じぶん銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

じぶん銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。メガバンクの「三菱UFJ銀行」と、携帯電話キャリアでお馴染みのauを運営する「KDDI」が共同出資しているネット銀行で、ネット銀行ならではの低金利で注目を集めています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 2年~35年
最新の金利 じぶん銀行と他社の金利を比較!(新しいページで開きます)
保証料 ○(無料)
繰上返済額 1万円~
繰上返済手数料 ○(無料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・じぶん銀行住宅ローン

住宅ローン審査の口コミ

●●私の20代後半の男です。住宅ローンを組む際に決め手となったのは、金利の低さでした。35年ローンを組んで、頭金は数百万だしましたが、月々4万ほどの返済です。

直接窓口がなく、司法書士の方も当日顔を合わせるので、誰が来るかわからないなど、大手の銀行と比べると不安要素は多かったのを覚えています。

住宅ローンを組んで7年になりますが、じぶん銀行にしてよかったなと思います。

ネットで残高や証明書などを閲覧するのですが、紙が自宅になくなるし、データが全てネットで見れるのでかなり手軽です。週に2回ほど、銀行から特典メールや引き落としがされた通知が届くので安心しています。

ネットからマイページにいくとギャンブル性のある、じぶん銀行ならではの資産管理機能みたいなのもあり、普通の銀行にはない、良さみたいなのを感じます。

疑問点など、コールセンターに問い合わせると、案の定つながるのが遅いのですが、対応してくれるスタッフさんははきはきと聞き取りやすく丁寧に受け答えをしてくれるので、信頼できる銀行と言えるでしょう。

借り換えの口コミ

●●大手銀行で3600万円の住宅ローンを組んでいました。内訳は、夫と妻の半々で1800万円ずつです。7年目まで払い終わったところで、付き合いのあるライフプランナーと住宅ローンの話になり、借り換えをしてはどうかと持ちかけられました。

この先、まだまだ低金利が続くと考えていましたので、変動金利で一番利率の良いところを検索してもらいましたが、それが「じぶん銀行」でした。

口座開設から申し込みまですべてネットで完結してしまうので、大きな金額だけに不安もありましたが、じぶん銀行の母体が三菱UFJ銀行であることもあり、思い切って手続きをしました。

借り換え前に適用されていた利率は0.975%でしたが、借り換え後は0.497%だったので、残りの2700万ほどを25年で組んでも90万ほどが軽減できるシミュレーションとなっていました。

ただ、借り換えにかかる諸経費が2人かかりますので、その点が心配でしたが、ペアローン申請をすれば1.5人分で済みました。諸経費自体は、他の銀行と比べると少し高い気もしましたが、利率の良さでカバーできたので決め手となりました。

もともと元利均等返済方式だったところを、利率が下がることを契機に元金均等返済方式へ変更し、借り換え後すぐに一部繰り上げ返済をしたところ、毎月の返済額が大幅に減りました。

借り換えまでは約2ヶ月ほどだったので、思っていたよりも手続きも早く、もっと早くに借り換えのメリットを知っておけばと、悔しい思いでいっぱいです。

●●購入したのは10年ほど前になりますが、中古の一戸建てを購入して、最初はみずほ銀行で住宅ローンを組みました。条件は自己資金が購入する中古一戸建ての20%になっていました。

購入した物件はそんなに高いものではなかったので、220万円ほど自己資金として出しましたが、他にも諸費用などがかさみ、思っていたほど元金が減りませんでした。

10年の固定金利にしたら年率0.70%~1.05%でしたので、毎月の支払いがきつくて、このままでは、将来的にみて借り換えにした方が楽なのではないかということに気づきました。

夫も今はまだ安定した収入を得られているのでいいのですが、こんな世の中ですので、いつリストラされてもおかしくありません。そういったことも踏まえても、借り換えは絶対に必要だと思い、決意しました。

じぶん銀行に借り換えを決定した要因は、団体信用生命保険料や繰り上げ返済手数料、保証料などが0円だったことです。

あとは固定金利も0.5%なので、みずほ銀行と比べると0.2%も違ってくるということになります。この0.2%はトータルで見たらかなりの金額に差が出てくることになります。

これからの主人の将来のことを考えると、定年になったら安定した収入は見込めませんので、借り換えはうちにとっては必要不可欠なことだとつくづく思いました。なぜもっと早く気付かなかったのか、今は後悔しています。

●●メガバンクの住宅ローンから、じぶん銀行に借り換えを実施しました。インターネットでの仮審査のあと本審査という流れだったのですが、現役のサラリーマンで、平日に銀行には、まず行けないため、本審査もインターネットで完結するというのが良かったです。

手持ちの不動産の資料や年収や住民票等を携帯電話で撮影して、インターネットで送信するというやり方でした。内心、夜に撮影したせいもあって、映りがどうしても不鮮明になって、これで大丈夫かと心配していましたが、そのような資料でも読み取っていただいたことに感謝しています。

金利については、既往の住宅ローンよりも約1%も低い金利でしたので、どうしても借り換えを行いたかったのです。ただ、本審査の結果は中々下りず、メガバンクに約束した返済日との兼ね合いもあり、焦りました。

そこで、照会するためにじぶん銀行に電話をかけても、ゼロ金利という時節柄、借り換え顧客の照会が多いのか、一向につながりませんでした。

数日間はつながらないまま、照会時間が終わってしまうという憂き目にあい、イライラしました。ただ、つながった時に、借り換え日が目前に迫っていることを告げると、すぐに審査を下ろしてくれました。

そして実行にこぎつけたのですが、じぶん銀行指定の司法書士も非常に親切で、勤務先までわざわざ来てくれて、書類の受け渡しをさせてもらいました。総じて満足のいく対応であったと思っています。

●●比較的金利の高い時期に、そこまで有利ではない金融機関で住宅ローンの借り入れをしてしまったのが、ずっと気がかりなところでした(当時はそこで借りるしかなかったので仕方のない状況だったのです)。

そんなある時、携帯電話の機種変更でauのお店に行ったときに、auでも住宅ローンがあるのを知りました。ちょうどその時にには、携帯電話だけではなく、家のインターネットの環境もauひかり、電力自由化がはじまった時で家の電気もauでんきで契約をしました。

また、じぶん銀行の開設もしました。auもずいぶんいろいろなことを手広くやっているものだなと思い、後でau住宅ローンも調べてみることにしました。

よくよく検討してみると、私の条件ではau住宅ローンに乗り換えるとかなりよさそうです。auのサービスをかなり利用していますし、万が一の時の保障なども充実しているようです。

他ではかかるような繰り上げ返済やらのもろもろの手数料も、無料のものが多いようです。そんなこともあり、au住宅ローンに乗り換えました。

結果、利子分を圧縮することができたので満足です。相談から契約まですべてネット上で行えたのも、気軽でした。あまり面倒な手続きもないというところもよかったです。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ