康で仕事を続けているうちにローンを完済したいなと思っています。

●●1990年代後半に固定金利でローンを組みました。当時は変動金利で借りるのが主流だったでしょうが、借り入れ金額が少なかったのと共働きだったので、早めに完済しようと計画をたてて申し込みました。知り合いを通して紹介してもらったので、銀行員の接客態度など特に問題なく、打ち合わせもスムーズにすすみました。

結局15年ローンのところ10年で完済しました。中古住宅の購入で住宅金融公庫が使えず、主人も転職して間がなかったため、都銀などは相談しても信用してもらえず、なかなか苦労しましたが、終わってしまえばこんなものかなと思います。

そろそろリフォームの時期を迎えるので、またローンを組むことになったら無理のない計画をたてたいと思います。

●●住宅購入の際、北海道銀行で住宅ローンを契約しました。私たちは道銀住宅ローン2段階固定金利型という商品を選択しました。最初の10年間は金利が1.3%で11年目からは2%強となる商品です。

この商品には、さらに8大疾病にかかった場合に住宅ローンを0円にして頂けるという特典がありました。病気で働けなくなったときの場合を考え、かつ、他の銀行の住宅ローンより条件がよかったため、こちらの商品で契約することにしました。

借入金額は3000万円ほどでした。もう少し上乗せして借りようとしていましたが、私の年収では、これ以上借りることはできませんでした。今になってわかったのですが、支払いが結構大変であるため、今以上、借りていたらと考えると、銀行から貸すのを断られて良かったと考えています。

手続き自体は、ハウスメーカーの営業担当の方が必要な書類を取得してくれたため、私はそれに記入をすれば良いだけでした。審査のために、一度、北海道銀行の大通り支店へ行きましたが、土曜日も営業しているため、平日、仕事の私にとっては非常にありがたかったです。

住宅ローンの契約、現在に至るまで、北海道銀行でトラブルや面倒が発生したことはなく、北海道で住宅ローンを組むのであれば、おすすめの選択肢であることは間違いありません。

借り換えの口コミ

●●現在住んでいる家は15年前に住宅金融公庫から費用のほぼ全額を借入れて建てました。総額で2500万円弱でした。当時は、主人も私も正社員として働いており、ボーナスも支給されていましたから、余裕はなかったにしろ、何とか月々の返済を滞らせること無く、行うことができていました。

しかし、リーマンショック以降、夫婦2人の給与が漸減し始め、仕方なく借り換えを検討せざるを得ない状況に追い込まれていました。それで、地元の地銀に2人で相談に出掛けました。提示された借り換え案は、金利の差額分を返済が早期完済できるよう組み換えるか、毎月の支払額を減額するか、の2つでした。

年金生活者になってからも、住宅ローンに縛られることだけは避けたかったので、迷わず前者の案を選択しました。なお、給与は漸減していたとはいえ、2人とも正社員だったため、審査はスムーズに通過することができました。

その甲斐あって、現在まで支払ってきた月々の返済額を僅かではありますが減額できた上に、完済時期を2年ほど早くすることができました。必要に迫られての借り換えでしたが、非常に勉強になる経験だったと思います。

●●最初は他行で住宅ローンを借りていました。そこまで金利に不満はなかったのですが、少しでも返済額を抑えて負担を減らせないかと、ネットを調べていました。すると、地元でも大手の北海道銀行が、当時借りていた銀行よりも金利が低く、さらに借り換えもできるということで、実際に借り換えに踏み切りました。

銀行へ足を運んで相談に乗ってもらったのですが、とても親切な対応をしてくださって、全く借り換えの知識がなくて少し困っていた私にも、とてもわかりやすく説明してくださいました。やはり北海道銀行に借り換えをしたほうが金利が下がるのは確かだったので、借り換えをお願いして、現在に至っています。

借り換えした後の生活ですが、驚くほどお金に余裕ができたわけではないものの、子供を連れて遊びに行ったり、家族全員で外食に行く機会が少しばかり増えたと思います。その点では、結果的に生活が楽になったと言えます。

なので、借り換えがもたらしてくれるメリットはたくさんあり、振り返ってみれば、とても無駄をしていたなぁと思っています。かなり親切な対応をしてくださって、とても感謝しているので、さらに他行へ借り換えをしようとは全く考えていません。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ