ハウス・デポ・パートナーズで住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

ハウス・デポ・パートナーズが提供している住宅ローンのご紹介です。ハウス・デポ・パートナーズは三井物産グループ傘下の企業で、フラット35の新規借入と借り換え、そして諸費用ローンやつなぎローンなど、住宅関連の融資を営んでいます。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 8,000万円
固定金利期間 35年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ○(無料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ フラット35
・フラット35S
・つなぎローン
・アプラス マイホームプラン(パッケージ型)
・オリックス・クレジット住宅購入諸費用ローン

借り換えの口コミ

●●借り換えをしたのは、今から2年前と去年の2回です。きっかけは、友人が借り換えで返済額が安くなったと聞いたからです。しかし、主人にそれを伝えても「うちはそんな安くならないよ」と面倒がっていました。

その後、更に金利が下がっていると聞いた私は、再度主人に検討しようと持ちかけ、重い腰を上げさせました。

まずはインターネットで借り換えシミュレーションをしてみたのですが、何と手数料を差し引いても、総返済額が200万円ほど安くなることが分かったのです。

こうなると主人も俄然やる気が出てきたようで、色んな会社(ノンバンク)から資料を取り寄せて検討したりしましたが、最終的には、当初借り入れしたノンバンクで借り換えた方が手続きが楽だし、手間も掛からないので同じ会社で借り換えました。

やはり総返済額が200万円位安くなりました。同じ会社で借り換えましたので、提出する資料も少なくて済みました。

その翌年、何と更に金利が下がっていると聞いた私は再度主人に伝え、再度同じ会社で借り換えました。今回は前回ほどお得はありませんでしたが、それでも100万円位は総返済額が安くなりました。

手続きを面倒がってやらなかっただけですが、やってみると大したことはありません。それよりも、これだけの労力で300万円も返済額が減るのですから、儲けものです。

今は当時より金利が若干上がっていますが、それでも安くなるなら借り換えを検討しない手はありません。怖いことなんかありませんので、まずはシミュレーションしてみて、どれだけ得するかを見てみて下さい!

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ