池田泉州銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

池田泉州銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。特に関西圏にお住まいの方はまだ記憶に新しいと思われるかもしれませんが、池田泉州銀行は2010年に池田と泉州の両銀行が合併して誕生した地方銀行です。本店は大阪市北区に置かれています。住宅ローンを始めとした融資サービスも充実しています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 3年~20年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 △(変動金利型を選択している場合は無料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・住宅ローン
・住宅諸費用ローン
フラット35
・フラット50
・住宅借換えローン
・住み替えローン
・リフォームローン
・ニューレビア(New LbeA)
・ふたりぷらす(futari+)

住宅ローン審査の口コミ

●●購入したマンションの提携ローンだったので、金利が少し低かったということもあり、池田泉州銀行にしました。新規契約の際は「カードローン用のカードをつくること」と「給与振込口座を池田泉州銀行に変更すること」をお願いされました。

正確には「そうしないと優遇金利の幅が狭くなる」という説明を受けました。そういう強制がなかったら良いいいのになぁとも思いました。住宅ローンの半分をフラット35で借りていたため、その後も借り換えを勧める電話が何回かかかってきましたが、職員さんの対応は良かったと思います。

●●数年前、大阪北摂地域で新築マンションを購入するにあたって、池田泉州銀行から住宅ローンの新規借入を行いました。

そのころ住んでいたマンションは社宅で、会社の賃貸物件でした。そこは駅前にもかかわらず丘の頂上にあり、会社からの行き帰りは急坂を上り下りする必要があり、毎日息を切らしながら帰宅するのは大変苦痛でした。

妻も同じ感想を持っていたようで、重いものを買い物する際、駅まで近いのに車を出さないといけないと、かなり不満を持っていたようです。そこでマンション購入を検討し始めたのですが、私たちにはお恥ずかしい話、頭金となるお金がほとんどありませんでした。

ある休日、隣駅周辺(ここは100%平地の駅前です)を夫婦で散歩していると、デベロッパーが実施しているマンション説明会が行われていました。買い物やお出かけには申し分ない立地の新築マンションだったので、そのまま思いつきで説明会に参加しました。

とはいえ、頭金がないので、今一つ冷やかしの気分が抜けないままの参加です。そこで、物件について説明(価格含む)を受けたのち、ローン相談会がありました。

そこには、いわゆるメガバンクの方もいらっしゃいましたが、頭金のない引け目もあって、地域の銀行である池田泉州銀行のブースに向かいました。

いろいろ親身に話を聞いていただき、年収や勤務先、私の年齢などを勘案すると十分住宅ローンを組めるとのことで、急に購入に現実感が沸いたのを覚えています。

そのあと、メガバンクのブースでも説明を受けました。説明はスマートなのですが、いまひとつ実感がわかず、かつ金利も様々な割引がある池田銀行の方が低く魅力的でした。

やはり地域の銀行の特徴ということなのか、接客や説明がかなり柔軟でかつ親切なので、生まれて初めての住宅ローン借り入れへの不安が解消され、この銀行を選んでよかったと思いました。

また、私の勤務先と同銀行の創業の街が同じで、親密なお付き合いがあったこともあってか、審査も迅速で、とても信頼感を持ちました。

●●2012年に新築マンションを購入した際、池田泉州銀行で35年ローンの変動金利で申し込みをしました。なぜ池田泉州銀行にしたかというと、マンションと提携している銀行で、ここでローンを組むとその時々の市場金利から1.7%を差し引いた金利にしてくれるという条件があったからです。

更に、変動でも5年間は最初の金利が続くという条件も魅力的でしたし、保証人を立てなくてもローンを申し込みできたのもよかったと思います。

しかし、これから消費税が8%になることや、政治の金融政策などで固定がなくなった後のことを考えると、まだ金利が低めの35年固定の「フラット35」に借り換えをしたほうがよいのではないかと、頭を悩ませています。

●●住宅購入にあたって、住宅ローンをどこで組むか、どこで組めるかを2年ほど考えました。2年は長く感じられるかもしれませんが、当初住宅ローンを組めなかったのです。勤続年数が足りないとの理由でした。もちろん、もう少し年収もあったほうが審査が通りやすいという答えでした。

逆にその期間を利用して条件を満たすように夫婦で頑張り、大手都市銀行やフラット35なども吟味することができました。

都市銀行などはやはり上場企業や公務員の方ならかなり優遇されるようですが、一般中小企業の我々はなかなかの敷居の高さを感じました。ここの銀行に決めた理由は、相談時からの接客がよく、詳しい商品説明で十分信頼でき、また地元密着で安心感もあったからです。最終的に金利の優遇もしていただき、とても満足です。

●●8年前、当時は派遣社員で工場勤務をしていたのですが、勤務年数や派遣社員という不安定な状況からメガバンクの審査ははなから見向きもされず、ローンを組んでくれる地方銀行を探していました。

そして、不動産屋の人の知り合いということで池田泉州銀行を紹介されました。私は取り引きもなく、泉州銀行自体馴染みがなかったため、大丈夫かな…という不安はありましたが、ローンを組んでくれるならどこでもいいと思っていたため、お願いしました。

数年後、ローンを他社で借り替えしようとしたところ、お得になるように色々思案して金利を下げて頂き、結局、借り換えするよりお得な金利で、月々の支払いも安く抑えられ、助かっています。浮いた分を貯蓄に回し、繰り上げ返済して早く完済したいと思います。

●●約3,500万円を35年で夫婦半々で借りました。家を建てたときに夫が他の金融機関と比較して、一番変動金利が安かったのでこの銀行で借りました。土地、建物の内訳は1:2くらいです。

審査の際には、妻が転職後1年しか経ってないのがネックと言われましたが、特にひっかかることもなく通りました。借入後、夫も転職したのですが、後から不動産屋さんに、もし夫が転職直後だったらもっと厳しかっただろうと言われました。ちなみに妻は正社員です。

借入後は順調に返済していて、何度か繰り上げ返済もしました。繰り上げ返済に最低金額がないので、ボーナスで余裕がある分だけ返せるのが助かります。ただ、繰り上げ返済をしても月々の返済額が減るのではなく、返済期間が短縮するオプションしか選べないため、繰り上げ返済をしてもあまり楽になった感覚はありません。

しかし、税控除が無くなる10年後には確実に家計の支出は増えるので、それまでに土地分だけでも返済して、月々の出費を抑えたいと思っています。

●●中古の戸建てを購入しました。その時に住宅ローンを組むことになりました。ローンを組む銀行をどこにするか迷いましたが、不動産業者がいくつかの銀行を薦めてきたので、それらの銀行の住宅ローンのことを調べました。

不動産業者には、自分たちで銀行に話を聞きに行きたいということを話して、銀行に相談に行きました。池田泉州銀行は支店が家から近くて便利でした。ローンを組むと給料口座などもその銀行になるので、近所の銀行が便利です。池田泉州銀行は、他行と比べて金利も安かったので、池田泉州銀行がいいなと思いました。

実際に店舗に行ってみると、30才くらいの若い人が対応してくれました。私たちの条件だと金利がどれくらいになりそうか教えてくれて、毎月の支払額や総支払額も計算してみました。また、優遇幅も最大限優遇してくれるということで、好感触を持ちました。

信頼できそうな銀行だったので、早速仮審査を申し込みました。数日して仮審査が通ったと聞いたので、本審査も申し込みました。必要な書類なども丁寧に教えてくれたので、スムーズに準備できました。本審査も通ったので、契約しに行きました。

毎回子供連れで行ったのですが、子供が飽きないようにおもちゃをくれたり、ジュースを出してくれたりしたので助かりました。銀行の人と何人か話しましたが、みんな親身に話を聞いてくれてよかったです。

●●金融機関に口座を開設しているというと、多くはメガバンク中心になります。もちろんメガバンクは規模が大きく利便性も高いわけですが、住宅ローンのような多額の融資の際には慎重になるべきです。

むしろ、メガバンクとは事業規模で比べものはならない地方銀行のほうがメリットがあったりもします。というのも、事業規模が小さな場合、そこで融資を受けるとなると、上顧客になったことを意味します。

確かに住宅ローンの金利面だけでいえば、メガバンクの方が条件がいいことも多くあります。しかし、それ以上に、地方銀行の上顧客として長期に付き合いを持った方が長い借り入れ期間のことを考えると堅実といえます。将来どのようなことがあるかわからないだけに、上顧客として扱ってくれる地方銀行にしておくと安心感があります。

●●中古物件の住宅ローンの新規契約をしていました。池田泉州銀行に口座を開設していなかったので、まずは口座の開設から始まりました。住宅を購入させていただいた不動産会社を通しての紹介で、こちらの銀行に決まりました。ローン契約が終了するまでは、不動産会社の担当者が同席していました。

ローンの契約の話の際は、いつも個室での対応でした。契約当時は、その他に個人的なローンが無かったので、問題なくスムーズに審査が通りました。私に住宅ローンに関する知識がなかったので、不動産会社の担当者と銀行担当者の勧めるまま、固定金利で35年の契約を結びました。

2年後、予定していたよりも早くに完済できることになり、手続きをしていただきましたが、女性の窓口の対応も、ローン担当者の方も、完済の手続きに関して詳しく丁寧に教えてくださり、処理していただきました。

完済後は、池田泉州銀行の口座は使用することがないので、口座の解約もしていただきましたが、この際も窓口では嫌な顔一つ見せず、丁寧にお客様対応をしていただきました。今後、ローンをすることになりましたら、一度相談には行きたいと思える銀行でした。

▲▲住宅ローンは不動産会社の指示する池田泉州銀行で組みました。しかし、その不動産会社も池田泉州銀行と取引するのは私たちが初めてだったそうです。銀行側の接客はとても穏やかで緊張感を抱く事もなく、疑問に思った事も質問しやすく親切丁寧に答えて下さいました。

そして、スムーズに契約を終えようとする時、ローンを組む為の頭金が必要とその時初めて言われて困りました。契約後、不動産会社の方に苦情を言うと、その人も初めての事で驚いたと言われて唖然とし、何も言い返せませんでした。

借り換えの口コミ

▲▲7年前に新築を購入し、不動産会社の勧め先であったメガバンクで約3000万円の35年ローンを固定で組んでいました。

ある日、会社の取引の関係先である池田泉州銀行の担当者から住宅ローンの借り換えの営業案内があり、社長から何とか協力してもらえないかとお願いをされてしまいました。なかなか断りづらい状況でもありましたが、話を聞いてみると確かに僅かながらお得になるということで、実行することにしました。

まず苦労したのがメガバンクへの対応。やはり営業がしつこく電話をしてきて面倒でした。それ以上に困ったのが新たに借りる池田泉州銀行の対応です。新人だったらしく手続きが不馴れで、書類を何度も持ってきたり書き直しさせられたり、態度も上から目線で非常に嫌な思いをすることになりました。

借りるまでの辛抱、そう割りきって何とか乗りきりましたが、僅かな金額だったので少し後悔しています。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ