伊予銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

伊予銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。1878年に誕生した第二十九国立銀行と第五十二国立銀行が大元となっている大手地方銀行で、本店は愛媛県松山市に構えています。四国を代表する銀行として知られ、四国を主な営業基盤としているほか、東京や大阪や名古屋などにも支店を設置しています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 3年~35年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・まるごと住宅ローンワイド
・まるごとリフォームローン
・いよぎんエコ・リフォームローン
その他 ・Club Offの様々な特典を受けられる
・20時まで受付のテレホンセンターが設けられている
・休日も相談可能なローンプラザが多数設けられている

住宅ローン審査の口コミ

●●住宅購入時の住宅ローンを組むとき、どこの銀行が一番良いのかと考えていました。

大手のメガバンクならと考えていましたが、金利の高い安いで判断するのか、住宅ローンの中身や担当の銀行員で判断するのか迷っているときに、たまたま伊予銀行の銀行員と話す機会がありました。

その際に伊予銀行では金利の割合や住宅ローンのメリットデメリットの説明、そして住宅ローン借り入れ後のシミュレーションなどを行ってもらうことができました。

初めて銀行で高額な借り入れをするため、今後の生活に影響が出ないか心配をしていました。借り入れ後の説明があるのはとても助かり、資金繰りや資産運用といったことまでができるのはとても魅力的でわかりやすかったです。

そこまでの提案や説明をしてくれた銀行員の対応で、信頼がおけると感じました。その為、伊予銀行で住宅ローンの新規借入をしたいと思い、住宅購入資金を借り入れしました。

●●うちは伊予銀行で住宅ローンを組んでいます。購入した分譲マンションの提携ローンだったことがきっかけです。愛媛県でもないし、利用した事はなかったのですが、金利が一番安くなっていたので決定しました。今も年に2回ほど手土産を持って挨拶に来てくれます。愛媛だけに今治タオルなんかもありました。

住宅ローンの金利が全体的に下がりだした時に、よその銀行が「借り換えてくれ」と来たのですが、そのことを伊予銀行の担当者に話すと、同じだけ金利を下げてくれたりもしました。もちろん、関連書類集めもなしです。

いつも感じのいい営業マンばかりが来てくれるので、これからも利用して最後までお付き合いできたらなと思います。他にも、お得な情報などを知らせてくれたり、繰上げ返済の相談にも乗ってくれます。コンビニでも伊予銀行のカードは使えますし、しかも無料です。なので、いつでも入金も出金もでき、とても便利です。

●●6年ほど前に家を建てました。その時に初めての大きな借金をしました。お財布のひもを握っている身分としては、支払いが滞ってしまうと家を手放さないといけないという恐怖があり、しっかり調べてから銀行を選ぼうという事で、自分の足で家の近所にある金融機関全てを回りました。

その時はまだ20代半ばだったので、どこの金融機関に行っても「あぁ、冷やかしか」くらいの扱いでした。こっちが真剣に聞いても、軽くあしらわれる感じ。

でも、主人の職業を聞くと一遍。「もちろん!ウチで借りてもらっても全然大丈夫ですよ!」とどこの金融機関でも言われました。やはり、個人で問い合わせにいくと、その人の見た目で返済能力があるかどうか判断されてしまうようでした。

そして、結局色んな金融機関回りましたが、どこも同じような利率だったのと自分のメインバンクに統一していたほうがやりくりは簡単だろうということで、メインバンクでローンを組みました。

しかし、失敗したことが一つあります。ハウスメーカーの担当者の人に「若いから3年ずつの方が良いですよ」と言われ、3年更新にしましたが、3年なんてすぐ過ぎて更新時期がすぐにやってきます。

そして、その時に手数料を支払わないといけない上に、利率が上がってしまい、返済額が高くなるので、少しでも余裕があるのなら3年ではなく、5年や10年にしておけば良かったと思いました。

▲▲家を建設する時に、近場の地方銀行全て回りました。一応ハウスメーカーでの建設だったので、任せても良かったのですが、自分がこれから支払っていかなければならないものだったので、少しでも利率が低い所と思い、回りました。

しかし、どこも結局同じで、我が家のメインバンクですることになりました。確かに、自動引き落としでしてもらえるから楽だったのですが、接客態度があまりよくありませんでした。

我が家のメインバンクは、住んでいる地域では大きい銀行。それに、若い二人相手。そのためかとっても上から目線で、感じが悪かったです。が、今更変えるわけにはいけなかったので続行。

途中、別の銀行から営業が来て、その方たちの感じがとても良かったし、利率も良かったので変更しようと銀行に行くと、態度が変貌。即対応していただき、利率も下げてもらってラッキーでした。

なので、これから住宅ローンを組む方は、最初は真剣に考えてそのままの事が多いと思いますが、途中途中でしっかり見直して、どうすれば得なのか考えることをお勧めします!でないと、更新の時に無駄に手数料がかかって勿体ないですよ~!

借り換えの口コミ

●●「いよぎんまるごと住宅ローンワイド」を利用させてもらっています。実は当初は1999年に住宅金融公庫から借り入れていたのですが、低利借り換えという事で2004年に伊予銀行で借り換えたのです。

公庫では1年目から10年目までは金利2.3%で、11年目から金利4%になる予定でしたが、伊予銀行では今現在金利2.2%で済むので毎月の支払いとして7千円ほど節約できています。年額8万ほどの節約になっているのでうれしいです。

ただ、3年ごとに固定金利手続きしないと変動金利になるのでそこが面倒です。手続きには手数料が5千円かかります。

●●新規に住宅ローンを組んだ時はフラット35でした。2年前に住宅ローンの借り換えを実施しました。きっかけは他行の行員が営業で訪問してきたときに、「金利をかなり低くできます」ということで、改めてみようという事になりました。

新規にローンを組んだ時に借り換えることは全く考えていませんでしたので、気持ちは半分でした。県外の銀行でしたが、支店があり、頻繁に営業が訪問してきたのと、借り換えのプラン提示が分かりやすかったというのが良く、少し他行にしようかと傾きかけていました。

しかし、引っ掛かりが一つありました。それは、給与の振り込みを変更することが条件の中にあったことです。県外の銀行ということで、預金の引き出しは支店を使えば良いのですが、それ以外だと手数料が掛かってしまうのです。小さなことですが、積み重ねると大きなことなので、どうしたものかと思案していました。

その時に、JAのローンセンターに勤める方が訪問してきました。その方もローンの借り換えにいろいろなプランがある事の提示をしてきました。親切にもその営業の方は「今現在借りてる銀行に相談してみれば良いのでは」とアドバイスしてくれました。

まさかそんな提案があるとは思いもせず、早速元々の銀行に相談しました。各行プランを突きあわせて焦ったのでしょうか、すぐ借り換えの提案をしてきました。しかも支店長も出てきて、当行の据え置きで借り換えを考えてほしいとのことでした。かなり金利の低い条件でこちらにメリットのあるものでした。

最初に訪問された銀行の営業には丁重にお断りをして、元々借りていた銀行で借り換えを済ませました。こちらからオファーしなければ返答が無かったのが嘘のように、今では事あるごとにいろいろな商材の提案をしてきてくれます。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ